2017年8月12日

タイ

タイ・バンコクで必ず訪れたいナイトマーケット&デイマーケットまとめ

by Fish & Tips

1474598

バンコク市街には、広大なエリアを誇るマーケットや昔ながらの市場が数多く集まり、賑わいをみせる。グルメやショッピングが一度に楽しめる買い物天国へでかけよう!

巨大ナイト・マーケットヘGO!アジアティーク・ザ・リバーフロント

観光スポットが多いバンコクのなかでも人気が高いスポットがココ。夕方から深夜まで営業しており、夜風にあたりながら楽しめる。
チャオプラヤー川とチャルン・クルン通りの間の約11万7000㎡の敷地に、ファッションや雑貨のショップ約1500店舗とレストラン約45店舗が入る一大ナイト・バザール。 ラーマ5世時代(在位:1868~1910年)、タイのチーク材をヨーロッパ諸国へ送り出す貿易会社「アンデルセン&カンパニー(のちのイースト・アジアティーク社)」が誕生。コロニアル様式の建物やアーチ状レンガ倉庫、船着場をもとに、当時の華やかな雰囲気を再現したナイトスポットに生まれ変わった。

1474598
1474950
1474942
1474957

アジアティーク・スカイ (Asiatique Sky)

ここにも注目!爽快なリバービューを楽しむ!!

2012年に登場し、新たな目玉となった「アジアティーク・スカイ」。約60mの高さで、タイ国内でも最大級の観覧車だ。6人乗りのゴンドラはエアコン完備で乗車中も快適。旅の思い出に一度は乗ってみたい。

1475187

観覧車からはアジアティークの全景が眺められる。ライトアップされた夜の景色も幻想的

アジアティーク・スカイ

現地名:
Asiatique Sky
住所:
2194 Charoen Krung Rd./アジアティーク・ザ・リバーフロント
地図を見る »
アクセス:
BTS シーロム線 S6 サパーン・タークシン駅下車、サートーン桟橋から無料シャトルボートで15分
営業時間:
17:00~24:00
定休日:
無休 

攻略アドバイス

マジックアワーに記念撮影

アジアティーク・ザ・リバーフロントではチャオプラヤー川の方角に、沈みゆく夕日が見られる。「ASIATIQUE THE RIVERFRONT」の看板前は人気の撮影スポット。

1475197

各エリアの表示を確認

4つの地区に10棟の「ゴーダン(倉庫)」がある。各倉庫の天井からぶら下がる位置にあるのが写真の看板。それぞれの倉庫番号とトローク(横丁)番号が記されている。

1475482

無料シャトルボートでアクセス

乗り場はBTSシーロム線サパーン・タークシン駅を出てサートーン桟橋へ向かうと一番左側にある。ホテルと兼用の船着場から無料シャトルボートが出ている。

1475354

サートーン桟橋から乗船。17時を過ぎると乗り場は長蛇の列に

アジアティーク・ザ・リバーフロント

現地名:
Asiatique The Riverfront
住所:
2194 Charoen Krung Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS シーロム線 S6 サパーン・タークシン駅下車、サートーン桟橋から無料シャトルボートで15分
TEL:
02-108-4488
営業時間:
16:00~24:00(店舗により異なる)
定休日:
無休 店舗により異なる
Webサイト:
http://www.asiatiquethailand.com

アジアティーク・ザ・リバーフロントのエリア別グルメ&ショッピング

各エリアのポイントをおさえて、効率よくグルメやショッピングを楽しみたい。

ウォーターフロント地区

300mにわたる川沿いの遊歩道と、リバーサイド・レストランの雰囲気を味わえる食事処が多数あるエリア。夜景スポットとしても知名度が上がりつつある。夕涼みをしながらショッピングやディナーが楽しめる。

1478602

ファクトリー地区

元木材加工工場であった建物を利用し、バンコクの最新流行ショップ500店舗以上が入るほか、タイ料理や日本料理のおしゃれなレストランやカフェもある。

1478660

タウン・スクエア地区

2000㎡の敷地には、多国籍のフードコートや屋外イベント広場などがあり、ふだん使いできる実用的なファッションアイテムや日用雑貨を扱うショップが多く集まる。

1478719

タイのおすすめホテル

まっぷるタイ・バンコク’18

  • 発売日:2017年06月14日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるタイ・バンコク’18」です。掲載されている営業時間や表記などのデータは、2017年2〜3月の取材・調査に基づくものです。諸事情により、料金・価格など、掲載情報が変更になる場合もありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
その他:
●料金、価格の単位は「B(バーツ)」で表示しています。2017年4月現在、1B(バーツ)=約3円です。 ●休業日は、祝祭日や年末年始、臨時休業を除いた定休日のみを表示しています。 ●原則、地名や掲載施設名などはアルファベットで表示しています。地名などのカナ表記については、日本語では表現しきれない微妙な発音もありますので、編集部の判断で統一しています。ブランド名、ホテル名など日本で通用しているものは、その表記に従っています。 ●クレジットカードの利用には、手数料がかかる場合があります。 ※前国王ラーマ9世の崩御を受け、2017年10月まで喪服期間となります。期間中は見学できない施設もあります。
タイのツアー