2017年12月22日

オペラ座&ルーブル周辺

パリ散歩【オペラ座〜ルーブル】必見観光名所をたどる

by Fish & Tips

551294

パリの中心地であるルーヴル美術館周辺は、歴史的建造物や美術館、高級ブティックなど見どころが集まる。

アクセス
散策を始める最寄り駅はⓂ8・12・14号線マドレーヌ駅。エリア内には、オペラ座(パレ・ガルニエ)があるⓂ3・7・8号線オペラ駅、ルーヴル美術館に直結したⓂ1・7号線パレ・ロワイヤル・ミュゼ・デュ・ルーヴル駅などがある。

こんな街です
【美術館、博物館が集まるカルチャースポット】
パリのオペラ座(パレ・ガルニエ)からマドレーヌ寺院、チュイルリー公園からルーヴル美術館界隈は、パリの数ある観光地区のなかでも、最も密度の濃いエリア。王室ゆかりの宮殿や優れたコレクションを収蔵する世界有数の美術館、博物館などが集まっており、とても一日ではその魅力を味わい尽くせない。興味の赴くまま、ぶらりと街歩きを楽しみたい。

おさんぽルート

【所要時間の目安:約3時間50分】

START マドレーヌ駅 Ⓜ8・12・14号線→1分
1.マドレーヌ寺院 (見学時間 20分)→12分
2.チュイルリー公園 (見学時間 20分)→25分
3.ヴァンドーム広場 (見学時間 20分)→9分
4.オペラ座(パレ・ガルニエ) (見学時間 30分)→45分
5.パレ・ロワイヤル (見学時間 30分)
6.サントノレ通り (15分)
GOAL チュイルリー駅Ⓜ1号線

1.風格ある力強い建築が魅力 マドレーヌ寺院 (Église Ste-Marie Madeleine)

52本ものコリント様式の円柱に四方を囲まれ、ギリシャ神殿を思わせるたたずまいのキリスト教会。1764年に着工されるが、フランス革命などの影響により、1862年に完成。

553765

教会というよりも、まるで神殿のよう

マドレーヌ寺院

現地名:
Église Ste-Marie Madeleine
住所:
Pl. de la Madeleine, 8e
地図を見る »
アクセス:
メトロ8・12・14号線Madeleineマドレーヌ駅からすぐ
TEL:
01-44-51-69-00
営業時間:
9:30~19:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.eglise-lamadeleine.com

2.かつての宮殿の庭で憩う チュイルリー公園 (Jardin des Tuileries)

ル・ノートルが手がけた、美しいフランス式庭園の随所に、ロダンやカインなどの巨匠による彫刻群がある。

559747

26haもの広さを誇る。ピクニックするパリジャンも多い

チュイルリー公園

現地名:
Jardin des Tuileries
住所:
Pl. de la Concorde, 1er
地図を見る »
アクセス:
メトロ1・8・12号線Concordeコンコルド駅からすぐ
営業時間:
7:00~21:00(6・7月は~23:00)、冬季7:30~19:30
定休日:
無休 

3.高級感あふれる美しき広場 ヴァンドーム広場 (Place Vendôme)

1720年に完成した広場で、ルイ14世の騎馬像を最も美しく配置するため、マンサールによって設計された。1874年にナポレオンの像を尖頂に据えた塔が広場中央に建てられた。

560142

周辺には高級宝飾店が軒を連ねる

ヴァンドーム広場

現地名:
Place Vendôme
住所:
Pl. Vendôme, 1er
地図を見る »
アクセス:
メトロ1号線Tuileriesチュイルリー駅から徒歩5分

4.壮麗な舞台芸術の殿堂へ オペラ座(パレ・ガルニエ) (Opéra (Palais Garnier))

ネオ・バロック様式の傑作とされる、宮殿のような大劇場。大理石の階段やシャンデリアの輝く大広間もあり、華やかな社交界の雰囲気を体感できる。

556226

『オペラ座の怪人』の舞台としても知られる

オペラ座(パレ・ガルニエ)

現地名:
Opéra(Palais Garnier)
住所:
8 Rue Scribe, 9e
地図を見る »
アクセス:
メトロ3・7・8号線Opéraオペラ駅からすぐ
TEL:
01-75-25-24-23
営業時間:
見学10:00~16:30(7月中旬~9月初旬、学校の休暇期間は~17:00、午後に公演のある日は~12:30)、閉館は各30分後
定休日:
1/1、5/1、公演期間中 
Webサイト:
http://www.operadeparis.fr

5.中世の建物と現代芸術が共存 パレ・ロワイヤル (Palais Royal)

17世紀に建造され、ルイ14世が幼少期を過ごした王宮。コの字型の美しい回廊には、昔の面影を残すブティックやカフェが軒を連ねる。

555735

暖かな日にはパリジャンたちが日光浴を楽しむ

555680

回廊は高級ブランドの店が建ち並ぶ買い物スポット

パレ・ロワイヤル

現地名:
Palais Royal
住所:
Pl. du Palais Royal, 1er
地図を見る »
アクセス:
メトロ1・7号線Palais RoyalMusée du Louvreパレ・ロワイヤル・ミュゼ・デュ・ルーヴル駅からすぐ
営業時間:
7:00~22:15(6~8月は~23:00、9月は~21:30、10~3月は~20:30)
定休日:
無休 

6.パリのファッションが凝縮 サントノレ通り (Rue St-Honoré)

パリ屈指の高級ブランドの本店や有名なセレクトショップが建ち並ぶモードな雰囲気。マドレーヌ寺院あたりからはフォブール・サントノレ通りとなり、パリのほぼ中心部を東から西に長い距離にわたって延びる。

555600

ウインドーディスプレイも華やかな高級ブランド通り

このエリアにある美術館&博物館

デザインの総合美術館 装飾芸術協会 (Les Arts Décoratifs)

ルーヴル宮殿のマルサン翼には、装飾芸術協会の総合美術館として、装飾芸術博物館、モード&テキスタイル博物館、広告博物館の3つのミュゼがある。

装飾芸術博物館 (Musée des Arts Décoratifs)
中世から現代までの調度品や工芸品、インテリアを時代別・様式別に展示。国王の居室を再現した部屋などもある。

モード&テキスタイル博物館 (Musée de la Mode et du Textile)
16世紀以降のドレスや宝飾品、生地、織物などファッションに関するコレクションを約8万点所蔵。

広告博物館 (Musée de la Publicité)
新聞や雑誌の広告、販促グッズなど世界中の広告資料が集まる。メインは18世紀中頃から現在までの広告ポスター。

554650

3つのミュゼが入る建物。入口脇のショップはデザイン系の書籍が充実

555090

装飾芸術博物館

555097

広告博物館

装飾芸術協会

現地名:
Les Arts Décoratifs
住所:
107 Rue de Rivoli, 1er
地図を見る »
アクセス:
メトロ1・7号線 Palais Royal Musée duLouvre パレ・ロワイヤル・ミュゼ・デュ・ルーヴル駅から徒歩3分
TEL:
01-44-55-57-50
営業時間:
11:00~17:30(企画展のみ木曜は~20:30、閉館は各30分後)
定休日:
月曜、1/1、5/1、12/25 
Webサイト:
http://www.lesartsdecoratifs.fr

意欲的に企画展を開催 ジュ・ド・ポーム国立美術館 (Galerie Nationale du Jeu de Paume)

ナポレオン3世時代の建造物で現在は写真専門のギャラリー。19〜21世紀の写真や映像作品の企画展を行なう。併設する書店も評判が良い。

554573

高い天井と大窓が開放的な館

ジュ・ド・ポーム国立美術館

現地名:
Galerie Nationale du Jeu de Paume
住所:
1 Pl. de la Concorde, 1er
地図を見る »
アクセス:
メトロ1・8・12号線Concordeコンコルド駅からすぐ
TEL:
01-47-03-12-50
営業時間:
11:00~18:30(火曜は~20:30、閉館は各30分後)
定休日:
月曜、1/1、5/1、12/25 
Webサイト:
http://www.jeudepaume.org

世界最大級の芸術の殿堂 ルーヴル美術館 (Musée du Louvre)

絵画、彫刻、工芸品まで、さまざまな年代・ジャンルの芸術品を集結させた巨大な美術館。

モネの連作『睡蓮』を鑑賞しよう オランジュリー美術館 (Musée de l´Orangerie)

有名なモネの『睡蓮』はもちろん、ルノワールやルソーなど、著名な画家の名作もそろう。

まっぷるフランス(16年)

  • 発売日:2016年03月29日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるフランス」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2015年12月〜2016年1月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。