2017年8月10日

タイ

タイカレーが美味しいバンコクのレストラン8選

by Fish & Tips

Green curry with chicken and ingredient on wooden table (thai food).
by fotolia - © Terdsak

カレーの色によって味も辛さも具材も異なる。いろいろな店を食べ歩いて、お気に入りの味を見つけよう。
タイカレーってどんなもの?
唐辛子の辛さにココナツミルクをかけ合わせてマイルドに仕上げたカレー。家庭でもよく作られる定番メニュー。
魔法のペーストが味の決め手
味のベースとなるのは唐辛子やハーブ、エビみそなどを合わせた濃厚なペースト。お好みでさらにナンプラーでうまみをプラスして食べる。ペーストはスーパーで購入できる。

イエローカレー (Keeng Karii)

唐辛子は少なく、ターメリックが多め。辛さをひかえたまろやかな味で食べやすい。

タイのホテルを検索する

クイーン・オブ・カレー (Queen of Curry) 見た目が楽しい絶品カレー

シャングリ・ラの近くにあり外国人観光客に人気。グリーンカレーやマッサマンカレーなどさまざまな種類のカレーが楽しめる。お酒も飲めるので、夜の利用もおすすめ。屋外の席は風が抜けて気持ちがいい。

【こちらもオススメ】
ゲーン・ペット・ペットヤーン 250B 鴨胸肉ローストのカレー
ゲーン・マッサマン・ヌア 190B 牛肉ムスリム風カレー

1440556

スペシャルカレー (Special Curry)
ココナツに入ったインパクト大のイエローカレー。パイナップル、オニオンフライなど具だくさん

1430124

かわいい三角屋根と青い壁が目印

クイーン・オブ・カレー

現地名:
Queen of Curry
住所:
49 Soi 50 Charoen Krung Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS シーロム線 S6 サパーン・タークシン駅から徒歩3分
TEL:
02-234-4321/086-559-7711
営業時間:
10:00~22:00
定休日:
無休 
クイーン・オブ・カレーを予約する » タイのホテルを検索する

スパイス・マーケット (Spice Market) 繊細で奥ゆかしい味わい

オープン以来、約30年間変わらない人気を誇る。タイ料理のほかシェフの創作料理も。熟練の職人による野菜彫刻の実演は必見。

【こちらもオススメ】
プーニム・パット・プリックタイ・オーン 560B カニと胡椒の実の炒め物
ゲーン・ペッ・ペッティ・アーン 480B アヒル肉入りレッドカレー

1435414

ゲーン・クア・サッパロット・クン (Keeng Kua Sapparot Kung)
エビ入りのパイナップルカレー。パイナップルの酸味と甘みがエビと意外に合う

スパイス・マーケット

現地名:
Spice Market
住所:
1F Anantara Siam Bangkok Hotel, 155 Ratchadamri Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS シーロム線 S1 ラーチャダムリ駅から徒歩2分
TEL:
02-126-8866~1234
営業時間:
11:30~14:30、18:00~22:30(閉店は23:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.siam-bangkok.anantara.com
スパイス・マーケットを予約する » タイのホテルを検索する

パタラ (Patara) タイ北部のカレーを堪能

フュージョン料理中心の一軒家レストラン。モダンなインテリアで統一された店内は、高級感が漂う。カレーに関しては北部特有の繊細な味を楽しめる、バンコクでは貴重な店だ。

【こちらもオススメ】
ゲーン・キヤオ・ワーン 395B 地鶏を使ったグリーンカレー
ヌア・プー・パッサイ・ポン・カリー 625B カニ肉と卵のカレー炒め

1440057

ゲーン・ヌア・プー (Keeng Nua Poo)
カニの濃厚な風味が美味なイエローカレー。ライス・ヌードル付

パタラ

現地名:
Patara
住所:
375 Soi Thonglor 19, Sukhumvit 55
地図を見る »
アクセス:
BTS スクンヴィット線 E6 トン・ロー駅から車で5分
TEL:
02-185-2960~1
営業時間:
11:30~14:00(LO)、18:30~22:00(閉店は23:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.patarathailand.com
パタラを予約する » タイのホテルを検索する

グリーンカレー (Keeng Khiau Waan)

きれいな緑色は、生の青唐辛子やハーブによるもの。スパイシーながらマイルドな味。

タイのホテルを検索する

バナナ・ハウス (Banana House) 確かな味と素朴な雰囲気

約30年の歴史をもち、日本人常連客も多い名店。店内は飾り気がなく、ほっとくつろげる。料理はどれもレベルが高く、屋台メニューも豊富で、日本人駐在員からも好評を得ている。

【こちらもオススメ】
プラーガポン・クア・グルア 370Bすずきを塩で炒めたもの
ホイラーイ・バンクルアイ 220B 貝のガーリックバター蒸し

1435522

ゲーン・キヤオ・ワーン (Keeng Khiau Waan)
新鮮なホーリーバジルたっぷり。パンチが効いた辛さがクセになるおいしさ

バナナ・ハウス

現地名:
Banana House
住所:
2F Duangtip Bldg., 68/1 Silom Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS シーロム線 S2 サラ・デーン駅から徒歩2分
TEL:
02-234-9967
営業時間:
11:00~14:00、17:00~21:30(閉店は22:00)
定休日:
日曜 
バナナ・ハウスを予約する » タイのホテルを検索する

クルア・アプソーン (Krua Apsorn) 王族にもファンのいる本格味

王室に料理を提供したこともあるオーナーによる、本格的なタイ料理の数々が味わえる。食事どきともなると、タイ人はもちろん外国人旅行者で満席になる。

【こちらもオススメ】
パット・ドーク・カジョーン・ムーサップ 100B ガガイモ科の花と豚肉炒め
カイ・フー・プー 100B カニ入りドーム型オムレツ

1444051

ゲーン・キヤオ・ワーン・ルークチン・プラー・グラーイ (Keeng Khiau Waan Luukchin Plaa Krai)
魚のつみれ入りグリーンカレー。つみれや野菜がたくさん入ったボリューミーな一皿

1442444

街の食堂といった趣だが店内は広い

クルア・アプソーン

現地名:
Krua Apsorn
住所:
169 Dinso Rd.
地図を見る »
アクセス:
王宮から車で5分
TEL:
02-685-4531/080-550-0310
営業時間:
10:30~20:00
定休日:
日曜 
クルア・アプソーンを予約する » タイのホテルを検索する

ガルパプルアック (Kalpapruek) 気軽にロイヤルレシピが味わえる

オーナーはプリンスの称号を持つ王族。気軽なカフェ風だが伝統的なロイヤルレシピがメニューに並ぶ。グリーンカレーが名物。

【こちらもオススメ】
カオパット・プラーサリット 100B 淡水魚のチャーハン

1435747

ゲーン・ヌア (Keeng Nua)
牛肉と青唐辛子のグリーンカレー。料金にはロティ(パン)が含まれる

1436934

名物のチョコレートケーキもぜひ

ガルパプルアック

現地名:
Kalpapruek
住所:
27 Pramuan Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS シーロム線 S5 スラサック駅から徒歩7分
TEL:
02-236-4335/02-236-4338
営業時間:
8:00~18:00(日曜は~15:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.kalpapruekrestaurant.com
ガルパプルアックを予約する » タイのホテルを検索する

レッドカレー (Keeng Phet)

乾燥させた赤唐辛子の風味をたっぷり効かせたカレー。ストレートな辛さが特徴的。

タイのホテルを検索する

ティプタラ (Thiptara) スパイスが食欲をそそる

ペニンシュラ・バンコクのレストランで、アユタヤー様式の古民家を移築した建物もタイらしい。毎晩19時からは伝統楽器の生演奏が始まり、トーチも灯ってロマンティック。

【こちらもオススメ】
トム・ヤム・クン 460B タイハーブたっぷりのスパイシーな一品
プラーガポン・ヌン・マナオ 550B ライムの香りが爽やかな白身魚の蒸し物

1447898

ゲーン・ペット (Keeng Phet)
鴨肉入りレッドカレー。豆なすやたけのこをたっぷり味わえる

1447997

チャオプラヤー川西側にあり、船を眺めながら食事ができる

ティプタラ

現地名:
Thiptara
住所:
GF The Peninsula Bangkok, 333 Charoennakorn Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS シーロム線 S6 サパーン・タークシン駅下車、サートーン桟橋から専用ボートで5分
TEL:
02-020-2888
営業時間:
18:00~22:30(閉店は24:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://bangkok.peninsula.com
ティプタラを予約する » タイのホテルを検索する

ランナー・タイ (Lan Na Thai) オーセンティックな味わい

趣ある古民家はタイ北部のランナー様式の建築。店内にはアジア各国から集められたアンティークが飾られ、博物館のよう。クラシックなレシピを大切にした伝統的タイ料理が自慢だ。

【こちらもオススメ】
プラーガポン・ヌン・マナオ 745B すずきのような白身魚を使ったライム蒸し
ヤム・ウンセン 435B 上品な辛さの春雨とシーフードの和え物

1435761

パネーン・カリー・ガイ (Phaneeng Curry Kai)
レッドチキンカレーの一種。クラッシュピーナッツが入ったマイルドな味

1437157

「フェイス・バンコク」の敷地内にある

ランナー・タイ

現地名:
Lan Na Thai
住所:
29 Soi 38 Sukhumvit Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS スクンヴィット線 E6 トン・ロー駅から徒歩5分
TEL:
02-713-6048~9/095-248-7099
営業時間:
11:30~14:30、17:30~22:30
定休日:
無休 
ランナー・タイを予約する » タイのホテルを検索する

この記事のタグ

まっぷるタイ・バンコク’18

  • 発売日:2017年06月14日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるタイ・バンコク’18」です。掲載されている営業時間や表記などのデータは、2017年2〜3月の取材・調査に基づくものです。諸事情により、料金・価格など、掲載情報が変更になる場合もありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
その他:
●料金、価格の単位は「B(バーツ)」で表示しています。2017年4月現在、1B(バーツ)=約3円です。 ●休業日は、祝祭日や年末年始、臨時休業を除いた定休日のみを表示しています。 ●原則、地名や掲載施設名などはアルファベットで表示しています。地名などのカナ表記については、日本語では表現しきれない微妙な発音もありますので、編集部の判断で統一しています。ブランド名、ホテル名など日本で通用しているものは、その表記に従っています。 ●クレジットカードの利用には、手数料がかかる場合があります。 ※前国王ラーマ9世の崩御を受け、2017年10月まで喪服期間となります。期間中は見学できない施設もあります。