2017年10月27日

ソウル

【ソウル】歴史スポットでチマチョゴリを着てお散歩にトライ!

by Fish & Tips

Fotolia_9543822_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©future

韓国が誇る歴史的建造物を見学するのもおすすめ♪ チマチョゴリを着て足を運んでみれば、李朝時代にタイムスリップした気分に♪

その前に! 知っ得ネタをチェック!

1 韓服を着ていくと無料になる!

景福宮、昌徳宮、昌慶宮、徳寿宮へは、チマチョゴリなどの韓服を着ていくと入場が無料に。タイムスリップした気分を味わってみて。

2 統合観覧券でお得に入ろう!

景福宮、昌徳宮(秘苑含む)、徳寿宮、昌慶宮、宗廟の入場ができる統合観覧券は、有効期限3カ月で1枚1万Wとお得。古宮好きは要チェック!

3 無料の日本語ガイドツアー

古宮などでは、自由観覧のほかに、日本語ガイドの無料ツアーに参加することもできる。催行時間を事前に確認してから足を運んでみて。

4 無料スポットを歩くのも◎

北村韓屋村は、伝統家屋が軒を連ね、李朝時代の街並みを楽しめる。仁寺洞周辺の雲峴宮や曹渓寺などもおすすめの無料スポット。

MEMO ソウルは世界有数の風水都市

百済の時代から自然の要塞として重要視されてきたソウル。四方を山が取り囲み、漢江の流れが市の中心にある景福宮によい気を集めるそう。また、中心部を北岳山、駱駝山、南山、仁旺山が取り囲み、清渓川によって気が閉じ込められる構造で、ソウルは風水上、最もよい気が集まってくるといわれている。

338071

600年もの歴史が息づく李朝時代の正宮! 景福宮(キョンボックン/경복궁)

1395年に李朝創始者の李成桂により創建。5大宮のなかで最大規模を誇る、韓国を代表する古宮。敷地内には国立古宮博物館、国立民俗博物館もあり、連日多くの観光客が訪れている。

Fotolia_176021728_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©van_sinsy
338873

勤政殿 国家行事が執り行われた正殿。天井の竜や丹青など華麗な様は一見の価値あり。

338883

思政殿 国王が居住しながら政治を行っていた場所のひとつ。勤政殿の後方に位置する。

Fotolia_177492599_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©aaron90311

香遠亭 宮内の最北端の池に建つ東屋で、美しい景観から、高宗が散歩を楽しんだといわれる。

景福宮

現地名:
경복궁(鍾路)
住所:
鍾路区社稷路161
地図を見る »
アクセス:
地下鉄3号線327景福宮駅5番出口から徒歩3分
TEL:
02-3700-3900
営業時間:
9:00~18:30(3~5月、9~10月は~18:00、11~2月は~17:00)※入場は閉場の1時間前まで
定休日:
火曜 
Webサイト:
http://www.royalpalace.go.kr

朝鮮王朝時代の栄華を感じる世界遺産 昌徳宮(チャンドックン/창덕궁)

1405年、景福宮の離宮として、李朝3代太宗によって建てられた。歴代の王が政治を行った宮殿でパワースポットとしても有名。建築美と趣のある庭園から世界遺産に登録されている。

Fotolia_9543822_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©future

仁政殿 昌徳宮の正殿。王の即位式、臣下の朝礼など国の重要な行事が行われた。

339552

錦川橋 約600年も前に造られた橋。欄干の彫りなど、歴史に思いをはせてみると感慨もひとしお!

339562

芙蓉池 陰陽五行説にのっとり造られた池には、風水に基づいて建てられた芙蓉亭がある。

昌徳宮

現地名:
창덕궁
住所:
鍾路区栗谷路99
地図を見る »
アクセス:
地下鉄3号線328安国駅3番出口から徒歩5分
TEL:
02-762-8261
営業時間:
9:00~18:00(季節により若干異なる)※後苑(秘苑)はツアーでのみ入場可、入場は閉場の1時間前まで
定休日:
月曜 
Webサイト:
http://www.cdg.go.kr

伝統家屋が建ち並んでいる独特な雰囲気の街をお散歩 北村韓屋村(プッチョンハノンマウル/북촌한옥마을)

李朝時代、高級住宅地だったこのエリアには、約600年の歴史をもつ昔ながらの家屋が残されており、実際に人々が暮らしている。王朝時代の雰囲気と下町情緒あふれる街並みを楽しみたい。

 

【関連リンク】

釜山観光で行きたい!人気スポット10選

ソウル目的別決め打ちグルメ!超王道メニューはコレだ!

Fotolia_70748064_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©motive56

まるで李朝時代に迷い込んだみたいだね!

一帯には約860棟もの伝統家屋がずらり。韓服を着てカップルで訪れてのんびり歩きたい♡

北村韓屋村

現地名:
북촌한옥마을
住所:
鍾路区嘉会洞、三清洞一帯
地図を見る »
アクセス:
地下鉄3号線328安国駅2番出口から徒歩12分
TEL:
02-2133-1371

市庁駅のすぐ隣にあり、アクセスもスムーズ! 徳寿宮(トクスグン/덕수궁)

李朝9代国王成宗が兄の月山大君の私邸として1470年建立。朝鮮初のルネッサンス様式の石造殿と、国宝の水時計は見どころのひとつ。市庁のすぐ近くに位置していて、アクセスにも便利。

344052

中和殿 1902年に建立され、李朝時代末期に使用された正殿。王の即位式などが行われた。

90800073_160041_1

大漢門 もともとは東門だったが、大火災後の1906年に再建され、正門になった。

徳寿宮

現地名:
덕수궁
住所:
中区世宗大路99
地図を見る »
アクセス:
地下鉄1・2号線132・201市庁駅1番出口から徒歩2分
TEL:
02-771-9951
営業時間:
9:00~21:00※入場は閉場の1時間前まで
定休日:
月曜 
Webサイト:
http://www.deoksugung.go.kr
ソウルは日本から2〜3時間で行けるうえ、グルメもショッピングも思い切り楽しめる旅行先として大人気。明洞、東大門、江南など観光地の多いソウルでは、どのエリアを拠点にして旅行をするかがホテル選びで重要になってきます。今回は、多くのホテルから厳選して10のホテルを選んで紹介します!

ソウルのおすすめホテル

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるソウル’18」です。掲載されたデータは、2017年5月〜7月現在の調査・取材によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
ソウルのツアー