2017年9月25日

香港

香港旅行前に知っておきたい基本情報あれこれ お金、治安、時差

by Fish & Tips

200842

香港の社会システムや習慣、文化は日本とは大きく異なる。基本的な知識がなければ、思わぬトラブルに巻き込まれかねない。社会のシステムやルール、通信や治安の事情、万が一のトラブルへの対処法を頭に入れておき、安全に旅を楽しむようにしたい。

香港のお金、物価、為替、両替など

通貨は香港ドル(HK$)。クレジットカードが使える店も多い

通貨 CURRENCY

通貨は、香港ドル(HK$)と香港セント(HK¢)で、HK$1は100HK¢。紙幣はHK$10、20、50、100、500、1000がある。HK$10以外は3銀行が発行しており、デザインは多様。支払いや両替の際は、きちんと券面を確認しよう。 お店などで料金を表記する場合、英文ならHK$あるいは$と書かれている。中国語表記の場合、1HK$は1元または1圓、10HK¢は1毫と書かれているので覚えておくと便利。

■香港の紙幣
香港ドルの紙幣は香港上海銀行、スタンダード・チャータード銀行、中国銀行が発行しており、HK$10は香港政府発行のものもある。デザインが多様なので、両替や支払いの際に金額を確認するようにしたい。効果はすべて香港政府が発行。

195200

レート表の見方
日本円を香港ドルに両替するときのレートはWE BUY、香港ドルを日本円に両替するときのレートはWE SELLで示されている
※COMMISSIONとある場合は、さらに手数料がかかるので注意

両替 EXCHANGE

為替レート EXCHANGE RATE

HK$1=約15円 (2017年1月現在) 1万円で約HK$667

日本でも香港ドルに両替可能だが、レートは良くないので現地で替えるのが得策。両替できるところは多いが、場所によってかなりレートに差が出るので注意したい。

 

両替できるところ PLACES TO EXCHANGE
日本円から香港ドルへの両替は、空港の両替所および自動両替機、街なかの銀行、両替所、ホテルなどでできる。

【空港の両替所・自動両替機】
ほかに比べ、レートはあまり良くない。到着時に両替する際は、空港からホテルまでの交通費など必要最低限にしたほうがよい。

【銀行】
Foreign Exchangeという表記がある銀行で両替可能。レートは良いが、1回につきHK$30〜100程度の手数料がかかる。多額の現金をまとめて両替するには便利。

【両替所】
手数料を取る店はほとんどないが、店によってレートが異なるため事前にレート表を確認して比較しよう。尖沙咀の重慶大厦の1Fにある両替所は、香港で最もレートが良いといわれている。

【ホテル 】
大きなホテルなら、たいがい24時間対応してくれる。概してレートは良くないので、どうしても必要な場合にとどめたい。レート表の見方

クレジットカード CREDIT CARD

現地通貨を手に入れるのに最も安全で、換算レートも良いのが、クレジットカードのキャッシング。多額の現金を持ち歩かずに済み、予想外の出費にも対応できる。キャッシング機能を使えば、街なかのATMで現金を入手することもできる。また、クレジットカードは持ち主の身分を保証するもので、ホテルやレンタカー会社では、デポジット(保証金)代わりに。店によっては使えるカードが限られるため、国際カードを2種類以上持っていると安心。

キャッシング CASH WITHDRAWAL
【ATMから】
VisaやMasterCard、JCBなど、国際ブランドのカードなら、現地の空港や駅、銀行などにあるATMでキャッシングできる(暗証番号が必要)。必要な分の現金をいつでも入手できるので便利だ。Visa(PLUS)、MasterCard(Cirrus)など、自分のカードと同じマークがあるATMなら利用可能。限度額や利用条件は出発前に確認しておこう。

【提携金融機関の窓口】
必要事項を記入し、クレジットカードとパスポートを提示。売上票にクレジットカード裏面と同じサインをする(暗証番号が必要となる場合がある)。

95198

【換算レート】
利用日当日から2日後までの、利用データを処理した日のレートで換算される。

 

【手数料】
クレジットカード会社からの借り入れになるため、手数料ではなく、翌月の返済までの期間の利息の支払いということになる。キャッシュサービスの利息は年率18.0%以内となっていて、支払日に近い時期にキャッシングしたほうが返済期間は短くなる。たとえば、利率18%で最短19日後の支払いであれば0.94%、最長56日後であれば2.77%の利息となる(締日と支払日によって日数は異なる)。ただし、キャッシングの記録が処理されるには数日かかることもあるので、締め日の3、4日前にキャッシングするのが得策だ。締め日や支払日を待たず、返済する繰り上げ返済なら、さらに利息が少なくて済む。カード会社に電話をし、支払いを早くすることを伝え、その場合の振込み日、支払い金額、振込先を聞いて、振り込みをする。現金を両替するより、結果的に最も利用しやすい、お得な両替方法となっている。

ATMの操作方法
24時間のATMもあって便利だが、路上にあるATMや夜間の利用は避けたほうが安全。また、操作に手間取ると、カードや紙幣が機械に回収されてしまうことがある。迷ったらCLEARを押してやり直す。

 

画面表示の一例(機種により操作方法は異なる)
①カードを入れると下の画面になる

 

②PLEASE KEY IN YOUR PIN 暗証番号を入力してください
THEN PRESS ENTER
IF WRONG PRESS CLEAR

 

4桁の暗証番号(PIN)を入力。入力後にENTERを押す。訂正はCLEAR。

 

③PLEASE SELECT SERVICE サービスを選択してください

 

CASH
WITHDRAWAL
BALANCE
ENQUIRY

 

「CASH WITHDRAWAL(現金引出)」の横にあるボタンを押す

 

④SELECT ACCOUNT TO WITHDRAW FROM 引き出しの方法を選んでください

 

CREDIT CARD
CURRENT
SAVINGS

 

クレジットカードの場合は「CREDIT CARD」、国際キャッシュカードの場合は「SAVINGS」を選択する

 

⑤SELECT THE AMOUNT WITHDRAW 金額を選んでください

 

HKD200  HKD800
HKD400  HKD1000

 

OR ENTER THE AMOUNT,THEN PRESS ENTER

 

必要な金額のボタンを押す。あるいは、テンキーで金額を入力してENTERキーを押す。現金とカード、明細書を受け取る。

95145

時間 TIME

日本と同様、店や交通は夜遅くでも利用できるところが多い

時差 TIME DIFFERENCE

日本より−1時間

香港が正午のとき、日本は午後1時

ビジネスアワー BUSINESS HOURS

一般的なビジネスアワーは、月〜金曜が9〜17時、土曜は9〜13時、日曜と祝日は休み。銀行や郵便局の営業時間も、おおむねこの時間帯と同じだ。デパートやショップの営業は10時頃〜22時頃のところが多いが、レストランの営業時間は業態によってさまざま。ランチとディナーを提供するレストランは12時〜23時頃が多いが、茶餐庁などは7時頃から夜中まで開いている店もある。街なかには24時間営業のコンビニも多く、便利。

一般的な営業時間

九龍ビジネスセンター    8:00~20:00
香港島ビジネスセンター  11:00~20:00
MTR           6:00~翌1:00頃
バス            6:30~0:00頃
スター・フェリー      6:30~23:30頃
トラム           5:00~0:30頃
レストラン        11:00~15:00 17:00~22:00頃(通し営業の店もある)
飲茶店           7:00~16:00頃
麺粥店           7:00~23:00頃
茶餐庁           7:00~0:00頃
ショップ         10:00~21:00頃
ショッピング・センター  10:00~21:00頃
コンビニ         24時間営業

衛生 SANITATION

店や観光スポットはおおむね清潔だが、飲み水に注意

水 DRINKING WATER

■水道水 WATER SUPPLY
香港の水道水は、日本人になじみが薄く、胃腸に負担がかかりやすい硬水。体質に合わない場合もあるので、ミネラルウォーターを購入したほうがよい。もし手に入らなかったら、一度煮沸してから飲むことが望ましい。

■ミネラルウォーター MINERAL WATER
コンビニやMTR駅のキオスク、スーパーマーケットなどで販売。また、無料のミネラルウォーターをサービスしているホテルも多い。

195360

トイレ TOILETS

香港の街なかには公衆トイレが少なく、MTRの駅にもない。無料の公衆トイレがあっても、紙がなかったり汚れていたりする場合が多いので、比較的新しいホテルやショッピングセンター、デパートのトイレを使用するのがおすすめだ。鍵がかかっている場合もあるので、店の人に頼んで鍵を貸してもらおう。係員がいる高級ホテルや有料トイレでは、HK$2〜5ほどのチップを渡す。 レストランのトイレは、店のグレードによって異なる。比較的古い店や庶民的な店は、あまり清潔でない場合もある。

195295

習慣とマナー CUSTOM & MANNERS

中国とイギリスの文化が混在している

注意したいこと RESTRICTIONS

イギリス文化を受け継ぐ香港は欧米流マナーが定着。日本の1階をグランドフロアと呼ぶなど階数表記も欧米流だ。また、ゴミのポイ捨てや唾の吐き捨てなどは法律で禁じられ、違反者はHK$1500の罰金が科せられる。

■飲酒 DRINKING
香港の人は、食事をしながら酒を飲む習慣があまりない。レストランやバーでは気軽にお酒を注文できるが、泥酔行為はマナー違反なので注意したい。ポピュラーなお酒はビールやワインで、蘭桂坊や湾仔には、ドイツやオランダなど各国のビールを楽しめるバーやパブが多い。18歳未満は飲酒不可。

179645

 

ハッピーアワー
多くのバーやパブでは、夕方から21時くらいまで、ドリンクが40%ほど割安になるハッピーアワーを設けている。時間帯や内容は店によって異なるので、店頭の看板をチェックしてみよう。ナッツやチップスなどスナックを無料サービスしてくれる店もある。

200305

 

■喫煙 SMOKING
屋内の公共エリアは禁煙。飲食店やデパート、交通機関のほか、屋外でも公園やビーチなどは禁煙なので、定められた喫煙所でたばこを吸うこと。また、吸い殻のポイ捨ては罰金が科せられる。バーは喫煙できるテラス席を設けているところも多い。

200214

 

■携帯電話 MOBILE PHONE
電波状態はとても良く、MTRやバスの車内、レストランで使用しても問題ない。

マナー MANNERS

■あいさつ・会話 GREETING
・レストランやホテルで
イギリス文化が浸透している香港では、英語を話せる人も多い。レストランやホテル、ショップの店員などには「ハロー」と笑顔であいさつしたい。母語である広東語のお礼のあいさつなども覚えておくと便利だ。

 

179670

 

・街なかで
バスやトラムで相席になったときなど、気軽に話しかけてくる人も多い。ほかのアジアの国々同様、お年寄りを敬う文化があるので、地下鉄やバスなどでは高齢者がいたら率先して席を譲るようにしたい。

 

■ドレスコード DRESS CODE
ほとんどの店はドレスコードを設定していない。高級ホテルのレストランや一部の高級店など改まった店では、スマートカジュアルな服装を着用したい。

1997年にイギリスから中華人民共和国へ返還された香港。1842年から155年もイギリスの植民地であった歴史があるとして知られています。日本からの観光客も多く、観光スポットとして最も有名なのはビクトリアピークから見渡す100万ドルの夜景ではないでしょうか。今回は、数多くある香港のホテルから厳選してオススメのホテル15軒をご紹介します!

香港のおすすめホテル

トラベルデイズ 香港 マカオ

  • 発売日:2012年07月02日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ 香港 マカオ」です。掲載している情報は、2016年9月〜2017年1月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。
香港のツアー