2017年9月25日

イタリア

イタリア・ミラノでフェラーリの聖地を訪れる

by Fish & Tips

7535166954_2fb86d7184_z
Museo Ferrari, by Matteo Paciotti | Photography, CC BY

世界的高級スポーツカーメーカーであり、F1界を牽引してきた名門チームの拠点でその歴史と功績に思いを馳せる。

「跳ね馬」の紋章で知られるイタリア生まれの自動車メーカー

世界的に有名な自動車メーカー、フェラーリの創立は1947年。創設者のエンツォ・フェラーリが運営していたレーシングチームのレース参戦費用の捻出を目的として、自動車の製造と販売が始められた。今では高級スポーツカーメーカーとして不動の地位を築いたフェラーリは、1950年の初開催時からF1世界選手権に参戦し続け、16回のコンストラクターズタイトルを誇る名門チームでもある。史上最多7回のドライバーズタイトルに輝いているミハエル・シューマッハをはじめ、2014年時点で9人の年間チャンピオンを生み出している。2007年を最後にチャンピオンシップを獲得できずにいる同チームだが、2015年はかつてフェラーリにタイトルをもたらしたキミ・ライコネンに加え、4年連続チャンピオンの功績を持つセバスチャン・ベッテルをレッドブル・レーシングから迎えて起死回生を図る。 イタリア国内はもちろん、世界中に熱狂的なファンを持つフェラーリの聖地といえば、本拠を置くマラネッロと、イタリアグランプリが開催されるモンツァ・サーキット。ミラノからモンツァなら電車で約20分、マラネッロでも電車とシャトルバスを乗り継いで約2時間半で行くことができる。どちらも都市部からは少し距離があるが、モンツァ・サーキットは、レースがない日でも観客席からコースを見ることはできるので、時間に余裕があれば足を延ばしてみるのもよい。

ミラノの北15kmに位置するサーキット モンツァ・サーキット Autodromo Nazionale di Monza

F1世界選手権最多開催回数を誇り、イタリアグランプリが行なわれるこの世界有数の高速サーキットは、いわばフェラーリの聖地。グランプリ開催の週末には、「ティフォシ」と呼ばれる熱狂的なフェラーリファンたちが世界各国から応援のために訪れ、スタンドがチームのイメージカラーである赤一色に染まって見えるほどだ。

89570

数々の名場面を生んだ、伝統の高速サーキット

モンツァ・サーキット(モンツァ)

現地名:
Autodromo Nazionale di Monza
住所:
Via Vedano 5, Monza
地図を見る »
アクセス:
Centrale Milano ミラノ中央駅からMonza モンツァ駅まで20分
TEL:
039-2482-1
営業時間:
開催イベントにより異なる
定休日:
開催イベントにより異なる 
Webサイト:
http://www.monzanet.it

本拠地に建つフェラーリの博物館 フェラーリ博物館 Museo Ferrari

フェラーリの本拠地として知られる、モデナ郊外の小さな田舎町、マラネッロ。工場やテスト用のコースなど「フェラーリの街」ともいえるこの地に、その歴史を伝える博物館がある。歴代のマシンやエンジンのほか、これまでに獲得した優勝トロフィーなどファンにとってはたまらない展示品の数々。創設者エンツォ・フェラーリの書斎を復元した部屋やピットレーンの再現など、見どころは多い。

89819

テストコース見学とセットになったチケットも販売

フェラーリ博物館(マラネッロ)

現地名:
Museo Ferrari
住所:
Via Dino Ferrari 43, Maranello
地図を見る »
アクセス:
Centrale Milanoミラノ中央駅からインターシティでModenaモデナ駅まで約2時間、モデナ駅のバス4番乗場から専用シャトルバスで30分
TEL:
0536-949543
営業時間:
9:30~18:00 (5~9月は~19:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.museo.ferrari.com

この記事のタグ

イタリアのおすすめホテル

トラベルデイズ イタリア

  • 発売日:2012年07月02日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ イタリア」です。掲載している情報は、2014年10月〜2015年1月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。