2017年7月23日

九份

台湾【九份】「千と千尋の神隠し」に出会う不思議な街

by Fish & Tips

857002

夕暮れが異郷を連れてくる不思議な街「九份」(チウフェンChiufen)

一歩足を踏み入れると、まるで過去にタイムスリップしたかのような古い家屋が旅人を出迎える街、九份。名物の赤い提灯にぽつぽつと明かりが灯りだす夕暮れどきには、昼間とはまた違う幻想的な表情を見せる。
台北から1時間30分古き良き時代が灯火に揺れる。

かつて金鉱で繁栄を極めた街レトロな小径と提灯の明かりが郷愁を誘う。
九份は東洋随一の金鉱があった金瓜石から近く、戦前はゴールドラッシュに沸いた。しかし戦後、金鉱が閉山すると、街は衰退の一途をたどった。だが、それが幸いし、古き良き時代の雰囲気は手つかずのまま保たれることとなり、それがむしろ都会の喧騒を嫌う若き芸術家たちの心をとらえた。ここから今に続く九份の再生は始まる。1989年には侯孝賢(ホウシャオシエン)監督の映画『悲情城市』の舞台となり一躍脚光を浴びることに。 現在は坂道や石段の両側にみやげ物や民芸品を扱う店が並び、そぞろ歩きが楽しい。茶藝館やカフェが多いのもこの街の特徴だ。美しい風景を眺めながら素敵なひとときが過ごせる。最近では民宿なども増えてきているので、宿から望む絶景と台湾屈指の美しい夕日や夜景、雄大な日の出を眺めたり、隣町の金瓜石の観光などと組み合わせて、1泊2日でじっくりとくつろぐのもおすすめだ。ちなみに、九份という地名は、ゴールドラッシュの以前にここが9戸のみの集落だった頃、つねに物資を9つ単位で注文していたことに由来するといわれる。

熱い郷愁に誘われて石畳の坂と路地「九份さんぽ小径」

石段に沿って茶藝館が建ち並ぶ豎崎路と、小さなお店がひしめく基山街がメインストリート。カメラ片手にゆっくりじっくりめぐりたい。

「豎崎路」(シューチールウ)郷愁を誘う風景が石段の坂道沿いに

九份のメインストリートである基山街と直角に交わる、石段の続く道が豎崎路。基山街から軽便路にかけてが最も賑やかで、階段の両側には眺望やレトロな雰囲気が自慢の茶藝館が並ぶ。基山街から豎崎路を下っていけば、石段を上らずに九份バス停に出られる。

859283

坂道には古い建物を利用した店が並ぶ

基山街」(チーシャンチエ)多彩なお店が並ぶメインストリート

みやげ物店が軒を連ねる賑やかな路地。以前は生活雑貨を扱う店がほとんどだったが、観光地となった今では、みやげ物店や工芸品店、食べ物の屋台が大半を占め、週末には観光客であふれかえる。賑やかではあるが、昔ながらの風情も漂っており、散策の魅力は尽きない。

SONY DSC

中心部へ行くほど人が多く賑やかさが増す

九份の繁栄を物語るスポット

「昇平戯院」(シェンピンシーユエン) 繁栄の面影を伝える劇場

1934年にオープンし、九份の金鉱採掘が盛んになるとともに栄えた劇場がリニューアル。黄金時代のポスターやチケットなどを展示。

863956

かつては映画が鉱夫たちの楽しみだった

昇平戯院

現地名:
昇平戯院
住所:
新北市瑞芳区軽便路137号
地図を見る »
アクセス:
九份バス停下車、徒歩5分
営業時間:
9:30~17:00(土・日曜、祝日は~18:00)
定休日:
第1月曜 祝日の場合は翌日休

「五番坑」(ウーファンカン) 金が運び出された坑道の跡

1927年に切り開かれた金鉱の坑道。現在内部は閉鎖されているが、金鉱で栄えた街の面影を感じるスポット。

863965

街歩きの休憩がてら、立ち寄ってみたい

五番坑

現地名:
五番坑
住所:
新北市瑞芳区軽便路
地図を見る »
アクセス:
九份バス停下車、徒歩15分
営業時間:
見学自由
定休日:
無休 

九份のお店ご紹介『買う』

雑貨「元藝坊」 (ユエンイーファン) チャイナ柄の布製小物

バッグに多種多様なポーチ、チャイナドレス形タオル掛けなどの布製品を扱う。商品はすべてオリジナルデザインで、ほとんどが台湾製だ。

864045

客家プリントが華やかなバッグ 650元

元藝坊

現地名:
元藝坊
住所:
新北市瑞芳区汽車路9-9号
地図を見る »
アクセス:
九份老街バス停下車すぐ
TEL:
02-2496-5113
営業時間:
9:30~20:00
定休日:
無休 

中華菓子「張師傅餅店 」(チャンシーフーピンティエン) 甘さ・油分をひかえた菓子

大甲の里いも、金山のさつまいもなど、厳選素材を使用。味の良さに加え、糖分、油分をひかえたヘルシーさで人気を集めている。

859443

九份名物のタロイモを使った芋頭酥 30元

859450

冬瓜入りのパイナップルケーキ鳳梨酥 30元

張師傅餅店

現地名:
張師傅餅店
住所:
新北市瑞芳区基山街47号
地図を見る »
アクセス:
九份老街バス停下車、徒歩4分
TEL:
02-2497-6462
営業時間:
9:30~18:30
定休日:
無休 
人気の海外旅行先である台湾台北へ、今回はエバー航空で東京羽田空港から台北松山空港へ3時間ちょっとのフライト。通常では、なかなかあり得ない「台湾10泊旅行」を慣行してきました!

まっぷる台湾’18

  • 発売日:2017年01月11日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
「まっぷる台湾’18」が出展元となる記事に掲載されている営業時間や表記などのデータは、2016年10〜12月の調査・資料に基づくものです。諸事情により変更になる可能性がありますので、ご利用の際には改めて事前にご確認ください。
その他:
●料金、価格の単位は「元」で表示しています。2016年12月現在、1元=NT$1=約3.5円です。 ●ホテル、レストランなど一部施設では、別途サービス料がかかる場合があります。 ●休業日は、旧正月などの祝祭日や臨時休業を除いた定休日のみを表示しています。 ●原則として地名、店名などは漢字(中国語) で記しています。一部、英語表記があるものは、英語を併記しています。また、地名などのカナ表記については、日本語では表現しきれない微妙な発音もありますので、注意が必要です。カタカナ表記は中国語の発音を表しています。 ●クレジットカードの利用には、手数料がかかる場合があります。 ●「両」や「斤」は台湾の重さの単位で、1両は37.5g。1斤は16両で600gとなります。 ●各掲載物件の電話・FAX番号は現地の番号です。日本から電話をかける場合は国際電話となります。携帯電話の場合は各電話会社のホームページなどで確認してください。
九份のツアー