2017年9月25日

マカオ

マカオ旅行前に知っておきたい基本情報あれこれ お金やマナー

by Fish & Tips

206805

400年以上にわたってポルトガルの統治下にあり、香港ともまた違った社会、文化、慣習を持つマカオ。世界遺産巡りやカジノなど楽しみは多いが熱中しすぎず、身の安全に注意し、トラブルを避けるようにしたい。

お金 MONEY

マカオの通貨パタカのほか、香港ドルも幅広く流通している

通貨 CURRENCY

マカオの通貨単位はパタカ(MOP)とアボス(avos)で、MOP1は100avos 。紙幣は、MOP10、20、50、100、500、1000がある。2つの銀行が発行しており、それぞれ図案は異なる。硬貨は、avos10、20、50とMOP1、2、5、10があるが、avosの使用頻度はさほど高くない。マカオパタカは香港ドルとほぼ同価で、マカオでは香港ドルも流通している。香港ドルで支払った際にも、おつりはパタカで戻ってくることが多い。

両替 EXCHANGE

為替レート(EXCHANGE)
RATEMOP1=約15円 (2017年1月現在)
1万円で約MOP667

両替できるところ (PLACES TO EXCHANGE)
香港ドルが使えるため、短い滞在なら両替の必要はないだろう。両替する場合は、銀行やホテル、フェリーターミナルなどにある公認の両替商で行う。日本ではパタカから日本円への両替ができないので、マカオ滞在中にパタカを使いきるか、紙幣が余ってしまった場合は、マカオで日本円に両替しておくとよい。また、香港でパタカは使用できない。

キャッシング CASHING

クレジットカードや国際キャッシュカードがあれば、現地通貨が引き出せる。ATM(現金自動預払機)は銀行に設置されている。またマカオはカジノ大国なので、24時間営業のカジノホテルやその近くにもATMが多い。ATMの使用方法は、香港と同じ。カジノがあるホテル周辺は夜でも明るく、警察官が警備していることが多い。夜遅い時間帯にキャッシングする場合は、こういった場所がおすすめだ。

95349

マカオの貨幣

かつてマカオ・パタカの紙幣はポルトガル系の大西洋銀行のみが発行していたが、マカオ返還をひかえた1995年に中国銀行も発行するようになり、現在は2つの銀行の紙幣が流通している。デザインはそれぞれ異なるが、いずれもマカオの風景が印刷されている。また、硬貨はマカオ政府の金融管理局が発行している。

時間 TIME

カジノやコンビニは24時間営業。バスも深夜まで走っている

12384716955_93aec26ac6_z
Paradise Casino, by Azchael, CC BY

時差 TIME DIFFERENCE

日本より−1時間
マカオが正午のとき、日本は13時

ビジネスアワー BUSINESS HOURS

大概、銀行は9時〜17時、郵便局は9〜18時の営業。土曜の午前中も開いている。ショップは店によって異なるが、正午近くから20時頃までの営業が多い。通常のレストランは昼と夜、あるいは夜のみの営業だが、粥や飲茶の店は朝早くから営業している。コンビニは基本的に24時間営業。

歴史市街地区 9:00頃〜18:00頃
ツーリストインフォメーション 9:00〜18:00(セドナ広場)
郵便局 9:00〜18:00(土・日曜、祝日休)
銀行 9:00〜18:00(土・日曜、祝日休)
バス 6:00〜0:00頃
レストラン 11:00〜23:00頃
ショップ 11:00〜23:00頃
ショッピングモール 11:00〜23:00頃
コンビニ 24時間営業
カジノ 24時間営業

衛生 SANITATION

ホテルやカジノは清潔な環境が保たれている

水 DRINKING WATER

飲用可能とされるが、体に合わない場合もあるのでミネラルウォーターを購入したい。街なかの商店やコンビニで容易に手に入るが、もしミネラルウォーターが入手できない場合は一度煮沸して飲むとよい。客室に無料でボトルをサービスしているホテルもある。

195360

トイレ TOILETS

観光地には公衆トイレが設けられているが、紙がないこともある。ホテルやショッピングセンターのトイレは清潔で誰でも使用できるので、公衆トイレを使用したくない人におすすめだ。また、レストランやカフェを利用したときに借りるのもよい。

電気 ELECTRIC EQUIPMENT

マカオの電気事情は香港とあまり変わらない

電圧 VOLTAGE

マカオの電圧は230Vで、周波数は50Hz。日本と異なるため、日本の電気製品を使う場合は変圧器が必要。デジタルカメラなどの精密機器には、240Vまで対応可能なものが多い。

電源 ELECTRICAL OUTLET

プラグは3つ穴のBFタイプが多いが、B3やA、Cタイプも混在しているので、マルチタイプの変換アダプターがあると便利。アダプターを貸してくれるホテルもある。

195391

習慣とマナー CUSTOM & MANNERS

中国とポルトガルの慣習が混在している

注意したいこと RESTRICTIONS

ポルトガル統治下の影響が残るマカオには、香港とは異なる生活様式や食文化がある。標識はポルトガル語でも表記されているが、話せる人はほとんどいない。マカオは最近中国大陸からの観光客が増え、ゴミのポイ捨てなどマナー違反が目立っている。ゴミのポイ捨てや、痰の吐き捨てはMOP600の罰金刑が科せられる。しっかりとマナーを守って行動したい。

飲酒(DRINKING)
マカオでは、お酒を飲んで盛り上がる習慣があまりない。泥酔して人前で騒ぐといった行為をしないよう、気をつけたい。ポルトガル料理レストランやホテルのレストランにはワインも置いてあり、気軽に注文できる。

喫煙(SMOKING)
喫煙規制は他国に比べて比較的ゆるめだが、2012年1月から、ホテル(客室は分煙)、飲食店、バーやナイトクラブ、デパート、バスターミナル、公園などの公共施設は全面禁煙になった。カジノの一般フロアも禁煙。禁煙場所で吸うと罰金刑が科せられる。また歩きたばこはマナー違反なので、街なかにある喫煙所で吸わなければならない。

携帯電話(MOBILE PHONE)
香港同様、電波状態は良い。日本ではバスや地下鉄の車内など公共の場で通話をするのは避けたい行為。しかしマカオでは、バスの車内やレストランで通話しても問題ない。大きな呼び出し音を鳴らし大声で話している人がいるので、最初は戸惑うだろう。

210487
210494

街なかにある喫煙所

マナー MANNERS

あいさつ・会話(GREETING)
多くの住民は広東語を母語としているが、観光客向けのお店なら英語が話せるスタッフがいる。「ハロー」「ネイホウ」などとあいさつしたい。またバスでは、お年寄りや妊婦に席を譲る文化が定着している。

ドレスコード(DRESS CODE)
ほとんどの店ではドレスコードがない。レストランやカジノもカジュアルでよいが、ショートパンツやビーチサンダルは避けたい。

カジノ(CASINO)
21歳以上なら入場可。年齢を証明できるパスポートなどがあるとよい。カジノには貴重品しか持ち込めないので、大きな荷物は入口で預ける。内部での写真撮影も禁止。カジノ内にはレストランやバーもあり、飲食可能。

Macau HDR
Macau HDR, by Dennis Wong, CC BY

チップ TIPPING

チップの慣習はないが、香港と同程度に対応しておくとスマート。高級レストランは料金に10%のサービス料を加算しているので、チップは少額でよい。サービス料を加算しない店では、飲食代の10%相当を上乗せして払おう。大衆食堂はチップ不要。高級ホテルで荷物を運んでもらったときや、時間外のサービスを受けたときはMOP10ほどを渡しておくと賢明。タクシーのトランクに荷物を入れた際も、別途料金がかかる。

【レストラン】高級店では10%のサービス料が料金に加算されるので、おつりの小銭程度でよい。その他の店はチップ不要
【ホテル】ルームメイド MOP10、ポーター MOP10、ルームサービス MOP10
【タクシー】アボスを切り上げて上乗せして渡す程度。渡さなくてもよい
【カジノ】ディーラーやその他のスタッフに対するチップは必要ない

通信 COMMUNICATION

香港と同様に、発達した通信システムを持つ

電話 TELEPHONE

国際電話 (INTERNATIONAL PHONECALL)
国際電話の国番号853 (マカオ)・81 (日本)

【日本への国際電話】
日本への電話のサービスは香港と同じ。ダイヤル直通電話と国際電話会社によるサービスがあり、ホテルの電話や公衆電話から通話が可能。ホテルからの場合は手数料がかかる。

【携帯電話からかける】
国際ローミングできる携帯電話なら、マカオでも日本の携帯電話をそのまま使うことができる。ただし、通話料金はかなり高い。一方、マカオのフェリーターミナルや空港、街なかの携帯電話販売店ではプリペイドSIMカードが販売されているので、SIMフリーのスマートフォンやタブレットであれば、カードを入れ替えて設定すれば通話ができる。また、市内通話を頻繁に行なう場合は、現地のプリペイド携帯電話を購入する方法もある。空港やフェリーターミナルには3Macau やSmarTone、CTMの自動販売機があり、プリペイドSIMカードと携帯電話のセット販売も行なっている。料金はMOP500程度で、香港ドルや中国元も使用できる場合がある。

国際電話会社のサービスを利用
クレジットカードや専用カードを使って、日本あて国際ダイヤル通話が利用できる。
KDDIスーパージャパンダイレクトアクセス番号(マカオから):●(ホテルからかけるときは、ホテルの外線番号)-0800-881

KDDIスーパーワールドカード、クレジットカードが利用可。プッシュ回線の電話からアクセス番号にかけて、音声ガイダンスに従い、カード番号、暗証番号(クレジットカードの場合)、相手先の電話番号を押す。一般固定電話宛は1分110〜180円程度。
KDDI www.001.kddi.com

国内電話 (DOMESTIC PHONECALL)
ホテルの客室や公衆電話から市内電話ができる。公衆電話は5分MOP1。ホテルの場合、さらに手数料がかかる。

公衆電話 (PUBLIC PHONE)
おもな観光スポットやフェリーターミナルなどに設置されている。硬貨(MOP1か5)かテレホンカードが使用できる。クレジットカードが使える電話もある。

200044

公衆電話

インターネット╱Eメール INTERNET, E-MAIL

多くのホテルでWi-Fiまたは有線LANによるインターネット接続が可能。無料とは限らないので事前に確認したい。最近は、無料Wi-Fiが使えるカフェも増えてきた。街なかでは政府が無料Wi-Fi「WiFi GO(WiFi任我行)」を世界遺産など主要スポットで提供。
www.wifi.gov.mo

郵便 POSTAL SERVICE

郵便を出す(POSTAL MAIL)
トラブルはまずないので、安心して投函できる。セナド広場の入口に中央郵便局があるほか、各地に郵便局がある。航空便は、はがき、封書ともに10gまでMOP5.50。5〜7日ほどで届く。国際スピード郵便(EMS)なら20㎏までMOP828で、日本まで2〜4日ほど。

国際宅配便 COURIER

FedEx、DHL、UPSなどの大手宅配業者が利用可。料金は高めだが、速くて安心だ。
FedEx:2870-3333、www.fedex.com/mo
DHL:2837-2828、www.dhl.com/en/mo

トラブル対策 TROUBLE

犯罪や交通事故に巻き込まれないよう、細心の注意が必要

治安 SAFETY

マカオの治安状況(PUBLIC SAFETY IN MACAU)
昔はマフィアによる抗争があったものの沈静化され、近年のマカオは治安が良い。24時間営業のカジノがあるため、昼夜を問わず警察官が街を巡回している。繁華街は夜遅い時間帯でも人通りが多く、路線バスやホテルのシャトルバスも走っている。表通りは明るく女性の一人歩きも見かけるが、犯罪に遭わないとは限らない。暗い路地の一人歩きは避け、夜はできればタクシーを使うなど、慎重な行動を心がけたい。また、外務省の「たびレジ」にも登録を。最新の海外安全情報メールや、緊急連絡が受け取れる。
外務省海外旅行登録「たびレジ」www.ezairyu.mofa.go.jp

危険なエリアとスポット(DANGEROUS AREAS & PLACES)
凶悪犯罪に遭う心配はあまりないものの、スリや置き引きなど観光客を狙った軽犯罪は多い。混雑した観光地やフェリー内は気をつけたい。また、カジノやその周辺の飲み屋街も注意が必要。盗難のほか、麻薬犯罪に巻き込まれたり、詐欺に遭って恐喝されたりなど、トラブルが報告されている。くれぐれも、知らない人にはついて行かないこと。

緊急時の連絡先
【警察 (Police)】999
【消防署 (Fire)】999
【救急車 (Ambulance)】999、8390-3600(山頂病院)、2837-1333(鏡湖病院)
【旅行者用緊急援助】112
【ツーリズム・ホットライン (Tourism Hotline)】2833-3000(英語・日本語・広東語など)
【在香港日本国総領事館 (Consulate General of Japan)】852-2522-1184、www.hk.emb-japan.go.jp

病気╱けが HEALTH

交通事故 (TRAFFIC ACCIDENT)
香港同様マカオも、日本のように交通マナーが良いとはいえない。とくに大通りは混雑しているので、自動車や二輪車に接触しないよう気をつけたい。タクシーやバスは急ブレーキをかけることがあるので、乗車中はしっかりつかまっていること。

マカオの病院 (HOSPITAL)
マカオの医療技術はレベルが高く、安心して治療が受けられる。日本語が通じる病院は少ないが、下記2つの総合病院は水準が高いので安心だ。万が一のときは、ホテルのホームドクターも頼りになる。

おもな病院
●仁伯爵総合医院(山頂医院) (São Januário Hospital)
2831-3731、8390-3600(救急)、診療科目:全科
●鏡湖病院 (Kiang Wu Hospital)
2837-1333、診療科目:全科

マカオの薬局 (PHARMACY)
日本で売られている薬も並んでいるが、少し成分が異なるものもある。日本人には効きすぎる場合があるので、風邪薬や胃薬などは、日本から常備薬を持参するのがおすすめだ。

202432

盗難╱紛失 THEFT & LOST

盗難╱紛失の際の対処(IN CASE OF STOLEN & MISSING)
注意していれば盗難や紛失被害を防ぐことが可能だが、万が一の際は冷静に対処しよう。盗難被害に遭った場合は、気づいたらすぐに最寄りの警察に行く。またタクシーの詐欺などに遭ってしまったら、消費者委員会に連絡するとよい。マカオは比較的治安が良く対日感情も良好。注意を忘れず楽しい旅にしたい。

202931

トラブル事例と対策 Trouble Cases & Countermeasures

フェリーで

事例
香港〜マカオ間のフェリーの船内やターミナルで、パスポートが入った手荷物を盗難されるケースが増加している。フェリー乗降時は大変混み合う時間帯もあり、人混みに紛れてバッグから貴重品を盗むケースもある。

対策
つねに貴重品は身につけておく。フェリー内でトイレに行く際や、ドリンクを買いに行く際など、席を離れる場合は座席に手荷物を置いたままにしないこと。またスリに遭わないよう、人混みでは、背負うタイプのリュックやウエストポーチは前に抱えるようにして持つとよい。

204215

タクシーで

事例
遠回りをしたり、料金の単位をごまかして法外な料金を請求したりする。あるいは、伝えた目的地ではなく、運転手がリベートを受け取れるような別の店に連れていかれる。トランクに入れていない荷物への課金や、チップの要求もある。

対策
日本語でも構わないので怪しいと感じたら毅然とした態度で対応する。メーターを見ておき、領収書をもらう習慣を身につける。なお一方通行が多いので、一概に遠回りとはいえない。

204255
204269

街なかで

事例
ショッピングや観光地の写真撮影に夢中になっている隙に、貴重品を盗まれる。とくに観光名所でのスリが多発している。また、路上で売られている偽ブランド品を買わされる。

対策
荷物が増えると、注意がおろそかになりがち。貴重品が入ったバッグは手から離さず、ファスナーは閉めておく。コピーブランド品にも気をつけたい。

カジノで

事例
ゲームに夢中になった人を狙い、財布やチップを盗む。バッグから貴重品を盗む犯罪や、ゲーム中の人の隣に座って話しかけ、気をそらした隙に別の人間がチップを盗むグループ犯罪もある。
対策
なるべく荷物は預け、現金が入ったバッグは横や背後に置かないこと。気軽に話しかけてくる人はまずいないので、なれなれしい人には注意する。

事例
睡眠薬入りのドリンクをすすめられ、眠ってしまった隙に盗難に遭う。必ず儲かると言葉巧みに別室に連れていかれ、非合法ギャンブルを強制され多額の現金を巻き上げられる。
対策
親しげに話しかけてくる人には要注意。初対面の人がすすめる飲み物や食べ物には口をつけないように。甘い話に乗らず、知らない人について行かないこと。  

事例
カジノには売春婦が紛れ込んでおり、売春がらみの恐喝、いわゆる美人局(つつもたせ)の犯罪が多い。とくに日本人男性は狙われやすく、女性を買ったあとお金を巻き上げられることがある。
対策
甘い話に乗らず、売春婦をけっして買わないこと。カジノに紛れ込んでいる売春婦とトラブルがあっても、カジノがあるホテルは責任を取ってくれない。

イエローページ YELLOW PAGE

日本語はあまり通じない。香港の連絡先も併せて活用

緊急連絡先
日本国総領事館(香港):852-2522-1184
警察・消防・救急:999
旅行者用緊急援助:112(英語)
マカオ消費者委員会:8988-9315
マカオ政府観光局:2831-5566
ツーリズム・ホットライン(日本語可/24時間):2833-3000

航空会社
マカオ航空:8396-5555

空港
マカオ国際空港(エアポートインフォメーション):2886-1111

交通機関
澳門新時代公共汽車:2875-5210
澳門新福利公共汽車:2827-1122
澳門公共巴士(TCM):2885-0060
ターボ・ジェット:2855-5025
コタイ・ジェット:2885-0595
スカイ・シャトル:2872-7288
ブラック・タクシー:2893-9939

ツアー会社
パンダバス(香港):852-2724-4440
マイバスマカオ:8294-0875

おもな病院
仁伯爵総合医院(山頂医院):2831-3731、(救急):8390-3600
鏡湖病院:2837-1333

クレジットカード会社(会員専用)
アメリカン・エキスプレス(シンガポール/コレクトコールを使用):65-6535-2209
JCB:0800-495
ダイナースクラブ(日本/コレクトコールを使用):81-3-6770-2796
Visa:0800-710
MasterCard(アメリカ/コレクトコールを使用):1-636-722-7111
三井住友カード:00-800-12121212
※日本へのコレクトコールは、KDDIジャパンダイレクト0800-810をダイヤルして、日本語オペレーターに相手の番号と名前を伝える

206362

トラベルデイズ 香港 マカオ

  • 発売日:2012年07月02日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ 香港 マカオ」です。掲載している情報は、2016年9月〜2017年1月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。