2017年12月4日

ウィーン

ウィーン【ハイリゲンシュタット】ベートベンが遺書を書いた街

by Fish & Tips

373890

緑豊かなウィーンの森に抱かれたハイリゲンシュタットは、ブドウ畑が広がる静かな土地。聴力を失ったベートーヴェンが温泉療養のために住んだ場所として知られ、彼が作曲の拠点とした住居や、弟たちに宛てて悲痛な遺書を綴った家など、ベートーヴェンゆかりのスポットが点在している。シュライバー川沿いには、『交響曲第6番・田園』の構想を練ったと伝えられる散歩道が今も残り、名曲をはぐくんだ美しい風景を眺めながら散策するのも楽しい。

アクセス

ウィーン中心部から約5km、地下鉄とバスで約20分

4号線 Heiligenstadt ハイリゲンシュタットから38A番Fern-sprechamt Heiligenstadt フェルンシュプレッヒアムト・ハイリゲンシュタット下車。

37番 Hole Warte ホール・ヴァータ/D番 Nußdolf Beethovengang ヌスドルフ・ベートーヴェンガング下車。

『交響曲第3番』が作られた家 エロイカハウス Beethoven Eroicahaus

ベートーヴェンが1803年から翌年にかけて住んだ家。彼はここで、『交響曲第3番・エロイカ』を作曲した。当初、この曲は尊敬する英雄ナポレオンに捧げる予定で書かれ、「ボナパルト」というタイトルがつけられていたが、皇帝となったナポレオンの独裁ぶりに憤慨し、献呈を取りやめたといわれている。

373912

ベートーヴェンの散歩道

エロイカハウス

現地名:
Beethoven Eroicahaus
住所:
Döblinger Hauptstraße 92
地図を見る »
アクセス:
トラム37番Pokornygasseポーコーニガッセから徒歩1分
TEL:
01-369-14-24
営業時間:
予約のみ参観可
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.wienmuseum.at

絶望して遺書を執筆した家 ベートーヴェン遺書の家 Beethoven Wohnung Heiligenstadt

難聴の悪化に苦しんだベートーヴェンが将来を悲観し、1802年に2人の弟宛てに遺書をしたためた家。結局手紙は発送されず、ベートーヴェンは試練を克服してその後も作曲活動を続けた。現在この家は記念館となっており、遺書が書かれた背景や当時の作曲の様子などを紹介している。

373890

ベートーヴェン遺書の家

ベートーヴェン遺書の家

現地名:
Beethoven Wohnung
住所:
Probusgasse 6
地図を見る »
アクセス:
地下鉄4号線Heilligenstadtハイリゲンシュタット駅から徒歩15分
TEL:
01-370-5408
営業時間:
10:00~13:00、14:00~18:00
定休日:
月曜 
Webサイト:
http://www.wienmuseum.at

トラベルデイズ ウィーン プラハ・ブダペスト

  • 発売日:2013年03月15日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。