2017年12月14日

ドイツ

ドイツ【ヴュルツブルク】最高峰のバロック建築に出会う

by Fish & Tips

Fotolia_160495891_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©pure-life-pictures

マイン川のほとりに広がる、芸術と文化の街。世界遺産に登録されている領主司教の宮殿や、街を見下ろす中世の要塞、殉教者・聖キリアンを祀る教会など壮麗な建物を見学してまわりたい。

ロマンティック街道 ヴュルツブルク

451801
457979
523122

12の聖人像が配されているアルテ・マイン橋(上)、街なかにはトラムが走る(中)、大聖堂通りの賑わい(下)

アクセス

Frankfurt Hbf.フランクフルト中央駅からICEで約1時間10分。Würzburg Hbf.ヴュルツブルク中央駅から旧市街まで徒歩15分。

フランクフルトからロマンティック街道バスで約1時間40分。駅前のバスターミナルとレジデンツ前に停まる。

観光案内所

Falkenhaus am Marktplatz 9
0931-372398
開:10:00〜18:00(土曜は〜15:00・日曜、祝日は〜14:00、 1〜3月の月〜金曜は〜17:00、11~4月の土曜は〜14:00) ※曜日、季節により変更あり
休:11〜4月の日曜、祝日

街の歩き方

ヴュルツブルク中央駅から観光案内所のあるマルクト広場まで徒歩15分。レジデンツなど多数のスポットがこの周辺に集まる。マリエンベルク要塞へは、街の西にあるアルテ・マイン橋を渡って坂を上る。
観光・見どころ★★★★★
ショッピング★★
グルメ★★★
カルチャー★★★

街歩きマップ
見どころは中心部に集まるが端から端へ移動すると2㎞くらいは離れているのでトラムなども利用すると効率良い。

街の魅力KeyWord3

1.レジデンツ&教会建築

この地を治めた領主司教の宮殿レジデンツや聖キリアンゆかりの教会が街の目玉。いずれも細部まで精巧な装飾が施されている。

Fotolia_182150275_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©Franz

2.マリエンベルク要塞

中世に建設された堅固な要塞。そこから眺めるヴュルツブルクの街並みは見事のひと言。貴重な中世建築や博物館もある。

download

マリエンベルク要塞

現地名:
Festung Marienberg
住所:
Festung Marienberg
地図を見る »
アクセス:
バス9番Schönborntorシェーンボルン門下車、徒歩5分(バスの運行は4~10月のみ)
TEL:
0931-3551750
営業時間:
10:00~16:30/ガイドツアー(ドイツ語)3月中旬~10月の火~金曜11:00、14:00、15:00、16:00、土・日曜、祝日10:00、11:00、13:00、14:00、15:00、16:00、11~3月中旬の土・日曜、祝日11:00、14:00、15:00/ガイドツアー(英語)4月~10月の土・日曜、祝日15:00
定休日:
月曜、11~3月 ガイドツアーは催行

3.フランケンワイン

この街はフランケンワインの有名な産地。ワインと合う郷土料理が、マイン川の眺望とともに楽しめる店もあるので、ぜひ訪れたい。

459808

マリエンベルク要塞

街の西にそびえる堅牢な要塞

13〜18世紀にヴュルツブルク大司教が使用した要塞兼居城で、要塞までの道はぶどう畑になっている。17世紀の三十年戦争でスウェーデン軍に占領された際に、バロック様式に改築された。マイン川と旧市街を一望できる眺望スポットでもある。

506023

ぶどう畑が続く丘の上に建つ、堅固な城壁に囲まれた要塞

マリエン教会

8世紀初頭に創建されたマリエン教会は、要塞内の建物のなかで現存する最古のもので、ヴュルツブルク最古の教会でもある。

527675
download

マリエン教会

現地名:
Marienkirche
住所:
Karl-Liebknecht-Straße 8
地図を見る »
アクセス:
Sバーン・UバーンAlexanderplatzアレクサンダープラッツ駅から徒歩5分
TEL:
030-24759510
営業時間:
10:00~18:00、1・2月は月・水・金曜10:00~14:00、木曜14:00~18:00、冬季は変更あり
定休日:
無休 

領主の庭園 Fürstengarten

マリエンベルク要塞東側のイタリア・バロック様式の庭園からは、マイン川と旧市街が一望できる。

シェーレンベルク門 Scherenbergtor

1482年に建てられた門。

7915181024_96e5bf5710_z
Scherenbergtor, by berlinrider, CC BY

ベルクフリート Bergfried

1200年頃に建てられた中世の城に特徴的な塔。城郭防衛の要となる。

527627

領主館博物館

ミュージアム

街を統治した領主司教の暮らしを再現し、多彩な収集品を展示。中世から現代までの街の歴史に関する展示も豊富。

領主館博物館

現地名:
Fürstenbau-Museum
住所:
Festung Marienberg
地図を見る »
アクセス:
バス9番Festungフェストゥング下車、徒歩5分(バスの運行は4~10月のみ)
TEL:
0931-205940
営業時間:
9:00~17:30(閉館は18:00)、2階は10:00~16:30(閉館は17:00)
定休日:
月曜、11~3月中旬 

マインフランケン博物館

ミュージアム

マリエンベルク要塞内にある博物館。銀製品や貴族の日用品、絵画、彫像、家具など華やかな暮らしを感じさせるものを展示している。リーメンシュナイダーの作品も充実。

download-1
download

かつて武器庫だった建物を利用

528650

リーメンシュナイダー作 『聖キリアン』

508270

リーメンシュナイダー作『子供を抱くマリア』

マインフランケン博物館

現地名:
Mainfränkisches Museum
住所:
Festung Marienberg
地図を見る »
アクセス:
バス9番Festungフェストゥング下車、徒歩5分(バスの運行は4~10月のみ)
TEL:
0931-205940
営業時間:
10:00~16:30(11~3月は~15:30、閉館は各30分後)
定休日:
月曜 

マリエンベルク要塞

現地名:
Festung Marienberg
住所:
Festung Marienberg
地図を見る »
アクセス:
バス9番Schönborntorシェーンボルン門下車、徒歩5分(バスの運行は4~10月のみ)
TEL:
0931-3551750
営業時間:
10:00~16:30/ガイドツアー(ドイツ語)3月中旬~10月の火~金曜11:00、14:00、15:00、16:00、土・日曜、祝日10:00、11:00、13:00、14:00、15:00、16:00、11~3月中旬の土・日曜、祝日11:00、14:00、15:00/ガイドツアー(英語)4月~10月の土・日曜、祝日15:00
定休日:
月曜、11~3月 ガイドツアーは催行

【世界遺産】レジデンツ

領主司教の華麗な宮殿

1720年から24年かけて建築された大司教の宮殿。ドイツ・バロックの代表的建築で、基本設計はバルタザール・ノイマンが手がけた。1981年に庭園と宮殿前広場が世界遺産に登録されている。公開は一部のみ。

Fotolia_160495891_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©pure-life-pictures
530338

個々の部屋の設えから領主司教の優雅な暮らしがわかる

ホーフ庭園 Hofgarten

緑豊かな庭園からは中央ドームの威容を眺めることができる。庭園の入場は無料で、市民の憩いの場にもなっている。

鏡の間 Spiegelkabinett

金と鏡で装飾された絢爛豪華な空間。戦災により損壊したが、復元された。

白の間 Weißer Saal

前後の部屋が彩色きらびやかなため、あえてトーンを落として、白の漆喰飾りを壁面と天井に施した上品な印象の部屋。

皇帝の間 Kaisersaal

大理石風に彩色された柱が美しく、天井画は階段の間と同じくティエポロの作。だまし絵など細かな工夫がなされている。

529701

階段の間 Treppenhaus

部屋の天井画はヴェネツィアのフレスコ画の巨匠ティエポロの作品で、世界の四大陸が描かれている。一枚画としては世界一の大きさを誇る。

507009

フランコニアの泉 Frankoniabrunnen

入口前の広場。フランケンの女神など著名人の像がある。

20705339458_7fd86614e5_z
, by sergei.gussev, CC BY

レジデンツ(ロマンティック街道)

現地名:
Residenz
住所:
Residenzplatz 2
地図を見る »
アクセス:
バスResidenzplatzレジデンツプラッツ下車すぐ(9番バスの運行は4~10月のみ)
TEL:
0931-355170
営業時間:
9:00~17:30(11~3月は10:00~16:00、閉館は各30分後)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.residenz-wuerzburg.de

人物を知る

ヨハン・バルタザール・ノイマン (Johann Balthasar Neumann)【1687〜1753年】

ドイツの後期バロックを代表する建築家。円形や楕円形を組み合わせるなど大胆な手法で、バート・メルゲントハイムのドイツ騎士団城内の教会など数多くの作品を残す。

526623

EVENT & FESTIVAL

ヴュルツブルク・モーツァルト音楽祭 Würzburger Mozartfest

毎年春〜夏頃にレジデンツで開催される音楽祭で、毎年国内外から多くの観客が訪れる。1921年に指揮者ヘルマン・ツィルヒャーによって創設された。シャンデリアがきらめく豪華な室内や、月明かりが照らす幻想的な庭園で聴くモーツァルトの調べはロマンティックだ。

マリエンカペレ

街の中心にある優美な礼拝堂

1377年から1480年にかけて建築された、後期ゴシック様式のホール式礼拝堂。入口右側の柱には、レジデンツを設計した建築家バルタザール・ノイマンの墓碑が掲げられている。

508952

純白とレンガの朱色のコントラストが美しい建物

526368

祭壇画やステンドグラスなど見どころ多数。

526373

夜はライトアップされる

マリエンカペレ

現地名:
Marienkapelle
住所:
Marienplatz 7
地図を見る »
アクセス:
Marktplatzマルクト広場からすぐ
TEL:
0931-38662800
営業時間:
8:30~18:00、曜日、季節により異なる
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.bistum-wuerzburg.de

聖キリアン大聖堂

美しい礼拝堂がある双塔の教会

11〜12世紀に建造されたロマネスク様式の大聖堂。身廊の柱に歴代大司教の墓碑があり、リーメンシュナイダーが制作したシェーレンベルク大司教のレリーフが見事。

508935

建築家バルタザール・ノイマン作の礼拝堂がある

524429

第二次世界大戦で破壊されたが復元された

524480

ルドルフ・フォン・シェーレンベルク司教の墓碑

聖キリアン大聖堂

現地名:
Dom St. Kilian
住所:
Domstraße 2
地図を見る »
アクセス:
トラム1、3、4、5番Domドム下車すぐ
TEL:
0931-38662800
営業時間:
10:00~18:00※ミサ中は見学不可、曜日、季節により異なる
定休日:
無休 

ノイミュンスター

この街で殉教した聖人を祀る

11世紀に聖キリアンらを追悼して建てられた教会で、18世紀に増築された。中庭には、かつて森鷗外も訪れたという、吟遊詩人の墓もある。

526163

赤い砂岩のファサードは18世紀に増築された

508960

巨匠リーメンシュナイダー作の聖母マリアと幼いキリストの像

508943

聖人キリアンとその弟子を祀っている

ノイミュンスター

現地名:
Neumünster
住所:
Kürschnerhof 2 1/2
地図を見る »
アクセス:
トラム1、3、4、5番Domドム下車すぐ
営業時間:
10:00~18:00、曜日、季節により異なる※ミサ中は見学不可
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.neumuenster-wuerzburg.de

ミュージアム

レントゲン記念館

ヴュルツブルク大学の教授だった偉大な物理学者・レントゲンの記念館。X線が発見された実験室や実験道具、資料などを展示。

download

レントゲン記念館

現地名:
Röntgen-Gedächtnisstätte
住所:
Röntgenring 8
地図を見る »
アクセス:
ドイツ鉄道Würzburg Hbf.ヴュルツブルク中央駅から徒歩5分
TEL:
0931-35116002
営業時間:
8:00~20:00(土曜は~18:00)
定休日:
日曜 
Webサイト:
http://www.wilhelmconradroentgen.de

人物を知る

聖キリアン (St. Kilian)【640〜689年】

ヴュルツブルクの守護聖人キリアンはアイルランドで生まれた司祭。686年にローマからこの地に派遣され、布教に努めたが、領主夫人の反感を買って暗殺された。その後11世紀になって、墓の上にノイミュンスターが建立された。毎年7月には聖キリアン祭が行なわれる。

download

シーボルト (Siebold)【1796〜1866年】

鎖国下にあった江戸時代の日本を訪れたことで知られる医師・学者。彼は1796年にヴュルツブルクで生まれ、ヴュルツブルク大学を卒業後、1823年にオランダ人と偽って来日。彼は西洋医学を日本に伝えるとともに、日本の学者とも交流をもち、日本語や日本の社会・文化について多くの知識を得た。1828年に日本を出国するが、この際に海外への持ち出しが禁じられていた日本地図を持ち出していたことが幕府に露見し、国外追放処分を受けた。その後はオランダにおいて日本研究の第一人者として活躍、鎖国が解除されたあとの1859年には再来日を果たしている。1863年に故郷ヴュルツブルクに戻り、1866年にミュンヘンで死去した。

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるドイツ ロマンティック街道」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2017年6月〜8月現在のものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので、現在取り扱っていない可能性があります。