2017年11月25日

イギリス

ロンドン絶対はずせない超重要スポット!イギリス王室ゆかりの名所まとめ

by Fish & Tips

Fotolia_178557222_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©swisshippo

世界を牽引してきたこの街には、威風堂々とした建築の数々や王室にまつわる絢爛な施設が建ち並ぶ。景色の移ろいを感じながら街歩きを楽しみたい。


4つのロイヤル物語

エリザベス女王の住むバッキンガム宮殿や王家の結婚式に使われる教会など、王家と深いつながりをもつウェストミンスターにバッキンガムエリア。優雅なロンドンの中枢を歩いてまわろう。

Fotolia_115134379_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©oben901

「イギリスの顔」として構えるバッキンガム宮殿の正面

クイーン・ヴィクトリア・メモリアル
バッキンガム宮殿の正面に立つ塔は、1837年に即位したヴィクトリア女王の記念碑。黄金に輝く女神が目をひく。

ロイヤル物語1 ロイヤルファミリー

国民の敬愛を受けるフレンドリーな家族

イギリス王室は2015年にシャーロット王女の誕生、2016年はエリザベス女王生誕90周年とお祝いムードにあふれる。

住居を公開するオープンな王室

新聞に王室関係の見出しが載る日が少なくないほど、英国民の羨望の的であり、人気の王室。ロイヤルベビーが生まれるとなれば病院の前で泊まり込み、女王の誕生日は国をあげてお祝いをする。英国王室はイギリスの象徴として老若男女に愛されている。ジョージ6世の実話をもとに作られた『英国王のスピーチ』をはじめ、王室にちなんだ映画が製作されていたり、テレビでの報道で日本人も親近感を抱いている人も多い。

TOPICS 1.シャーロット王女すくすく育っています!

2015年5月2日、ウィリアム王子とキャサリン妃の第2子シャーロット・オブ・ケンブリッジ(通称シャーロット)が誕生。兄のジョージに次ぐ王位継承第4位。ウィリアムは6週間の育児休暇を取ったことでも話題に。愛らしい顔立ちとともに、王女のファッションも注目されること間違いなし。

TOPICS 2.キャサリン妃の愛用品をチェック!

高級ブティックや老舗デパートが並ぶスローン・ストリートに集う人たちを「スローン・レンジャー(Sloane Ranger)」と呼び、彼らのファッションを「スローニー(Sloaney)」と呼ぶ。コンサバなのに堅苦しくなく、それでいて女性らしい装いは、まさにキャサリン妃のスタイル。妃が身にまとうアイテムは、たちまち知れ渡り完売なんてことは日常茶飯事。Amanda WakeleyやMulberryなど英国のハイブランドを愛用する一方で、TOP SHOPやZARA、GAPなどのファスト・ファッションを取り入れる着こなしのテクニックはぜひ学びたいところ。妃に限らず、ジョージ王子やシャーロット王女の子供服にも注目が集まり、経済効果は計り知れない!?

ロイヤル物語2 バッキンガム宮殿

イギリス王室の居住地で豪華絢爛な王宮

エリザベス女王の公邸、執務の場および、王室庁の事務本部として機能する。正面のクイーン・ヴィクトリア・メモリアルが象徴的。

573517

女王滞在時は王室旗が、不在時は国旗が正面に掲げられている

1837年にヴィクトリア女王が移り住んで以来、王家の本宅となった宮殿で、国賓をもてなす晩餐会など華やかな舞台にもなる。内部にはヴィクトリア様式の広間、音楽室、王族の居室など約650の部屋が並び、夏季に一部が公開される。宮殿前の広場では帝国に衛兵交代式が行なわれ、ロンドンの風物詩となっている。また、敷地内のクイーンズ・ギャラリーでは、貴重な王室コレクションを展示しており、こちらは通年開館している。

Buckingham Guards
by fotolia - ©Herbert

衛兵交代式と夏の一般公開は必見

衛兵交代式の時間帯は門の前が混雑する。正面で見たい場合は早めに場所をキープしたい

衛兵交代式を見に行こう!

ロンドンのシンボルのひとつ、長い黒帽子をかぶった衛兵たち。華やかなイベントを完璧に楽しむために、事前の計画をしておきたい。

Q. 交代式とは?
バッキンガム宮殿とセント・ジェームズ宮殿の警護を終えた衛兵(オールド・ガード)と、これから警護に着く衛兵(ニュー・ガード)が交代する。衛兵を務める近衛兵は、歩兵5連隊と騎兵2連隊で構成。帽子の羽飾りやボタンなどで見分けることができる。

548690

Q. どこに行けば見られるの?
歩兵と楽隊の交代式は、バッキンガム宮殿の前庭で行なわれる。ホース・ガーズでの騎兵の交代式はやや地味だが、混雑もそれほどではなく、終わったあとにザ・マルへ行けば歩兵の行進も見られる。馬が好きならば、これらがおすすめ。そのほか、ウィンザー城でも同様の儀式が行なわれている。

Q. いつ行なわれているの?
5〜7月は毎日、その他の月は1日おきに行なわれる。天候やイベントによって中止になることもあるので、インターネットなどで事前に確認を。ホース・ガーズでの騎兵の交代式は毎日開催。
changing-the-guard.com/dates-times.html

Q. おすすめの見学場所は?
正面の広場クイーン・ヴィクトリア・メモリアルが、全体を見渡せあまり混まないのでおすすめ。行き帰りの行進だけならば、宮殿正面に延びるザ・マルや、右手のスパー・ロード沿いのほうがゆっくりと近くで見られる。

見学の注意点
混むので、スリには要注意。近くにトイレがないので、事前に済ませておこう。

衛兵交代式の流れはこんな感じ

11:15頃 各地から衛兵が出発
ウェリントン兵舎からこれから警護に着くニュー・ガードと、セント・ジェームズ宮殿から務めを終えたオールド・ガードが、楽隊が奏でる音楽とともに行進しながら、バッキンガム宮殿へと向かう。

548902

11:20頃 衛兵が宮殿に集合

バッキンガム宮殿で務めを終えたオールド・ガードと、バッキンガム宮殿の前庭で合流。一部は南門や北門からも入場する。

548700

11:30頃 交代式スタート

任務を受け渡す儀式や、楽隊による演奏が行なわれる。集合してから交代式が終わるまでは30〜40分ほど。式の開催中に、ホース・ガーズから帰還する騎兵隊が、ザ・マルからクイーン・ヴィクトリアを通過する。

548910

12:00頃 各地へ行進

オールド・ガードがウェリントン兵舎へと行進、ニュー・ガードのうちセント・ジェームズ宮殿担当の衛兵は宮殿へと行進していく。

バッキンガム宮殿

現地名:
Buckingham Palace
住所:
Buckingham Palace Rd., SW1A 1AA
地図を見る »
アクセス:
Green Parkグリーン・パーク駅から徒歩5分
TEL:
020-7766-7300
営業時間:
見学自由(外観のみ)、内部見学7月23日~8月31日の9:15~19:45(最終入場17:15)、9月1日~10月2日の9:15~18:45(最終入場16:15)、衛兵交代式(隔日、5~7月は毎日)11:30~※要確認
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.royalcollection.org.uk/visit/the-state-rooms-buckingham-palace

ロイヤル物語3 王室に関わり深い名所

ダイアナ元妃が好んだ公園や王室の別荘まで

ダイアナゆかりの地をめぐるウォーキングコースをはじめ、エリザベス女王の別邸、チャールズ皇太子が営むショップなど、各地に点在している。

555667

湖が美しい人にも動物にも人気の庭園
水鳥に遭遇することもしばしば

553438

ダイアナ元妃のゆかりの地に埋め込まれている記念のプレート。ここで紹介する4つの公園のほか、バッキンガム宮殿などに合計約90個ある。

ダイアナ・メモリアル・ウォーク

ウィリアム王子の母、イングランドのバラの在りし日を思う

1997年、非業の死を遂げたダイアナ元皇太子妃。BBCによる「100人の偉大な英国人」の第3位に選ばれ、その人気は没後なお衰えることがない。ロンドンを代表する4つの王立公園でダイアナ元妃ゆかりの地をめぐる約11kmのウォーキング・コースを歩き、彼女がここで過ごした十数年の日々をしのびたい。

ダイアナ・メモリアル・ウォーク

現地名:
Diana Memorial Walk

セント・ジェームズ・パーク

かつて国王の狩猟場として使われていた庭園。今は市民に開放され、四季折々の草花や水鳥が、訪れる人々の目を楽しませてくれる。湖水から噴水越しに望むホワイトホールの優雅な光景が美しい。

555702

裏庭のイタリア式庭園やレストラン・オランジェリーの並木など、まるで『不思議の国のアリス』のような世界が広がる

セント・ジェームズ・パーク

現地名:
St. James's Park
住所:
Horse Guards Parade, St. James's, SW1A 2BJ
地図を見る »
アクセス:
St. James's Parkセント・ジェームズ・パーク駅から徒歩3分
TEL:
0300-061-2350
営業時間:
5:00~24:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.royalparks.org.uk/parks/st-jamess-park

ケンジントン宮殿/ガーデンズ

チャールズ皇太子がダイアナ元妃と暮らした宮殿。ここで生まれたヴィクトリア女王の寝室があるステイト・アパートメントや、豪華なキングス・ギャラリーなどが見どころ。有名建築家レンが再設計したケンジントン・ガーデンズも、王家の庭園らしく気品にあふれている。

555701

花々に囲まれた宮殿。ウィリアム王子とキャサリン妃が居住していた

ケンジントン宮殿/ガーデンズ

現地名:
Kensington Palace/Gardens
住所:
Kensington Gardens, W8 4PX
地図を見る »
アクセス:
Queenswayクイーンズウェイ駅から徒歩10分
TEL:
020-3166-6000
営業時間:
10:00~17:00、冬季は~16:00(閉館は各1時間後)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.hrp.org.uk/KensingtonPalace

ハイド・パーク

中心部で2番目の広さ。ロンドンっ子の憩いの場

広々とした芝生と心なごむ水辺の風景が魅力。「メモリアル・ウォーク」のほかにも、誰でも自由に演説できる日曜の「スピーカーズ・コーナー」など、立ち寄りたいスポットが満載。

555637

まるで郊外のガーデンにいるような静けさ

555644

ダイアナを追悼する記念の泉として、2004年に造られた泉

555651

ロンドンで最も美しい銅像に選ばれたピーターパンの像

ハイド・パーク

現地名:
Hyde Park
住所:
Hyde Park, W2 2UH
地図を見る »
アクセス:
Hyde Park Cornerハイド・パーク・コーナー駅/Marble Archマーブル・アーチ駅/Lancaster Gateランカスター・ゲート駅/Knightsbridgeナイツブリッジ駅からすぐ
TEL:
0300-061-2000
営業時間:
5:00~24:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.royalparks.org.uk/parks/hyde-park

グリーン・パーク

バッキンガム宮殿とピカデリー通りに挟まれた公園で、大木が多く静かな憩いの場としてロンドナーに広く愛されている。ずらりと並ぶデッキチェアは、夏の風物詩でもある。

555679

木陰で読書にふける人も多い。気候のいい夏はぜひ訪れたい

グリーン・パーク(ウェリントン・アーチ)

現地名:
Green Park (Wellington Arch)
住所:
Green Park
地図を見る »
アクセス:
Green Parkグリーン・パーク駅/Hyde Park Cornerハイド・パーク・コーナー駅からすぐ
TEL:
0300-061-2350
営業時間:
入園自由
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.royalparks.org.uk/parks/green-park

郊外編

首都ロンドン以外にも、憧れのロイヤルファミリーゆかりの訪れてみたいスポットがたくさんある。

テットベリー Tetbury

チャールズゆかりの小さな村

チャールズ皇太子の別荘が近くにあるコッツウォルズの村。皇太子が経営するオーガニックのライフスタイルショップ、ハイグローヴ がある。

554608

ハイグローヴ

ハイグローヴ

現地名:
Highgrove
住所:
10 Long St.
地図を見る »
アクセス:
マーケット・プレイスから徒歩3分
TEL:
0845-521-4342
営業時間:
9:30~17:00、日曜10:30~16:30
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.highgroveshop.com

ウィンザー/イートン Windsor/Eton

イギリス王室の重要な要塞

エリザベス女王が週の数日を過ごすウィンザー城がある。王族がいる際は王室旗が掲げられる。ウィリアム王子が学んだイートン校も近い。

545964

ウィンザー城

ウィンザー城

現地名:
Windsor Castle
住所:
Windsor Castle, SL4 1NJ
地図を見る »
アクセス:
Windsor & Eton Centralウィンザー&イートン・セントラル駅から徒歩3分
TEL:
020-7766-7304
営業時間:
9:30~16:45、11~2月9:45~15:00(閉館は各75分後)
定休日:
不定休 
Webサイト:
http://www.royalcollection.org.uk

エディンバラ (Edinburgh)

スコットランドでの王室の公邸

イギリス王室のスコットランドでの公邸である、ホーリールード宮殿がある。エディンバラ城から石畳の道をまっすぐ行くと、突き当たりにある。

Fotolia_106715597_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©chrisdorney

ホーリールード宮殿

4 バッキンガム宮殿周辺の見どころ

ロンドンの街並みを象徴する観光名所が勢ぞろい
王室関連の施設をはじめ、国の公的機関が集中するエリア。それらを囲む美しい数々の公園とともに、優雅な街歩きを楽しみたい。

529023

ネルソン提督を記念した広場トラファルガー・スクエア

高さ44mの記念柱とそれを囲む4頭の巨大なライオンがシンボル。観光客や市民の憩いの場で終日賑わっている。北側にナショナル・ギャラリーがある。

528951

この柱の上にネルソン提督がいます

529016

騎兵隊が通る大通りザ・マル

バッキンガム宮殿へと続く通り。壮麗な建築が見事で格好の散歩道となっている。

529040

歴代の首相が過ごす場所ダウニングストリート

「ダウニング街10番地」といえばイギリス首相官邸の異名。18世紀に初代首相ウォルポールが居住して以来、50人以上の歴代首相の家となっている。

529031

英国政治を担う通りホワイトホール

両脇には財務省や国防省が置かれ、日本の霞が関のようなエリアを形成している。

国会議事堂

ビッグ・ベンを擁すランドマーク

1090年、ウィリアム征服王の時代にウェストミンスター宮殿として建てられ、当時は国王の住居と政治執行の場として機能した。火災や戦火による建て直しを経て、1870年に3代目となる壮麗なゴシック建築が完成。全長約300m、部屋は1000室以上にのぼり、現在は英国議会の議事堂として使われている。内部はガイドツアーか議会の傍聴で一定期間見学が可能だ。

Fotolia_114355470_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©oben901

ヴィクトリア・タワー/Victoria Tower

ビッグ・ベンと対をなす塔。ヴィクトリア女王の即位60年を記念して命名された。

ロイヤル・ギャラリー/Royal Gallery

国会開会時は国王のスピーチが上院で行なわれる。現女王はこの豪華な回廊を通って議場に向かう。

プリンセス・チャンバー/Prince’s Chamber

ヘンリー8世と、その妻の肖像画が飾られている。白い彫像はヴィクトリア女王。

セントラル・ロビー /Central Lobby

国会議事堂の中心。審議前の国会議員の待合室として使用。内装は建築家ピュージンの設計。天井のモザイク画が素晴らしい。

ウェストミンスター・ホール/Westminster Hall

建設当初の11世紀の趣を現在に伝える建物。ハンマービーム(水平はね出し梁)の高い屋根が14世紀に付け加えられた。

531526

ビッグ・ベン/ Big Ben

北端にそびえる時計塔。15分ごとに小さな鐘の音、1時間ごとに大きな鐘の音が鳴り、街に時を告げる。

国会議事堂

現地名:
Houses of Parliament
住所:
Parliament Sq., SW1
地図を見る »
アクセス:
Westminsterウェストミンスター駅から徒歩3分
TEL:
020-7219-4114
営業時間:
見学自由(外観のみ)、見学ツアーはサイトから事前にチケットを購入する※議会が休みの日にツアーは開催される
定休日:
不定休 内部見学ツアー
Webサイト:
http://www.parliament.uk

ウェストミンスター寺院

ウィリアム王子の婚儀も行なわれた教会

王室関連の主要行事を執り行なう場でもあり、1066年のノルマンディー公ウィリアムの戴冠以来、戴冠式はこの寺院で執り行なうのが慣例。ロマネスクと欧州大陸の初期ゴシック様式を融合させた形状や装飾が採用され、エポック的な建築物として、のちのイングランドの建築にも大きな影響を与えたとされる。

530869
Henry VII’s chapel, Westminster Abbey, looking east.

ヘンリー7世の礼拝堂/Henry VII’s Lady Chapel

美しい天井の装飾が見どころ。石とは思えないほどの細やかさだ。

※内部の写真・ビデオ撮影は禁止

531509

主祭壇/Quire

ウィリアム王子の結婚式が行なわれた金色の祭壇。ステンドグラスや壁面の装飾が荘厳な雰囲気。

34161739283_75bd2d3260_z
King Edward's Chair, ca 1296, by nathanh100, CC BY

戴冠式のいす/Coronation Chair

1308年のエドワード王以来、歴代王が即位式で座った樫の木でできたいす。

ウェストミンスター寺院

現地名:
Westminster Abbey
住所:
Broad Sanctuary, SW1P 3PA
地図を見る »
アクセス:
Westminsterウェストミンスター駅から徒歩3分
TEL:
020-7222-5152
営業時間:
9:30~15:30(水曜は~18:00、土曜は~15:30、冬季の土曜は~13:30(閉館は各1時間後)
定休日:
日曜、祝日 
Webサイト:
http://www.westminster-abbey.org

アドミラルティ・アーチ

バッキンガムの入口にあたる門

バッキンガム宮殿へと続く通り、ザ・マルの入口に建つ優美な曲線を描く凱旋門。「海軍門」という名は、隣接する海軍司令部に由来する。

527757

オリンピックではマラソン選手が門の下を駆け抜けた

アドミラルティ・アーチ

現地名:
Admiralty Arch
住所:
The Mall, SW1A 2WH
地図を見る »
アクセス:
Westminsterウェストミンスター駅から徒歩7分
TEL:
0300-061-1200

セント・ジェームズ宮殿

ロンドンで最も長い歴史をもつ王室の住居

ヘンリー8世の命により1530年に完成し、17世紀末、焼失したホワイトホール宮殿に代わって王室の公邸となった。1837年に王室がバッキンガム宮殿に移ったあとも王室一族が住み、現在もエリザベス女王の長女アン王女のロンドンでの居住地となっている。

528961

伝統的なテューダー様式の建物

セント・ジェームズ宮殿

現地名:
St. James's Palace
住所:
Pall Mall, SW1A 1DH
地図を見る »
アクセス:
Green Parkグリーン・パーク駅から徒歩5分
営業時間:
外観は見学自由
Webサイト:
http://www.royal.gov.uk

衛兵博物館

王室を守る誇り高き近衛兵の歴史と今

英国王室直属の近衛歩兵、フット・ガーズの創設300年を記念して1988年に開館。5連隊からなる歩兵部隊の制服や武器、清教徒革命以降の従軍史などを展示。衛兵のミニチュアなどを扱うショップもある。

535986

衛兵博物館

現地名:
The Guards Museum
住所:
Wellington Barracks, Birdcage Walk, SW1E 6HQ
地図を見る »
アクセス:
St. James Parkセント・ジェームズ・パーク駅から徒歩5分
TEL:
020-7414-3428/3271
営業時間:
10:00~16:00、最終入場15:30
定休日:
無休 年に数回閉鎖
Webサイト:
http://www.theguardsmuseum.com

バンケティング・ハウス

天井にはルーベンスの天使が舞う

建築家イニゴ・ジョーンズが1619年、チャールズ1世のために設計し、清教徒革命や王政復古の舞台となった歴史的建造物。ジェームズ1世が描かれた、ルーベンスの素晴らしい天井画が見られる。

528840
4907563393_66ab27130e_z
Banqueting House, London, by Rev Stan, CC BY

バンケティング・ハウス

現地名:
Banqueting House
住所:
Whitehall, SW1A 2ER
地図を見る »
アクセス:
Westminsterウェストミンスター駅から徒歩7分
TEL:
020-3166-6154/6155
営業時間:
10:00~17:00※変動あり
定休日:
日曜、祝日 
Webサイト:
http://www.hrp.org.uk/BanquetingHouse

セント・マーガレット教会

結婚式会場として使われる世界遺産

ウェストミンスター寺院と同じ敷地にある小規模な教会。12世紀の創建で、上流階級の結婚式会場としても使われている。

529007

イギリスを代表する名宰相チャーチルもここで結婚式を挙げた

セント・マーガレット教会

現地名:
St. Margaret's Church
住所:
St. Margaret St., SW1P 3JX
地図を見る »
アクセス:
Westminsterウェストミンスター駅から徒歩3分
TEL:
020-7654-4840
営業時間:
9:30~15:30、日曜14:00~16:30、閉館は各1時間後
定休日:
不定休 
Webサイト:
http://www.westminster-abbey.org/st-margarets-church

ホース・ガーズ

近衛騎兵隊の本拠地

王室近衛騎兵隊の本拠地。赤い制服のライフ・ガーズと濃紺の制服のブルーズ&ロイヤルズからなる騎兵隊が、英国の古き良き伝統を今に伝える。

Memo

騎兵隊の交代式は、毎日11時(日曜は10時)から始まる。近くで見る大きな馬は迫力。バッキンガム宮殿の衛兵交代式(⇒P.36)と合わせてうまくプランを立てよう。

528987

ふだんは観光客もホース・ガーズの門が通り抜けられる

528979

ブルーズ&ロイヤルズ/The Blues & Royals

濃紺の制服の騎兵で、「第1ロイヤル竜騎兵」が正式名称。

ライフ・ガーズ/The Life Guards

赤い制服の騎兵。皇太子のボディガードだったのが名前の由来。

ホース・ガーズ

現地名:
Horse Guards
住所:
Whitehall, SW1A 2AX
地図を見る »
アクセス:
Westminsterウェストミンスター駅から徒歩7分
営業時間:
10:00(交代式11:00、日曜10:00)~16:00
定休日:
無休 

まっぷるイギリス・ロンドン(16年)

  • 発売日:2016年05月18日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。