2017年11月15日

マレーシア

マレーシアで行きたい各都市と世界遺産を紹介

by Fish & Tips

842419

ユーラシア大陸の最南端のマレー半島と、熱帯雨林に覆われた島、ボルネオ。海を挟んで2つに分かれた国土に、未来都市、古都、ネイチャーリゾートまでが点在している。人気エリアから目的地を選んでみよう

マレーシアの基本プロフィール

国名 マレーシア Malaysia
国旗 14本の紅白の縞と14条の星の光 紅白の縞と星の光は13の州と首都のKLを表している。新月と星はイスラム教のシンボルで、黄色はスルタンの色。
国歌 我が国(ヌガラク)Negaraku ペラ州の祝歌をもとに新たな歌詞が付けられ、1957年に制定された。
人口 約3200万人(2017年推計)
首都 クアラルンプール(人口約170万人)
面積 約33万㎢ マレー半島とボルネオ(東マレーシア)、そのほかの島々を合わせて日本の9割弱の面積。国土の6割ほどは熱帯雨林。
宗教 イスラム教(国教) 人口比は、イスラム教61%、仏教20%、キリスト教9%、ヒンドゥ教6%、儒教・道教1%、そのほか
言語 マレー語 多数派民族であるマレー人の言語が公用語だが、民族間の会話では基本的に英語が広く用いられる。華人の人口比率が高いため、中国語(マンダリン)も一般的。

846786

国内移動でもパスポートチェック?
半島マレーシア地区と東マレーシア地区を行き来する際は、国内移動であってもパスポートをチェックされる。

モダンとレトロが融合する巨大都市 クアラルンプール Kuala Lumpur

マレーシアの旅の拠点は、高層ビルが建つ都会的な風景のすぐ近くに、民族街や屋台通りが並ぶ混沌とした都市。ショッピング、グルメ、観光と、多くの楽しみが待っている。

おすすめ滞在日数 2〜4日
ネイチャー ★
カルチャー ★★★
グルメ ★★★★★
ショッピング ★★★★★
リゾート ★★★

1424390

エキゾチックな雰囲気に包まれたスルタン・アブドゥル・サマド・ビル周辺の街並

2439

ペトロナス・ツイン・タワーなど高層ビルが街の発展を象徴

太古のジャングルへ大冒険に出よう ボルネオ/コタキナバル Borneo / Kota Kinabalu

鬱蒼としたジャングルと、2つの世界自然遺産がある。拠点のコタキナバル周辺には、リゾートホテルも多い。ツアーの多くは1日がかりなので、たっぷり滞在日数をとりたい。

おすすめ滞在日数 3〜5日
ネイチャー ★★★★★
カルチャー ★
グルメ ★★★★
ショッピング ★★★
リゾート ★★★★

843748

人気者のオランウータンなどに会える自然ツアーが豊富

846456

ナイト・マーケットも楽しみのひとつ

世界遺産の街並と黄金色のビーチ ペナン Penang (Pinang)

マレーシア屈指のリゾート地でありながら、西洋の歴史ある街区が残る島。古くから中国系移民が多く居住していたため、グルメが充実していることでも有名。

おすすめ滞在日数 2〜4日
ネイチャー ★★★
カルチャー ★★★★★
グルメ ★★★★
ショッピング ★★
リゾート ★★★★

842419

コロニアル建築とエスニック建築が混在するジョージタウン

伝説に彩られた神秘的なリゾート島 ランカウイ Langkawi

美しい自然に包まれ、多くの伝説が残る。シュノーケリングや周辺の島を巡るクルーズなど、海のアクティビティが魅力。島はまるごと免税エリアになっている。

おすすめ滞在日数 2〜4日
ネイチャー ★★★★
カルチャー ★
グルメ ★★★
ショッピング ★★★
リゾート ★★★★★

809241

マレーシアを代表する高級リゾートホテルが多く集まる

マレーシアのおすすめホテル

まっぷるマレーシア(17年)

  • 発売日:2017年09月15日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるオーストラリア’18」です。掲載されている営業時間や定休日などのデータは、2017年6月〜8月の取材・調査に基づくものです。諸事情により変更になる可能性がありますので、ご利用の際には最新の情報をご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので、現在取り扱っていない可能性があります。 本誌中の料金、価格の単位は「RM(リンギ・マレーシア)」で表示しています。2017年8月現在、RM1=約27円です。 休業日は、イスラムのハリラヤ(祝祭)、中国の旧正月などの祝祭日や臨時休業を除いた定休日のみを表示しています。 ホテル、スパの料金などには税、サービス料が別途追加される場合があります。 ショップやレストラン、ホテルとの個人的なトラブルに関して、弊社では責任を負いかねますのでご了承ください。
マレーシアのツアー