2017年11月23日

イギリス

ロンドンの繁華街!ピカデリー・サーカス周辺

by Fish & Tips

546022

2つの有名な広場があり、いつも多くの人々で賑わうエリア。ショッピングやマーケット散策のほか、芸術鑑賞も楽しめる。

ロンドンの繁華街といえばここさまざまな楽しみが待っている ピカデリー・サーカス周辺 Piccadilly Circus

ロンドンのなかでもひときわ賑わいをみせ、見どころもひしめくこのエリアは、本来は2日に分けてまわるのが理想的。時間のない人は、各ギャラリーやミュージアムの案内図を入手して、見たいジャンルを絞ってからまわろう。

アート鑑賞の合間には、人気のアップル・マーケットとジュビリー・マーケットを擁するコヴェント・ガーデンでショッピングを楽しみ、ピアーと呼ばれる広場の向かいにあるロンドン交通博物館にもぜひ足を運んでみよう。

夜はピカデリー・サーカスからほど近いチャイナタウンで食事をして、ロンドン随一の歓楽街・ソーホーに繰り出すのもいいし、オペラやバレエを楽しむのもいい。ウェスト・エンドの劇場街も近いので、ミュージカル鑑賞もおすすめだ。

ACCESS
コヴェント・ガーデン駅 地下鉄ピカデリー線
ピカデリー・サーカス駅 地下鉄ピカデリー線/ベイカールー線
チャリング・クロス駅 地下鉄ベイカールー線/ノーザン線/ナショナル・レイル
ボンド・ストリート駅 地下鉄セントラル線/ジュビリー線

一日中飽きることがないコヴェント・ガーデン

ショッピングはもちろん、話題のレストランや歴史的建造物が共存し、大道芸人や移動遊園地など、お楽しみがいっぱい。

547086

コヴェント・ガーデン

現地名:
Covent Garden

大勢の人が集まるロンドンきっての繁華街 ピカデリー・サーカス&エロスの像 Piccadilly Circus & Eros

いつも買い物客と観光客であふれ返っているロンドンの心臓部。そのシンボル的存在、エロスの像は待ち合わせのメッカ。チャイナタウンや、大道芸人の集まるレスター・スクエアも徒歩圏にある。このスクエア周辺には、格安シアター・チケット売場や大型ナイトクラブ、バーも多く、夜も賑やか。日本食レストランや食材店もこの地域に集中している。

download

いくつもの大きな通りが合流する地点

ピカデリー・サーカス&エロスの像

現地名:
Piccadilly Circus & Eros
住所:
Piccadilly Circus, W1
地図を見る »
アクセス:
Piccadilly Circusピカデリー・サーカス駅からすぐ

英国最古の歴史を誇る美術院 ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ Royal Academy of Arts

1768年に設立された王立の美術院で、つねに最先端のアートを世界に送り出してきた英国美術界の中心的存在。ターナーやミレーなども会員だった。年間を通して3か月単位での特別展を開催しており、常設の展示室ではヴィクトリア時代の家具も公開されている。

download-1

ルネサンス様式の建物も見どころのひとつ。中庭でインスタレーションが行なわれることも

ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ

現地名:
Royal Academy of Arts
住所:
Burlington House Piccadilly, W1J 0BD
地図を見る »
アクセス:
Green Parkグリーン・パーク駅から徒歩5分
TEL:
020-7300-8090
営業時間:
10:00~18:00(金曜は~22:00、最終入場は各30分前)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.royalacademy.org.uk

トラファルガー海戦の勝利を物語る トラファルガー・スクエア Trafalgar Square

トラファルガー海戦に大勝利したネルソン提督を記念した広場。大晦日やイベントのある日はロンドン中から人が集まるが、ふだんは市民や観光客の憩いの場となっている。

551635

高さ44mの記念柱と、それを守るように囲む4頭の巨大なライオン像がシンボル。

551593

北側にはナショナル・ギャラリーが、東側にはセント・マーティン・イン・ザ・フィールズ教会がある

トラファルガー・スクエア

現地名:
Trafalgar Square
住所:
Trafalgar Square, WC2
地図を見る »
アクセス:
Charing Crossチャリング・クロス駅からすぐ

テムズ河畔に三大ギャラリーを内包 サマセット・ハウス Somerset House

コートールド美術館とギルバート・コレクション、ロシア国立エルミタージュ美術館所蔵品を常設するエルミタージュ・ルームの3ギャラリーを擁する建物。ヘンリー8世の義弟サマセット公爵が住んでいた館としても有名。

552720

冬季には、中庭に野外スケートリンクが設置される

サマセット・ハウス

現地名:
Somerset House
住所:
Strand, WC2R 1LA
地図を見る »
アクセス:
Covent Gardenコヴェント・ガーデン駅から徒歩8分
TEL:
020-7845-4600
営業時間:
ギャラリー10:00~18:00(木・金曜は~21:00、最終入場は各45分前)、中庭7:30~23:00、リバーテラス8:00~23:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.somersethouse.org.uk

イギリスの交通のすべてがわかる ロンドン交通博物館 London Transport Museum

世界最古の歴史をもつ地下鉄から路面電車、最新鋭の乗り物まで、インタラクティブ方式の展示がいろいろ。

549778

コヴェント・ガーデンの広場に面する

580362

地下鉄にちなんだグッズなどを扱うミュージアムショップも楽しい。

580353

ロンドン交通博物館

現地名:
London Transport Museum
住所:
Covent Garden Piazza, WC2E 7BB
地図を見る »
アクセス:
Covent Gardenコヴェント・ガーデン駅からすぐ
TEL:
020-7379-6344
営業時間:
10:00(金曜11:00)~18:00、最終入場17:15
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.ltmuseum.co.uk

コヴェント・ガーデン Covent Garden

おしゃれな若者たちで賑わうショッピング街。常設のジュビリー・マーケットでは古着をはじめ、食品、自然派化粧品などさまざまなものが並ぶ。もとは市場だった場所で、オードリー・ヘップバーン主演の『マイ・フェア・レディ』の舞台となったことでも有名。

download
568168
568177

コヴェント・ガーデン

現地名:
Covent Garden

チャイナタウン Chinatown

ピカデリー・サーカスの北東、ロンドン随一の歓楽街ソーホーの南端にあり、中国料理店や食材店がずらりと並ぶ。内容、料金ともに満足できる中国料理はロンドン滞在中の強い味方。

568783

チャイナタウン

現地名:
Chinatown

ストリートをCHECK!

オックスフォード・ストリート Oxford Street

人通りや店舗数でも世界有数の通りで英国を代表するデパートもある。300店以上の店が約2㎞にわたって連なる。

569993

オックスフォード・ストリート

現地名:
Oxford Street

ニュー・ボンド・ストリート New Bond Street

セレブ御用達のハイブランド店が建ち並ぶこの通りはロンドナーにも憧れの通り。おしゃれしてさっそうと歩きたい。

568684

ニュー・ボンド・ストリート

現地名:
New Bond Street

サヴィル・ロウ Savile Row

「背広」の語源ともなったこの通りは、正真正銘のテイラーが手縫いで仕上げるビスポークスーツを求め、世界中から紳士が訪れる。旅の記念に、一生ものとなるスーツを作るのもいいかも。

568570

サヴィル・ロウ

現地名:
Savile Row

立ち寄りCafe

食事もできる自然派カフェ ル・パン・コティディアンLe Pain Quotidien

ロンドン市内に多くの店舗をもつ、ベルギー発の自然派カフェチェーン。天然酵母を使ったパンや自家製ジャムは絶品。

580309

ツナサラダのケイパー、アンチョビ、ゆで卵添え

ル・パン・コティディアン

現地名:
Le Pain Quotidien
住所:
18 Great Marlborough St. W1F 7HS
地図を見る »
アクセス:
Oxford Circusオックスフォード・サーカス駅から徒歩3分
TEL:
020-7486-6154
営業時間:
7:30~22:00(土曜は8:30~、日曜は9:00~19:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.lepainquotidien.co.uk

まっぷるイギリス・ロンドン(16年)

  • 発売日:2016年05月18日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。