2017年9月24日

イタリア

ヴェネツィア ヴァポレット(水上バス)から眺める優雅な建築物

by Fish & Tips

194226

小路を歩いて観光するのもよいが、せっかくヴェネツィアに来たのなら、水上からこの街の美しさにうっとりしたい。ヴァポレットなら好きな降場から目的の場所へも行きやすい。

水の都の栄華を伝える大運河の名建築に酔う
水路が道の役目を果たすヴェネツィアのメインストリートは、本島の中心部を逆S字形に蛇行する大運河だ。サンタ・ルチア駅前からサン・マルコ広場まで約3.8kmにわたり、街最大の運河が続く。当初は交通の役目を担うだけだったが、ヴェネツィア共和国の繁栄とともに貴族たちが大運河沿いに豪華な館を構え、水上の華やかな大通りが形成された。今も、13〜18世紀に建造された館が並び、ビザンチン、ゴシック、ルネサンス、バロックなど各時代の様式が混在した華やかな建築美を堪能することができる。

1. サン・ジェレミア教会 (Chiesa di San Geremia)

11世紀創建の教会で、現在の建物は18世紀の再建。隣には12世紀建造のロマネスク様式の鐘楼が建つ。

194323

2. トルコ人商館 (Fondaco dei Turchi)

13世紀建造のヴェネト・ビザンチン様式の館。17世紀にトルコ人の商館となった。現在は自然史博物館。

195118

3. カ・ペーザロ (Ca' Pesaro)

バロック期の名建築家ロンゲーナが設計し、18世紀初頭に完成した。内部は近代美術館と東洋博物館。

194930

4. カ・ドーロ (Galleria Giorgio Franchetti alla Ca' d'Oro)

15世紀に完成したヴェネツィア・ゴシック様式の大傑作。かつては壁面に金箔が貼られていた。

194737

5. カメルレンギ館 (Palazzo dei Camerlenghi)

16世紀建造のルネサンス様式の館。共和国時代は財務局として使われていたが、現在は会計検査院が入る。

194550

6. ドイツ人商館 (Fondaco dei Tedeschi)

14世紀建造の館を16世紀にルネサンス様式で修復。往時はドイツ商人の施設だったが、現在は中央郵便局として使用。

195341

7. ドルフィン・マニン館 (Palazzo Dolfin Manin)

サンソヴィーノの設計で16世紀に建てられたルネサンス様式の館。1階にポルティコ(柱廊)を配する。

195540

8. グリマーニ館 (Palazzo Grimani)

16世紀に行政長官グリマーニの館として完成。優美なアーチを連続させたルネサンス様式。現在は裁判所になっている。

Fotolia_32004909_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © Circumnavigation

9. パパドーポリ館 (Palazzo Papadopoli)

宝石商の館として16世紀に建造。ルネサンス様式で、ファサードに2層の広いロッジア(開廊)を配しているのが特徴。

197077

10. ベルナルド館 (Palazzo Bernardo)

15世紀にゴシック様式で建てられた優美な館。ファサードのアーチにカ・ドーロ同様のモチーフを使用。

195913

11. カ・フォスカリ (Ca' Foscari)

総督フォスカリの館として15世紀に完成。後期ゴシック様式で8連アーチを持つ。今はヴェネツィア大学。

196288

12. グラッシ館 (Palazzo Grassi)

18世紀にマッサリの設計で建てられたバロック様式の壮麗な館。現在は展覧会場として使われている。

196515

13. パラッツォ・コルネール・デッラ・カ・グランダ (Palazzo Corner della Ca' Granda)

16世紀に富裕な一族コルネール家の館として建造。3列のファサードなど古典様式が色濃い。現在はヴェネト州の庁舎。

199867

14. ジュスティニアン・モロシーニ館 (Palazzo Giustinian Morosini)

15世紀に建造された後期ゴシック様式の館。3列窓と長い開廊が特徴。現在はビエンナーレ事務局。

200039

イタリアのおすすめホテル

トラベルデイズ イタリア

  • 発売日:2012年07月02日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ イタリア」です。掲載している情報は、2014年10月〜2015年1月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。