2017年12月22日

パリ

パリ散歩【マレ〜バスティーユ】優美な歴史的エリア

by Fish & Tips

561322

中世建築が残るマレの一部は、歴史的保存地区に指定されている。若者が集まる賑やかな街としても知られる。

アクセス
散策を始める最寄り駅は路線が多く便利なⓂ1・5・8号線バスティーユ駅。エリア内には、ポンピドゥー・センターに近いⓂ11号線ランビュトー駅、中世の館や質の良いアンティーク店の集まるヴィラージュ・サン・ポールがあるⓂ1号線サン・ポール駅、Ⓜ7号線シュリー・モルラン駅もある。

こんな街です
【中世の優美な面影を残すおしゃれなエリア】
パリの3区と4区に広がるマレ地区からバスティーユ広場に至る一帯は、今最も注目されているファッション・エリア。東西に走るフラン・ブルジョワ通りから小路にそれると、個性的なブティックやヴィンテージ・ショップ、アンティーク雑貨店などが点在し、道行くパリジェンヌもじつにおしゃれ。モダンアートの美術館やフランス革命ゆかりのスポットなども集まっている。

おさんぽルート

【所要時間の目安:約3時間25分】

START バスティーユ駅 Ⓜ1・5・8号線→1分
1.バスティーユ広場 (見学時間 10分)→7分
2.ヴォージュ広場 (見学時間 20分)
3.フラン・ブルジョワ通り (34分)
4.ポンピドゥー・センター (見学時間 1時間)→18分
5.パリ市庁舎 (見学時間 30分)→26分
GOAL シュリー・モルラン駅 Ⓜ7号線

1.金色の天使が広場のシンボル バスティーユ広場 (Place de la Bastille)

1789年7月14日、この広場にあったバスティーユ牢獄を市民が襲撃したことによりフランス革命が始まった。

563109

牢獄の遺物はほとんど残っていない

バスティーユ広場

現地名:
Place de la Bastille
住所:
Pl. de la Bastille,4e,11e, 12e
地図を見る »
アクセス:
メトロ1・5・8号線Bastille バスティーユ駅からすぐ

2.芝生が美しいパリ最古の広場 ヴォージュ広場 (Place des Vosges)

ルイ13世の時代に完成した広場。フランス革命まで国王(ロワイヤル)広場と呼ばれた。

563236

市民の憩いの場

ヴォージュ広場

現地名:
Place des Vosges
住所:
Pl. des Vosges, 4e
地図を見る »
アクセス:
メトロ1・5・8号線Bastilleバスティーユ駅から徒歩4分

3.マレエリアの中心的なストリート フラン・ブルジョワ通り (Rue des Francs Bourgeois)

マレ地区の東西を貫くストリート。ユダヤ人街やゲイ・エリアができ、サブカルチャーも受け入れるリベラルな雰囲気が生まれた。結果、若者やマイノリティが集い、日曜日も営業しているため観光客にも大変な人気。周辺の小路にいたるまで、ブティックやカフェ、雑貨屋などが並ぶ。

563700

おしゃれなカフェ、小物も充実。休憩をとりつつギフト探しを楽しみたい

4.映画館から図書館、展望台まで ポンピドゥー・センター (Centre Georges Pompidou)

築後40年に近づく今も鮮烈な印象を与える建物は、レンゾ・ピアノとリチャード・ロジャースの共同設計によるもの。館内にある国立近代美術館には、マティス、ピカソ、ウォーホールなどの巨匠による作品が所蔵されており、近現代芸術を体系的に鑑賞できる。

563851

むき出しのパイプが鉄鋼所を連想させる建築デザイン

まっぷるフランス(16年)

  • 発売日:2016年03月29日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるフランス」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2015年12月〜2016年1月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
パリのツアー