2017年8月8日

タイ

タイの基本情報!バンコクなど人気の街とスポットを紹介!

by Fish & Tips

,  , Wat Soi Thong :
by fotlia - © BattaK

金色に輝く寺院や賑わう市場、美しいビーチリゾートや古都の歴史と文化が残る街。魅力あふれるタイの見どころをエリア別にご紹介!

タイの基本情報
【国名】 タイ王国 Kingdom of Thailand
【政治】 立憲君主制
立憲君主制で、国王や王室は絶対的な存在。1782年以来、チャクリー王朝(ラッタナーコーシン王朝)が続く。2016年10月にラーマ9世(プーミポン国王)が崩御。ラーマ10世(ワチラーロンコーン国王)が即位した。
【国旗】「トン・トライロン」と呼ばれる三色旗
1917年に制定された。赤は国家、白は仏教、紺は王室を意味する。
【首都】バンコク
タイでは「クルンテープ」と呼ばれる。
【面積】約51万4000㎢
日本の約1.4倍の面積で、北はラオス、東はカンボジア、西はミャンマー、南はマレーシアと国境を接する。国内はバンコク都と75の県に分かれている。
【人口】 約6898万人(2016年推計)
【宗教】上座部仏教
国民の95%が上座部仏教の仏教徒。タイ全土に「ワット」と呼ばれる仏教寺院が約3万、約30万人の僧侶がいるといわれる。寺院は神聖な場所であり、僧侶も身分が高い人として敬われている。生活習慣やマナーも仏教と深くかかわるものが多い。タイの公用暦には仏暦が採用されている。

バンコク Bangkok

タイの魅力を凝縮した街

世界中から旅行者が集まるタイの首都。高層ビルが建ち並ぶなか、いかにもタイらしいきらびやかな金色の寺院が点在し、独特の景観をつくっている。街には人と車と屋台があふれる、東南アジアで最も活気のある街のひとつ。

ワット・プラケーオ

タイの守り本尊・エメラルド仏を祀る。

1433687

国内最高格式の寺院

ワット・ポー

バンコク最古の寺院。

1433695

巨大な寝釈迦仏で有名

ワット・アルン

川沿いの寺院

1433703

大小5つの仏塔がそびえる。

チェンマイ Chiang Mai

「北方のバラ」と称される古都

バンコクに次ぐタイ第2の都市で、観光客もたくさん訪れる北部の中心地。13世紀にランナー・タイ王朝の王都となり、その栄華をしのばせる寺院などが点在する歴史の街。また、伝統的な手工芸が盛んだ。

チェンマイ・ナイトサファリ

動物を間近で見られる夜の動物園

1432726

ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ

チェンマイ郊外にある大寺院。

1432733

黄金の仏塔が印象的

アユタヤー Ayutthaya

古都の栄枯盛衰をみる

17世紀に交易都市として栄華を極めたアユタヤー王朝の都。遺跡が多く残り、世界文化遺産にも登録されている。バンコクから日帰りで行けることもあり、人気の観光地。

ワット・マハータート

3代目の王が建立した寺院。

1434895

木の根に取り込まれた仏像の頭が残っている

スコータイ Sukhothai

タイ最古の王朝都市

13世紀、タイ民族が築いた王朝跡。旧市街に残る美しい仏像や寺院の遺跡は歴史公園として整備され、1991年にユネスコの世界文化遺産に登録された。

スコータイ歴史公園

公園に残された200以上の遺跡が、謎めいた雰囲気を漂わせている

1432617

カンチャナブリー Kanchanaburi

自然と鉄道が魅力の街

第二次世界大戦中に日本軍が建設した鉄道が残り、映画『戦場にかける橋』の舞台としても有名。ツーリスト車両が運行しており、乗車証明書など旅の記念品がもらえる。

クウェー川鉄橋

戦時中に建設された鉄道橋。全長250mほどで、橋内を歩くこともできる

この記事のタグ

タイのおすすめホテル

まっぷるタイ・バンコク’18

  • 発売日:2017年06月14日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるタイ・バンコク’18」です。掲載されている営業時間や表記などのデータは、2017年2〜3月の取材・調査に基づくものです。諸事情により、料金・価格など、掲載情報が変更になる場合もありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
その他:
●料金、価格の単位は「B(バーツ)」で表示しています。2017年4月現在、1B(バーツ)=約3円です。 ●休業日は、祝祭日や年末年始、臨時休業を除いた定休日のみを表示しています。 ●原則、地名や掲載施設名などはアルファベットで表示しています。地名などのカナ表記については、日本語では表現しきれない微妙な発音もありますので、編集部の判断で統一しています。ブランド名、ホテル名など日本で通用しているものは、その表記に従っています。 ●クレジットカードの利用には、手数料がかかる場合があります。 ※前国王ラーマ9世の崩御を受け、2017年10月まで喪服期間となります。期間中は見学できない施設もあります。
タイのツアー