2017年11月15日

マレーシア

【マラッカ】世界遺産を歩く!歴史ロマンあふれる街

by Fish & Tips

721396

街中に刻まれる数々のストーリー マラッカ海峡屈指の歴史ある都市

マラッカの世界遺産地区は、マラッカ川を境に東側のオランダ広場周辺と、西側のチャイナタウンに分けられる。西欧各国の歴史建築が並ぶオランダ広場や周辺の小高い丘を巡り、マラッカ川を渡ってショップハウスが軒を連ねるチャイナタウンへ向かおう。中国寺院のほか、モスクやヒンドゥ寺院など民族色豊かな建物に出会えるのもチャイナタウンの魅力。時間があれば、リバークルーズで水上からマラッカの街並を眺めてみるのもおすすめだ。

マラッカの観光はここから オランダ広場 Dutch Square

オランダ統治時代の1650年にスタダイスが建設されたのが始まり。マラッカのシンボルであるキリスト教会をはじめ、赤茶色の建造物で統一された広場はマラッカ観光の中心となっている。

赤茶色の建物が街の歴史を物語る、周辺の見どころ案内。

722300

広場周辺を案内するトライショー

オランダ広場

現地名:
Dutch Square
アクセス:
市内バスターミナルから車で10分

キリスト教会 Christ Church Melaka

国内最古のプロテスタント教会で、1753年に完成。オランダのマラッカ占領100周年を記念して建てられた。内部のタイル画も必見。

704694

赤色の壁と白い十字架が印象的なキリスト教会

キリスト教会

現地名:
Christ Church Melaka

スタダイス Stadthuys

オランダ語で「議事堂・市庁舎」の意味を持つ旧総督府で、東南アジアに現存するオランダ建築では最大最古の建物。現在はマラッカの歴史を伝える博物館になっている。

724340

中庭や廊下、パン焼き部屋など建物自体も一見の価値がある

スタダイス

現地名:
Stadthuys
住所:
Jl. Gereja
地図を見る »
TEL:
06-284-1934
営業時間:
9:00~17:00(ラマダン期間中は8:30~16:30)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.perzim.gov.my

ヴィクトリア噴水 Victoria Fountain

英ヴィクトリア女王の死去から3年後、1904年にその死を悼んでイギリスから運んだ大理石で建造。

92200366_274991_1

噴き上げる水で広場は涼しげ

ヴィクトリア噴水

現地名:
Victoria Fountain

タン・ベン・スウェー時計台 Tang Beng Swee Clock Tower

篤志家として知られるマラッカ出身の中国人大富豪、タン氏の孫によって、1886年に寄贈された。

92200388_274991_1

ライトアップで夜空に映える

タン・ベン・スウェー時計台

現地名:
Tang Beng Swee Clock Tower

崩れ落ちた姿が歴史の証人 セント・ポール教会 St. Paul's Church

1521年、ポルトガルによって建てられた教会と礼拝堂の跡。フランシスコ・ザビエルの遺体が一時安置され、伝説の右手首のないザビエル像が立つ。

722136

オランダ広場東南の小高い丘の頂上に建つ

726761

右手首のないザビエル像

セント・ポール教会

現地名:
St. Paul's Church
住所:
Jl. Kota
地図を見る »
アクセス:
オランダ広場から徒歩6分
営業時間:
見学自由

マラッカ王国の宮殿を復元 スルタン・パレス Malacca Sultanate Palace

15世紀のマラッカ王国の宮殿を、歴史書をもとに復元した高床式木造建築。内部は博物館になっており、ポルトガル侵略前の王国時代の歴史を紹介している。

92200384_274991_1

敷地内には広々とした庭園が広がっている

スルタン・パレス

現地名:
Malacca Sultanate Palace
住所:
Jl. Kota
地図を見る »
アクセス:
オランダ広場から徒歩10分
TEL:
06-282-7464
営業時間:
9:00~17:00(ラマダン期間中は8:30~17:30)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.perzim.gov.my

堅牢な要塞の史跡 サンチャゴ砦 Porta de Santiago

1511年にポルトガルが建造。1641年以降はオランダも利用したが、イギリス統治時代には放置され、オランダ時代に再建された門だけが残る。

720659

地元では「エー・ファモサ」とも呼ばれている

サンチャゴ砦

現地名:
Porta de Santiago
住所:
Jl. Kota
地図を見る »
アクセス:
オランダ広場から徒歩10分
営業時間:
見学自由

プラナカン文化に触れる ババ・ニョニャ・ヘリテイジ The Baba Nyonya Heritage

中国系移民の男性であるババと、マレー人女性であるニョニャの結婚で生まれたプラナカンの子孫の邸宅で、1896年の建造。現在は博物館として公開され、中国やイギリスの贅を凝らした調度が見られる。

92200395_274991_1

骨董としても価値がある品々が並ぶ

ババ・ニョニャ・ヘリテイジ

現地名:
The Baba Nyonya Heritage
住所:
No.48-50, Jl. Tun Tan Cheng Lock
地図を見る »
アクセス:
オランダ広場から徒歩7分
TEL:
06-283-1273
営業時間:
10:00~16:30(英語のガイドツアーあり)
定休日:
無休 

マレーシアのおすすめホテル

まっぷるマレーシア(17年)

  • 発売日:2017年09月15日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるオーストラリア’18」です。掲載されている営業時間や定休日などのデータは、2017年6月〜8月の取材・調査に基づくものです。諸事情により変更になる可能性がありますので、ご利用の際には最新の情報をご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので、現在取り扱っていない可能性があります。 本誌中の料金、価格の単位は「RM(リンギ・マレーシア)」で表示しています。2017年8月現在、RM1=約27円です。 休業日は、イスラムのハリラヤ(祝祭)、中国の旧正月などの祝祭日や臨時休業を除いた定休日のみを表示しています。 ホテル、スパの料金などには税、サービス料が別途追加される場合があります。 ショップやレストラン、ホテルとの個人的なトラブルに関して、弊社では責任を負いかねますのでご了承ください。
マレーシアのツアー