2017年12月16日

ドイツ

ドイツ【ノイシュヴァンシュタイン城】ゆかりの人物とは?

by Fish & Tips

Fotolia_34113967_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©paylessimages

自分の理想の城を建築した狂王・ルートヴィヒ2世と、王が傾倒した希代の音楽家・ワーグナーに焦点を当てる。

常軌を逸するほどに芸術を愛した君主 ルートヴィヒ2世 Ludwig II(1845 Aug 25-1886 Jun 13)

中世騎士道に夢を見た少年
ルートヴィヒ2世は、ノイシュヴァンシュタイン城の隣にあるホーエンシュヴァンガウ城で多感な幼少期を過ごした。壁画に描かれた騎士道物語に憧れを抱き、強く影響を受けて成長。父マクシミリアン2世が死去し、18歳で王位を継いだときから後世に伝わる常軌を逸した行動が始まる。

国を傾ける数々の行動
まず、オペラ『ローエングリン』を観て以来、傾倒していたワーグナーを招いて多額の給与を与えたほか、その作品を上演するための劇場建設など、国民のひんしゅくを買うほど過剰に援助した。また、女性嫌いで、1867年に婚約したゾフィー・シャルロッテとは婚約解消し、その後も皇后を迎えることはなかった。加えて普墺戦争の勃発時にも王宮から抜け出すなど、国王の自覚に欠けた行動を繰り返し、周囲から疑念を持たれることとなった。

巨額を投じた新城の建設
ルートヴィヒ2世を語るうえで欠かせないのが、ノイシュヴァンシュタイン城の建造。「中世の騎士道物語に登場するような美しい城」に固執し、1866年の普墺戦争で敗戦し、多額の賠償金を支払ったあとでありながら、莫大な金額をつぎ込み、国費を浪費して王国の財政は悪化した。

バイエルンの独立を失う
一方、現実世界ではバイエルン王国を取り巻く情勢は年々悪化。1870年、ドイツ再統一をめざすプロイセン王国と普仏戦争へと出兵するが、第2帝政ドイツに組み込まれる結果になる。国内経済はプロイセンへの賠償金、不安定な政情、城の建設費などが原因で恐慌状態となる。

臣下に廃され、そして急死
弟オットーが普仏戦争で精神に異常をきたし、本人もますます現実から乖離した言動をとるようになり、政務にはまるで関心を示さなかった。1886年、ついに臣下たちにより拘束・廃位され、翌日に医師とともに水死体で発見された。波乱万丈の人生を送った王だったが、彼の夢の結晶「白鳥城」は、今も多くの人々に愛されている。

7334

1845年8月25日 0歳
マクシミリアン2世の長男として誕生

1864年3月10日 18歳
バイエルン国王に即位

1869年9月5日 24歳
ノイシュヴァンシュタイン城の礎石を置く

1874年 29歳
リンダーホーフ城の着工(1879年完成)

1878年5月21日 32歳
ヘレンキームゼー城の礎石を置く

1886年6月12日 40歳
拘束され、ベルク城へ移送

1886年6月13日
最後の散歩に。深夜、シュタンベルク湖畔で水死体で発見される

バイエルン王国 Königreich Bayern

バイエルン王国が誕生したのは、12世紀からこの地を統治してきたヴィッテルスバッハ家の君主が王を称した1806年のこと。その後、ベルリンを拠点とするプロイセン王国がドイツを統一し、1871年にドイツ帝国が成立したが、バイエルンはその傘下の一王国として存続した。しかし、第一次世界大戦末期の1918年、革命によってルートヴィヒ3世が退位に追い込まれ、バイエルン王国は滅亡した。

35929084364_5abcb071c6_z
Schloss Nymphenburg - outsde, rear, by GOC53, CC BY

ニンフェンブルク城はバイエルン王国の離宮で、ルートヴィヒ2世の生誕の地

楽劇の世界を高めた孤高の天才作曲家 ワーグナー Richard Wagner(1813 May 22-1883 Feb 13)

オペラのような波瀾の人生
ライプツィヒ生まれ。20代の頃は作品が認められず貧困に苦しんだが、1842年の『最後の護民官リエンツィ』の上演から高評価を得た。

しかし、1849年のドイツ三月革命に参加して失敗し、9年間逃亡生活を送る。この時期に『ニーベルングの指環』や『トリスタンとイゾルデ』などの名作が生まれた。

1864年、ルートヴィヒ2世に招かれてバイエルンに移り、1872年にはバイロイトへ移住。1876年にはみずから設計した祝祭歌劇場で作品の上演を行なった。1883年、旅行中にヴェネツィアで死去。

優れた作品を多く残し「歌劇王」と讃えられるが、浪費癖や女性関係など、多くの問題を抱える人物でもあった。

7480

楽譜や愛用品、文献などさまざまな資料を展示 ワーグナー博物館 Richard Wagner Museum

1874年からワーグナーが妻と住んだ家を改装。ゆかりの品が多く見られる。

download

裏庭にはワーグナー夫妻の墓もある

ワーグナー博物館

現地名:
Richard Wagner Museum
住所:
Richard Wagner-Straße48
地図を見る »
アクセス:
観光案内所から徒歩8分
TEL:
0921-7572816
営業時間:
10:00~17:00(7・8月は~18:00)
定休日:
月曜、7・8月は無休 
Webサイト:
http://www.wagnermuseum.de

ワーグナー歌劇の上演を唯一の目的として建設 祝祭歌劇場 Festspielhaus

ルートヴィヒ2世の援助で1876年に建設。設計はワーグナーがみずから行なった。

download

バイロイト音楽祭の会場として有名

祝祭歌劇場

現地名:
Festspielhaus
住所:
Festspielhügel 1
地図を見る »
アクセス:
ドイツ鉄道Bayreuth Hbf.バイロイト中央駅から徒歩15分
TEL:
0921-78780
営業時間:
ガイドツアー9・10月は10:00~、11:00~、14:00~、15:00~、11・12月は土曜14:00~のみ
定休日:
11月の平日・日曜、7・8月 
Webサイト:
http://www.bayreuth-tourismus.de

この記事のタグ

ドイツのおすすめホテル

まっぷるドイツ ロマンティック街道(17年)

  • 発売日:2017年10月06日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるドイツ ロマンティック街道」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2017年6月〜8月現在のものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので、現在取り扱っていない可能性があります。
ドイツのツアー