2017年10月11日

エアーズロック

オーストラリア 絶対見たい!エアーズロック(ウルル-カタジュタ国立公園)

by Fish & Tips

426596592_be80f73753_z
Uluru Sunset, by ernieski, CC BY-ND

オーストラリアの北部から中央に位置するノーザン・テリトリーでは、雄大な自然とアボリジナル文化に触れられる。世界遺産の驚異の絶景を目のあたりにする。

荒涼とした大地にたたずむアボリジナルの聖地 ウルル-カタジュタ国立公園 Uluru - Kata Tjuta National Park

アボリジナルが聖地とあがめる巨岩と奇岩群
オーストラリア大陸の中央部に位置する荒涼とした砂漠の中に、突如として出現する巨大な岩。アボリジナルが「ウルル」と呼ぶ、世界最大級の一枚岩、エアーズ・ロックだ。そこから30㎞離れた場所には、36の巨大な奇岩が集まるカタ・ジュタ(オルガ岩群)がある。両者はウルルーカタ・ジュタ国立公園にあり、1987年に世界遺産に登録された。この地には4万〜5万年前からアボリジナルが住み続けており、彼らは岩山を神が棲む聖なる地であるとしてあがめ、畏怖の念を抱いている。また、国立公園はアボリジナルのアナング族の所有地であり、彼らは自然と共存する生き方を続けている。 

到底1日でまわれるスケールではないので、国立公園に隣接するエアーズ・ロック・リゾートに宿泊し、各種アクティビティとともに、ゆっくりと大自然に包まれる時間に浸りたい。

ウルル-カタ・ジュタ国立公園入園券
TEL 08-8956-1128
休み 無休
料金 入園チケットA$25(3日間有効。ツアー参加の場合はツアー料金に含まれることもある)、5〜15歳A$12.50、4歳以下は無料
URL www.parksaustralia.gov.au/uluru

Fotolia_145928233_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©ronnybas

夕暮れには落陽の光を浴びて赤色に変化する神秘的なウルルが見られる

14990185130_498dc0a5eb_z
Kata Tjuta, by blachswan, CC BY

浸食された丸い奇岩が連なるカタ・ジュタ。近づくと岩肌のうねりや隆起がわかる

ウルル-カタ・ジュタ国立公園

現地名:
Uluru - Kata Tjuta National Park
アクセス:
【空路】カンタス航空がケアンズ、シドニーから毎日直行便を運航している。パース発着は週2便。所要時間はそれぞれ2時間半~3時間。格安航空会社ヴァージン・オーストラリア航空も、シドニー間のみ毎日直行便を運航。空港からは無料送迎バスを利用できる
TEL:
08-8956-1128
営業時間:
5:00~21:00(12~2月)月によって変動あり。夜間は立ち入りできない
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.parksaustralia.gov.au/uluru

ウルル-カタ・ジュタ国立公園 Q&A

ウルルって?

世界最大級の一枚岩
エアーズ・ロックとも呼ばれ、「地球のへそ」とも例えられる高さ348m、周囲9.4kmの巨大な一枚岩。先住民アボリジナルにとっての聖地であり、畏敬の念を抱いている。具体的な発表はないが、今後2020年までに登山が禁止になるという方向性が示されている。

カタ・ジュタって?

大小36の奇岩の集合体
オルガ岩群とも呼ばれ、「たくさんの頭」の意味の名を持つ奇岩群。かつては1つの岩山だったが、長年の間に風化が進み現在にいたる。ウルルに並び、アボリジナルの敬意の対象になっている。

アボリジナルって?

オーストラリアの先住民
約5万年前の第4氷河期にオーストラリア大陸に渡り、住み着いた先住民。1788年、イギリスによる植民地化が始まるまでの間、隔絶された大地で今に受け継がれる独自の文化を築き上げた。

どうやってできたの?

長い時間をかけた浸食
ウルルもカタ・ジュタももとは巨大なひとつの岩山だった。それが雨や風によって浸食され、悠久の時間をかけて現在の姿になった。何万年後にはまた違った姿になっているかもしれない。

滞在には何日必要?

できれば2日以上
とにかく広大なウルル-カタ・ジュタ公園。ウルルとカタ・ジュタを両方訪れるなら最低でも2日は欲しい。そして、サンライズとサンセットの太陽の位置で変わる色を目に焼きつけたい。

どうめぐればいいの ?

オプショナルツアーが便利
安心して観光するためにも、ツアーに参加したい。熟練の知識豊富なガイドスタッフが、車の運転から観光のポイントや注意事項の説明、食材の手配まで行なってくれるツアーもある。ラクダやハーレーに乗れる楽しいツアーも催行されているので、チェックしたい。

2泊3日の滞在モデルプラン

1日目
午前 ウルル-カタ・ジュタ国立公園に到着。
午後 ベース・ウォークにいざ出発。大迫力の奇岩群や洞窟壁画を満喫したい。

2日目
午前 ラクダに乗って朝日を見に行くツアーに参加。日の出前に出発して、朝日が昇る神秘的な絶景を眺めたい。
午後 ヘリコプターで上空からウルルを楽しむ。夜には星空の下で豪華なディナー。

3日目
午前 ハーレー・ダヴィッドソンに乗り、リゾートからウルルまで疾走。美しい日の出を見ながら、旅を振り返る。

旅のプランニング

準備
気候 砂漠性気候で、雨は1か月に2~3日程度。9〜11月の春は寒暖差がゆるやかで過ごしやすい。12~2月は日中の気温が35℃を超え、日差しが強いので注意。
服装 歩きやすい服と靴が基本。紫外線対策のための帽子やサングラス、日焼け止めクリームは必須だ。砂漠の夜は冷え込むので、上着があると安心。
持ち物 飲料水を持ち歩くための、水筒やボトルホルダーがあると便利。夏季はハエが多いので、かぶるタイプのハエよけネットも準備したい。
所要日数 国立公園は想像以上の広さなので、1日程度で見てまわれるものではない。2泊3日以上は滞在して、余裕をもって観光したい。
気をつけたいこと 年間を通じて気温が高く、夏は40℃を超えることもあり、冬でも日中は暖かい。歩く際には水分補給が欠かせないので、必ず飲料水を携帯する。疲れたら、無理をせずに休憩をとること。
登山 ウルル、カタ・ジュタへは登山もできる。しかし、アナング族にとってウルル、カタ・ジュタは聖地であり、彼らは登らない。年間何人もの転落者があり、死者を出さないためにも登ってほしくないと望んでいるという。

アクセス
日本/各都市から 日本からは、ケアンズまたはシドニー、メルボルン経由で国内線に乗り継いでエアーズ・ロック空港へ。ケアンズとシドニーからは直行便があり、約3時間でアクセスすることができる。
空港からのアクセス◆AATキングスがエアーズ・ロック空港からエアーズ・ロック・リゾートまで無料のシャトルバスを運行。所要時間は約10分。
国立公園内の交通 エアーズ・ロック・リゾートからウルルまでは20㎞。カタ・ジュタまでは50㎞。ツアーに参加するのが一般的だが、運転に自信があればレンタカーがおすすめ。エリア内のシャトルバス「ウルル・ホップオン・ホップオフ」も便利。
電話 08-8956-2019
URL uluruhoponhopoff.com.au

「地球のへそ」と呼ばれる 巨大な一枚岩 ウルル(エアーズ・ロック)Uluru (Ayers Rock)

砂漠の中に突如として現れるウルル。悠然とたたずむ姿に畏敬の念を抱かずにはいられない。変化していくウルルの色を時間の経過を感じながら眺めたい。

悠久の時間をかけ地球が生み出した人類の遺産
「地球のへそ」と呼ばれるウルルは、高さ348m、周囲9.4㎞の巨大な岩山だが、地上に出ているのはほんの一部で、地下にはさらに2~6㎞も続いているという。表面の赤色は土が酸化したもので、陽光や岩の凹凸で7色に変化するといわれている。周囲には散策路があるので、間近で大きさを実感したい。

時間帯によってさまざまな表情を見せてくれる

Fotolia_150208935_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©Simone

SUNRISE 朝は空が白んでくるなか全容が現れ、しだいにシルエットがはっきりしてくる

Fotolia_145928323_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©ronnybas

DAYTIME 日中は青空を背景に、堂々と鎮座しているような印象を受ける

Fotolia_145928233_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©ronnybas

SUNSET 夕日に染まる様子。日が沈むにつれて、刻々と色が変化していく

観光の情報はここで確認!! カルチュラル・センター Cultural Centre

アボリジナル、アナング族の歴史を展示。アボリジナル・アートの体験もできる。

住所 Ulur_u Rd.
TEL 08-8956-1128
時間 7:00〜18:00
休み 無休

リル・ウォーク Liru Walky 

往復4㎞・所要約1時間30分
登山口駐車場からカルチュラル・センターまで。マラ・ウォークなどとは違い、少し遠目からウルルを眺め歩く。

マラ・ウォーク Mala Walk 

往復2㎞・所要約1時間30分
登山口駐車場からカンジュ・ゴージまでのコース。壁画が見られるウェーブ・ケーヴなどのポイントがある。マラとはワラビーのことで、アナング族の祖とされる。マラ・プタは、安産祈願や出産の儀式が行なわれたとされる聖地。

カンジュ・ゴージ Kantju Gorge

雨が降ると、ここの岩壁に水が流れて滝になる。水の浸食によりできた深い溝がある。

9572174881_5899190149_z
Mala Walk to Kantju Gorge, by portengaround, CC BY-SA

ウルル・ベース・ウォーク Uluru Base Walk 

一周10.6㎞・所要約3時間30分
ウルルのまわりをぐるりと一周している健脚向きのコース。マラ・ウォークやクニヤ・ウォークで見られるポイントもカバーできる。

クニヤピティ Kuniya Piúi.

アボリジナルの伝説の善の蛇「クニヤ」が棲んでいたといわれる洞窟

クニヤ・ウォーク Kuniya Walk

往復1㎞・所要約45分
クニヤ駐車場からムティジュルの泉までの遊歩道。クニヤとは、アボリジナルの伝説の善の蛇、ニシキヘビのこと。ムティジュルの泉近くの岩肌に、ハート形のくぼみが見られるところがあり、「ウルルの心臓」と呼ばれている。

5367400349_22bc96ab77_z
Kuniya Walk, by mah_japan, CC BY

ウルル(エアーズ・ロック)

現地名:
Uluru(Ayers Rock)

悠然と連なる大迫力の奇岩群 カタ・ジュタ(オルガ岩群)Kata Tjuta (Mt. Olga)

ウルルの西50㎞の位置にある、アボリジナルの神話にも頻繁に登場する神秘の地。場所や時間帯によって違う見え方をするのも魅力。

奇怪な姿で訪れる者を圧倒するもうひとつの世界遺産
「たくさんの頭」という意味の名を持つ。36の岩からなり、見る場所により景観が異なる。かつては1つの岩山だったが、長年の間に風化が進み、現在にいたる。サンセット・ビューイング・エリアでは4つの岩が、カタ・ジュタ・デューン・ビューイング・エリアでは36の岩の全貌が望める。高さ546m、周囲36㎞の壮大なスケール。

14990451110_d164e7f590_z
Kata Tjuta, by blachswan, CC BY

パワースポットとして世界中の観光客が訪れる、ウルルとカタ・ジュタの雄大さに感動を覚えるはず

いろんな時間に眺めてみたい

15176669332_ca0d5a5c58_z
Morning Glow, by blachswan, CC BY

MORNING カタ・ジュタの迫力を見るなら日中がおすすめだが、日の出の時間帯も人気。朝日に染まる岩肌が輝きを放つ

Fotolia_164397561_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©Laure

SUNSET 夕暮れどきは、躍動感あふれる日中とは打って変わって物静かな雰囲気で、また違う魅力がある

風の谷ウォーク The Valley of the Winds Walk 

全長7.4㎞・所要約4時間
宮崎駿監督作品 『風の谷のナウシカ』はここからヒントを得て作られたといわれている。トレッキングを楽しんでみたい。

1003748655_535b76426e_z
valley of the winds walk 1, by Percita, CC BY-SA

カル展望台 Karu Lookout

出発後1㎞ほどの場所にある、風の谷ウォークの第1展望台。

カリンガナ展望台 Karingana Lookout

風の谷ウォークの途中にある、第2展望台。風の音が体感できるかも。

ワルパ・ゴージ・ウォーク Wal-pa Gorge Walk

往復2.6㎞・所要約1時間
地表から546mというスケールの大きな岩の間を歩く。比較的平坦だが、夏場の暑さは想像を絶する。十分な飲料水を持っていくことを忘れずに。

カタ・ジュタ(オルガ岩群)

現地名:
Kata Tjuta(Mt. Olga)
アクセス:
エアーズ・ロック・リゾートより車で約40分

砂漠の中の緑豊かなオアシス エアーズ・ロック・リゾート Ayers Rock Resort

ウルルから20㎞離れたエアーズ・ロック・リゾート。周辺エリアで宿泊や飲食施設がそろうのはここだけ。
高級ホテルからバックパッカー向けのドミトリー、キャンプ場までさまざまなタイプの宿泊施設がそろう一大リゾート。十数軒のレストランやショッピングセンター、郵便局、スパもあり、小さな街のようになっている。周囲には高い建物はなく、セイル(帆)を使った日陰の演出や微風を生むデザインなど、建築家フィリップ・コックス氏による環境に配慮した設計も必見。

 

20668997130_978fd67d27_z
Ayers Rock Resort, by Alberto.., CC BY

リゾートの周辺は見渡す限り砂漠。赤土を背の低い植物が覆うのみだ

201664

ホテルごとに個性的なプールを備えている

おすすめポイント

野生動物に会える
エアーズ・ロック・リゾート周辺には、ディンゴやモロクトカゲ、クリステッドピジョンという鳥類など、たくさんの野生動物が生息している。野生のラクダやカンガルーを見かけることもある。

201282

野生のディンゴも多い

201274

モロクトカゲ

お酒が飲める場所
レストランやバーでワインやカクテルが楽しめる。リゾート内の酒屋はアウトバック・パイオニアにあるボトルショップのみだ。営業時間は12~21時なので、覚えておきたい。

201265

展望台からの眺望
エアーズ・ロック・リゾートからウルルまでは約20㎞の距離があるが、リゾート内にある5か所の展望台からその雄姿を望むことができる。カタ・ジュタは約50㎞離れているので、リゾートから見るのは難しい。

日本語はほとんど通じない
ツアーガイドや店のスタッフはほとんどがオージーで、日本語は通じないと思っておきたい。困ったことがあれば日本語が通じるジャパン・デスクへ行くとよい。日本語を話すガイドの紹介もしてくれる。

旅のプランニング

アクセス
ウルル-カタ・ジュタへの観光は、エアーズ・ロック・リゾートからツアーに参加する方法が一般的。予算や時間を考えても効率が良い。個人で行く場合は、公共の交通機関はないので、レンタカーを利用して行くことになる。時間に左右されず気ままにドライブするのは魅力的だが、ツアーと比べると割高になる場合もあるので注意したい。予算と日程を考えて、ツアーとレンタカーを使い分ける手もある。

レンタカー会社
エイビス Avis
TEL 136333
フリーダイヤル 0120-311-911(日本)
URL www.avis-japan.com

ハーツ Hertz
TEL 133039
フリーダイヤル 0120-489-882(日本)
URL japan.hertz.com

バジェット Budget
TEL 1300-362848
フリーダイヤル 0120-150-801(日本)
URL www.budgetrentacar.jp

インフォメーション

ジャパン・デスク Japan Desk
セイルズ・イン・ザ・デザートにある宿泊者専用のヘルプデスク。困ったことがあった場合は電話でも相談できるので、焦らずに活用したい。
TEL 08-8957-7442
時間 9:00~16:00
休み 無休

ウィンジリ・アート&ミュージアム Wintjiri Art Museum
ウルルやアボリジナルに関する展示があり、歴史や文化だけでなく、砂漠に生息する動植物や気候について学べる。
時間 9:00~17:00
休み 無休

エアーズ・ロック・リゾート

現地名:
Ayers Rock Resort
住所:
Yulara Dr.
地図を見る »
TEL:
08-8957-7888
Webサイト:
http://www.ayersrockresort.com.au

旅のスタイルに合わせて好みの部屋を選びたい ホテル

ラグジュアリーホテルで贅沢な時間 セイルズ・イン・ザ・デザート Sails In the Desert Hotel

随所に使われているセイル(帆)が涼しげで印象的。プールを囲むように設けられた客室棟は、スタンダード、デラックス、デラックススイートの3タイプ。ロビーにはジャパン・デスクがある。料金A$485~ 客室228

ココがおすすめ
スパや専用のプールなど設備が充実。日本語の案内所もあるので、便利。

204338
205571

セイルズ・イン・ザ・デザート内には広いプールがある

205578

ホテル内にあるレッド・オカー・スパ。自然のプロダクトを使用した自慢のトリートメントでリフレッシュ

セイルズ・イン・ザ・デザート

現地名:
Sails In the Desert Hotel

緑に囲まれたくつろぎ空間 デザート・ガーデンズ Desert Gardens Hotel

緑に囲まれたくつろぎ空間 デザート・ガーデンズ Desert Gardens Hotel砂漠の植物に囲まれた静かな環境で、カジュアルな雰囲気。プールに面した部屋や砂漠を望む部屋がある。動植物をモチーフにしたインテリアにも注目。料金A$355~(2泊以上で1泊A$284〜) 客室218

ココがおすすめ
カジュアルで肩肘を張らずに滞在できる。ウルルを一望できる客室もある。

204095

デザート・ガーデンズ

現地名:
Desert Gardens Hotel

キッチン付きで長期滞在者向け エミュー・ウォーク・アパートメント Emu Walk Apartments

長期滞在者に人気のコンドミニアム。大人数の家族やグループで泊まれる 2ベッドルームタイプもある。料金A$360〜(ミニマム3泊) 客室63

ココがおすすめ
使いやすいキッチン付き。ショッピングセンターも至近でエコ派な人にうれしい。

204826

エミュー・ウォーク・アパートメント

現地名:
Emu Walk Apartments

全客室からウルルを優雅に望む ロンギチュード131° Longitude 131º

宿泊客しか近づけない、完全なプライベート空間の高級ホテル。中央プールの脇に一列に15棟のコテージが並ぶ。リゾートの外にひっそりとたたずみ、詳しい場所は行くまでわからない。料金には食事、アルコール、空港からの送迎などすべてが含まれるシステム。料金A$1400〜 (ミニマム2泊) 客室15棟

ココがおすすめ
完全独立型の客室。全室からウルルを眺められる。宿泊料金は飲食代込み。

205261

赤褐色の荒野に点々とたたずむ白い屋根が特徴的

199574

ロンギチュード 131°

現地名:
Longitude 131º

バックパッカーにおすすめ アウトバック・パイオニア Outback Pioneer Hotel & Lodge

ダブルルーム、バックパッカー向けのドミトリーなど部屋の種類も豊富なホテル。酒店やバーもあり、便利だ。料金A$250 客室167

アウトバック・パイオニア

現地名:
Outback Pioneer Hotel & Lodge

オージービーフをいただく レストラン

セルフ・バーベキューを楽しむ パイオニア・バーベキュー Pioneer BBQ

食材を買って自分で焼くスタイルのレストラン。珍しい肉のほか、魚介も豊富。
住所 アウトバック・パイオニア内
営業時間 18:00~21:00

204070

みんなで楽しみたいセルフ式

パイオニア・バーベキュー

現地名:
Pioneer BBQ
住所:
アウトバック・パイオニア内
地図を見る »
営業時間:
18:00~21:00
定休日:
無休 

カジュアルなグリル料理 アングリ・グリル Arnguli Grill

ガラス張りの広い店内に約90席が並ぶ。多彩なグリル料理をお手ごろな料金で。
住所 デザート・ガーデンズ内
営業時間 18:30~22:30

199850

旨みが凝縮したステーキをじっくり味わいたい

アングリ・グリル

現地名:
Arnguli Grill
住所:
デザート・ガーデンズ内
地図を見る »
営業時間:
18:30~22:30
定休日:
無休 

人気のカジュアル・イタリアン ゲッコーズ・カフェ Gecko’s Café

イタリア料理が楽しめる。イタリア風の炭焼きピッツァやサラダなどが自慢。
住所 ショッピングセンター内
営業時間 12:00〜21:00

203794

舌も目も満足できる料理

ゲッコーズ・カフェ

現地名:
Gecko's Café
住所:
ショッピングセンター内
地図を見る »
営業時間:
12:00~21:00

伝統料理も味わえる店 バウ・ハウス Baugh House

モダン・オーストラリア料理中心のレストラン。メニュー豊富な夕食を供する。
住所 アウトバック・パイオニア内
営業時間 6:30~10:30(団体のみ18:30〜21:30)

203118

ウッディな店内

バウ・ハウス

現地名:
Bough House
住所:
アウトバック・パイオニア内
地図を見る »
営業時間:
6:30~10:30(団体のみ18:30~21:30)
定休日:
無休 

ショッピング

おみやげを買うなら、ここへ ショッピングセンター Shopping Centre

スーパーマーケットやアイスクリーム店、郵便局などが併設されており、オーストラリアの真ん中でもたいていのものがそろう。雑貨や食品だけでなく、アボリジナル・グッズなどもあるので、おみやげ探しはここでするのがオススメ。
営業時間 8:30〜21:00が目安(一部店舗により異なる)

199699

必要なものがあればショッピングセンターへ

ショッピングセンター

現地名:
Shopping Centre
営業時間:
8:30~21:00が目安(一部店舗により異なる)

もっと感動体験したいならこちら! ウルル - カタ・ジュタをもっと楽しむオプショナルツアー

広大で過酷な環境のアウトバックをまわるには時間と体力、そして知識が必要。とくに初心者は安全かつ効率的に楽しめるガイド付のツアーへの参加がおすすめ。リゾート予約時にツアーもチェックしたい。

満天の星のもと、優雅なディナータイム サウンド・オブ・サイレンス Sounds of Silence

シャンパンを飲みながらウルルとカタ・ジュタを眺めたあと、砂漠の真ん中に造られたディナー会場へ移動する。キャンドルが灯るなか、星空のもと星座についての説明を聞きつつ食事を楽しむことができる。

ウルル-カタ・ジュタ/夕方発
催行会社 エアーズ・ロック・リゾート Ayers Rock Resort
料金 A$199、10〜12歳A$100
カード V・M・A・D・J
URL www.ayersrockresort.com.au

210930

幻想的な夕日を眺めながら、おいしい料理を堪能する。贅沢なひとときを満喫したい

232436

食事は好みで選べるビュッフェスタイル。味がいいのはもちろん、ボリュームもたっぷりで大満足だ

上空からダイナミックな姿を眺める 遊覧飛行 Helicopter Ayers Rock & The Olgas

広大なアウトバックを空から楽しむ人気のツアー。ウルルとカタ・ジュタの上空を約30分かけてめぐる。地上で眺めるのとはひと味違う、爽快かつ壮大な景観が楽しめる。ヘッドホンを通じて日本語の説明も聞ける。

ウルル-カタ・ジュタ/朝〜夕方発
催行会社 プロフェッショナル・ヘリコプター・サービス Professional Helicopter Services
料金 A$285
カード V・M・A
URL www.phs.com.au

210547

窓越しでもクリアな景色を見ることができる

210555

地上からとは違った表情を堪能

ラクダに揺られて朝日を観賞 ウルル・キャメル・ツアー Uluru Camel Tour

日の出の1時間前にリゾートを出発。早朝の涼しい時間にウルル周辺の砂漠をラクダに乗って散策するツアー。ラクダの背中に揺られながら、朝日に輝くウルルを眺めれば、気分も爽快だ。サンセットを見に行くツアーも催行されている。

ウルル/早朝発
催行会社 ウルル・キャメル・ツアーズ Uluru Camel Tours
料金 A$129
カード V・M・A
URL ulurucameltours.com.au

Camel Riding at Uluru/Ayers Rock

ラクダの愛らしい顔と素晴らしい日の出の景色に感動。異国情緒も満点

210165

太陽の光で色を変えてゆくウルルーカタ・ジュタ

バイクで大陸を駆け抜けるワイルドなアウトバック体験 ハーレー・ライド・ツアー Harley Ride Tour

ハーレー・ダヴィッドソンに乗って、リゾートからウルルまでの往復約50㎞を疾走する爽快なツアー。日の出と日の入りのうち、どちらかを選ぶことができる。

209604

ドライバーが運転する後部座席に座り、ひたすらまっすぐな道を走る

催行会社 ウルル・モーターサイクル・ツアー Ulur_u Motorcycle Tours
料金 A$229〜
カード V・M・A
URL www.uluru.com

沈みゆく太陽の光を浴びて幻想的に輝く絶景を満喫 カタ・ジュタ風の谷散策とサンセット・ツアー Kata Tjuta Valley of the Winds Walk & Sunset Tour

風の谷の第2展望台をめざして、往復約2時間30分を歩く。散策のあとは、カタ・ジュタのサンセットをスパークリング・ワインとともに堪能できる。

エアーズ・ロック・リゾート/午後発
催行会社 AATキングス AAT Kings
料金 A$179、子供A$90
カード V・M・A
URL www.aatkings.co.jp

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるオーストラリア’18」です。掲載されている記事やデータは2017年6月現在のものです。 いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。※料金の単位はオーストラリアドル(A$)で示しています。