2017年12月22日

パリ

【パリのカフェ】ちょっと気取ってスタイリッシュな旅時間!

by Fish & Tips

562676

フランス人の日常に根づいている、カフェ文化に触れてみたい。早朝から深夜まで営業しているところもあり、お茶にも食事にも利用できる。

カフェの基礎知識
フランスでカフェとは、店そのものとエスプレッソの両方を意味する。コーヒーの苦みを楽しむため、多くの場合、エスプレッソにミルクを入れないで飲む。日本とは違い、スイーツはほとんど置いておらず、コーヒーと食事がメイン。また、飲食代は席によってねだんが変わることも多い。テラス席と店内では、通常テラス席のほうが飲み物がやや割高になる。

ギャルソンとは
プロの給仕スタッフ。担当するテーブルが決まっているので、こちらからは呼ばずに待とう。ギャルソンが交替する際に会計を催促されることがあるが、会計後もゆっくりして大丈夫。

エスプリ薫る伝説の店 名門カフェ

かつては作家や芸術家たちの交流の場として栄え、今もパリジャンにこよなく愛される老舗のカフェ。テラスで街ゆく人々を眺めつつ、コーヒーとパリの空気を味わおう。

映画にも登場したカフェ ル・セレクト (Le Select)

創業は1924年。数々の小説や映画に登場した趣あるカフェ。ピカソやマティスも通った店内にはさまざまな絵画が飾られる。かつて芸術家たちが通った名店は今もなお、パリ在住の俳優や作家たちのくつろぎの場となっている。

老舗カフェ物語
常連客のヘミングウェイが座っていたスツールが、今もカウンターにある。ピカソは奥の席が指定席だったという。ヘミングウェイの『日はまた昇る』や、ゴダールの映画『勝手にしやがれ』にも登場した。

かつての常連さん
ヘミングウェイ、ピカソ、コクトー、マティスなど

555584

ひさしに書かれた「American Bar」の文字は、ヘミングウェイをはじめとする著名なアメリカ人が常連であったことに由来する

ル・セレクト

現地名:
Le Select
住所:
99 Bd. du Montparnasse, 6e
地図を見る »
アクセス:
メトロ4号線 Vavin ヴァヴァン駅からすぐ
TEL:
01-45-48-38-24
営業時間:
7:00~翌2:00
定休日:
無休 

格式ある赤色の空間 ラ・ロトンド (La Rotonde)

赤い屋根が目をひく1903年創業のカフェ。往時の雰囲気をしのばせる華やかな店内には、常連だったモディリアーニの作品が並ぶ。料理はどれも本格派で、日替わりメニューがおすすめ。

老舗カフェ物語
1920年代には画廊やダンスホールも兼ねており、シャガールやユトリロ、モディリアーニなど、多くの芸術家たちが毎晩集って芸術談議に花を咲かせていたそう。現在も作家や映画関係者の利用が多い。

かつての常連さん
ユトリロ、シャガール、ドビュッシー、モディリアーニ、ピカソ、コクトーなど

551340

レモン風味のスズキのポワレ、ライス添え (Filet de bar poele au citron) €27
新鮮なスズキに爽やかなレモンソースがたっぷり

551968

店のあちこちにモディリアーニらの作品が飾られ、文化の薫りが漂う

555418

ギャルソン ロマンさん
深夜まで営業しています。観劇帰りもお気軽にお立ち寄りください

551134

赤を基調とした外観は、古き良きパリを感じさせる

ラ・ロトンド

現地名:
La Rotonde
住所:
105 Bd. du Montparnasse, 6e
地図を見る »
アクセス:
メトロ4号線 Vavin ヴァヴァン駅からすぐ
TEL:
01-43-26-68-84
営業時間:
8:00~翌1:00(閉店は翌1:30)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.rotondemontparnasse.com

文学者たちに愛されたカフェ レ・ドゥ・マゴ (Les Deux Magots)

創業以来、多くの文学者や芸術家が通い、パリの文化・芸術の中心的役割を果たしてきた。1933年からは、店の常連作家や詩人が「ドゥ・マゴ文学賞」を設立するなど、現在も新しい文化を発信している。

老舗カフェ物語
戦前はおもにシュルレアリストたちの、戦後はサルトルやボーヴォワールを筆頭とする実存主義者たちの議論の場となっていた。ヘミングェイゆかりの席も残されている。

かつての常連さん
ヴェルレーヌ、ボーヴォワール、ピカソなど

559145

軽食はもちろん、本格的な料理も味わえる

563571

中央の柱にある店のシンボル、2体の中国人形は必見

559163

サン・ジェルマン・デ・プレ教会の目の前に建つ歴史あるカフェ

レ・ドゥ・マゴ

現地名:
Les Deux Magots
住所:
6 Pl. St-Germain des Prés, 6e
地図を見る »
アクセス:
メトロ4号線 Saint-Germain-des-Présサン・ジェルマン・デ・プレ駅からすぐ
TEL:
01-45-48-55-25
営業時間:
7:30~翌1:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.lesdeuxmagots.fr

芸術関係者たちが語らう店 カフェ・ド・フロール (Café de Flore)

1887年創業。「レ・ドゥ・マゴ」と同様にエリアのシンボルで、この店にも多くの著名人が通った。おすすめは、上品な甘さのショコラや、トーストに溶けたチーズをのせたウェルシュ・ラービット。

老舗カフェ物語
ダダイストたちが熱い議論を交わしあった店は、1930年代以降は文学者やインテリ陣の溜まり場に。夫婦で哲学者であり作家であったサルトルとボーヴォワールは、いつも2階席を陣取り執筆していたという。

かつての常連さん
サルトル、カミュ、アンドレ・ブルトン、アポリネール、バタイユなど

558147

タルティーヌやサンドイッチも人気のメニュー

559009

天気のいい日はテラス席へ。セレブも訪れる

カフェ・ド・フロール

現地名:
Café de Flore
住所:
172 Bd. St-Germain, 6e
地図を見る »
アクセス:
メトロ4号線 Saint-Germain-des-Prés サン・ジェルマン・デ・プレ駅からすぐ
TEL:
01-45-48-55-26
営業時間:
7:30~翌1:30
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.cafedeflore.fr

この記事のタグ

パリのおすすめホテル

まっぷるフランス(16年)

  • 発売日:2016年03月29日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるフランス」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2015年12月〜2016年1月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。