2017年12月8日

上海

中国の交通 飛行機、鉄道、長距離バス

by Fish & Tips

Fotolia_89262409_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©zjk

主要都市である上海は、中国全土とつながっている。

飛行機 BY AIR

早く、正確に、中国全土どこへでも行ける

航路・時刻・運賃 ROUTE, TIMETABLE & FARE

中国は国内路線が充実しており、ほとんどの都市へ飛行機で行くことができる。フライトアテンダントや機内食などのサービスも向上しており、快適な旅を楽しめるようになった。上海虹橋〜北京首都間は1日39便、上海浦東〜成都双流間は1日13便など、1日の便数も多い。国内線の時刻表は民航售票処などで販売されている。改訂はなされているものの、欠航や遅延などは多いので最新情報は航空会社でチェックしたい。列車やバスに比べて格段に移動時間が短いこと、ほぼ正確に到着時間が読めることなどから料金が高いのは当然。飛行距離により運賃は異なるが、上海虹橋〜北京首都間は500元前後〜、上海浦東〜成都双流間は1100元前後〜だ。また、外国人が中国国内線に乗る際にはパスポートの提示が必要なので、忘れずに。

航空会社 AVIATION

中国には中国国際航空をはじめ、中国東方航空、中国南方航空など約30社もの航空会社がある。Eチケット化も進んでおり、手軽にチケットを予約できるようになった。「春秋航空」「吉祥航空」「九元航空」などの格安航空会社も増えており、ネット予約も気軽にできるようになった。キャンペーン時は破格で移動できることも。

223980

航空券の購入 TICKET

航空券はインターネットのほか、中国民航售票処、ホテルの航空券売場などで購入できる。国内線は利用者も多いので、早めに席を確保しておきたい。日本から旅行会社に依頼して購入することもできるが、日本の旅行会社では手数料がかかるので、時間に余裕があるなら現地で購入したほうがお得だ。

223573

搭乗手続き BOARDING

①チェックイン
国内線利用の場合、フライトの1時間半前には空港に到着しておきたい。カウンターで搭乗券を発券してもらう。

②荷物を預ける
バゲージクレーム・タグの半券をチケットの裏に貼ってくれる。荷物を受け取る際に必要になるのでなくさないように。

③セキュリティチェック
フライトゲートに入る前にセキュリティチェックを受ける。手荷物のX線検査を受けたら終了。

④搭乗
搭乗券に記載の搭乗口で待つ。搭乗口やフライト時刻が変更になる場合もあるので、放送や掲示などをしっかり確認する。

223415

上海近郊からの運航便

浦東⇒北京(首都)
便数(1日) 7
所要時間の目安 2時間10分
運賃(LCC利用時の運賃) 500元(370元)

虹橋⇒北京(首都)
便数(1日) 39
所要時間の目安 2時間10分
運賃(LCC利用時の運賃) 1130元(430元)

浦東⇒香港
便数(1日) 31~32
所要時間の目安 2時間30分
運賃(LCC利用時の運賃) 2170元(580元)

虹橋⇒香港
便数(1日) 4
所要時間の目安 2時間30分
運賃(LCC利用時の運賃) 1860元

浦東⇒武漢(天河)
便数(1日) 9
所要時間の目安 1時間50分
運賃(LCC利用時の運賃) 610元(390元)

虹橋⇒武漢(天河)
便数(1日) 7
所要時間の目安 1時間50分
運賃(LCC利用時の運賃) 810元

浦東⇒成都(双流)
便数(1日) 13
所要時間の目安 3時間
運賃(LCC利用時の運賃) 1610元(390元)

虹橋⇒成都(双流)
便数(1日) 14
所要時間の目安 3時間
運賃(LCC利用時の運賃) 1400元(430元)

浦東⇒西安(咸陽)
便数(1日) 12~14
所要時間の目安 2時間20分
運賃(LCC利用時の運賃) 1260元(720元)

虹橋⇒西安(咸陽)
便数(1日) 7~9
所要時間の目安 2時間20分
運賃(LCC利用時の運賃) 1390元(600元)

浦東⇒大連(周水子)
便数(1日) 19
所要時間の目安 1時間45分
運賃(LCC利用時の運賃) 1060元(750元)

浦東⇒重慶(江北)
便数(1日) 15
所要時間の目安 3時間
運賃(LCC利用時の運賃) 1550元(670元)

虹橋⇒重慶(江北)
便数(1日) 12
所要時間の目安 3時間
運賃(LCC利用時の運賃) 1550元(740元)

浦東⇒青島(流亭)
便数(1日) 7
所要時間の目安 1時間20分
運賃(LCC利用時の運賃) 800元(560元)

虹橋⇒青島(流亭)
便数(1日) 17
所要時間の目安 1時間20分
運賃(LCC利用時の運賃) 740元

浦東⇒ハルビン(太平)
便数(1日) 16
所要時間の目安 3時間
運賃(LCC利用時の運賃) 1810元(860元)

虹橋⇒ハルビン(太平)
便数(1日) 1
所要時間の目安 3時間
運賃(LCC利用時の運賃) 1810元

浦東⇒昆明(長水)
便数(1日) 13
所要時間の目安 3時間20分
運賃(LCC利用時の運賃) 2290元(940元)

虹橋⇒昆明(長水)
便数(1日) 13~14
所要時間の目安 3時間20分
運賃(LCC利用時の運賃) 1900元(980元)

浦東⇒廈門(高崎)
便数(1日) 7
所要時間の目安 1時間50分
運賃(LCC利用時の運賃) 960元(400元)

虹橋⇒廈門(高崎)
便数(1日) 23
所要時間の目安 1時間50分
運賃(LCC利用時の運賃) 600元

浦東⇒海口(美蘭)
便数(1日) 9
所要時間の目安 2時間40分
運賃(LCC利用時の運賃) 1660元(750元)

虹橋⇒海口(美蘭)
便数(1日) 2
所要時間の目安 2時間40分
運賃(LCC利用時の運賃) 1750元(1170元)

2015年8月現在。運航便数は1日あたり。運航便数、所要時間、運賃は時期により変動あり。

鉄道 BY RAIL

種類も豊富な中国国内移動の基本

路線・時刻・運賃 ROUTE, TIMETABLE & FARE

2011年に上海~北京間の京滬高速鉄道が開通し、ますます便利になった鉄道路線。路線は中国全土に広がっている。上海のターミナル駅は上海虹橋駅、上海駅、上海南駅の3つ。高速鉄道の切符を購入する際はパスポートが必要なので忘れずに。寝台車やローカル列車で現地の人々とふれあうのも旅の醍醐味。

224034

 

チケットの買い方
駅で購入する場合は窓口で行き先と時刻、列車番号、座種、枚数を伝える。その際パスポートの提示が必要。手数料はかかるが事前に旅行会社で手配してもらうこともできる。

座席の種類
■一等
日本でいうグリーン車。ゆったりした幅広い椅子でくつろげる。

■二等
高速鉄道のエコノミー席。日本の新幹線の指定席に当たる。ほか、ローカル列車には硬座(ハードシート)、軟座(ソフトシート)、硬臥(3段ベッドの寝台)、軟臥(4人用コンパートメントの寝台)がある。

列車の種類
■高速鉄道(高鉄)
新型新幹線で最高時速は約300㎞。列車番号はGから始まる。

■動車組
日本の新幹線にあたる列車で最高時速は約200㎞。列車番号はDから始まり、上海~北京間を約8時間で結ぶ。

■直達特快旅客列車(直快)
大都市間をノンストップで結ぶ。列車番号はZから始まる。

■特別旅客列車(特快)
日本の特急にあたる長~中距離列車。列車番号はTから始まる。

上海からの運行路線

上海駅⇒蘇州駅
所要時間の目安 35分~1時間
運賃(元) 26~65元

上海駅⇒杭州駅
所要時間の目安 1時間20分~2時間
運賃(元) 54~75元

上海駅⇒北京駅
所要時間の目安 10~22時間
運賃(元) 158~1000元

上海虹橋駅⇒杭州駅
所要時間の目安 50分~1時間20分
運賃(元) 29~131元

上海虹橋駅⇒蘇州駅
所要時間の目安 約30分
運賃(元) 26~65元

2015年8月現在。所要時間や運賃は時期により変動あり。

長距離バス BY BUS

リーズナブルにゆったりした旅を楽しみたい人に

路線・時刻・運賃 ROUTE, TIMETABLE & FARE

中国で最も安く移動できる手段が長距離バス。上海からも近郊の都市へバスが出ており、列車より便数も多いので気軽に利用できる。エアコンやトイレ付の豪華バスや2階建ての寝台バスなど種類もさまざま。上海には上海駅の北にある上海長途汽車客運総站、上海南駅に隣接の上海長途汽車客運南站などたくさんのバスターミナルがある。あらかじめ目的地へ行くバスがどのターミナルから出発するのかを確認しておきたい。

チケットの買い方
バスターミナルの切符売場で購入する。時刻や行き先、枚数を書いたメモを渡せばよい。切符購入の際にはパスポートが必要。

運行情報
切符は乗車2~3日前から購入可能。当日でも空きがあれば乗ることができる。切符を購入したら待合室で待機、出発の10~15分前になると改札が始まる。バスはほとんどが全席指定なので座席番号を確認して座ること。大きな荷物は荷物室へ入れる。バス内でも盗難は起こるので貴重品の管理はしっかりと。

この記事のタグ

トラベルデイズ 上海

  • 発売日:2012年09月07日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。