2017年8月11日

タイ

トム・ヤム・クンとプー・パッポン・カリーがオススメのお店

by Fish & Tips

Shimp tom yum soup , Thai food
by fotolia - © Oran Tantapakul

トム・ヤム・クン(Tom Yam Kung) 
エビのうまみたっぷりの酸っぱ辛いスープ。フランスのブイヤベース、中国のフカヒレスープと並ぶ、世界三大スープのひとつとして知られる。辛み、酸味、エビの風味が渾然一体となった、奥深い味わい。

プー・パッポン・カリー(Puu Phat Phong Karii)
ふわふわの卵にカニ肉たっぷりで贅沢!シーフード料理の代表選手! カニとふわふわ卵のハーモニー。カニのうまみが凝縮されており、ご飯との相性がバツグン!

トム・ヤム・クンってどんなもの?

「トム」は煮る、「ヤム」は和える、「クン」はエビの意味。 ココナツミルク入りのナムコン、牛乳入りのノムコンとココナツミルクの入らないナムサイがあり、タイ人でも好みが分かれる。

【酸っぱさの秘密】
唐辛子の辛みのなかで爽やかな香りを演出しているのが、レモングラスやコブミカンの葉といったハーブ。そして最後にライムで酸味をプラス。これが味のベースとなる。

タイのホテルを検索する

バーン・クン・メー (Baan Khun Mae) 「お母さんの家」という店名

賑やかなサイアム・スクエアの一角にあるが、店内はアンティークで落ち着いた雰囲気。メニューが豊富で、味の評判も高い。一番人気はココナツミルク入りのトム・ヤム・クン。

【こちらもオススメ】
プー・パッポン・カリー 390B マイルドな味わいがポイントの人気メニュー
クン・オプ・ウンセン 280B エビのうまみが存分に味わえる春雨蒸し

1448998

トム・ヤム・クン (Tom Yam Kung)
ぷりぷりのエビがたっぷりと入り、濃厚な味わい

1449369

外国人客でいつも混み合っている

バーン・クン・メー

現地名:
Baan Khun Mae
住所:
458/6-9 Siam Square Soi 8, Rama 1 Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS CEN サイアム駅から徒歩2分
TEL:
02-250-1952~3
営業時間:
11:00~21:00(閉店は22:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.bankhunmae.com
バーン・クン・メーを予約する » タイのホテルを検索する

レム チャロン・シーフード (Laem Charoen Seafood) 新鮮なシーフードが美味

シーフードで有名な東部の町ラヨーンで、1979年に本店をオープン。現在ではタイ全土に14店を構え、バンコクの支店でも本店から輸送した新鮮な海鮮が堪能できる。

【こちらもオススメ】
プー・カイ・パッポン・カリー 140B/100g 新鮮なラヨーン産カニのカレー風味炒め
バカボン・トート・ナンプラー 480B 揚げたすずき類の魚にナンプラーソースを添えた看板料理

トム・ヤム・クン (Tom Yam Kung)
自慢のエビをふんだんに使用した、味わい深い一品

1453478

ゴージャスな雰囲気のセントラル・ワールド店。サイアム・パラゴンにも支店あり

レム チャロン・シーフード

現地名:
Laem Charoen Seafood
住所:
3F B305-306 Central World, 4 Ratchadadamri Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS スクンヴィット線 E1 チット・ロム駅から徒歩5分
TEL:
02-646-1040
営業時間:
11:00~21:30(閉店は22:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.laemcharoenseafood.com
レム チャロン・シーフードを予約する » タイのホテルを検索する

ニア・イコール (Near Equal) 日本人経営の隠れ家

一軒家の古民家を改装、1階にショップを併設。レストランは個室に分かれ落ち着いて食事ができる。料理は奥深い味わいを残しつつ、外国人も食べやすいよう工夫されている。

【こちらもオススメ】
プラーガポン・ヌン・マナオ 240B タイハーブが香るすずきのライム蒸し

1452224

ヤングココナツのトム・ヤム・クン (Tom Yam Kung Maphraw Orn)
淡水エビのうまみが凝縮された濃厚なスープがおいしい

1452234

食後にショップにも立ち寄ってみたい

ニア・イコール

現地名:
Near Equal
住所:
22/2 Soi 47 Sukhumvit Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS スクンヴィット線 E5 プロン・ポン駅から徒歩12分
TEL:
02-258-1564
営業時間:
11:30~21:30(閉店は22:30)、ショップ10:00~21:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.allier-group.com
ニア・イコールを予約する » タイのホテルを検索する

アピナラ (Apinara) 有名タイ料理店の新業態

人気のタイ料理店「NARA」のカジュアルダイニング。トレンドの飲食店が数多く軒を連ねる「GROOVE」の中にある。タイ伝統の調理法を守りながらも、素材選びや組み合わせに新たなエッセンスを加えた個性的なメニューがそろう。

【こちらもオススメ】
ペッド・トート・ソース・マカーム 280B 鴨胸肉揚げとタマリンドソース
羊のマッサマンカレー 670B じっくり煮込んだラム肉のうまみを味わえる

1452378

トム・ヤム・クン (Tom Yam Kung)
大きなエビが頭まで4片入った贅沢なスープは、エビみそが溶け込み濃厚な味わい

1452517

シックな色味で統一されたモダン・エスニック

アピナラ

現地名:
Apinara
住所:
2F GROOVE Central World, 4 Ratchadamri Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS CEN サイアム駅から徒歩5分
TEL:
02-252-0063~4
営業時間:
11:00~22:30(閉店は23:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.naracuisine.com
アピナラを予約する » タイのホテルを検索する

プー・パッポン・カリーってどんなもの?

カニをカレーパウダーで炒め、卵でとじたもの。うまみが凝縮したカニ肉と、ふわふわの卵が絶妙の組み合わせ。

【ふわふわのピリ辛卵の秘密】
卵に「ナムプリック・パオ」と呼ばれる唐辛子オイルをたっぷりからませ、素早く豪快に炒めることで、絶妙なふわとろ感が生まれる。

タイのホテルを検索する

ソンブーン・シーフード (Somboon Seafood) 不動の人気を誇る元祖の味

プー・パッポン・カリー発祥の店。店先には生けすがあり、おいしい新鮮な魚介が手ごろな値段で味わえると在住日本人にも評判だ。一皿の量が多いので、グループでシェアするといい。

1460811

プー・パッポン・カリー (Puu Phat Phong Karii)
卵のふんわり感が絶品! やさしい味付けで、ご飯によく合う看板料理

ソンブーン・シーフード

現地名:
Somboon Seafood
住所:
169, 169/7-12 Surawong Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS シーロム線 S2 サラ・デーン駅/S3 チョン・ノンシー駅から徒歩10分
TEL:
02-233-3104/02-234-4499
営業時間:
16:00~22:45
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.somboonseafood.com
ソンブーン・シーフードを予約する » タイのホテルを検索する

クアン・シーフード (Kuang Seafood) 地元でも愛される超人気店

外国人旅行者も近所のタイ人も一緒に集う、創業約20年のシーフード店。新鮮な魚介がリーズナブルな値段で味わえる。生ガキや生エビも人気だ。素材の活きの良さをぜひ試してみたい。

1460698

プー・パッポン・カリー (Puu Phat Phong Karii)
カニと卵の風味を生かした濃い味付けが特徴的。白飯と合わせたい

クアン・シーフード

現地名:
Kuang Seafood
住所:
107/13 Soi Rang Nam
地図を見る »
アクセス:
BTS スクンヴィット線 N3 ヴィクトリー・モニュメント駅から徒歩12分
TEL:
02-642-5591
営業時間:
10:30~翌2:00
定休日:
無休 
クアン・シーフードを予約する » タイのホテルを検索する

サヴォイ (Savoey) カニ肉たっぷりのカレー

シーフード料理、とくにプー・パッポン・カリーがおいしいと昔から評判の名店。毎日、生きた状態のままカニやエビを仕入れているから鮮度は抜群。ほかにもバンコクに数店舗を構える。

1462744

プー・パッポン・カリー (Puu Phat Phong Karii)
辛さはひかえめのカニと卵のカレー。クリーミーでマイルドな味わい

1462928

カジュアルで入りやすい雰囲気

サヴォイ

現地名:
Savoey
住所:
GF Chamchuri Square, 317 Phaya Thai Rd.
地図を見る »
アクセス:
MRT サム・ヤーン駅直結
TEL:
02-160-5101~2
営業時間:
11:00~21:00(閉店は21:30)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.savoey.co.th
サヴォイを予約する » タイのホテルを検索する

ソントーン (Sornthong Restaurant) タイ各地の新鮮魚介を堪能

タイ南部スラターニー県や東部ラヨーン県から毎日新鮮な魚介が届く中華&シーフード・レストラン。「家庭的な雰囲気での食事」がコンセプトで、大きなポーション、良心価格なのもうれしい。

1468150

プー・パッポン・カリー (Puu Phat Phong Karii)
カニそのものの味が濃厚。卵たっぷりの甘口なタレとの相性も抜群!

1462712

店頭の生けすには大ぶりな魚介が

ソントーン

現地名:
Sornthong Restaurant
住所:
2829-31 Rama 4 Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS スクンヴィット線 E5 プロン・ポン駅から車で5分
TEL:
02-258-0118
営業時間:
16:00~翌1:30(閉店は翌2:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.sornthong.com
ソントーンを予約する » タイのホテルを検索する

ブア (Bua Restaurant) 迫力の盛り付け、繊細な味

オフィス街にあるタイ料理店。迫力満点のプー・パッポン・カリーは、素材の味を生かした繊細な味付け。ぎっしり身が詰まったカニをほじって食べる喜びは格別だ。

1469495

プー・パッポン・カリー (Puu Phat Phong Karii)
少なめのタレは絶妙なひき立て役。シャキシャキ野菜がアクセント

ブア

現地名:
Bua Restaurant
住所:
1F Siboonreang Bldg., 1/4 Convent Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS シーロム線 S2 サラ・デーン駅から徒歩2分
TEL:
02-237-6640~1
営業時間:
11:00~22:30(閉店は23:00)
定休日:
無休 
ブアを予約する » タイのホテルを検索する

この記事のタグ

まっぷるタイ・バンコク’18

  • 発売日:2017年06月14日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるタイ・バンコク’18」です。掲載されている営業時間や表記などのデータは、2017年2〜3月の取材・調査に基づくものです。諸事情により、料金・価格など、掲載情報が変更になる場合もありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
その他:
●料金、価格の単位は「B(バーツ)」で表示しています。2017年4月現在、1B(バーツ)=約3円です。 ●休業日は、祝祭日や年末年始、臨時休業を除いた定休日のみを表示しています。 ●原則、地名や掲載施設名などはアルファベットで表示しています。地名などのカナ表記については、日本語では表現しきれない微妙な発音もありますので、編集部の判断で統一しています。ブランド名、ホテル名など日本で通用しているものは、その表記に従っています。 ●クレジットカードの利用には、手数料がかかる場合があります。 ※前国王ラーマ9世の崩御を受け、2017年10月まで喪服期間となります。期間中は見学できない施設もあります。