2017年9月24日

イタリア

ローマグルメを堪能!リストランテからジェラテリアまでおすすめ店リスト

by Fish & Tips

161064

アマトリチャーナやカルボナーラは、イタリアを代表するローマ発祥の料理。多彩な食材を使ったローマ風ピッツァや、クリーミーなジェラートも忘れずに試したい。

ローマで人気の華やかなリストランテ

ローマには高級なリストランテも多い。シェフが腕をふるった自慢料理を楽しみたい。

イル・サン・ロレンツォ(Il San Lorenzo)

新鮮な魚介料理を堪能するならこの店
政治家もお忍びで訪れる高級魚介料理の有名店。専属契約している漁師から1日2便届くという魚介類は店の入口にうず高く積まれており、店に入るや否やその活きのよさがひと目でわかるようになっている。自慢は注文が入ってからさばくカルパッチョ。

88741
107377
143617

ウニのスパゲッティなど新鮮な魚介料理が楽しめる

イル・サン・ロレンツォ

現地名:
Il San Lorenzo
住所:
Via dei Chiavari 4/5
地図を見る »
アクセス:
ナヴォーナ広場から徒歩3分
TEL:
06-6865097
営業時間:
13:00~15:30、20:00~23:00
定休日:
土・月曜のランチ、日曜、一部祝日、8/10~26 
Webサイト:
http://www.ilsanlorenzo.it

アンティーカ・ペーサ(Antica Pesa)

ローマ・セレブ御用達の隠れ家へ
トラステヴェレの奥にある隠れ家風一軒家レストラン。夜になると店の前には高級車が停まり、着飾った地元ローマの大人たちが次々に集まってくる。広い店内には中庭やフレスコ画の部屋があり、伝統料理に洗練を加えた現代イタリア料理を出す。

88981
88982
143618

名物のピクニック・ボックスなど遊び心にあふれている

アンティーカ・ペーサ

現地名:
Antica Pesa
住所:
Via Garibaldi 18
地図を見る »
アクセス:
トラム8番Belliベッリから徒歩10分
TEL:
06-5809236
営業時間:
19:30~23:00
定休日:
日曜 
Webサイト:
http://www.anticapesa.it

リストランテ・アル・トレンタクアットロ(Ristorante al 34)

スペイン広場近くにある評判の老舗
スペイン広場界隈でおいしい料理を食べたい、というとき真っ先に名前の挙がる店。場所柄旅行者も多いが、地元客にも長く愛されている。料理は地中海産の魚介を使った南イタリア料理のほか、ハイレベルなローマの郷土料理を食べさせてくれる。

152127
152131
152123

カニのトンナレッリなど魚介を使った料理が人気

リストランテ・アル・トレンタクアットロ

現地名:
Ristorante al 34
住所:
Via Mario de'Fiori 34
地図を見る »
アクセス:
メトロA線スパーニャ駅から徒歩3分
TEL:
06-6795091
営業時間:
12:30~23:00(月曜は17:30~)※夜は要予約
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.ristoranteal34.it

セッテンブリーニ(Settembrini)

注目のクリエイティブ・イタリアン
近年レストラン・ガイドなどでの評価が急上昇しつつあるリストランテ。ヴァチカン市国に近い閑静な住宅街にあるので、地元の人がよく訪れる。最先端の技を生かしたクリエイティブなイタリア料理をぜひ。人気店なので予約が望ましい。

86547
86571
86521

車エビの前菜もチーズとレモンでおしゃれにいただく

セッテンブリーニ

現地名:
Settembrini
住所:
Via Settembrini 25
地図を見る »
アクセス:
メトロA線 Lepanto レーパント駅から徒歩6分
TEL:
06-3232617
営業時間:
12:45~15:00 20:00~23:00
定休日:
日曜、祝日 
Webサイト:
http://www.viasettembrini.com

ティベリーナ島の一軒家レストラン
店名は現オーナーの母親のニックネーム。かつては女主人として料理に腕をふるうかたわら、映画の都・ローマで女優として映画にも出演していたユニークな経歴の持ち主。今は息子が店を継ぎ、母のレシピを再現して食べさせてくれる。

121559
121566
121552

小さな店なので、予約が望ましい

ソラ・レッラ

現地名:
Sora Lella
住所:
Via Ponte Quattro Capi 16
地図を見る »
アクセス:
メトロB線コロッセオ駅から徒歩15分
TEL:
06-6861601
営業時間:
12:30~15:00、19:30~23:00
定休日:
祝日不定休 
Webサイト:
http://www.trattoriasoralella.it

アラ・パキス・レストラン・ラ・カプリチョーザ(Ara Pacis Restaurant La Capricciosa)

気まぐれピッツァが一番人気
アラ・パチス祭壇のすぐ脇にあるリストランテ。職人の気まぐれで手元にある材料をいろいろ盛って作るピッツァ「カプリチョーザ」が名物。生ハム、マッシュルーム、黒オリーブ、モッツァレッラを使った薄焼きピッツァは一度食べたらやみつきに。

120678
120677

魚介を中心としたパスタメニューも充実している

アラ・パキス・レストラン・ラ・カプリチョーザ

現地名:
Ara Pacis Restaurant La Capricciosa
住所:
Largo dei Lombardi 8
地図を見る »
アクセス:
スペイン広場から徒歩5分
TEL:
06-6878636
営業時間:
12:00~15:30 19:00~23:00
定休日:
11~2月の火曜 
Webサイト:
http://www.arapacisrestaurant.it

ローマの下町の味を軽快トラットリアで

気軽に入れるトラットリアでは、下町の雰囲気を感じながらローマっ子も好きな味が試せるチャンス。

ヌンブス・カンポ・デ・フィオーリ(Numbs Campo de' Fiori)

ノンストップ営業がうれしい
朝市で賑わうカンポ・デ・フィオーリの広場に面したカフェ&トラットリア。終日ノンストップ営業しているので、中途半端な時間でもきちんとした料理が食べられ、カフェだけでの利用でもOK。ローマ伝統料理や軽いサラダなども提供する。

145195
145203
145187

街歩きの途中にふらりと立ち寄ってランチを楽しみたい

ヌンブス・カンポ・デ・フィオーリ

現地名:
Numbs Campo de' Fiori
住所:
Campo de' Fiori 28/29
地図を見る »
アクセス:
ナヴォーナ広場から徒歩2分
TEL:
06-6861661
営業時間:
10:00~翌2:00
定休日:
無休 

オステリア・ラ・ジェンソラ(Osteria la Gensola)

ローマの下町で食べる南イタリア料理
トラステヴェレに2001年にオープンした家族経営のオステリア。小さいながらも気配りが行き届いたサービスが心地よい。料理は魚介を中心とした南イタリア料理。ローマ風あり、シチリア風ありと前菜からパスタ、メインと地中海の幸が味わえる。

145801
145802
145800

ウニのスパゲッティは日替わりメニューのひとつ

オステリア・ラ・ジェンソラ

現地名:
Osteria la Gensola
住所:
Piaz.za della Gensola 15
地図を見る »
アクセス:
トラム8番Belli ベッリ広場下車、徒歩5分
TEL:
06-5816312
営業時間:
13:00~15:00、20:00~23:00
定休日:
8月の日曜 
Webサイト:
http://www.osterialagensola.it

オステリア・デッランジェロ(Osteria dell'Angelo)

質実剛健な体育会系オステリア
人気の秘密はなんといってもそのボリューム感。夜になると全6皿のコースが€25と破格の値段で食べられる。オーナーは元ラグビー選手として有名で、大食漢が集まる。とはいえ料理は意外と油ひかえめでローカロリーなヘルシーメニューが多い。

152107
152111
145943

炭火で調理する肉料理がこの店の一番人気

オステリア・デッランジェロ

現地名:
Osteria dell'Angelo
住所:
Via G. Bettolo 24-32
地図を見る »
アクセス:
メトロA線オッタヴィアーノ/サン・ピエトロ/ムゼイ・ヴァチカーニ駅から徒歩4分
TEL:
06-3729470
営業時間:
12:30~14:30、20:00~23:00
定休日:
土曜のランチ、日曜、祝日 

ラ・カルボナーラ(La Carbonara)

本場の名物カルボナーラをいただく
ローマの郷土料理を出すオステリア。 壁は訪れた人のメッセージやサインで埋められ、カジュアルな雰囲気。看板のカルボナーラは濃厚であとをひく味わい。英語メニューがないのは、お客さんとのコミュニケーションを楽しみたいからだとか。

162221
145539

卵、チーズ、豚の塩漬け肉、黒コショウで仕上げたカルボナーラ

ラ・カルボナーラ

現地名:
La Carbonara
住所:
Via Panisperna 214
地図を見る »
アクセス:
メトロB線 Cavour カヴール駅から徒歩5分
TEL:
06-4825176
営業時間:
12:30~14:30、19:00~23:00
定休日:
日曜、祝日 
Webサイト:
http://www.lacarbonara.it

ビル・エ・フッド(Bir & Fud)

イタリア地ビールをあれこれ試したい
ピッツェリアやパブが集中するトラステヴェレ地区でも人気のビール・レストラン。オーナーみずからが注いでくれるイタリア各地の地ビールを楽しみながら、ローマ近郊産のサラミやチーズ、フリットなどとの相性が楽しめる、貴重な一軒。

146230
146231
146229

モッツァレッラ&生ハムなど、シンプルな料理が中心

ビル・エ・フッド

現地名:
Bir & Fud
住所:
Via Benedetta 23
地図を見る »
アクセス:
トラム8番ベッリから徒歩8分
TEL:
06-5894016
営業時間:
12:30~翌2:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.birandfud.it

オテッロ・アッラ・コンコルディア(Otello alla Concordia)

地元客にも愛される老舗トラットリア
古い建物のアーチを抜けた中庭にある雰囲気満点の老舗トラットリア。奥のテーブルでは地元の常連客がくつろいでおり、ローマっ子に愛され続けているのがうかがえる。名物はアマトリチャーナやカルボナーラなどのパスタで、1/2サイズもある。

146088
146089
146087

仔羊のグリルなど肉料理もおいしいと評判だ

オテッロ・アッラ・コンコルディア

現地名:
Otello alla Concordia
住所:
Via della Croce 81
地図を見る »
アクセス:
メトロA線 Spagna スパーニャ駅から徒歩4分
TEL:
06-6791178
営業時間:
12:15~15:00、19:00~23:00
定休日:
日曜のディナー、1~2月の2週間 
Webサイト:
http://www.otello-alla-concordia.it

グラッポロ・ドーロ(Grappolo d’Oro)

小さいながらも行き届いたサービス
いつも朝市が立つカンポ・デ・フィオーリ広場近くにある小さなトラットリア。現地ガイドブックでの評価も高く、いわゆる昔風トラットリアとは違ってサービスやメニュー構成、ワインにまで注意を払った、こぢんまりとした居心地のよい店。

150198
150199
150197

おすすめは「アンチョビとトマトのパッケリ」

グラッポロ・ドーロ

現地名:
Grappolo d'Oro
住所:
Piazza Cancelleria 81
地図を見る »
アクセス:
ナヴォーナ広場から徒歩5分
TEL:
06-6897080
営業時間:
12:30~14:30、18:30~23:30
定休日:
水曜のランチ 
Webサイト:
http://www.hosteriagrappolodoro.it

ダ・オイオ・ア・カーサ・ミア(Da Oio a Casa Mia)

テスタッチョ地区にある家族経営の店
庶民的なトラットリアが集中するテスタッチョ地区でも、とりわけ安く食べられる。まるでローマの一般家庭の食卓で食事をしているような雰囲気も味わえる。カルボナーラやアマトリチャーナは1/2サイズがあり、女性でも安心してオーダーできる。

150340
150341
150339

仔羊のオーブン焼きでローマ下町の味を堪能する

ダ・オイオ・ア・カーサ・ミア

現地名:
Da Oio a Casa Mia
住所:
Via Galvani 43/45
地図を見る »
アクセス:
メトロB線 Piramide ピラミデ駅から徒歩8分
TEL:
06-5782680
営業時間:
12:30~15:30 19:30~23:00
定休日:
日曜 

ロルソ・オッタンタ(L'Orso 80)

老舗料理店で味わうローマの雰囲気
狭い路地が入り組むローマ旧市街にひっそりたたずむ家族経営のトラットリア。地元客にも観光客にも分け隔てないサービスはオーナーみずからが先頭に立って雰囲気づくりに努めているから。おまかせ前菜は1人では食べ切れないボリューム。

148567
148568
148566

野菜や生ハム、豆の煮物などが並ぶ「おまかせ前菜」

ロルソ・オッタンタ

現地名:
L'Orso 80
住所:
Via dell'Orso 33
地図を見る »
アクセス:
ナヴォーナ広場から徒歩5分
TEL:
06-6864904
営業時間:
12:30~15:00、19:00~23:00
定休日:
月曜、クリスマス前後 
Webサイト:
http://www.orso80.it

セッティミオ・アッラランチョ(Settimio All'Arancio)

シックなエリアにある隠れた名店
高級ブティックが軒を連ねるコンドッティ通りのすぐ近く。場所柄おしゃれなイタリア人が多く集う隠れ家的雰囲気のトラットリア。毎日届く新鮮な魚介を使ったシンプルな料理や、石焼きTボーン・ステーキが人気。夜は予約が望ましい。

148710
148711
148709

アツアツのタラのコロッケなどシンプルながら深い味わい

セッティミオ・アッラランチョ

現地名:
Settimio All'Arancio
住所:
Via dell'Arancio 50
地図を見る »
アクセス:
メトロA線スパーニャ駅から徒歩9分
TEL:
06-6876119
営業時間:
12:00~15:00、19:00~23:30
定休日:
日曜、一部祝日 
Webサイト:
http://www.settimioallarancio.it

郷土料理を食べるならココ!

トマトでじっくり煮込んだトリッパやテールなど、しっかりした味わいが特徴。

ジジェット(Giggetto)

遺跡の隣でユダヤ風ローマ料理を
マルケルス劇場の隣、ゲットー地区(旧ユダヤ人街区)にある、ユダヤ風ローマ料理が得意な店。メニューの数が豊富なうえ、フリット・ミスト、ユダヤ風アーティチョークといった伝統的なフライものが美味。

158531
158537

セージとバターが食欲をそそるサルティンボッカ

ジジェット

現地名:
Giggetto
住所:
Via del Portico d'Ottavia 21/A
地図を見る »
アクセス:
メトロB線コロッセオ駅から徒歩10分
TEL:
06-6861105
営業時間:
12:30~15:00、19:30~23:00
定休日:
月曜 
Webサイト:
http://www.giggettoalportico.it

ケッコ・エル・カレッティエレ(Checco er Carettiere)

トラステヴェレ随一の老舗
入口からは想像もできないほど広い店内は毎夜満席。客のお目当てはバリエーション豊かな前菜、ボリュームたっぷりのパスタ、揚げたてのフリット。中庭に面したテラス席がおすすめ。夜は予約が望ましい。

158405
158411

グリーチャという塩漬け豚を使うアマトリチャーナ

ケッコ・エル・カレッティエレ

現地名:
Checco er Carettiere
住所:
Via Benedetta 10-13
地図を見る »
アクセス:
トラム8番Belli ベッリから徒歩10分
TEL:
06-5817018
営業時間:
12:30~14:30、19:30~23:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.checcoercarettiere.it

ラ・カンパーナ(La Campana)

正統派ローマ料理を食べるならここ
創業は1518年、旅人をもてなす旅籠として開店した、現存するローマ最古のレストラン。ローマの伝統料理を守り続けている。ユダヤ風アーティチョーク、コーダ・アッラ・ヴァチナーラ(テールの煮込み)をぜひ。

158658
158664

煮込み料理やさくっとした揚げ物のほか魚介料理も

ラ・カンパーナ

現地名:
La Campana
住所:
Vicolo della Campana 18
地図を見る »
アクセス:
ナヴォーナ広場から徒歩5分
TEL:
06-6875273
営業時間:
12:30~15:00、19:30~23:00
定休日:
月曜、祝日、8月 
Webサイト:
http://www.ristorantelacampana.com

ケッキーノ・ダル 1887(Checchino dal 1887)

カラヴァッジョやゲーテも訪れた
その昔、精肉加工市場が活気を呈していた頃の内臓料理やパスタの味を大切に守っている老舗リストランテ。熟成具合が絶妙のラツィオ産チーズのコレクションは愛好家の垂涎もの。ディナーは要予約。

158283
158284

唐辛子のパンチの効いた仔羊小腸のパスタ「パヤータ」

ケッキーノ・ダル1887

現地名:
Checchino dal 1887
住所:
Via Monte Testaccio 30
地図を見る »
アクセス:
メトロB線 Piramide ピラミデ駅から徒歩5分
TEL:
06-5743816
営業時間:
12:30~15:00、20:00~24:00
定休日:
日曜の夜、月曜、8月 
Webサイト:
http://www.checchino-dal-1887.com

ローマっ子の大好物ピッツァを食べる

薄くてぱりぱりの生地で、食べ飽きないのがローマ風ピッツァ。あれこれ食べ比べてみるのも楽しい。

イル・フィーコ(Il Fico)

下町で味わうローマ風を心ゆくまで
ナヴォーナ広場近くの旧市街にあるピッツェリア。小さなテラス席もあり、外で食事するのも気持ちいい。席に着くとパン代わりにまず出てくるのが生地のみを焼いたピッツァ・ビアンカ。これをつまみながらピッツァをオーダーするのが楽しい。

156143
156142

1枚ずつ職人がていねいに焼き上げるからおいしい

イル・フィーコ

現地名:
Il Fico
住所:
Via di Monte Giordano 49
地図を見る »
アクセス:
ナヴォーナ広場から徒歩5分
TEL:
06-6875568
営業時間:
11:00~24:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://ilfico.com

タヴェルナ・パリオーネ(Taverna Parione)

食べ飽きない老舗の完成された味
創業以来50年以上にわたってピッツァ一筋の老舗リストランテ&ピッツェリア。季節ごとの食材を生かすよう極力シンプルに仕上げたピッツァは昔からのファンが多い。スタンダードなマルゲリータなど種類は多いが、おすすめはカプリチョーザ。

155264
155262

マッシュルームたっぷりのカプリチョーザが人気

タヴェルナ・パリオーネ

現地名:
Taverna Parione
住所:
Via di Parione 38-39
地図を見る »
アクセス:
ナヴォーナ広場から徒歩3分
TEL:
06-6869545
営業時間:
12:00~23:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.tavernaparione.com

ラ・パリオリーナ(La Pariolina)

素材にこだわる高級ピッツァを供する
ローマの高級エリア、パリオーリ地区にあるこの店はローマには珍しいナポリ風ピッツァを出す。小麦粉をはじめあらゆる素材に徹底的にこだわり、ナポリ風ピッツァに欠かせないモッツァレッラの品質管理も徹底。つねに最良の状態で提供する。

156408
156406

高級モッツァレッラを使ったマルゲリータがおすすめ

ラ・パリオリーナ

現地名:
La Pariolina
住所:
Viale dei Parioli 93
地図を見る »
アクセス:
メトロA線 Flaminio フラミニオ駅から徒歩25分
TEL:
06-8086002
営業時間:
12:30~15:30、19:00~翌1:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.lapariolina.it

ヴォルペッティ・ピュウ(Volpetti Più)

人気デリが提供するオリジナル・ピッツァ
生ハムやチーズが人気のデリ「ヴォルペッティ」の脇にあるイートイン・コーナー。次々に焼き上がってくるピッツァを切り売りで注文し、セルフで食べるシステム。野菜がたっぷり入ったボリューム満点のピッツァ・クレッシャもおすすめ。

カウンターにずらりと並ぶピッツァ

ヴォルペッティ・ピュウ

現地名:
Volpetti Più
住所:
Via Alessandro Volta 8/10
地図を見る »
アクセス:
メトロB線 Piramide ピラミデ駅から徒歩5分
TEL:
06-5744306
営業時間:
10:30~14:30 17:30~21:30
定休日:
日曜(クリスマス以外12月は営業)、8月のディナー 

バールで過ごす特別なローマの休日

朝・昼・夜といつでも使える居心地のよいバール。ローマで立ち寄りたい店を厳選して紹介。

トッレ・アルジェンティーナ(Torre Argentina)

地元客で賑わう自家製ブリオッシュの店
ローマ市内を行き交うバスが集まる交通の要所に位置する。ブリオッシュやパニーノはすべて奥のキッチンで作っているので、朝はいつも焼きたてが食べられる。地元客にも人気の店は、入口脇にある小さなテラス席でのんびりするのもいい。

セルフならテーブルチャージなしなのもうれしい

トッレ・アルジェンティーナ

現地名:
Torre Argentina
住所:
Via di Torre Argentina 42
地図を見る »
アクセス:
ナヴォーナ広場から徒歩5分
TEL:
06-68892917
営業時間:
5:30~24:00(金・土曜は~翌2:00)
定休日:
無休 

オービカ モッツァレッラ・バール(Obika Mozzarella Bar)

イタリアでも珍しいモッツァレッラ専門店
店名のとおりナポリ産のモッツァレッラを気軽に食べられるバール&レストラン。バールのみでの利用ももちろん可能だが、せっかくだから数種類あるモッツァレッラを試してみたい。夏の暑い日は冷たいモッツァレッラとカクテル、という夕食もあり。

157245
157239

チーズが自慢のバール。天気の良い日はテラス席も好評

オービカ モッツァレッラ・バール

現地名:
Obika Mozzarella Bar
住所:
P.za di Firenze 28
地図を見る »
アクセス:
ナヴォーナ広場から徒歩10分
TEL:
06-6832630
営業時間:
11:00(バール8:30)~23:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.obika.it

カノーヴァ・タドリーニ(Museo Atelier Canova Tadolini)

アトリエを改装したおしゃれなバール
スペイン広場とポポロ広場を結ぶ賑やかなバブイーノ通りでも、ひときわ目立つキッチュな雰囲気。店内に彫刻が並ぶインテリアはまるで美術館の中で過ごしているかのよう。本格的な食事もできるがパニーノやカフェのみでも楽しめる。

161061
161195

軽食&アペリティーヴォという使い方もできる

カノーヴァ・タドリーニ

現地名:
Museo Atelier Canova Tadolini
住所:
Via del Babuino 150/AB0
地図を見る »
アクセス:
メトロA線スパーニャ駅から徒歩5分
TEL:
06-32110702
営業時間:
8:00~22:30(閉店は23:00)、日曜は10:00~
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.canovatadolini.com

ダニーノ(Dagnino)

ローマで堪能できるシチリア菓子
共和国広場近くのガッレリア内にあるカフェ&パスティッチェリア。1955年にオープンし、シチリア伝統菓子の味を今日まで大事に守っている。カンノーリやカッサータという定番はローマでも愛されている人気ドルチェ。カフェタイムにぜひ。

161065
161064

テラス席でカプチーノとシチリア菓子を

ダニーノ

現地名:
Dagnino
住所:
Galleria Esedra Via V. Emanuele Orlando 75
地図を見る »
アクセス:
メトロA線レプッブリカ駅から徒歩1分
TEL:
06-4818660
営業時間:
7:00~23:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://pasticceriadagnino.com

観光の合間に訪れたい人気カフェ

見どころの多いローマ観光はやはり体力を消耗する。そんなときは街角のカフェでゆっくり休憩を。

アンドレオッティ(Andreotti)

地元客御用達の人気カフェでスイーツを
ピラミデの南のオスティエンセ通りという、中心部からはやや離れた場所にあるカフェ。しかし自家製スイーツがおいしいことで近所の人を中心に評判がよく、ガイドブックなどでも評価が高い。値段も手ごろなので遠出しても出かける価値あり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
161267

ショーケースに並ぶのは全部自家製のケーキ類

アンドレオッティ

現地名:
Andreotti
住所:
Via Ostiense 54
地図を見る »
アクセス:
メトロB線ピラミデ駅から徒歩5分
TEL:
06-5750773
営業時間:
7:00~21:30(祝日は8:00~13:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.andreottiroma.com

カフェ・グレコ(Caffè Greco)

ローマを代表する老舗名門カフェ
1760年の創業以来、ゲーテやワーグナーなどローマを訪れた世界の文化人や芸術家から愛されてきた老舗カフェ。その名は日本でも有名だがローマが本店。歴史を感じさせる重厚な雰囲気のなか、エスプレッソ&ドルチェでゆっくりと過ごしたい。

161293
161259

自家製のティラミスは、一度は食べておきたい逸品

カフェ・グレコ

現地名:
Caffè Greco
住所:
Via Condotti 86
地図を見る »
アクセス:
メトロA線スパーニャ駅から徒歩1分
TEL:
06-6791700
営業時間:
9:00~21:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.anticocaffegreco.eu

カフェ・ベルニーニ(Caffè Bernini)

「四大河の噴水」を眺めながらティータイム
ナヴォーナ広場の四大河の噴水前という最高の場所にあるカフェ。その名はもちろん、噴水の作者である彫刻家ベルニーニにちなんでつけられた。こちらの自慢は盛り付けも美しい自家製のケーキ。優美な景色を眺めながらのティータイムに最適。

161309
161276

晴れた日はテラス席でゆっくりとくつろぎたい

カフェ・ベルニーニ

現地名:
Caffè Bernini
住所:
P.za Navona 44
地図を見る »
アクセス:
ナヴォーナ広場から徒歩1分
TEL:
06-68192998
営業時間:
8:00~24:00
定休日:
1~3月に冬季休業あり 
Webサイト:
http://www.caffebernini.it

サンテウスタキオ(Sant’Eustachio)

本場のエスプレッソを提供する
ローマのカフェのなかでもエスプレッソの味にこだわっていることでとくに評価の高いカフェ&バール。厳選した生豆を店の奥で職人がじっくりと自家焙煎。エスプレッソは香り高く、ときには行列もできるほど。この店ならではの芳香を楽しみたい。

161313
161280

メインは立ち飲みだが、テーブル席も用意している

サンテウスタキオ

現地名:
Sant'Eustachio
住所:
Piazza Sant'Eustachio 82
地図を見る »
アクセス:
ナヴォーナ広場から徒歩3分
TEL:
06-68802048
営業時間:
7:30~翌1:00(金曜は~翌1:30、土曜は~翌2:00)
定休日:
一部祝日 
Webサイト:
http://www.santeustachioilcaffe.it

本場でも愛されるジェラテリアへ

ジェラート発祥の地ローマ。クリーミーな舌ざわりと、個性あふれるフレーバーが楽しめる店も多い。

アル・セッティモ・ジェーロ(Al Settimo Gelo)

一風変わったオリジナルのジェラート
ヴァチカン市国に近いエリアにある人気のジェラート店。ベテランの女性ジェラート職人ミレッラさんが作るのは、ローズウォーターを使ったイラン風はじめギリシャ風、アフガニスタン風などちょっとエキゾチックだがおいしいと評判のジェラート。

161305
161271

スパイシーなイラン風など変わった味が楽しめる

アル・セッティモ・ジェーロ

現地名:
Settimo Gelo
住所:
Via Vodice 21/A
地図を見る »
アクセス:
メトロA線 Lepanto レーパント駅から徒歩10分
TEL:
06-3725567
営業時間:
8:30~23:30(冬季は~22:00) 日曜は13:30~14:30に中休みあり
定休日:
月曜、一部祝日、1月 

ジョリッティ(Giolitti)

ローマを代表する老舗ジェラテリア
ナヴォーナ広場からも近く、昔から映画スターをはじめVIPが訪れることでも名高い店。おいしさの秘密はなんといっても添加物や着色料などを一切使わないことにこだわっているところ。季節の果物など、イタリアの四季をジェラートで味わいたい。

161297
162506

地元でも人気の老舗

ジョリッティ

現地名:
Giolitti
住所:
Via Uffici del Vicario 4
地図を見る »
アクセス:
ナヴォーナ広場から徒歩10分
TEL:
06-6991243
営業時間:
7:00~翌1:00
定休日:
無休 

サン・クリスピーノ(San Crispino)

厳選素材を使って秘伝のレシピを再現
ローマ市内で数店舗展開しているが、一番人気はトレヴィの泉近くにあるこの店。材料の果物や牛乳、マルサラ酒にも最高級品を使うなど、とにかく素材にこだわり、おいしさを追求する。メディチ家のレシピを再現した「サン・クリスピーノ」が人気。

162527
161289

サン・クリスピーノを求める人でつねに賑わっている

サン・クリスピーノ

現地名:
San Crispino
住所:
Via della Panetteria 42
地図を見る »
アクセス:
メトロA線バルベリーニ駅から徒歩5分
TEL:
06-6793924
営業時間:
11:00~翌0:30(金・土曜は11:00~翌1:30)
定休日:
無休 

チャンピーニ(Ciampini)

著名人も訪れる人気の店
国会の近くという、まさにローマの中心地にあるカフェ&ジェラテリア。ここではテラス席でゆっくりとエスプレッソのお供においしいジェラートを、というスタイルが定番。食事もできるのでランチのあとにジェラートで締める、というのもおすすめ。

161288
162565

広めの店内だが行列ができるほどの人気ぶり

チャンピーニ

現地名:
Ciampini
住所:
Piazza S. Lorenzo in Lucina 29
地図を見る »
アクセス:
メトロA線 Spagna スパーニャ駅から徒歩10分
TEL:
06-6876606
営業時間:
7:30~22:30(冬季は~21:30、日曜は9:00~)
定休日:
無休 

イタリアのおすすめホテル

トラベルデイズ イタリア

  • 発売日:2012年07月02日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ イタリア」です。掲載している情報は、2014年10月〜2015年1月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。