2017年10月30日

ソウル

ソウルの交通 しっかり覚えて賢く移動!

by Fish & Tips

Fotolia_146008677_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©Travpher

ソウル市内の交通手段は、タクシーと地下鉄がメイン。日本と比べてソウルの交通手段はどれも割安で利用できるのが魅力。それぞれ乗り方のコツを覚えて移動に役立てよう。

タクシー(テクシ/택시)

料金が安く、日本より気軽に利用できる
街中を走っているのでつかまえるのが簡単。料金も安いので気軽に利用できる。オレンジ、白、銀の車体の一般タクシーのほかに、英語や日本語ができる黒い車体の模範タクシーもあるので好みに応じて活用をしよう。

タクシーの乗り方

➀タクシーをひろう

路上で手をあげてつかまえるのが一般的。タクシー乗り場で待ったり、1000W追加でホテルなどで呼んでもらう方法も。

3783

渋滞時や交代時間は乗車を拒否されることも。特に終電後は短距離では拒否されるので注意が必要。扉は手動なので自分で開けて乗りこもう

➁行き先を告げる

有名な観光スポットやホテルは、その名称を伝えれば通じることが多い。通じないときは、紙にハングルで書いて見せよう。

3925

走り出した際にメーターが動いているか確認を。作動していない場合は指をさして伝えよう※写真は値上がり前のもの

使える韓国語フレーズ
〜へ行ってください。
〜カジュセヨ
〜가주세요

➂支払い

目的地に着いたらメーターを見て運賃の支払いを。端数のおつりはチップと考え、返してくれないこともある。返してほしい場合は伝えよう。カードで支払う際は領収証をもらって必ず金額の確認をしよう。

4200

T-moneyが使えるタクシーがほとんど

4029

領収書が欲しいときは「ヨンスジュン チュセヨ(영수증 주세요)」

➃下車

下車するときも扉は自分で閉める。ぼったくりの心配がある場合は、ドライバーの名前と車のナンバーをメモしておこう。

4134

扉を閉め忘れることがないように注意。後方には十分注意して降りるようにしよう

模範タクシー

黒の車体で2000ccクラス。料金は3kmで5000W、以後164mで300Wか39秒ごとに200Wを加算。運転手は厳しい試験をパスし、道にも詳しい。ニセ模範タクシーもいるので注意。

初乗り/3km 5000W

003-4.TIFF

高級ホテルの前でよくみる

一般タクシー

1500cc以上の中型車。料金は2kmまでが初乗りで3000W。その後は142mか35秒ごとに100Wを加算。夜間(24:00〜翌4:00)や事業区域外は2割増しになるので覚えておこう。

初乗り/2km 3000W

4545

スピードを出す運転手もいる

地下鉄(チハチョル/지하철)

市内全域を網羅し、乗り方を覚えれば最も便利
初乗り運賃が1350W(T-moneyだと1250W)と安く、乗り方も慣れてしまえば簡単。次々に新路線が開通し、ますます便利に。ほぼ3分おきに5時30分〜24時頃まで運行している。土・日曜は平日よりも終電が早いので注意しよう。

5513

線ごとに色わけされているので色を目印に

地下鉄の乗り方

交通カードを購入するかT-moneyをチャージし、改札を通って乗車。目的の駅に着いたら下車し改札を出るなど、日本の電車と乗り方はほぼ変わらない。駅名も英語併記の場合が多く安心。

5671

1回用交通カード販売およびT-moneyチャージ機。改札の前に1〜2機ほどある

1回用交通カード 編

運賃のほか交通カードの保証金500Wを払って購入する。保証金は下車時に返還される。販売機は韓国語、中国語、英語のほか日本語表示もできるので、利用はそれほど難しくない。さっそくチェック!

5808

プラスチックの1回用交通カード。地下鉄でのみ利用できる

➀日本語表示を選択

画面下にある「日本語」を選択すると日本語表記に切り替わる。日本語のほか、韓国語、英語、中国語も選択できる。

4995.1

駅によっては、韓国語と英語のみという駅も。その場合は英語を選択するとよい

➁1回用を選択

画面中央左にあるオレンジの「1回用」を選択。英語や韓国語の表示で操作する場合も、タッチする場所は同じ。

4995.2

中央の緑のボタンは韓国在住のお年寄りなど一定の条件を満たした人のみ利用可

➂駅を選択

赤枠部分から駅のイニシャルのアルファベットを選ぶと、そのイニシャルの駅一覧が表示される。目的の駅を一覧から選ぼう。

6273.1
6349

アルファベット順に表示されるので目的の駅が探しやすい。画面内にない場合は「次へ」を選択。右下の「路線検索」をタッチすると、日本語の路線図から駅名を探せる。駅コードから探すこともできる

➃人数「1枚」を選択

購入枚数の数字を選択。1人分を選択する場合は、「1枚」をタッチ。一度に5枚まで買うことができる。

6495.1

枚数を間違えた場合などは「取り消し」をタッチして選択しなおそう

➄表示金額のお金を投入

運賃にプラスして交通カードの保証金500Wが加算された料金が表示されるので、表示された料金を支払う。

6495

金額が大きく表示されるので、わかりやすい 

6968

料金を投入すると、交通カードが出てくる。取り出し口が光るのでわかりやすい

7878

画面下にある料金投入口からお金をイン。小銭もOK

➅改札で交通カードをかざす

改札の交通カード専用パネルに交通カードをかざして改札を通る。日本のSuicaと同じような要領でしっかりとタッチして改札を通り抜ける。

7121
7091

改札は自動改札のみで無人のところがほとんど 
タッチしたことが確認できたら○が表示される

➆下車後、カード保証金返還機で保証金を受け取る

目的の駅に着いて改札を出たら、交通カードを返還。保証金返還機に交通カードを差し込むと、購入時に支払った保証金500Wも払い戻される。

7224

保証金返還機。改札を出てすぐのところに設置されている

7254

交通カードを差し込み口に入れるだけで保証金が払い戻される

T-money 編

地下鉄、バス、タクシーのほか、コンビニなどで利用できる交通系ICカード。チャージして使うので何度も乗る人には便利。購入はT-moneyマークのあるコンビニなどで。1枚2500W〜。
※下記はチャージの手順

7552
18252

1回用交通カード使用時よりも100W引き。T-moneyの絵柄はさまざま

➀T-money「T」ボタンを選択

交通カード購入時と同様に「日本語」を選択し、日本語表記に切り替え、画面中央右にある「T」ボタンを選択。

7444

T-moneyカード上に表記されている「T」のマークと同じなのでわかりやすい

➁T-moneyを投入口へ

「Ticket Vending and Card Reload」と書かれた投入口へ、持っているT-moneyカードを入れて読み取りをかける。

7678

T-moneyカードは事前にコンビニや地下鉄駅などで購入しておこう

➂チャージ金額を選択し、支払い

チャージする金額を選択して、その金額に応じた現金を投入口にイン。チャージは1000W単位で、1回9万Wまで。

7814

チャージする金額を選んでタッチ。1000W〜チャージできる

7878

T-moneyは機械に入れたまま現金投入口からお金を入れる

※払い戻しについて

カードの残額が2万W未満(コンビニにより金額は若干異なる)ならT-moneyマークのあるコンビニで、5万W未満なら地下鉄駅サービスセンターにて、手数料500Wを差し引いた残額が返金される。

バス (ボス/버스)

上手に乗りこなせたら旅がより楽しくなる!
バスは大きくわけてソウル市民が使う市内バスと、観光客向けのシティツアーバスの2種類。市内バスの利用は旅行者にとってハードルが高いが、観光地を効率よく回るシティツアーバスは観光には便利。

市内バス

市内バスの路線は広域、幹線、支線、循環の4種。バスの外観も路線別に色分けされているが、旅行者が仕組みを理解し乗りこなすのは困難。車内のアナウンスもすべて韓国語なので、ソウルに慣れてきたらチャレンジしてみては?

レッドバス

広域バスのこと。番号は9+出発エリア+連番(2桁)の4桁。ソウルと一山、龍仁、仁川など、首都圏にある都市を結ぶ。
運賃2400W

8282

ブルーバス

幹線バスのこと。番号は出発エリア+到着エリア+連番の3桁。市内の幹線道路を走り、都心の各地と主要地域を結ぶ。
運賃1300W

16712964591_4110a7f861_z
Seoul Bus 503 | Daewoo | BS106 | Namdaemun Road, by byeangel, CC BY-SA

グリーンバス

おもに支線バスのこと。番号は出発エリア+到着エリア+連番(2桁)の4桁。主要な地下鉄駅と近隣各地を結ぶ。マウルバスは1000W。
運賃1300W

15926436754_fef4fdf625_z
Seoul Bus 7212 | Hyundai | Aero City(CNG) | Jahamun road, by byeangel, CC BY-SA

イエローバス

循環バス。番号は出発・到着エリア+連番の2桁。主に南山、汝矣島エリアなどで運行。なかには番号が4桁のものもある。
運賃1200W

5460442241_097e82bd23_z
Bank of Korea / Buses, by InSapphoWeTrust, CC BY-SA

シティツアーバス

ソウル市が運営している外国人旅行者向けのシャトルバス。コースは下記のほかにもいくつかあり、頻繁に変わるのであらかじめ確認しよう。チケットの購入は車内か販売所で。詳細は公式サイトで確認を。

9111

月曜は運休(祝日と夏休み期間は運行)

おもなコース

A/都心・古宮コース

所要時間 約2時間

運行間隔 30分

光化門発車時刻 9:00~18:00

おもなルート 
光化門→徳寿宮→南大門市場→ソウル駅→戦争記念館(USO)→龍山駅→国立中央博物館→梨泰院→明洞→南山コル韓屋村→グランドアンバサダーホテル→新羅ホテル/奨忠壇公園→Nソウル・タワー→ハイアットホテル→東大門デザイン・プラザ→大学路→昌慶宮→昌徳宮→仁寺洞→青瓦台前→景福宮→光化門

料金 1日券:1万2000W

B/ソウルパノラマコース(2階建てバス)

所要時間 約1時間30分

運行間隔 1時間

光化門発車時刻 9:00~17:00
 
おもなルート
光化門→明洞→ソウルアニメーションセンター→南山ケーブルカー→ヒルトンホテル→南山図書館→ハイアットホテル→江南駅→63ビル→汝矣ナル駅→弘大前→空港鉄道弘大入口駅→梨大入口→世宗文化会館

料金 1日券:1万5000W

C/夜間コース

所要時間 約1時間30分

運行間隔 1日1便

光化門発車時刻 19:30(7~9月は20:00発)

おもなルート
光化門→麻浦大橋→汝矣島→西江大橋→江西北路→漢南大橋→オリンピック大橋→三光島→東雀大橋→江西北路→聖水大橋→オリンピック大橋→漢南大橋→南大門市場→清渓広場

料金 1万2000W

※コースや料金は変更になる可能性があるので事前にご確認下さい。

問 ソウルシティツアーバス 02-777-6090 www.seoulcitybus.com

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるソウル’18」です。掲載されたデータは、2017年5月〜7月現在の調査・取材によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。