2017年12月19日

ドイツ

【ベルリン】の見どころをチェック!歴史的風景と最旬トレンドが交差する

by Fish & Tips

39668

世界のどの都市よりも特殊な歴史を持つベルリン。中世から近代、さらに進化し続ける現代の街の姿は見どころがたくさん。

ドイツ連邦議会議事堂 Reichstag, Deutscher Bundestag

街並みが一望できるガラス張りのドームが人気
1894年に建築されたが、1933年に不審火により炎上。統一後の1999年、イギリス人建築家ノーマン・フォスターにより再建され、連邦議会議事堂として使用されている。

download

壁崩壊後に再建された議事堂。その存在感は圧倒的

download-1

ドイツ統一後に設置された半円形のドームは近未来的な建築が見どころ

ドイツ連邦議会議事堂

現地名:
Reichstag, Deutscher Bundestag
住所:
Platz der Republik 1
地図を見る »
アクセス:
UバーンBundestagブンデスターク駅からすぐ
TEL:
030-2270
営業時間:
8:00~24:00(最終入館は22:00)
定休日:
土・日曜 
Webサイト:
http://www.bundestag.de

ティーアガルテン Tiergarten

市民の憩いの森昔は王家の狩猟場
ベルリン市街地の中心部に位置する、総面積210haの広大な公園。その中心に立つ塔ジーゲスゾイレからは、眼下に素晴らしいパノラマが広がる。そのほか、サイクリングやボート遊びも楽しめる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

19世紀前半、王宮の造園家ペーター・ヨセフ・レンネの手で現在の形に整備

ベルヴュー宮殿 Schloss Bellevue

プロイセン王フリードリヒ2世の弟、フェルディナントが居住。1994年から大統領官邸になっている。外観のみ見学可。

download

ベルヴュー宮殿

現地名:
Schloss Bellevue
アクセス:
SバーンBellevue ベルヴュー駅から徒歩10分
営業時間:
外観は見学自由
定休日:
外観は見学自由 

ティーアガルテン

現地名:
Tiergarten
アクセス:
SバーンTiergartenティーアガルテン駅から徒歩1分
営業時間:
入園自由、ジーゲスゾイレ9:30~18:30(土・日曜は~19:00)11~3月は10:00~17:00(土・日曜は~17:30)
定休日:
無休 

ブランデンブルク門 Brandenburger Tor

歴史の表舞台となったベルリンのシンボ
1791年にプロイセン王国の凱旋門として建設された。東西ベルリンに分かれていた時代は、門の背後の壁が目抜き通りを分断していた。壁の崩壊時はこの広場で東西の再会劇が繰り広げられた。

39668

壮大な姿を見せるブランデンブルク門。夜はライトアップされ幻想的に

ブランデンブルク門

現地名:
Brandenburger Tor
住所:
Pariser Platz
地図を見る »
アクセス:
Sバーン・UバーンBrandenburger Torブランデンブルガー・トーア駅からすぐ
営業時間:
見学自由
定休日:
見学自由 

街なかミニinfo

ウンター・デン・リンデン

ベルリンのメインストリート。道の中央に連なる菩提樹の並木に沿って散策路が設けられている。フリードリヒ大王らの彫像もある

40805

カイザー・ヴィルヘルム記念教会 Kaiser Wilhelm Gedächtniskirche

第二次世界大戦の傷跡を今に伝える教会
1895年に建造されたネオロマネスク様式の教会。1943年の空襲で大部分が焼け落ち、そのままの姿を今も残している。

41923

塔の一部のみが爆撃後に残った、内部は修復されており見学できる

カイザー・ヴィルヘルム記念教会

現地名:
Kaiser Wilhelm Gedächtniskirche
住所:
Breitscheidplatz
地図を見る »
アクセス:
ドイツ鉄道・Sバーン・UバーンZoologischer Gartenツォーローギッシャー・ガルテン駅から徒歩3分
TEL:
030-2185023
営業時間:
9:00~19:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.gedaechtniskirche-berlin.de

テレビ塔 Fernsehturm

ベルリンの空を刺す東独の権威の象徴
東ドイツ建国20周年を記念して、1965年から4年を費やして建造された。テレビ塔としてはモスクワに次ぐヨーロッパ第2位の高さで、約368m。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

204mの高さに位置する、球体の部分には展望台があり市内を一望できる。

42390

また、さらに4m上には、回転レストランもあり観光客に人気

テレビ塔(ベルリン)

現地名:
Fernsehturm
住所:
Panoramastraße 1a
地図を見る »
アクセス:
Sバーン・UバーンAlexanderplatzアレクサンダープラッツ駅から徒歩5分
TEL:
030-24757537
営業時間:
9:00~24:00(11~2月10:00~)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://tv-turm.de/

ベルリン大聖堂 Berliner Dom

王室ゆかりの豪華絢爛な聖堂
高さ114mのドームが特徴。聖書のストーリーがレリーフや絵として施されている。堂内右手にはプロイセン王フリードリヒ1世と王妃ゾフィー・シャルロッテの棺が納められている。

42611

ルストガルテンから眺める迫力ある荘厳な大教会

download

ドームの内部は贅を尽くした内装が。美しさに圧倒される

43636

円蓋には階段で上ることができ、ベルリンの街の眺望が楽しめる

ベルリン大聖堂

現地名:
Berliner Dom
住所:
Am Lustgarten
地図を見る »
アクセス:
SバーンHackescher Marktハッケッシャー・マルクト駅から徒歩10分
TEL:
030-20269136
営業時間:
9:00~20:00(10~3月は~19:00、日曜は~19:00、最終入場は閉館の1時間前)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.berlinerdom.de

街なかミニinfo

アレクサンダー広場

19世紀のロシア皇帝の名がつけられた広場。周辺は東西統一後に再開発が行なわれ、ホテルや百貨店、オフィスビルなど、高層ビルの建設が続々と進められている。

download

アレクサンダー広場

現地名:
Alexanderplatz
アクセス:
Uバーン・SバーンAlexanderplatz アレクサンダープラッツ駅から徒歩1分

ケブアップで朝ごはん

1日観光で歩き回るために、朝ごはんはしっかりと取りたい。野菜もたっぷり取れるケバブで!

46938

テイクアウト専門だが、お店の前にはベンチもある

46951

ニコライ地区 Nikolaiviertel

中世の街並みをぶらり歩きベルリンの癒し地区
都会的なベルリンにあって、この地区は歴史保存地区に指定されたエリア。教会や宮殿が狭い範囲に建っているので、そぞろ歩き気分でたずねてみよう。

Berlin, Nikolai – Viertel

エフライム宮殿(Ephraim Palais)

プロイセン王室お抱えの宝石商・銀行家だったエフライム家の住居。1766年に建てられた。共産党により破壊されたが、のちに再建された。

download

エフライム宮殿

現地名:
Ephraim Palais
住所:
Poststraße 16
地図を見る »
アクセス:
UバーンKlosterstraßeクロスターシュトラーセ駅から徒歩9分
TEL:
030-24002162
営業時間:
10:00~18:00、水曜12:00~20:00
定休日:
月曜 

マリエン教会 Marienkirche

ベルリンで2番目に古いとされる教会。森鷗外の小説『舞姫』に、主人公の太田豊太郎とエリスが出会った場所として登場する。

download

マリエン教会

現地名:
Marienkirche
住所:
Karl-Liebknecht-Straße 8
地図を見る »
アクセス:
Sバーン・UバーンAlexanderplatzアレクサンダープラッツ駅から徒歩5分
TEL:
030-24759510
営業時間:
10:00~18:00、1・2月は月・水・金曜10:00~14:00、木曜14:00~18:00、冬季は変更あり
定休日:
無休 

ニコライ教会 Nikolaikirche

1220年代に建設されたとされるベルリン最古の教会。戦災によって破壊され、1980年代に再建された。現在は博物館として利用されている。

44540

ニコライ地区

現地名:
Nikolaiviertel
アクセス:
UバーンKlosterstraßeクロスターシュトラーセ駅周辺

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるドイツ ロマンティック街道」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2017年6月〜8月現在のものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので、現在取り扱っていない可能性があります。