2017年11月28日

チェコ

中世の街プラハで歴史建築巡り!

by Fish & Tips

649106

ヴルタヴァ川の西岸、東岸ともに見どころ多数。カレル橋を渡ってどちらも散策したい。街の中心を流れるヴルタヴァ川の西岸、プラハ城がそびえる一帯は小高い丘になっており、歴史建築とともに市街の眺望も楽しめる。

丘に建つ古城が街を見守る プラハ城周辺

ボヘミア王国の歴史から百塔の都のルーツをたどる
マロストランスカー駅近くのヴァルトシュテイン宮殿から石畳の小道を歩き、マラー・ストラナ広場へ。ここからプラハ城へと向かうゆるやかな坂道がネルドヴァ通り。左右にはショップやレストラン、ビアホールが並んでおり、散策が楽しくなる通りだ。坂を上りきったところにはストラホフ修道院、折り返してプラハ城方面へと戻る道にはロレッタ教会があり、異なる様式の建物や美しい内部装飾を楽しめる。少し進むと、プラハ城正門前のフラチャニ広場にたどり着く。左手奥にあるシュテルンベルク宮殿で芸術鑑賞をしたあと、プラハ城の内部をじっくりと見学したい。

「王の道」とは?
火薬塔から旧市街広場を通り、カレル橋を抜けてプラハ城へと続く約2.5㎞に及ぶ道のこと。1458年から約4世紀の間、歴代の王が載冠パレードを行なう際に通った。

アクセス
ⓂA線マロストランスカー駅が、散策コースの起点となる。また、Ⓣ12・20・22番マロストランスケー・ナームニェスティは、マラー・ストラナ広場、Ⓣ22・23番ポポジェレツは、ストラホフ修道院やロレッタ教会へもアクセスが良く便利だ。

おさんぽルート

所要時間の目安約6時間

START マロストランスカー駅 ⓂA線→2分
1.ヴァルトシュテイン宮殿 見学時間40分
2.マラー・ストラナ広場
3.ネルドヴァ通り
4.ストラホフ修道院 見学時間20分→6分
5.ロレッタ教会 見学時間20分
6.フラチャニ広場
7.シュテルンベルク宮殿 見学時間1時間→1分
8.プラハ城 見学時間3時間→4分
マロストランスカー駅 ⓂA線 FINISH

640890

プラハ城と、その周辺の美しい街並み

682188

石畳が美しい黄金小路。プラハ城内でショッピングも楽しめる

682305

ネルドヴァ通り沿いの館に飾られた個性的なシンボルマーク

ボヘミア王を夢見た男の夢の城 ヴァルトシュテイン宮殿 Valdštejnský Palác

三十年戦争で功をなしたヴァルトシュテイン侯が、創意を凝らしたプラハ最大のバロック様式宮殿。星座や神話をモチーフにした天井画や絵画が多く、金と白漆喰の装飾が豪華さを物語る。現在はチェコ共和国上院議会として使用されている。

642896

広大な庭に面したテラスは、贅沢なダブル円柱式建築

642915

天井の漆喰装飾や内装が豪華絢爛なメインホール

642905

植物模様を織り込んだ鍾乳洞を模した壁

ヴァルトシュテイン宮殿

現地名:
Valdštejnský Palác
住所:
Valdštejnské náměstí 4
地図を見る »
アクセス:
地下鉄A号線Malostranskáマロストランスカー駅からすぐ
TEL:
257-075707
営業時間:
宮殿6~9月10:00~18:00、4・5・10月は土・日曜、祝日のみ開館(~17:00)、11~3月は第1週末のみ開館(~16:00)、庭園4・5・10月7:30(土・日曜、祝日10:00)~18:00(6~9月は~19:00)
定休日:
宮殿は季節により異なる、庭園は無休 
Webサイト:
http://www.senat.cz

旧市街に続いて古い街 マラー・ストラナ広場 Malostranské námstí

カレル橋を渡って西岸の中心である広場は、プラハ城への重要なアクセスの拠点。1257年にはこの場所で食料品の市場が開かれた。

643363

18世紀初めに大流行したペストの終焉を記念して建てられた「ペストの円柱」

マラー・ストラナ広場

現地名:
Malostranské náměstí
アクセス:
トラム12・20・22番Malostranské náměstíマロストランスケー・ナームニェスティからすぐ

食事や買い物を楽しむ ネルドヴァ通り Nerudova ulice

マラー・ストラナ広場からプラハ城に続く石畳の坂道。住所表示がなかった1857年まで、館にはそれぞれシンボルマークを飾り、表札代わりとした。現在も数多く残り、それらはどれも個性的。作家のヤン・ネルダが住んでいたことが、通りの名前の由来となっている。

643612

ファサードのシンボルマークを眺めながら散策したい

ネルドヴァ通り

現地名:
Nerudova ulice
住所:
Nerudova ulice
地図を見る »
アクセス:
トラム12・20・22番Malostranské náměstíマロストランスケー・ナームニェスティから徒歩3分

中世を物語る膨大な蔵書 ストラホフ修道院 Strahovský klášter

1140年、ボヘミア王のヴラディスラフ2世が建てた修道院で、現在は民族文学博物館。見どころは「哲学の間」と「神学の間」の2つの図書室。「哲学の間」には数十万冊といわれる本が天井に届くほどびっしり所蔵されている。

643811

スタッコ細工とフレスコ画が美しい「神学の間」にも、蔵書が収められている

ストラホフ修道院

現地名:
Strahovský Klášter
住所:
Strahovské nádvoří 1/132
地図を見る »
アクセス:
トラム22番Pohořelecポホジェレツから徒歩8分
TEL:
233-107-711
営業時間:
9:00~12:00、13:00~17:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.strahovskyklaster.cz

バロック様式の鐘楼 ロレッタ教会 Loreta

イタリアのロレッタ村にある、聖母マリアがイエスの受胎を告げられた家「サンタ・カーサ」を模して造られた聖母教会。教会には宝物殿もあり、宗教儀式に使われた典礼用品が展示されている。

644262

1735年建造。キリスト母子が描かれた祭壇がある

ロレッタ教会

現地名:
Loreta
住所:
Loretánské nám. 7
地図を見る »
アクセス:
トラム22番Pohořelecポホジェレツから徒歩5分
TEL:
220-516-740
営業時間:
9:00~17:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.loreta.cz

プラハ城観光の起点 フラチャニ広場 Hradčanské náměstí

市街を一望できるビューポイントで、広場の周りは貴族の宮殿に囲まれている。映画『アマデウス』の撮影にも使われた。昼の12時に行なわれる大々的なセレモニーは必見で、毎正時に行なわれる衛兵交代は観光客に人気だ。

649106

初代チェコスロヴァキア大統領の像が立つ

フラチャニ広場

現地名:
Hrad anské nám stí
住所:
Hradčanské náměstí
地図を見る »
アクセス:
トラム22番Pražský hradプラツキー・フラドから徒歩5分

西洋芸術の宝庫 シュテルンベルク宮殿 Šternberský Palác

1946年に開館した17世紀建設のバロック宮殿。アルブレヒト・デューラーの『薔薇の花冠の宴』をはじめ、レンブラントやルーベンス、グレコ、ブリューゲルなど珠玉の絵画を所蔵・展示。

644998

大司教宮殿の左手を入ると入口がある

シュテルンベルク宮殿

現地名:
Šternberský Palác
住所:
Hradčanské nám. 15
地図を見る »
アクセス:
トラム22番Pražský hradプラツキー・フラドから徒歩5分
TEL:
233-090-570
営業時間:
9:00~17:00(11~3月は~16:00)、庭園6:00~22:00
定休日:
月曜 
Webサイト:
http://www.ngprague.cz

プラハの歴史を見守ってきた城 プラハ城 Pražský Hrad

築城は9世紀に始まり、14世紀のカレル1世(ボヘミア王)の時代にほぼ現在の姿に整えられた。城壁に囲まれた中に王宮、旧王宮、教会などがあり、城というより街のような印象だ。16世紀ハプスブルク家のルドルフ2世の時代に城は全盛期を迎えたが、のちに宮廷はウィーンに戻り、城は衰退していくことになった。

645446

チェコ共和国のなかで最大級の城

プラハ城

現地名:
Pražský Hrad
住所:
Hradstranská
地図を見る »
アクセス:
トラム12・20・22番Malostranské náměstíマロストランスケー・ナームニェスティから徒歩10分
TEL:
224-372-423
営業時間:
9:00~18:00(11~3月は~16:00)、庭園5:00~24:00(11~3月は6:00~23:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.hrad.cz

まっぷるウィーン プラハ・ブダペスト(16年)

  • 発売日:2016年08月09日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。