2017年11月23日

イースト・エンド

【ロンドン】トレンド発信地!イースト・エンド

by Fish & Tips

579359

シティの北東に広がるエリア。かつてはいわゆる「下町」のイメージが強かったが、再開発によって急速に発展し、今や若者の注目を集めるおしゃれなショップが並ぶ街となった。

ACCESS
●リヴァプール・ストリート駅
地下鉄セントラル線/サークル線/ハマースミス&シティ線/メトロポリタン線

活気に満ちたマーケットと個性豊かなアートが集まる街

イースト・エンドの散策は、マーケットの開催日に合わせればより楽しめる。リヴァプール・ストリート駅そばのオールド・スピタルフィールズ・マーケットは土曜を除き毎日開催されているが、木曜はアンティーク市、金曜はファッション&アート市となる。日曜は新鋭アーティストの作品が並ぶサンデー・アップ・マーケット、色鮮やかな花が並ぶコロンビア・ロード・フラワー・マーケットが開かれる。自分好みの品に出会えそうなマーケットを狙って出かけよう。 ショーディッチでは、スタイリッシュなショップが並ぶハイ・ストリートと、インド系移民街のブリック・レーンを中心に歩いてみたい。ロンドンの新しい顔が発見できる。

567784

ドアとアートが見事に融合した鍵の専門店のLOCKSMITHS

KEYWORD2

①レンガの壁はさながらギャラリーのよう

ショーディッチでよく目に入るのが、壁に描かれたグラフィティアート。街を歩くだけで、美術館にいる気分に。

565091
569835

ショーディッチ Shoreditch

近年急速に賑わいをみせるイーストエリアの中心地。若いクリエイターたちが集まり、街は見る間に変貌を遂げ、今では最先端カルチャーの発信地に。マーケットが集中する週末がおすすめ。

579359

ブリック・レーン Brick Lane

ロンドン流行の最先端ともいわれるエッジーな通り。インド料理店とハイセンスなセレクトショップが同時に楽しめる。

②テムズ川沿いのドックはおしゃれなグルメスポット

セント・キャサリン・ドックスは、ロンドン塔のすぐそばにありながら、落ち着いて食事が楽しめる隠れスポット的存在。

565167
567789
583656

ドックランズとはテムズ川沿いの再開発のエリアをさす。今も開発が進み、人口は増え続けている

マリーナ周辺を散策したい セント・キャサリン・ドックス St. Katharine Docks

かつてはコテージや12世紀から続くセント・キャサリン教会、醸造所などがひっそりとたたずむ一角だったが、ドックランズ再開発プロジェクトにより一新。今では、おしゃれなレストランも多く、若者たちで毎晩賑わう。

567759

ハーバーに個人所有のヨットが並ぶ

セント・キャサリン・ドックス

現地名:
St. Katharine Docks
住所:
St. Katharine's Docks
地図を見る »
アクセス:
Tower Hillタワー・ヒル駅から徒歩8分
TEL:
020-7264-5287
営業時間:
店舗により異なる
定休日:
店舗により異なる 
Webサイト:
http://www.skdocks.co.uk

さまざまな時代のインテリアを再現 ジェフリー博物館 Geffrye Museum

ロンドン名誉市長ジェフリー卿が1914年に設立したインテリア史専門の博物館。各時代の居間が細部まで再現されていて興味深い。ナイジェル・コーツ設計のモダンな別館やハーブガーデンも素晴らしい。

download

洗練されたしつらえに注目

ジェフリー博物館

現地名:
Geffrye Museum
住所:
136Kingsland Rd., E2 8EA
地図を見る »
アクセス:
Hoxtonホクストン駅から徒歩3分
TEL:
020-7739-9893
営業時間:
10:00~17:00
定休日:
月曜 ピリオドガーデン・ハーブガーデンは11/1~3/25は開館
Webサイト:
http://www.geffrye-museum.org.uk

この記事のタグ

まっぷるイギリス・ロンドン(16年)

  • 発売日:2016年05月18日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。