2017年8月1日

台湾

台湾最南端のビーチリゾート 「墾丁」 サーフィンも楽しめる!

by Fish & Tips

127369

青い海と白いビーチがまぶしい人気のマリンリゾート。サンゴ礁岩の隆起や浸食が生んだ奇観とワイドな海の眺望。海の魅力にあふれた見どころ豊富な景勝地。

のびやかな海の景色と独特な自然地形

台湾の最南端に位置する墾丁は、一年中温暖な気候に恵まれた台湾随一のビーチリゾート。三方を海に囲まれ奇岩が点在する景勝地で、内陸には熱帯植物の生い茂る墾丁国家公園が広がる。 墾丁の市街地は墾丁海岸沿い。墾丁路にはテラス席を設けた開放的なレストランやパブ、海鮮料理店、ホテルが並び、リゾートタウンらしい賑わいに満ちている。タイ料理やイタリアンなど外国人観光客好みのおしゃれな異国料理店も多い。繁華街の西にある南湾は、水上バイクやダイビングなどのマリンスポーツのメッカ。小湾は近くに青蛙石を望み、白砂が美しい、サーファーに人気のビーチだ。付近の大海原を望む高台に、最高級リゾートホテルが並んでいる。海岸各地に点在する、雄大でユニークな景勝地の数々も墾丁の魅力。猫鼻頭は、浸食した岩礁が異世界のような奇観を生み、対岸には墾丁の街を望む。大海原の雄大な絶景を楽しむなら、関山の展望所や台湾最南端の鵝鑾鼻公園がおすすめ。断崖上の関山から望むサンセットは魅惑的な美しさだ。

【インフォメーション】
墾丁国家公園管理処
08-886-1321 
屏東県恒春鎮墾丁路596号 
8:00〜17:00 無休 
www.ktnp.gov.tw/jpn

【アクセス】
高雄から 高雄駅から中南客運などの民間バスが共同運行する9117番のバスで約3時間、運賃は364元。または高鉄 左營駅から「墾丁快線」で約2時間、運賃は413元。途中、恒春にも停車し、5〜30分間隔で運行している。

101517

サンゴ礁岩が堆積する墾丁周辺では、青蛙石や猫鼻頭のような、波の浸食や隆起が生んだ独特な景観が随所で見られる

122878

墾丁の各観光スポットを結ぶバス「墾丁街車」

古城の面影が残る街・恒春に立ち寄る

墾丁市街地の北にある恒春には、清代末期に城郭都市が築かれた。街には往時の城壁や城門が修復保存され、城郭都市の面影を台湾で最も色濃く残している。城内には懐かしさ漂う商店街もあって散策が楽しい。墾丁市街から足を延ばせば、熱帯樹林でハイキングができる墾丁森林遊楽区や、巨大水族館の国立海洋生物館もあって楽しみ方は多様だ。墾丁周辺の観光スポットは広範囲に点在している。一日でたくさんまわりたいなら、タクシーのチャーターが効率的だ。観光地を結ぶ循環バスの墾丁街車も利用できる。

【墾丁の交通】
●タクシー
流しのタクシーがないので、ホテルのフロントなどに頼んでチャーターするのがおすすめ。

●墾丁街車(循環バス)
平日は橘線が墾丁〜恒春〜保力〜海生館を結び、藍線が恒春〜墾丁を結ぶ。週末は恒春〜佳楽水をつなぐ緑線が加わるほか、橘線は区間が変わり、鵝鼻釜まで運行。便利な1日乗車券(150元)は、恒春営業所や車内で購入可能。

100801

大尖石山 (ターチエンシーシャン) サンゴ礁岩の地殻運動で隆起して生まれた墾丁のシンボル。街の随所で姿を見せる。

100868

船帆石 (チュワンファンシー) 帆船に似ていることから名付けられたが、陸から見るとゴリラの横顔のよう。

116015

繁華街の墾丁路は夜遅くまで観光客で賑わう

南湾 (ナンワン) 墾丁のマリンスポーツのメッカ

透明度が高く、砂浜もきれいな墾丁の人気ビーチ。シャワーなど施設が整い、バナナボートやジェットスキーなどを楽しめる。

【アクセス】
墾丁街車 南湾下車すぐ

102766

夏以外にもサーファーたちが集まってくる

猫鼻頭 (マオピートウ) 浸食された岩がうずくまる猫のよう

台湾海峡とバシー海峡の接する恒春半島の南端。波や強風に浸食されたサンゴ礁が特異な景観をつくる。突端には猫の形をした岩「猫鼻頭」がある。

【アクセス】
墾丁街車 藍線 猫鼻頭下車、徒歩1分

102371

周辺にも奇岩が点在する

関山 (クワンシャン) 台湾の最南端に沈む夕日を眺める

台湾海峡を見晴らす断崖上に位置し、夕日の美しいスポットとして有名。日没近くになると、多くの観光客が展望台を訪れる。長い水平線に沈む夕日はうっとりする美しさだ。

【アクセス】
墾丁街車 藍線・橘線墾丁下車、徒歩3分

101533

日没時間を確かめて訪れたい。蚊よけ対策も忘れずに

101854

台湾最南端の絶景を一望

青蛙石 (チンワーシー) 奇観を楽しめる散策路がある

小湾付近の岬の突端にある岩山。岩の周囲に遊歩道があり、岩礁周辺を散策できる。カエルのような岩の形の全容を眺めるには、少し離れた小湾ビーチあたりからがおすすめ。

【アクセス】
墾丁街車 藍線・橘線 墾丁活動中心下車、徒歩7分

103182

一周約30分の散策路は樹木に奇岩、岩礁と変化に富んだ風景

103171

カエルの形にはあまり見えない

台湾最南端の街・恒春 (Hengchun ホンチュン) 今も残る城門や城壁に古城の面影をたどる

墾丁の北約10kmの地にある恒春は、台湾最後の城郭都市として知られる。城郭都市が築かれたのは清朝末期の1879年。街は城壁で囲まれ、東西南北に4つの城門が設けられた。城を治めた清朝の官人・沈葆楨は、この地が「恒に春の如く暖かい」ことから、ここを「恒春」と名付けたという。現在も4つの城門と、東門から北門周辺に城壁が残り、台湾各地に築かれた城郭都市のなかで最もよく往時の姿をとどめている。西門周辺の中山路には下町風情の商店街が連なり、屋台の味も楽しめる。東郊外では、地下の天然ガスが炎となって噴出する出火奇観が見られる。

【アクセス】
墾丁街車 恒春下車すぐ

115274

上部に城楼を備えた南門。4つの城門で最も保存状態が良く街のシンボル的存在

115275

恒春は台湾映画『海角七号』の舞台地としても人気の観光地だ

115284

中山路(老街)には素朴な商店街が続く

115517

城壁の上を歩くこともできる

ビーチサイドのおしゃれなレストラン

若者や外国人観光客向けの多国籍なレストランが多い。海沿いらしく、シーフードも豊富だ。

AMY’S CUCINA (アミーズ クッチーナ)

リゾート地らしいカジュアルなお店

丸太やレンガを生かしたナチュラルな雰囲気のイタリアン。具がたっぷりのピザが種類豊富で、ほかにパスタやサンドイッチ、デザートなど。どれもボリュームたっぷりだ。テラス席もある。

114931
112645
112633

シーフードのピザやパスタも用意している

AMY’S CUCINA

現地名:
AMY'S CUCINA
住所:
屏東県恒春鎮墾丁路131-1号
地図を見る »
アクセス:
バス墾丁街車 墾丁派出所下車、徒歩1分
TEL:
08-886-1977
営業時間:
10:00~23:00(食事は~22:30)
定休日:
無休 

曼波泰式餐庁 (マンボータイシーツァンティン)

アジアンモダンな雰囲気で若者に人気

タイから取り寄せたランプや家具、オブジェなどがモダンな店内を飾る。現地で料理を学んだシェフが、台湾人好みにアレンジした料理を提供。手ごろな料金設定で、夜は若者たちで賑う。

114935

外観はタイの寺院風。照明を落した夜は違う雰囲気に

114934
114932

曼波泰式餐庁

現地名:
曼波泰式餐庁
住所:
屏東県恒春鎮墾丁路46号
地図を見る »
アクセス:
バス墾丁街車 墾丁國小下車、徒歩1分
TEL:
08-886-2878
営業時間:
11:00~14:30(土・日曜は~15:00)、17:00~22:30(土・日曜は~23:00)
定休日:
無休 

リゾートホテルで南国風情を満喫

せっかくなのでオーシャンビューの部屋に泊まりたい。プールなどリゾートらしい設備も充実。

福容大飯店 (フーロンターファンティエン) Fullon Resort Kending

海の眺望と施設の充実ぶりが魅力

広いプールやレジャー施設の豊富な大規模リゾートホテル。白砂の帆船石ビーチに近く、高台にあるためワイドな海の眺望が魅力だ。家族向きの4人部屋や6人まで泊まれるヴィラもある。

123051

デラックス・ダブルツインルーム。海側の部屋がおすすめ

123057

欧克山荘大飯店から経営移行された

福容大飯店

現地名:
福容大飯店/Fullon Resort Kending
住所:
屏東県恒春鎮船帆路1000号
地図を見る »
アクセス:
バス墾丁街車 福容飯店下車、徒歩1分
TEL:
08-885-6688
Webサイト:
http://www.fullon-hotels.com.tw

墾丁福華渡假飯店 (ケンティンフーホアトゥーチアファンティエン)Howard Beach Resort Kenting

ホテルライフを満喫できる多彩な施設

パイワン族の民族インテリアで飾られたロビーはエキゾチックな雰囲気。客室はゆったりとしたモダンタイプだ。海を見下ろすプールにはジャグジーも整い、ショッピング街や日本料理店もある。

125355

テニスやゴルフ練習場など各種スポーツ施設も整う

125356

ロビーは民族色豊かで個性的

墾丁福華渡假飯店

現地名:
墾丁福華渡假飯店/Howard Beachi Kenting
住所:
屏東県恒春鎮墾丁路2号
地図を見る »
アクセス:
バス墾丁街車 小灣下車、徒歩1分
TEL:
08-886-2323
Webサイト:
http://kenting.jp.howard-hotels.com

墾丁凱撒大飯店 (ケンティンカイサーターファンティエン) Caesar Park Hotel Kenting

リゾート感満点のプールでのんびり

ヤシの木が茂る南国風のプールがあり、それを囲むようにバリ風の低層客室棟が連なる。独立したドアを設けたヴィラ風の客室を多く用意している。小湾ビーチはすぐ前。ファミリー向け施設も充実。

124031

緑の中庭を望むゆったりしたロビーラウンジ

124032

ガーデンプールで南国リゾートを満喫

墾丁凱撒大飯店

現地名:
墾丁凱撒大飯店/Caesar Park Hotel Kenting
住所:
屏東県恒春鎮墾丁路6号
地図を見る »
アクセス:
バス墾丁街車 小灣下車、徒歩1分
TEL:
08-886-1888
Webサイト:
http://www.caesarpark.com.tw

墾丁青年活動中心 (ケンティンチンニエンフオトンチョンシン) Kenting Youth Activity Center

中国伝統建築の台湾版ユースホステル

緑の広がる岬に25haの敷地を有する。建物は中庭を囲んで居室が並ぶ、三合院や四合院などの中国伝統スタイル。17の客室棟に100の客室がある。墾丁では手ごろな宿としてバックパッカーに人気。

124693

伝統家屋風の客室棟が並ぶ。コインランドリーも完備

124694

客室棟の入口。部屋の内装はシンプル

墾丁青年活動中心

現地名:
墾丁青年活動中心/Kenting Youth Activity Center
住所:
屏東県恒春鎮墾丁路17号
地図を見る »
アクセス:
バス墾丁街車 墾丁活動中心下車、徒歩5分
TEL:
08-886-1221~4
Webサイト:
http://www.cyh.org.tw
人気の海外旅行先である台湾台北へ、今回はエバー航空で東京羽田空港から台北松山空港へ3時間ちょっとのフライト。通常では、なかなかあり得ない「台湾10泊旅行」を慣行してきました!

台湾のおすすめホテル

トラベルデイズ 台湾

  • 発売日:2012年07月02日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
「トラベルデイズ 台湾」が出展元となる記事に掲載している情報は、2014年10月〜2015年1月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。