2017年12月21日

ドイツ

【ドイツの国内交通】鉄道、飛行機、バス、レンタカー

by Fish & Tips

Fotolia_69762728_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©Leonid Andronov

ドイツ鉄道が全国に路線を張りめぐらせており、超特急ICEが主要都市間を結ぶ。また、アウトバーンと呼ばれる高速道路網も整備されていて、車での移動も快適だ。

ドイツ鉄道(DB)

ドイツ鉄道「DB」(Deutsche Bahn AG)は1835年、ニュルンベルクにおいてその歴史をスタートさせた。以後約180年以上にわたって、人々の主要交通手段として利用され続けている。現在、路線の総延長は約8万㎞。ドイツ全土を網羅しているので、都市間を移動するのに便利な乗物だ。旅行者がよく利用する列車は、主要な都市間を結ぶドイツ版新幹線ICEと特急列車IC。そのほか、短距離の都市間移動には地域間快速REを利用することも多い。また、地域によっては別会社が運営する鉄道もあり、ドイツ中部を東西に走るVIA、ミュンヘンを発着するALEXなどは、旅行者が利用する機会も多い。ジャーマンレイルパスも使用可。

列車の種類と略称

ICE、IC、ECは特急列車で、運賃のほかに特急料金が必要。特急も基本的に全車自由席だが、席の予約も可能。急行以下の列車については、地域によって呼称が異なる場合もある。

ICE(InterCity Expressインターシティ・エクスプレス)
最高時速300㎞で主要都市間を結ぶ超特急。フランス、オランダ、オーストリアなどへも乗り入れる。食堂車やビストロ車が連結されている列車が多い。

75891

ベルリン中央駅に停車中のICE。白地に赤のラインが目印だ

IC(InterCity インターシティ)
国内の大都市と中都市間を結ぶ都市間特急。1等車と2等車があり、多くはビストロ車を連結している。ICEより停車駅が多い。

EC(EuroCity オイロシティ)
国際高速列車。ヨーロッパ各国の主要都市を結んで走る。ドイツ線のほか、イタリア線、スイス線、フランス線がある。

IRE(InterRegioExpress インターレギオエクスプレス)
地域間の急行列車。運賃のみで乗車できる。地域快速列車のREよりも長い距離を走る。

RE(RegionalExpress レギオナルエクスプレス)
各都市とその周辺の街を結ぶ地域間快速列車。地元の人たちにとっての重要な路線。

75909

ミュンヘン中央駅に停車中のRE

RB(RegionalBahn レギオナルバーン)
各駅に停車する普通列車。地方の街と街を結ぶ路線が多く、小都市巡りには欠かせない。

おトクな情報!鉄道パスを使いこなす

鉄道を利用することが多いなら、周遊パスを利用するのがおすすめ。

■ジャーマン・レイル・パス
ドイツ鉄道全線が乗り放題になり、ICEやSバーンにも乗車できる。1か月の有効期間に3〜15日間を選んで利用するタイプと3〜15日間の連続使用タイプがある。日本の旅行代理店、大都市の駅で購入する。

■ユーレイル・グローバルパス
欧州28か国の国鉄全線の1等が乗り放題になるパス。連続利用タイプと有効期間中で好きな日を選んで利用できるフレキシブルタイプとがある。

主要都市間の最速所要時間

フランクフルト⇒ベルリン 4~5時間
フランクフルト⇒ミュンヘン 3時間15分
フランクフルト⇒ニュルンベルク 2時間05分
フランクフルト⇒ケルン 1時間20分
フランクフルト⇒ドレスデン 4時間15分
ベルリン⇒ミュンヘン 6時間10分
ベルリン⇒ニュルンベルク 4時間50分
ベルリン⇒ケルン 5時間10分
ベルリン⇒ドレスデン 1時間50分
ミュンヘン⇒ニュルンベルク 1時間
ミュンヘン⇒ケルン 4時間20分
ミュンヘン⇒ドレスデン 6時間10分
ニュルンベルク⇒ケルン 3時間10分
ニュルンベルク⇒ドレスデン 4時間30分

切符の買い方

駅の窓口で購入する
駅のインフォメーション、ライゼツェントゥルム(Reisezentrum)で、日時と目的地を英語で伝えるかメモを渡せば、適切な列車を検索し印刷してくれる。切符売場では、その紙を提示するだけでよい。しかし、ドイツでは窓口で相談しながらチケットを購入する人が多く、1人あたりの時間が長い。そのため、大都市の駅では整理券の順番を待つ場合もあるので注意が必要だ。現地でチケットを入手する場合は出発直前は避け、余裕をもって購入しておきたい。

76555

ミュンヘン中央駅のライゼツェントゥルム

76562

ミュンヘン中央駅の自動券売機

自動券売機で購入する
①まずは使用する言語を選択する。画面に国旗が表示されているので簡単。英語の場合、イギリス国旗を選んでBUY YOUR TICKET(チケット購入)を選べばよい。

%3CatariName%3EIMG_0309.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

 

②出発駅と到着駅を入力する。画面上にキーボードが現れるので、それにタッチして打ち込めばよい。目的地まで複数のルートがある場合は、選択肢が表示されるのでいずれかを選ぶ。

%3CatariName%3EIMG_0313.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

 

③片道か往復か、利用人数、バーンカードの有無、座席の等級、乗車日時、列車の種類を入力する。画面上にキーボードや選択肢が表示されるので、それに従っていけばよい。

%3CatariName%3EIMG_0314.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

 

④切符の内容をすべて確認したら支払いに移る。支払いは基本的にはクレジットカード利用だが、現金で購入できる券売機もある。支払いが完了すると切符が発券される。

%3CatariName%3EIMG_0315.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

 

インターネットで購入する
①DBの公式サイトを開き、言語を選択。英語表示の場合、画面左端のInformation&Ticketsに日時や発着日、人数などの必要情報を入力し、Searchをクリックする。

%3CatariName%3E01.png%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

 

②指定した時刻以降に出発駅を発車する便が表示される。各選択肢の左端の>をクリックすれば、詳細が見られる。それぞれの条件を確認し、適当なものを選んで、Purchaseをクリック。

%3CatariName%3E02.png%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

 

③チケットの種類(オンライン/モバイル/郵送のいずれか)を選び、希望があれば座席の指定をする(座席指定料金€ 4・50が別途必要)。

④個人情報を入力し、購入手続きへ進む。

鉄道関係のホームページ

ドイツ鉄道 www.bahn.de
ヨーロッパ鉄道チケットセンター(日本語) www.railstation.jp
レイルヨーロッパ(日本語) www.raileurope-japan.com

77820

2階建ての客車もしばしば見られる

列車の乗り方

①ドイツ鉄道の駅は、基本的に改札がない。その場合、ホームにある青い刻印機に、チケットに書かれた矢印の方向に挿入して刻印してから乗車する。これをしないと罰金になるので注意。

76747

 

②ドイツの列車のドアは自動では開かないので、自分でボタンを押して開ける。ボタンがない場合はハンドルを使う。閉じるときは自動。降りるときは、完全に停車してからドアを開ける。自転車のマークがある車両は自転車の持ち込みが認められている。

%3CatariName%3EIMG_0335.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

飛行機

大都市間の長距離移動なら、飛行機が効率的。鉄道で4~5時間かかるような場所でも、飛行機なら1時間程度で移動できる。ディスカウント・チケットを探せば、運賃もかなりお得。ただし、座席指定でない場合や制限も多いので注意したい。たいていの大都市では、市街地から30分程度で空港までアクセスできる。

おもな路線

国内のおもな航空会社はルフトハンザ ドイツ航空で、フランクフルトを中心にベルリン、ミュンヘン、ドレスデン、ハンブルクなど、ドイツ各地の空港を50分~1時間15分程度で結んでいる。乗り継ぎがある場合は、列車移動とあまり変わらなくなることもある。

格安航空会社の路線

ドイツの国内線では、エア・ベルリンやユーロウイングスといった格安航空会社が路線網を大きく広げつつある。主要都市はもちろん、カールスーエやバーデン・バーデン、フリードリヒスハーフェンといったローカル空港へも定期便を運航している。

ドイツ国内のおもな航空路線と所要時間の目安

・フランクフルト(FRA)⇒ベルリン(TXL)
運航会社 LH・AB
所要時間 1時間10分

・フランクフルト(FRA)⇒ミュンヘン(MUC)
運航会社 LH
所要時間 1時間

・フランクフルト(FRA)⇒ハンブルク(HAM)
運航会社 LH
所要時間 1時間

・フランクフルト(FRA)⇒ドレスデン(DRS)
運航会社 LH
所要時間 1時間

・フランクフルト(FRA)⇒デュッセルドルフ(DUS)
運航会社 LH
所要時間 50分

・ミュンヘン(MUC)⇒ベルリン(TXL)
運航会社 LH・AB
所要時間 1時間10分

・ミュンヘン(MUC)⇒ハンブルク(HAM)
運航会社 LH・AB
所要時間 1時間15分

・ミュンヘン(MUC)⇒ドレスデン(DRS)
運航会社 LH
所要時間 1時間

・ミュンヘン(MUC)⇒デュッセルドルフ(DUS)
運航会社 LH・AB
所要時間 1時間10分

・ミュンヘン(MUC)⇒ケルン・ボン(CGN)
運航会社 LH・AB
所要時間 1時間

・ベルリン(TXL)⇒デュッセルドルフ(DUS)
運航会社 AB・EW
所要時間 1時間10分

・ベルリン(TXL)⇒ケルン・ボン(CGN)
運航会社 AB・EW
所要時間 1時間10分

・ベルリン(TXL)⇒ニュルンベルク(NUE)
運航会社 AB・EW
所要時間 1時間

・ベルリン(TXL)⇒シュトゥットガルト(STR)
運航会社 AB・EW
所要時間 1時間15分

ドイツのおもな航空会社

・ルフトハンザ ドイツ航空(LH) www.lufthansa.com
・エア・ベルリン(AB) www.airberlin.com
・ユーロウイングス(EW) www.eurowings.com

77581

ドイツ最大の空港で乗り継ぎにも便利なフランクフルト国際空港

長距離バス

高速道路アウトバーンの発達したドイツでは、主要都市を結ぶ長距離バスも多数運行している。渋滞などで遅れることもあるが、鉄道より安く移動できるのが魅力。鉄道では乗り換えが必要な区間でも、直通バスが運行していることもあって便利だ。チケットはインターネットでの予約や発券も可能。

%3CatariName%3EIMG_4217.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

4~10月の間にロマンティック街道の街を巡るバス

レンタカー

ドイツでは無料の高速道路アウトバーンが発達しており、レンタカー移動も便利。空港や主要都市の駅にはレンタカー会社のオフィスがあり、乗り捨ても可能だ。ただし、ドイツではマニュアル車が多く、希望する車種がある場合には、事前に日本で予約しておくほうが安心。

チェックアウト(借り出し)

レンタカー会社のオフィスやカウンターで、予約確認書、国際運転免許証と日本の免許証、運転者名義のクレジットカードなどを提示。任意保険やオプション、追加料金、返却方法など、契約書の内容を確認してからサインする。また、借りる車の状態は出発前によくチェックし、傷などがある場合は、すぐに係員に申し出ること。

79683

フランクフルト国際空港にあるレンタカーオフィス。多数の業者が並ぶ

おもなレンタカー会社

■ハーツレンタカー japan.hertz.com
ベルリン
・テーゲル空港営業所
030-41704674
7:00~23:00(土・日曜は8:00〜)、無休
・中央駅営業所
030-20649328
8:00~22:00(土・日曜は~16:00)、無休

ミュンヘン
・ミュンヘン空港営業所
089-9788614
6:00~24:00(土・日曜は7:00~)、無休
・中央駅営業所
089-5502256
7:00~21:00 土・日曜9:00~17:00、無休

フランクフルト
・フランクフルト空港営業所
069-69593244
6:00~24:00(第2ターミナルは~23:00)、無休
・中央駅営業所
069-230484
7:00~21:00 土・日曜8:00~17:00、無休

■エイビスレンタカー www.avis-japan.com
ベルリン
・テーゲル空港営業所
030-41013148
7:00~23:30(日曜は8:00〜)、無休
・中央駅営業所
030-2309370
8:00~20:00、無休

ミュンヘン
・ミュンヘン空港営業所
089-97597600
7:00~23:00、無休
・中央駅営業所
089-5502251
7:00~21:00 土・日曜8:00~17:00、無休

フランクフルト
・フランクフルト空港営業所
069-69027771
6:00~24:00、無休
・中央駅営業所
069-27997010
7:00~21:00 土曜8:00~17:00 日曜10:00~16:00、無休

ドイツのおすすめホテル

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるドイツ ロマンティック街道」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2017年6月〜8月現在のものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので、現在取り扱っていない可能性があります。
ドイツのツアー