2017年12月16日

ドイツ

ドイツビール&ワイン 街ごとの自慢の味で乾杯!

by Fish & Tips

Fotolia_162766126_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©karepa

各地方には、地元の人々から愛される味がある。国内で約1300あるという醸造所の個性を楽しもう。

ドイツビールの製法と種類

ビールの製法は2つに大別でき、1つは麦芽を常温で短時間発酵させる伝統的な製法で、発酵後に酵母が上面に浮くため上面発酵(エール)と呼ばれる。もう1つは低温で長時間発酵させるバイエルン発祥の製法で、発酵後に酵母が沈むため下面発酵(ラガー)と呼ばれる。ドイツでは両製法とも多くの種類のビールが生産されており、多彩な味わいが楽しめる。

ドイツビールのおいしい飲み方

日本ではキンキンに冷えたビールが出されるが、ドイツでは8℃前後が最もビールがおいしく味わえる温度といわれている。注ぎ方も種類によって細かいこだわりがあるので、現地の人の注ぎ方を参考にしたい。グラスへの注ぎ足しは、前に注いだビールと混じり味が落ちるので避ける。

ドイツビールの種類と特徴

エール 上面発酵

ヴァイツェン(ヴァイセ)Welzen/Welsse 黒~濃茶、白~薄茶 アルコール度数 3.9~5.7% 白ビールと呼ばれるが色の濃いものもある。バイエルンではヴァイセ、他地方ではヴァイツェンと呼ばれる。

ラオホビア Rauchbler 赤茶~濃茶 アルコール度数4.5~5.5% ブナの木を燃やして生じる煙で麦芽を燻すという独特の製法で有名

ケルシュ Kölsch 黄金 アルコール度数4.8% ケルン発祥のビール。さっぱりしていて飲みやすい

ラガー 下面発酵

シュヴァルツ Schwarz 黒 アルコール度数4.7~5.3% バイエルン発祥とされる黒ビール。栄養価が高く寒冷地で愛されてきた

ドゥンケル Dunkel 黒~濃茶 アルコール度数4.7~5.6% 濃色系のビールで苦みの効いた味わいが特徴。バイエルンの伝統ビール

ピルス(ピルスナー)Pils/Pilsner 黄金 アルコール度数4.7~5.6% チェコで生まれた、ホップの効いたビール。すっきりとしたのどごしが特徴

へレス Helles 黄金 アルコール度数4.5~5.3% 明るい黄金色をしたビール。アルコール度数や低め

ボック Book 黄金~茶 アルコール度数6~7% 風味の強さが特徴。栄養価が高く、アルコール度数はやや高め

ドイツビール・マップ

フレンスブルク Flensburg

10535

フレンスブルガー・ピルスナー Flensburger Pilsener
ピルスナー アルコール度数 4.8%
ホップの苦みが効いたピルスナービール。ドイツでも最高峰の辛口ビール。

ブレーメン Bremen

9644

ベックス Becks
ピルスナー アルコール度数 5%
ドイツビールで輸出量No.1を誇るピルスナービール。キレがよく、のどごしも抜群だ。

ベルリン Berlin

9969

ベルリナー・ピルスナー Berliner Pilsener
ピルス アルコール度数 5%
ベルリン屈指の人気銘柄。やや苦みがあり、麦芽100%ならではの旨みを堪能できる。

9425
9438

ベルリナー・キンドル・ヴァイセBerliner Kindl Weisse
ヴァイセ アルコール度数 2.9%
ヴァイツェンビールにシロップを混ぜて飲む甘めで軽いカクテルビール。

ノイツェレ Neuzelle

9517
9528

ノイツェラー・ポーター Neuzeller Porterr
シュヴァルツ アルコール度数 7.2%
強めの味で定評ある黒ビール。ロースト特有の香ばしさが楽しめる。

ラーデベルク Radeberg

9565
9586

ラーデベルガー・ピルスナー Radeberger Pilsener
ビルスナー アルコール度数 5%
プロイセン首相ビスマルクも愛した独特の苦みのある最高峰ピルスナー。

バート・ケストリッツ Bad Köstritz

10001

ケストリッツァー・シュヴァルツビア Köstritzer Schwarzbier
シュヴァルツ アルコール度数 4.8%
ゲーテも愛した歴史ある黒ビール。薫香も上品でのどごしもここちよい。

ヴァルシュタイン Warstein

10462

ヴァルシュタイナー・プレミアム Warsteiner PREMIUM
ピルスナー アルコール度数 4.8%
穏やかなホップの香りが効いたモルトひかえめのスッキリとしたビール。

クロムバッハ Krombach

7504
7493

クロムバッヒャー・ピルス Krombacher Pils
ピルス アルコール度数 4.8%
酵母の香りが漂う苦みが強い一品。モルトの深いコク、甘さ、酸味が一体に。

デュイスブルク Duisburg

10500

ケーニッヒ・ピルスナー König Pilsener
ピルスナー アルコール度数 4.8%
ドイツ語で「王様のビール」という名を持つ深い味わいのビール。

ケルン Köln

9677

ガッフェル・ケルシュ Gaffel Kölsch
ケルシュ アルコール度数 4.8%
ケルシュのなかでも最もドライ。切れ味のあるここちよい苦みの辛口ビール。

10593

ドム・ケルシュ Dom Kölsch
ケルシュ アルコール度数 4.8%
ケルン中央駅前にそびえ立つ、ケルン大聖堂(ドム)にちなんで名付けられた。

ビットブルク Bitburg

10272

ビットブルガー・プレミアム Bitburger Premium
ピルスナー アルコール度数 4.8%
ドイツを代表するピルスナービール。切れ味抜群でドライな本格派。

ヴュルツブルク Würzburg

10191

ヴュルツブルガー・ホーフブロイ Würzburger Hofbräu
ピルス アルコール度数 4.8%
ヴュルツブルクの地ビール。ピルスナーならではの苦みとコクにビール党も大満足だ。

バンベルク Bamberg

10059

エヒト・シュレンケルラ・ラオホビア Aecht Schlenkerla Rauchbier
ラオホビア アルコール度数 5.1%
口の中で煙の香りが広がる麦芽燻製ビール。ほどほどの苦みが印象的。

ハレルンドルフ Hallerndolf

10108
10096

リットマイヤー・ラオホビア Rittmayer Rauchbier
ラオホビア アルコール度数 4.8%
近接するバンベルクの名産の麦芽燻製ビール。コンペ金賞受賞品で、個性的な味わい。

エルディング Erding

9820
7514

エルディンガー・ヴァイスビア Erdinger Weissbier
ヴァイセ アルコール度数 5.3%
バナナに似た香りとほどよい酸味が特徴。苦みが弱く、飲みやすい

ミュンヘン München

10717

フランツィスカーナー・ヘーフェ・ヴァイスビア
Franziskaner Hefe-Weissbier
ヴァイセ アルコール度数 5%
クローブのような芳香と濃い味わいの小麦白濁ビール。豊かな香りで人気。

10639

ハッカー・プショール Hacker-Pschorr
ヴァイセ アルコール度数 5%
オクトーバーフェストに出店を認められた、地元では有名な醸造所製の殿堂入りビール。

10627

シュナイダー・ヴァイセ Schneider Weisse
ヴァイセ アルコール度数 5.4%
フルーティで後味がピリッとドライな小麦ビールを代表する一品。

10728

ヴァイエンシュテファン・ヘーフェ・ヴァイスビア
Weihenstephan Hefe-Weissbier
ヴァイセ アルコール度数 5%
約1000年前の修道院が発祥の醸造所が造る一品。酵母の芳しさと豊かな風味が特徴。

10805

パウラーナー・へレス Paulaner Helles
ヘレス アルコール度数 5%
ドイツ全土で飲まれる全国区の有名ブランド。へレスは切れ味抜群。

10823

シュパーテン・ミュンヘナー・ヘル Spaten Münchener Hell
ヘレス アルコール度数 5.2%
世界で初めてラガーを造ったことで知られる醸造所の元祖ラガービール。苦みが少なく飲みやすい。

10844

アンデクサー・ドゥンケル Andechser Dunkel
ドゥンケル アルコール度数 4.7%
アンデックス修道院発祥の伝統的なビール。全体のバランスがとれた秀逸な一杯。

フュッセン Füssen

10427

フュッセナー・ケラービア Füssener Kellerbier
ボック アルコール度数 6%
オレンジがかった黄金色で、ほんのりと甘い酵母と麦芽のほどよい苦みがよく合う。

こちらもおすすめ おいしいビールを求めてオクトーバーフェストへ!!

毎年9月中旬〜10月上旬にミュンヘンで行なわれ、期間中に約600万人が訪れるという世界最大のビールの祭典。地元の老舗醸造所6社が、オクトーバーフェスト限定のビールを提供する。

Company friends drink beer and smile
by fotolia - ©Evgeniy Kalinovskiy

ドイツワイン Wine を知る

厳しい気候を克服し深い味わいを誇る
ドイツワインは白ワインが大半で、ライン川周辺が名産地。甘口のイメージが強いが辛口も増加中。香り豊かな極上の味を堪能したい。

ドイツワインの特徴

世界のワイン産地のなかでドイツは最北端にあり日差しが弱いため、川の北岸の斜面でぶどうを栽培し、川面から反射する光も活用している。夏には川から反射する穏やかな光が長時間当たることで、フルーティで酸味が強いワインが生み出される。また、新ワイン法に基づき厳しい品質分類が行なわれている。

ドイツワインのおもな産地

ラインヘッセン Rheinhessen

ライン川を挟んでラインガウの対岸の広大なエリアで造られる。ひかえめな酸味でまろやかな味わい。

8191

年間生産量 約29万㎘

プファルツ Pfalz

北部のミッテルハート地区は高級、その他の地区は大衆ワインを生産。モーゼルに次ぐリースリングの産地。

8095

年間生産量 約24万㎘

バーデン Baden

温暖な地域のため辛口の白が多いが、最近は赤も増え、品種は豊富。近年、急速に評価を高めている注目エリア。

8524

年間生産量 約14万㎘

ヴュルテンベルク Württemberg

ドイツ南部のネッカー川流域で生産。知名度は低いが、ドイツで最良の赤ワインを造っていると評価を上げている。

8659

年間生産量 約11万㎘

モーゼル・ザール・ルーヴァー Mosel-Saal-Ruwer

モーゼル川とその支流ザール、ルーヴァー川沿岸の急斜面で生産される。かすかな炭酸と酸味で、清涼感がある。

8796

年間生産量 約9万㎘

ラインガウ Rheingau

生産地はライン川北岸。温暖な気候からコクと厚みのある質の高いリースリングの白ワインができる。

8944

年間生産量 約3万㎘

ナーエ Nahe

さまざまなぶどう品種が栽培され、ドイツワインの試飲小部屋とも呼ばれるユニークな小エリア。

9082

年間生産量 約4万㎘

フランケン Franken

ドイツでは珍しいシルヴァーナー種の辛口ワインを生産。ヤギの陰嚢袋を模したフラスコ形のボトルで有名。

9219

年間生産量 約5万㎘

ワインラベルの読み解き方

産地や収穫年、品質等級など、多くの情報が凝縮されているので商品選びの参考に。

7842

1 ワシのマーク
国営醸造所で造られた印。これがあれば品質は保証されている

2 生産者名(醸造所名)

3 ぶどうが収穫された年(ヴィンテージ)

4 ぶどうが収穫された畑の名前

5 ぶどう品種

6 品質等級
Ⅰ 生産地限定格付上級ワイン Qualitätswein mit Prädikat(QmP)国内13地域で採れたぶどうを使い、収穫期と糖度によって称号が付記される
Ⅱ 生産地限定上級ワイン Qualitätswein bestimmter Anbaugebiete(QbA)上記13地域で造られた上級ワインで、産地が明記されている
Ⅲ 地ワイン Deutscher Landwein
Ⅳ テーブルワイン Deutscher Tafelwein

7 公認検査番号
国が定める上級ワインの規定に合格していることを証明

この記事のタグ

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるドイツ ロマンティック街道」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2017年6月〜8月現在のものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので、現在取り扱っていない可能性があります。