2017年9月24日

香港

香港島南部ののどかな街へショートトリップ

by Fish & Tips

114683

風光明媚な砂浜があり、歴史ある洋館がそびえ、一方で漁村の面影も残っている。バスに揺られて山を越えれば、そんな香港の姿を小旅行気分で楽しむことができる。

欧米人に人気が高い海辺の街 赤柱(スタンレー)

軍事施設が置かれ、多くのイギリス人が居を構えたこの街は、欧米人好みの開発が進められ、今も独特の魅力を有する。

異国情緒が漂う高級住宅街
かつては香港最大の漁村であったが、今は欧米人が数多く住む高級住宅地となり、美しく洗練されたヨーロピアンテイストの街並が広がっている。海沿いには、オープンテラスのカフェやバー、パブなどが建ち並び、昼間からビールやワインを片手にくつろぐ人々の姿が見られる。街の中心地には、欧米人好みの洋服や雑貨、アクセサリー、絵画などを手ごろな価格で販売するスタンレー・マーケットやおしゃれな多国籍レストランがある。エキゾチックな雰囲気とのんびりとしたリゾート気分が味わえる観光地として人気だ。

108148

青い海と緑豊かな自然に囲まれた土地。英国コロニアル風な雰囲気もあり、街全体に穏やかな時間が流れる

交通

MTR中環セントラル駅、MTR香港ホンコン駅近くの交易広場のバスターミナルから6番、66番、6X番、260番に乗車(所要40~60分)。中心部へは赤柱村道、マレー・ハウス周辺へは赤柱広場で下車

見どころ① マレー・ハウス(メイレイラウ)

ヴィクトリア様式の洋館を再建
1846年に英国人将校の住居として中環に建設された。戦後は香港政府のオフィスとして使われていたが、老朽化が進み1982年に解体された。しかし、貴重な歴史的建造物のため、資材を保存して2000年にこの地に当時の姿のままで再建された。

104044

ヴィクトリア女王時代のイギリス建築の特徴を持つ

109489

3階建ての美しい建物の中にはレストランもある

104759

街の北西部の海岸沿いにある名建築マレー・ハウス(右)

マレー・ハウス

現地名:
Murray House/美利樓
住所:
赤柱赤柱広場美利楼
地図を見る »
アクセス:
赤柱広場バス停下車すぐ
営業時間:
施設により異なる
定休日:
無休 

見どころ② 旧赤柱警察署(ガウチェッチューゲンチュッ)

香港開港初期の歴史ある警察署
1859年に赤柱初の警察署として建造。日本占領下では憲兵隊事務所となった。戦後、再び1974年まで警察署として使われ、その後政府事務所やレストランとなり、現在はスーパーマーケット。1984年に重要文化財に指定。

108135

貴重な建築だが、中では食料品や日用品が販売されている

旧赤柱警察署

現地名:
Old Stanley Police Station/舊紅柱警署
住所:
赤柱赤柱村道88号
地図を見る »
アクセス:
赤柱市集バス停下車、徒歩2分
TEL:
2813-9363
営業時間:
8:00~22:00
定休日:
無休 

赤柱大街(チェチュウタイガイ)

工芸品やシルク、チャイナ服などを販売する店が連なるアーケード街。赤柱のメインストリートとして賑わっている。裏通りではマーケットが開催されており、おみやげ探しにもぴったり。アーケードを西に進むとレストラン街、東に進むと海がある。

111920

手ごろな商品を扱う店が多い。ギャラリーもある

赤柱大街

現地名:
Stanley Main Street/赤柱大街
アクセス:
赤柱村道バス停下車すぐ

ヨーロッパの雰囲気が漂う街 浅水湾(レパルス・ベイ)

美しい砂浜と風情ある西洋建築のほか、風水など東洋的な要素も見られる、おしゃれなビーチリゾート。

白い砂浜が続くリゾート地
海沿いに洋館や超高級マンションが点在する、香港を代表するビーチリゾート。弧を描く白い砂浜は1955年に公開されたハリウッド映画『慕情』の舞台としても有名。一年中多くの観光客が訪れるが、とくに夏場は多くの人でごった返す。人気が高いのは海水浴で、無料の更衣室やトイレ、シャワーがあり、設備も充実している。また、街なかには雑貨やファッション、インテリアなどの店が入ったコロニアル風のショッピングセンターや風水を取り入れた建物、パワースポットとして知られる公園など、見どころも多い。

105286

南国の雰囲気が漂う。ビーチの設備も良く過ごしやすい

交通

MTR中環セントラル駅、MTR香港ホンコン駅近くの交易広場のバスターミナルから6、66番、6X番、260番のバスで30分、浅水湾海灘で下車。これらのバス路線は赤柱まで直通している

見どころ① ザ・レパルス・ベイ╱影灣園(インワーンユン)

風水に基づくコロニアル様式の建物
高層マンションとショッピングモールが入る建物には、風水の気の流れを遮らないようにと不思議な穴が開けられている。1階には中庭を取り囲む形で、レストランやショップ、スパ、ギャラリーなどの店が並んでいる。

106706

海岸のすぐそばに不思議な穴の開いた建物がそびえる

ザ・レパルス・ベイ

現地名:
The Repulse Bay/影灣園
住所:
浅水湾道109号
地図を見る »
アクセス:
浅水湾海灘バス停下車すぐ
TEL:
2292-2883
営業時間:
店舗により異なる
定休日:
店舗により異なる 
Webサイト:
http://www.therepulsebay.com

見どころ② 鎮海楼公園(チャンホイラウコンユン)

色とりどりのド派手な神様が大集結
海に面した一角に海龍王、寿老人、仙女などの像やシャチホコなど縁起の良いものが集められている。なかでも10mを超す天后像と観音像が対をなしてそびえる様子は圧巻。渡ると寿命が延びるという長寿橋もある。

110353

たくさんの福の神たちに金運や縁結び、長寿などを願う

鎮海楼公園

現地名:
鎮海樓公園
アクセス:
浅水湾海灘バス停下車、徒歩12分
営業時間:
6:00~18:00
定休日:
無休 

「香港」の名が生まれた漁村 香港仔(アバディーン)

かつて漁民が水上生活をしていた村は、開発が進んで住宅が広がる賑やかな街に。香港人の暮らしの変遷に思いを馳せたい。

船で暮らす人々が大勢いた街
「香港」という名の由来となった、この地域に最初の村があったといわれる。かつて人々は漁業を営み、船で暮らしていた。そうした水上生活者は「蛋民(たんみん)」と呼ばれ、1940年代には15万人以上いたとされる。しかし、1970年代から政府の方針により、高層団地や工業団地が次々と建てられ、彼らは船での暮らしをやめて、陸地に定住し仕事をするようになった。今はごくわずかな水上生活者が残るのみ。もはやかつて船や人々で賑わった海の面影はなく、豪華絢爛な水上レストランが街のシンボルとして残り、観光客を集めている。

105393

香港仔大道に囲まれた街の中心部は、歩いて30分ほどで巡れる

交通

中環スター・フェリー・ピア近くのセントラル・バスターミナルから7番のバスで60分、MTR香港ホンコン駅近くのエクスチェンジ・スクエア・バスターミナルから70番のバスで30分、香港仔大道下車

122449

水上レストラン「ジャンボ・キングダム(珍寶王國珍寶海鮮舫)」は街のシンボル

見どころ① 天后廟(ティンハウミウ)

漁民の安全を見守ってきた海の女神
1851年建造。海の女神・天后のほか、航海の神・譚公や観音を祀る。香港内に数多くある天后廟だが、漁師町として栄えた香港仔ではとくに篤く信仰されてきた。おごそかな廟内には清王朝の遺品も納められているという。

107200

本堂とサイドホールがあり、西洋の影響を受けた壁画も

天后廟(香港仔)

現地名:
天后廟
住所:
香港仔大道182号/182 Aberdeen Main Rd., Aberdeen
地図を見る »
アクセス:
香港仔大道バス停下車、徒歩5分
営業時間:
8:00~17:00
定休日:
無休 

見どころ② 香港仔街市(ヒョンゴンジャイガイシ)

たくさんのショップが並ぶ公設市場。生鮮食品や乾物などあらゆる食料品をはじめ、衣類、日用品、冠婚葬祭や風水に関わるものまで、香港人の生活に必要なものはなんでも販売されている

113090

近代的な建築の中に昔ながらの店が並んでいる

香港仔街市

現地名:
Aberdeen Market/香港仔街市
住所:
香港仔大道203
地図を見る »
アクセス:
香港仔大道バス停下車、徒歩1分
営業時間:
店舗により異なる
定休日:
店舗により異なる 

大自然とニュータウンが共存 ランタオ島

ハイキングや海水浴などで訪れる人も多い、豊かな自然が魅力の島。近年は開発が進み、近代的な商業施設や住宅街も増加中。

自然に親しむ小旅行に最適
香港島の約2倍の面積を持つ香港最大の島。東西に山々が連なり、最も高い山は934mの鳳凰山。夏休みや週末には、香港島や九龍から多くの観光客が山登りを目当てに訪れる。ハイキングコースも多数整備されているため、自分に合ったルートで歩ける。香港で最も長い浜辺もあり、海水浴や潮干狩りも盛ん。

交通

MTR香港ホンコン駅またはMTR九龍カオルーン駅から、東涌線で東涌ドンチョン駅下車。梅窩ムイウォーへは中環から定期フェリーや高速船が出航。梅窩から島内へはバスを利用

114683

東涌駅とゴンピン・ヴィレッジを25分で結ぶロープウェイ

見どころ① ゴンピン・ヴィレッジ ╱昴坪市集(ロンベンシザップ)

仏教文化が学べるテーマパーク
中国の古い街並を再現。釈迦が悟りを開く過程を体験する仏陀ウォーキングと、仏教説話をもとにしたアニメーションを放映するモンキーテール・シアターというアトラクションがあり、年齢を問わず仏教に親しめる。

※昂坪360は、2017年1月中旬から6月上旬まで設備更新工事のため、休業予定。ゴンピン・ヴィレッジ方面へはバスやタクシーを利用

114293

レストランやショップも多く散策途中の休憩に便利

ゴンピン・ヴィレッジ

現地名:
Ngong Ping Village/昂坪市集
住所:
大嶼山昂坪宝蓮寺
地図を見る »
アクセス:
MTR東涌ドンチョン駅から昂坪360(ロープウェイ)に乗り、昴坪ゴンピンで下車
TEL:
2109-9898
営業時間:
10:00~18:00、土・日曜、祝日9:00~18:30
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.np360.com.hk

見どころ② 寶蓮寺(ポーリンジ)

山の上に鎮座する巨大な仏像
香港でも規模の大きな禅寺のひとつ。山吹色の瓦が特徴的な中国式の仏堂の中では、僧侶が読経し、多くの人が祈りを捧げている。野外仏では世界最大級といわれる高さ34mの天壇大仏が見どころだ。

114027

268段の階段を上って大仏を間近で見よう

宝蓮寺

現地名:
Po Lin Monastery/寶蓮寺
住所:
大嶼山昂坪宝蓮寺
地図を見る »
アクセス:
MTR東涌ドンチョン駅から昂坪360(ロープウェイ)に乗り、昂坪ゴンピンで下車
TEL:
2985-5248
営業時間:
宝蓮寺8:00~18:00、天壇大仏10:00~17:30
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.plm.org.hk

透明感あふれるビーチリゾート ラマ島

亜熱帯の緑豊かな島
香港島の南西に位置している、人口6000人余りの静かな島。マンゴー畑などの自然を眺めながらハイキングが楽しめる。

中環フェリー・ピアから高速船で約20分

114851
117775

この記事のタグ

トラベルデイズ 香港 マカオ

  • 発売日:2012年07月02日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ 香港 マカオ」です。掲載している情報は、2016年9月〜2017年1月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。