2017年11月28日

ウィーン

ウィーン美術館&博物館で、時代を超えた名作を鑑賞

by Fish & Tips

645807

分離派の作品のほか、欧州全土から収集した美術品が並ぶミュージアム。歴史ある建物にも注目したい。

レオポルト美術館

MQ最大の見どころ

ルドルフとエリザベート・レオポルト夫妻の個人コレクションをもとに設立された美術館。MQ内で最も人気があり、200点を超えるエゴン・シーレのコレクションを公開。

café

館内のカフェ
レオポルト

 

643782

白い貝殻と石灰岩で外装された四角い外観は注目度大

死と生 (Tod und Leben)

作者 クリムト

制作年 1912年

生と死の対比や循環をテーマに、5年以上の歳月をかけて完成させた、クリムト晩年の名作。いきいきと描かれた生と対極にある死を寓意的に表現。

643892

ヴァリー・ノイツィルの肖像 (Bildnis Wally Neuzil)

作者 エゴン・シーレ

制作年 1912年

シーレの代表作『ほおずきの実のある自画像』と対をなす恋人ヴァリーの肖像画。ヴァリーはもともとクリムトのモデルをしていたが、1911年にシーレに紹介されると2人は恋人同士となった。以後、制作と私生活両面において重要な存在となる。

643768

レオポルト美術館

現地名:
Leopold Museum
住所:
ミュージアム・クォーター・ウィーン(MQ)内
地図を見る »
アクセス:
地下鉄2号線Museumsquartier ムゼウムスクォーティアー駅から徒歩1分
TEL:
01-525-700
営業時間:
10:00~18:00(木曜は~21:00)
定休日:
火曜 
Webサイト:
http://www.leopoldmuseum.org

近代美術館

ウィーン現代アートの宝庫

20~21世紀の多彩なモダンアートが中心。絵画や彫刻、写真、映画、ビデオ作品、家具などがコレクションされている。現代美術の所蔵数では中欧随一で、つねに話題の現代アートを入れ替えで展示している。

643789

企画展も盛んに行なう

家の孤島 (Island Town)

作者 エゴン・シーレ

制作年 1915年

シーレの母親の故郷であるクルマウ(チェコ語ではチェスキー・クルムロフ)の街並み。

643802

近代美術館

現地名:
MUMOK(Stiftung Ludwig Wien)
住所:
ミュージアム・クォーター・ウィーン(MQ)内
地図を見る »
アクセス:
地下鉄2号線Museumsquartierムゼウムスクォーティアー駅から徒歩1分
TEL:
01-523-5881
営業時間:
10:00~19:00(木曜は~21:00、月曜は14:00~)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.mumok.at

ベルヴェデーレ宮殿上宮

分離派の作品が充実

レオポルト1世からカール6世まで3人の皇帝に仕えた実力者・オイゲン公の宮殿。上宮は19〜20世紀の絵画を集めた美術館として公開されている。グスタフ・クリムトの『接吻』『ユディットⅠ』などの代表作はここで見ることができる。

645800

18世紀前半当時、オイゲン公の宮殿は皇帝をしのぐ勢いで芸術、文化の中心となった

645807

クリムト作『接吻』。「死と隣り合わせにある愛」をテーマに自身と恋人のエミーリエ・フレーゲをモデルにしたという

ベルヴェデーレ宮殿上宮

現地名:
Oberes Belvedere
住所:
Prinz Eugen-Straße 27
地図を見る »
アクセス:
トラムD番Schloss Belvedereシュロス・ベルヴェデーレからすぐ
TEL:
01-795-57134
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.belvedere.at

ベルヴェデーレ宮殿下宮

当時の輝きを映し出す

オイゲン公が住居としていた豪華な部屋を使用。「黄金の間」は必見だ。バロック絵画コレクションと、特別展会場として公開している。

643876

鏡と金色を部屋全体に施した『黄金の間』

ベルヴェデーレ宮殿下宮

現地名:
Unteres Belvedere
住所:
Rennweg 6
地図を見る »
アクセス:
トラム71番Unteres Belvedereウンターレス・ベルヴェデーレからすぐ
TEL:
01-795-57134
営業時間:
10:00~18:00(水曜は~21:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.belvedere.at

アルベルティーナ

充実のコレクション

ハプスブルク家のアルベルティーナ宮殿の豪華な部屋と、マリア・テレジアの娘婿アルベルト公が収集した美術品を一堂に展示した美術館。デューラーの『野兎』は必見。

café

館内のカフェ
ドー・ウント・コー・アルベルティーナ

647139

常設展のほかに、つねに著名な画家や話題の展覧会を開催

アルベルティーナ

現地名:
Albertina
住所:
Albertinaplatz 1
地図を見る »
アクセス:
地下鉄1・2・4号線Karlsplatzカールスプラッツ駅から徒歩5分
TEL:
01-534-830
営業時間:
10:00~18:00(水曜は~21:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.albertina.at

美術史博物館

西洋絵画の流れをたどる

かつてのハプスブルクの宮廷美術館でヨーロッパ絵画の流れがすべてわかる。とくにルーベンスとブリューゲルのコレクションは世界で最も充実している。大理石の床や壁、天井の装飾も必見。

643906

ルーブル、プラドと並ぶ欧州三大美術館のひとつ。建物自体にも見どころがたくさんある

646445

階段ホールの天井。2階の大天蓋の下にはカフェが営業している

若きヴェネツィア女性の肖像 (Brustbild einer jungenVenezianerin)

作者 デューラー

制作年 1505年

最初のイタリア紀行でルネサンスを体験していたデューラーが、30代になって2度目の滞在で描いた作品。黒を背景にきりっとした目鼻立ちが印象的。頭上にデューラーを示すDとAのエンブレムも。

645495

バベルの塔 (Turmbau zu Babel)

作者 ペーテル・ブリューゲル

制作年 1563年頃

16世紀に活躍した画家、ブリューゲルの代表作のひとつ。旧約聖書の「創世記」に登場する伝説の巨大な塔で、人間の驕りを象徴している。細密な描写に注目。

7702914260_957c801bf3_z
Turmbau zu Babel - Pieter Bruegel 1563, by rpi-virtuell, CC BY

絵画芸術 (Die Malkunst)

作者 ヨハネス・フェルメール

制作年 1666〜67年頃

やわらかい光の質感がフェルメールらしい、「絵画芸術」そのものをテーマにした寓意画。

646453

美術史博物館

現地名:
Kunsthistorisches Museum
住所:
Maria Theresien Platz
地図を見る »
アクセス:
地下鉄2号線Museumsquartierムゼウムスクォーティアー駅から徒歩3分
TEL:
01-525-240
営業時間:
10:00~18:00(木曜は~21:00)
定休日:
9~5月の月曜 
Webサイト:
http://www.khm.at

造形芸術アカデミー絵画館

名門美術学校の美術館

芸術アカデミーの校舎3階にある、学校所蔵絵画の展示室。名作が数多く並ぶなか、ヒエロニムス・ボッシュの祭壇画『最後の審判』は、スケールの大きさを体感したい。

643867

入口はシラー広場に面している

最後の審判 (The Last Judgment)

作者 ボッシュ

制作年 1510年以降

鏡開きの大きな祭壇画の中央部分。ボッシュによって創造されたさまざまな怪物がひしめく。シュールレアリズムにも影響を与えた。

16752530081_b54554b914_z
Weltgerichtstriptychon (Mittelteil), by H.KoPP, CC BY-ND

ボレアスとオレイテュイア (Boreas Entfuhrt Oreithya)

作者 ルーベンス

制作年 1615年

風神ボレアスによる女王オレイテュイアの略奪シーンを描いたもの。肉体の迫力に圧倒される。

643852

造形芸術アカデミー絵画館

現地名:
Akademie der bildenden Künste Gemäldegalerie
住所:
Schillerplatz 3
地図を見る »
アクセス:
地下鉄1・2・4号線Karlsplatzカールスプラッツ駅から徒歩3分
TEL:
01-58816-2222
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
月曜 
Webサイト:
http://www.akademiegalerie.at

ウィーン・ミュージアム・カールスプラッツ

ウィーンの歴史を知る

ハプスブルク時代から現代にいたるまでの、ウィーンの長い歴史が学べる博物館。考古学的出土品や歴史的建築物に関する資料や、美術的にも貴重な作品を展示している。

644927

カールス広場の近代的な建物

若い母 (Junge Mutter)

作者 エゴン・シーレ

制作年 1914年

この頃、シーレはハルムス家の妹エディットと恋愛関係に。翌年に結婚。

644911

パラス・アテネ (Pallas Athene)

作者 クリムト

制作年 1898年

クリムトの代表作のひとつ。ギリシャ神話の女神アテネを題材にしたもの。

644896

ウィーン・ミュージアム・カールスプラッツ

現地名:
Wien Museum Karlsplatz
住所:
Karlsplatz 8
地図を見る »
アクセス:
地下鉄1・2・4号線Karlsplatzカールスプラッツ駅から徒歩4分
TEL:
01-505-874-70
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
月曜 
Webサイト:
http://www.wienmuseum.at

オーストリア応用美術博物館(MAK)

欧州最古の工芸品博物館

バロックからアール・デコまで、装飾品や食器などの変遷を、歴史ある建物で見ることができる。ショップもセンスが良く、おすすめだ。

café

館内のカフェ
サロンプラフォンド

643883

吹き抜けのイタリア風回廊

オーストリア応用美術博物館(MAK)

現地名:
Österreichisches Museum für Angewandte Kunst
住所:
Stubenring 5
地図を見る »
アクセス:
地下鉄3号線Stubentorシュトゥーベントーア駅からすぐ
TEL:
01-711-360
営業時間:
10:00~18:00(火曜は~22:00)
定休日:
月曜 
Webサイト:
http://www.mak.at

ミュージアム・クォーター・ウィーン(MQ)

芸術に触れながら一日遊べる総合芸術館へ

世界で8番目に大きな博物館地区。広いスペースはウィーンの芸術文化の中心地区であり、子供たちも安心して遊べるアミューズメントスペースだ。ウィーンの名所のひとつで、美術館では常設展から特別企画展まで盛りだくさんの催しを展開している。

646054

皇帝の厩舎だった建物を増改築した施設

ミュージアム・クォーター・ウィーン(MQ)

現地名:
Museums Quartier Wien(MQ)
住所:
Museumsplatz 1
地図を見る »
アクセス:
地下鉄2号線Museumsquartierムゼウムスクォーティアー駅から徒歩3分
TEL:
01-523-5881
営業時間:
10:00~19:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.mqw.at

こちらの博物館もおすすめ

自然史博物館

ヨーロッパの博物誌を学ぶ

マリア・テレジアの夫フランツ1世のコレクションがもとになっている。『ヴィレンドルフのヴィーナス』のほか、宝石や鉱石のコレクションも見ごたえがある。

café

館内のカフェ
ノーチラス

643812

美術史博物館と対をなし、両館の間にはマリア・テレジア像が立つ

643820

アラゴナイト (aragonite)

炭酸塩鉱物の一種。鍾乳洞ではサンゴ状の鍾乳石となることがあり、「山サンゴ」(Flos Ferri)と呼ばれている。二枚貝の殻の主成分。

自然史博物館

現地名:
Naturhistorisches Museum
住所:
Burgring 7
地図を見る »
アクセス:
地下鉄2・3号線Volkstheaterフォルクステアーター駅から徒歩3分
TEL:
01-521-770
営業時間:
9:00~18:30(水曜は~21:00)
定休日:
火曜 
Webサイト:
http://www.nhm-wien.ac.at

熱帯蝶類博物館

蝶が舞う熱帯の別世界

王宮庭園の大温室が、熱帯植物と蝶の博物館となっている。一年中熱帯植物が茂り鮮やかな色の蝶が舞う。

643736

家族連れに人気がある

熱帯蝶類博物館

現地名:
Schmetterlinghaus
住所:
Burggarten
地図を見る »
アクセス:
地下鉄1・2・4号線Karlsplatzカールスプラッツ駅から徒歩6分
TEL:
01-533-8570
営業時間:
10:00~18:15(土・日曜、祝日は~16:45)、11~3月は10:00~15:45
定休日:
無休 

この記事のタグ

まっぷるウィーン プラハ・ブダペスト(16年)

  • 発売日:2016年08月09日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。