2017年12月22日

シャンゼリゼ大通

パリの王道スポット【シャンゼリゼ大通り&凱旋門】

by Fish & Tips

566573

世界で最も美しい通りといわれるパリのメインストリート、シャンゼリゼ大通り。伝統あるカフェやハイブランドの路面店が並び、世界中の観光客で賑わっている。

大通りを凱旋門へ!夢のパリを散策

コンコルド広場と凱旋門を結ぶシャンゼリゼ大通りはパリの目抜き通り。数多くの観光名所が点在するパリのなかでも最も華やかなところで、高級ブティックからチープな店までショッピングスポットには事欠かない。通り沿いにあるジョルジュ・サンク駅の近くには、セレブ御用達の老舗カフェ、フーケッツがあり、真っ赤なひさしのテラスからは凱旋門の壮麗な姿が満喫できる。

583041

通りは全長3㎞ほど。両側に植えられたマロニエの木も美しい

グラン・パレ(Grand Palais)

パリ万博の会場となった宮殿
1900年のパリ万博の際に造られた建造物。1966年に国立ギャラリーとしてオープンし、美術の展覧会場として利用されている。

582614

ファッションショー、コンサートなどのイベントにも利用されている

グラン・パレ

現地名:
Grand Palais
住所:
3 Av. de Général Eisenhower, 8e
地図を見る »
アクセス:
メトロ1・13号線 Champs-ÉlyséesClemenceau シャンゼリゼ・クレマンソー駅からすぐ
TEL:
01-44-13-17-17
営業時間:
企画展により異なる
定休日:
火曜、一部祝日 
Webサイト:
http://www.grandpalais.fr

コンコルド広場(Place de la Concorde)

時代を映す名前がつけられた
もとは「ルイ15世広場」の名だったが、フランス革命時は「革命広場」と呼ばれルイ16世やマリー・アントワネットの処刑が行なわれた。広場中央にはオベリスクと噴水がある。

566817

古代エジプトのオベリスクがそびえ立つ

コンコルド広場

現地名:
Place de la Concorde
住所:
Pl. de la Concorde, 1er
地図を見る »
アクセス:
メトロ1・8・12号線 Concorde コンコルド駅からすぐ

プチ・パレ(Petit Palais)

小宮殿で絵画を鑑賞
グラン・パレ同様、1900年のパリ万博の際に建てられた小さな宮殿。館内にはモネの『ラヴァクールの日没』など、19~20世紀の優れた絵画を展示する。

568566

新古典様式の美しい建物

プチ・パレ

現地名:
Petit Palais
住所:
Av. Winston Churchill, 8e
地図を見る »
アクセス:
メトロ1・13号線 ChampsÉlyséesClemenceau シャンゼリゼ・クレマンソー駅からすぐ
TEL:
01-53-43-40-00
営業時間:
10:00~17:00(閉館は18:00)、夏季は催し物により~20:00(閉館は21:00)
定休日:
月曜、一部祝日 
Webサイト:
http://www.petitpalais.paris.fr

切手市(Marché aux Timbres)

年代・テーマごとの切手が並ぶ
ガブリエル通りには、週3回ほど切手市が立つ。世界各地から集められ、年代、ジャンル別に分けられた切手からお気に入りを探そう。

570003

切手市

現地名:
Marché aux Timbres
住所:
Av. Gabriel / Av. De Marigny, 8e
地図を見る »
アクセス:
メトロ1・13号線 Champs-Élysées Clemenceau シャンゼリゼ・クレマンソー駅から徒歩3分
営業時間:
木・土・日曜9:00~19:00(不定)
定休日:
月~水・金曜 

まっぷるフランス(16年)

  • 発売日:2016年03月29日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるフランス」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2015年12月〜2016年1月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
シャンゼリゼ大通のツアー