2017年12月3日

ウィーン

ウィーン【アム・ホーフ周辺】石畳の小路を散策

by Fish & Tips

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グラーベンからアム・ホーフ周辺にはクレント小路、ナーグラー小路など美しい石畳の小路が多い。多少迷ってもこのエリアはそんな裏路地を探して歩くのが楽しい。

自分だけの美しい小路を探して歩く

まずはシュテファンスプラッツ駅からグラーベンを通り、時計博物館脇を抜けてアム・ホーフへ出よう。長方形の広場の中央にはマリア記念柱が立ち、広場の周囲にはバロック建築が並んでいる。ウルバニハウスは建築家ルーカス・フォン・ヒルデブラントの手による。ここからかつてはユダヤ人居住区(ゲットー)だったユーデン広場へと出る。広場にはユダヤの記念碑や、ドイツ人作家レッシングの一風変わった像が立っている。クレント小路はゆるやかなカーブと石畳が美しい小路で、夜もまた風情がある。ゲッサー・ビアクリニックのあるスタインドル小路から裏道ばかりを通って再びユーデン広場、アム・ホーフへと戻り、ボグネル小路を通って今度は一度グラーベンまで戻ろう。途中右手にユーゲントシュティールの美しいファサードを持つエンゲル薬局がある。そしてナーグラー小路へ。このゆるやかな坂道にはかつて釘(Nagel ナーゲル)職人が集まっていた。現在はパン屋や小さなショップが並んでいるので散策すると楽しい。再びアム・ホーフから今度は玉ネギの塔のあるバロック様式のショッテン教会を通り再び市内中心部へ。

街歩きコース 移動時間 約35分
START シュテファンスプラッツ駅
↓ 10分
ウルバニハウス
↓ 15分
エンゲル薬局
↓ 5分
ショッテン教会
↓ 5分
GOAL ヘレンガッセ駅

105829

スタインドル小路からアム・ホーフにかけてはフィアカーがよく通るコース

ホロコーストの歴史を現在に伝える ヨルダンの館 Zum Grossen Jordan

欧州最大のユダヤ人ゲットーであるユーデン広場の一角にある館。地下には中世のユダヤ教会シナゴーグ跡が残っている。館内ではホロコーストの記録やアート作品を展示。

84798

キリスト洗礼のレリーフと、反ユダヤのラテン語碑文

ヨルダンの館

現地名:
Zum Grossen Jordan
住所:
Judenplatz 2
地図を見る »
アクセス:
地下鉄1・3号線Stephansplatzシュテファンスプラッツ駅から徒歩7分
TEL:
01-5331652
営業時間:
11:00(日曜、祝日13:00)~18:00
定休日:
月・土曜 

アム・ホーフ広場にその威容を誇る アム・ホーフ教会 Kirche Am Hof

1386~1403年に建造された。ウィーンがナポレオンに陥落された1806年、時の帝王フランツ2世は正面のバルコニーからローマ帝国の消滅を告げ、代わりにみずからをオーストリア帝国の皇帝としたといわれる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

17世紀に改装されたバロック様式のファサード

105163

アム・ホーフ教会前の広場。現在は再開発が進み、工事中のことも。

アム・ホーフ教会

現地名:
Kirche Am Hof
住所:
Platz am Hof
地図を見る »
アクセス:
地下鉄3号線Herrengasseヘレンガッセ駅から徒歩4分
営業時間:
7:00~12:00、16:00~18:00
定休日:
無休 

モーツァルトがデビューを飾った コッラルト宮 Palais Collalto

もともとは16世紀に建てられ、1671年頃にバロックスタイルに改装されたといわれる。1762年、当時6歳だった神童モーツァルトが初めてコンサートを行なった記念すべき場所。現在はオーストリア銀行の所有。

87526

ファサードは18世紀前半にバロック様式に改装

コッラルト宮

現地名:
Palais Collalto
アクセス:
地下鉄1・3号線Stephansplatzシュテファンスプラッツ駅から徒歩10分

ドゥラート小路 Drahtgasse

アム・ホーフからユーデン広場へ抜ける小路。ウルバニハウスは必見。

105033

巨匠ヒルデブラントの作品がここにも ウルバニハウス Urbanihaus

バロック建築の大家ヒルデブラントが1730年代に設計を担当した。エントランスや、張り出した2階窓などのユニークな意匠が面白い。以前ワイン・レストランがあった地下は、現在ワイン蔵として使われている。

85388

白亜の外観が高貴な雰囲気を醸し出している

ウルバニハウス

現地名:
Urbanihaus
アクセス:
地下鉄1・3号線Stephansplatzシュテファンスプラッツ駅から徒歩10分

ドイツ語で「細い家」という意味 シュマーレハウス Schumalehaus

アム・ホーフ広場に面して建っている。発泡酒メーカーのホッホリーグル社のビルで、広場の地下にはかつて発泡酒の保存庫を有していた。映画『第三の男』で主要人物ライムが下水道に消える場面でこの建物が登場する。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4階にはウィーン市長の元執務室が残っている

シュマーレハウス

現地名:
Schumalehaus
アクセス:
地下鉄3号線Herrengasseヘレンガッセ駅から徒歩7分

アム・ホーフ広場の最優秀バロック建築 メルクラインハウス Märkleinisehaus

18世紀前半にヒルデブラントがデザインした。現在ウィーン市消防署が入っており、消防博物館も併設。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

迫力ある5階建てのビル

メルクラインハウス

現地名:
Märkleinisehaus
住所:
Am Hof 7
地図を見る »
アクセス:
地下鉄1・3号線Stephansplatzシュテファンスプラッツ駅から徒歩10分
TEL:
01-53199
営業時間:
消防博物館は土・日曜、祝日9:00~12:00
定休日:
月~金曜 

ユーデン広場 Judenplatz

かつてはユダヤ人居住区があった小さな広場にはレストランが並ぶ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クレント小路 Kurrentgasse

ゆるやかなカーブが美しい絵になる小路。レストランもパン屋もいい。

104647

名物のキップフェルで朝食を グリム Grim

アム・ホーフ近くにある小さなベーカリー。

112833

名物はオスマン・トルコの国旗に由来する三日月形のパン、キップフェル。

72384

テーブル席もあるのでイートインも可能

グリム

現地名:
Grim
住所:
Kurrentgasse 10
地図を見る »
アクセス:
地下鉄1・3号線Stephansplatzシュテファンスプラッツ駅から徒歩10分
TEL:
01-53313840
営業時間:
7:00~18:30、土曜8:00~13:00
定休日:
日曜 

ポーランドの聖人の名を冠した礼拝堂 聖スタニスラウス礼拝堂 St. Stanislauskapelle

カトリック教会の殉教者で守護聖人の聖スタニスラウスを崇拝する礼拝堂。1616年に建築されたが、この時代のほかの教会と比べると簡素で、装飾はひかえめ。カトリックの祝日に内部が公開されることがある。

90450

簡素だが優雅さの漂う後期バロック様式のファサード

聖スタニスラウス礼拝堂

現地名:
St. Stanislauskapelle
アクセス:
地下鉄1・3号線Stephansplatzシュテファンスプラッツ駅から徒歩6分

天使のモザイク画が迎えてくれる エンゲル薬局 Engel Apotheke

16世紀に創業したウィーン最古の薬局で、現在も現役で営業している。建築家ヴァーグナーの弟子であるオスカー・ラスケによって1902年にユーゲントシュティール様式に改装された。2人の天使の看板が目印だ。

89857

創業当時から、看板には天使が描かれていたという

89853

天使の腕にからみついている蛇は、薬学の象徴

エンゲル薬局

現地名:
Engel Apotheke
アクセス:
地下鉄3号線Herrengasseヘレンガッセ駅から徒歩3分

ナーグラー小路 Naglergasse

グラーベンの活気が残る裏路地。ショップが並んでいて散策に最適。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナーグラー小路

現地名:
Naglergasse

ハインリヒ2世の永眠する教会 ショッテン教会 Schottenkirche

オーストリア公ハインリヒ2世が、アイルランド人修道士のために1155年に着工した。当初はロマネスク様式であったが、現在は改装を経てバロック様式に。ハインリヒ2世とその妻子が地下聖堂に眠っている。

90445

堂々としたたたずまい

90439

祭壇画や天井画も秀逸

ショッテン教会

現地名:
Schottenkirche
住所:
Freyung 6A
地図を見る »
アクセス:
地下鉄3号線Herrengasseヘレンガッセ駅から徒歩5分
営業時間:
10:00~17:00、日曜、祝日10:30~13:00
定休日:
無休 

ヘレンガッセ駅すぐの老舗アーケード フェルステル宮 Harrach Palais Ferstel

ウィーン大学を設計したことでも知られるフェルステルが1860年に建築。ガラス屋根のパッサージュは、19世紀以降ヨーロッパで流行した都市型複合建築スタイルだ。角には老舗のカフェ・ツェントラルが営業。

87973

建築の重厚感に負けない高級店が並ぶ

112907

中央にはドナウ・マーメイドの噴水が凛とたたずむ

フェルステル宮

現地名:
Harrach Palais Ferstel
住所:
Herrengasse 14
地図を見る »
アクセス:
地下鉄3号線Herrengasseヘレンガッセ駅から徒歩2分
TEL:
01-53337630
営業時間:
通り抜け自由
定休日:
通り抜け自由 
Webサイト:
http://www.palaisevents.at

今夜はがっつりビール派 ? しっとりワイン党 ?

ウィーンで気軽な酒場といえばビアハウスかバイスル、あるいはホイリゲ。今夜はどちらへ?

健康に良いと評判のビール ゲッサー・ビアクリニック Gösser Bierklinik

大手ビールメーカー、ゲッサー直営のビアホール。ビールは健康に良い、との考えから店名はクリニック(診療院)と名付けられた。1683年創業の老舗で1階は中庭席のあるビアホール。2階は本格的レストラン。

83667

店の前は石畳でつねにフィアカーが通る

81755

定番のゲッサー・スペツィアル€4.20

83666

中庭席はビール1杯でもOK

ゲッサー・ビアクリニック

現地名:
Gösser Bierklinik
住所:
Steindlgasse 4
地図を見る »
アクセス:
地下鉄1・3号線Stephansplatzシュテファンスプラッツ駅から徒歩4分
TEL:
01-533-7598-12
営業時間:
10:00~23:30
定休日:
日曜 
Webサイト:
http://www.goesser-bierklinik.at

老舗で味わう伝統の味 オーフェンロッホ Ofenloch

クレント小路にある1704年創業の隠れ家的老舗レストラン。イチゴジャムを添えたウィーン風仔牛のシュニッツェルをはじめ伝統的なウィーン料理が味わえる。店内は伝統的雰囲気で、小さなテラス席はカジュアル。

81800

白と緑で統一されたセンスのよい外観

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シュニッツェルはサラダ付で€18.50

81767

ディナー向きの重厚な店内

オーフェンロッホ

現地名:
Ofenloch
住所:
Kurrentgasse 8
地図を見る »
アクセス:
地下鉄1・3号線Stephansplatzシュテファンスプラッツ駅から徒歩6分
TEL:
01-5338844
営業時間:
11:30~23:00(料理は12:00~22:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.ofenloch.at

大手ワイナリー直営レストラン エステルハージケラー Esterházykeller

貴族であり、ワイナリーも所有するエステルハージ家直営のレストラン。地階の店内は17世紀のワイン庫を改装したもので雰囲気満点。ろうそくの灯る薄暗い店内では、飲み物はテーブル、料理はカウンターで注文。

84085

夏はテラス席が出る

81761

日替わりメニューの豚のロースト

84084

料理はカウンターで注文する

エスターハージーケラー

現地名:
Esterházykeller
住所:
Haarhof 1
地図を見る »
アクセス:
地下鉄3号線Herrengasseヘレンガッセ駅からすぐ
TEL:
01-533-3482
営業時間:
11:00~23:00(ケラーは夕方から)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.esterhazykeller.at

オーストリア・ワインが揃う マインルス・ワインバー Meinl's Weinbar

高級食料品店ユリウス・マインル直営のワインバー。店の入口はナーグラー小路にあり、地下に下りてゆくと稀少なオーストリア・ワインが並ぶ空間に出る。軽食もあるがグラス1杯だけでもOK。マインルで買物のあとに。

84189

グラーベンに面したマインルの外観

81773

1階のワイン売場からもアクセス可能

84224

手軽なワインで一杯

マインルス・ワインバー

現地名:
Meinl's Weinbar
住所:
Graben 19
地図を見る »
アクセス:
地下鉄1・3号線Stephansplatzシュテファンスプラッツ駅から徒歩4分
TEL:
01-53233346100
営業時間:
11:00~24:00
定休日:
日曜、祝日 
Webサイト:
http://www.meinlamgraben.at

ウィーンで触れる映画『第三の男』

第二次世界大戦直後のウィーンを舞台に、突然の事故死を遂げた親友の謎を、主人公のアメリカ人が追いかけるサスペンス映画。古都ウィーンでは、この作品のロケ地が当時の姿で現存しているのがうれしい。シュマーレハウスをはじめ、ほかにも、主人公マーチンスが投宿していたホテル・ザッハーや、親友ライムのアパートはヨーゼフ広場のパラヴィチーニ宮だ。プラーター公園の大観覧車では、ライムとの再会シーンが撮影された。映画は1949年に公開後、カンヌ映画祭グランプリを受賞した。市内には第三の男博物館もあるので、出発前に映画を鑑賞して、より深くウィーンの旅を楽しみたい。

116128

●『第三の男』DVD
●発売元:アイ・ヴィー・シー
●価格:1890円(税込)

第三の男博物館

現地名:
Dritte Mann Museum
住所:
Preßgasse 25
地図を見る »
アクセス:
地下鉄4号線Kettenbrükengasseケッテンブリュッケンガッセ駅から徒歩5分
TEL:
01-586-4872
営業時間:
土曜14:00~18:00
定休日:
日~金曜 
Webサイト:
http://www.3mpc.net

トラベルデイズ ウィーン プラハ・ブダペスト

  • 発売日:2013年03月15日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。