2017年11月13日

ペナン

ペナンの歴史 華麗なるプラナカンの美に触れる

by Fish & Tips

2126

豊かな財産を持つ人々により優雅な屋敷が多く建てられたペナンの歴史。現在、いくつかの邸宅で当時の豪奢な暮らしぶりをうかがうことができる。

鮮やかな青一色に染まる豪邸 チョン・ファッ・ツィ・マンション Cheong Fatt Tze Mansion 

東洋と西洋の美意識が融合、凝縮した風水の館
「東洋のロックフェラー」の異名を持ち、8人の妻がいたという大富豪チョン・ファッ・ツィが1880年に建てた大邸宅で、鮮やかなインディゴブルーの外観から「ブルーマンション」とも呼ばれる。現在はホテルになっており、ビジターは1日3回のガイドツアーでのみ、内部を見学可能。こだわり抜いた建築美を堪能したい。

2183

周囲に異彩を放つ青い建物

2151

ヴィクトリア様式の鉄の装飾が見事な2階の回廊

2166

らせん階段は風水の観点から気の流れを良くする役目があるのだという 

2140

中庭も気の流れが良くなるよう、段差をつけた設計になっている

2196

トライショーとの組み合わせはペナンを代表する風景

見学ポイント

いたるところに風水の思想が取り入れられた建築。なかでも中庭の石はパワーストーン
数日前に予約をすれば、日本語ガイドによるツアーも可能

チョン・ファッ・ツィ・マンション

現地名:
Cheong Fatt Tze Mansion
住所:
14, Lb. Leith
地図を見る »
アクセス:
コムターから車で7分
TEL:
04-262-0006
営業時間:
外観のみ見学自由(館内は11:00~、14:00~、15:30~のガイドツアー参加者のみ見学可能、※ツアー開始15分程前に現地集合)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.cheongfatttzemansion.com

プラナカンの文化を知る ペナン・プラナカン・マンション Pinang Peranakan Mansion 

華麗な暮らしを今に伝えるプラナカンの博物館
もとは19世紀末に建てられた中国系部族のカピタン(リーダー)の邸宅で、近年改装されてプラナカン様式の博物館に。館内には国内各地から集められた骨董品1000点以上が展示され、当時のヨーロッパから輸入された調度も多い。プラナカンタイルがはめ込まれた贅沢な空間に浸りたい。

2126

パステルカラーが印象的。バルコニーの手すりはスコットランド製のアイアンワーク

2085

プラナカンスタイルの応接間。シャンデリアやランプはヴィクトリア調 

2098

2階のファミリーホールには邸宅の主の肖像が飾られている

2112

吹き抜けの中庭を中心に、1階と2階に分かれている

2207

富裕な生活ぶりがうかがえる精緻な装飾や調度品

見学ポイント

プラナカンの生活の様子が細かに再現された展示に注目
クバヤやビーズシューズなど、プラナカンの伝統工芸のアンティークも見られる

ペナン・プラナカン・マンション

現地名:
Pinang Peranakan Mansion
住所:
29, Lb. Gereja
地図を見る »
アクセス:
コムターから車で10分
TEL:
04-264-2929
営業時間:
9:30~17:00
定休日:
無休 

緻密な手仕事が光る美しきプラナカン雑貨

セブン・テラシズ・アンティーク・ショップ Terraces Antique Shop

高品質なプラナカン陶器が手に入る店
セブン・テラシズに併設されているプラナカン食器を購入できるショップ。カラフルなもの以外に、藍色の模様が施された日常使いの品も手に入る。

8556

こぢんまりした店内だが、センスのよい品々がそろう

8577

ため息モノのプラナカン食器

8569

セブン・テラシズで使用されている調度品を購入することもできる

セブン・テラシズ・アンティーク・ショップ

現地名:
Seven Terraces Antique Shop
住所:
Stewart Lane, Georgetown
地図を見る »
アクセス:
コムターから車で5分
TEL:
04-264-2333
営業時間:
11:00~17:00
定休日:
無休 

ホン・ギャプ(Hong Giap/鴻業)

質のよいギフトがそろい、日本人駐在員も御用達
1955年創業のギフト専門店。ピューター、バティック製品など定番みやげのほか、プラナカン陶器などが手頃な価格でそろう。

8591

プラナカン陶器のカップ&スプーンのセット RM278

ホン・ギャプ

現地名:
Hong Giap/鴻業
住所:
308-312, Jl. Penang
地図を見る »
アクセス:
コムターから徒歩5分
TEL:
04-262-5092
営業時間:
10:00~19:00、日曜は11:00~16:00
定休日:
無休 

キム・ファッション Kim Fashion & Trading

クバヤの有名作家による華やかな品々
クバヤ作家で有名な故ミス・キム氏の娘、イェン・サンさんが後を継ぐ、クバヤの専門店。手の込んだ刺繍と、ビーズワークの施された芸術的な作品が、店内に美しく陳列されている。

8584

レディメイドは、RM400~とRM600~と、2種類のグレードがある。全工程が手作業となるとRM5000~

8549

花嫁衣装としてオーダーメイド

8621

ミス・キムがデザインした孔雀柄の優雅な逸品

キム・ファッション

現地名:
Kim Fashion & Trading
住所:
170-4-77, 4F Gurney Plaza
地図を見る »
アクセス:
コムターから車で15分
TEL:
04-226-6110
営業時間:
10:00~22:00
定休日:
無休 

ニョニャ料理の伝統を継ぐ名店へ

プルット・ルーマー Perut Rumah

地元食材を使った風味豊かなニョニャ料理
地元で採れたハーブやスパイスを使ったリッチなニョニャ料理を提供。アンティークの調度品に囲まれた店内では、華やかなプラナカンの雰囲気が楽しめる。

10126

若い世代にニョニャ料理を継承すべく、店主が手間暇かけて伝統の味を提供している

10086

美しいタイルやアンティークの調度品で飾られた店内

おすすめMENU

アッサム・プロウン(Assam Prawn) RM32 
酸味があって、ピリ辛のエビ炒め
ニョニャ・フライド・チキン(Nyonya Fried Chicken) RM18~ 
ソフトなカレースパイスで味付け

プルット・ルーマー

現地名:
Perut Rumah
住所:
4,6,8 Jl.Bawasah
地図を見る »
アクセス:
コムターから車で5分
TEL:
04-227-9917
営業時間:
11:00~15:00、18:00~22:00
定休日:
無休 

ニョニャ・ババ・キュイジーヌ(Nyonya Baba Cuisine/龍鳳餐廳)

伝統的なニョニャ料理とショップハウスを楽しむ
ペナン初のニョニャ料理店の4代目が2003年にオープン。家族が受け継ぐ秘伝レシピによる、すべて手作りにこだわった本格的なニョニャ料理が味わえる。

10077

プラナカンハウスを改装。店内は40席ほど

10118

メニューは30種類以上。香辛料のカットから、ソース作りまで、すべてオーナーシェフが担当している

10069

世界各国から常連客が訪れる名店

おすすめMENU

カリー・カピタン・チキン(Curry Capitan Chicken) RM18(小)
エシャロット風味のチキンカレー
サンバル・プロウン(Sambal Prawns) RM28(小)
チリソースで炒めたニョニャ風のエビ料理

ニョニャ・ババ・キュイジーヌ

現地名:
Nyonya Baba Cuisine/龍鳳餐廳
住所:
44, Jl. Nagor
地図を見る »
アクセス:
コムターから車で4分
TEL:
04-227-8035
営業時間:
11:30~15:00(LO14:30)、18:00~22:00(LO21:30)
定休日:
火曜 

この記事のタグ

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるオーストラリア’18」です。掲載されている営業時間や定休日などのデータは、2017年6月〜8月の取材・調査に基づくものです。諸事情により変更になる可能性がありますので、ご利用の際には最新の情報をご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので、現在取り扱っていない可能性があります。 本誌中の料金、価格の単位は「RM(リンギ・マレーシア)」で表示しています。2017年8月現在、RM1=約27円です。 休業日は、イスラムのハリラヤ(祝祭)、中国の旧正月などの祝祭日や臨時休業を除いた定休日のみを表示しています。 ホテル、スパの料金などには税、サービス料が別途追加される場合があります。 ショップやレストラン、ホテルとの個人的なトラブルに関して、弊社では責任を負いかねますのでご了承ください。