2017年9月23日

イタリア

イタリア世界遺産 美しさと壮大さに心奪われる個性派建物

by Fish & Tips

Castel del Monte, Apulia, Italy

天才芸術家たちの美と技の競演
イタリアが生んだ綺羅星のような偉人たちが具現化した希有にして驚異の建築物をめぐる。

アルベロベッロのトゥルッリ

トゥルッリ(イタリア語で屋根の意)は先史時代からプーリア州で続く独特の住宅。漆喰塗りの白壁と円錐形の灰色の屋根が特徴で、接合剤を使わずに石灰岩の切石を積み重ねる特異な工法をとる。その理由は、すぐ壊せるようにして屋根にかかる税金を免れるためとも。トゥルッリが並ぶ旧市街を歩くと、おとぎの国に迷い込んだような気分に。

Fotolia_27771281_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © dodo7873

とんがり屋根の家が並び建つおとぎの世界

アクセス

( ナポリから )
カゼルタまで鉄道(R)で約45分。バーリまで鉄道(FA)で約3時間。アルベロベッロまで私鉄で約1時間40分。駅から集落までは徒歩7分

Fotolia_158912110_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © e55evu

屋根に描かれている模様は何パターンかある

Fotolia_155821732_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © KANON

トゥルッリの壁は二重構造で、外壁と内壁の間には土砂が詰まっている

アルベロベッロのトゥルッリ

現地名:
Trulli di Alberobello
住所:
アルベロベッロ(プーリア州)はバーリの南東55km、ターラントの北45km
地図を見る »
アクセス:
ナポリからカゼルタまで鉄道(レジョナーレ)で約45分。バーリまで鉄道(フレッチャルジェンド)で約3時間。アルベロベッロまで私鉄で約1時間40分。駅から集落までは徒歩7分

ピサのドゥオモ広場

物理学者、天文学者として名高いガリレオ・ガリレイの故郷として知られる街ピサは、倒れてしまいそうに斜めに建つ「斜塔」で世界的に有名。その斜塔が建つ、緑の芝生で覆われた広場全体が世界遺産に登録されている。ドゥオモを中心に洗礼堂、本堂、鐘楼としての役割をもつ「斜塔」など、建築技術と装飾技法の高さから「奇跡の広場」と讃えられている。

Fotolia_170624481_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © kmiragaya

ピサ・ロマネスク様式が結集した「奇跡の広場」
ドゥオモ、斜塔と迫力ある風景。

アクセス

( フィレンツェから )
ピサまで鉄道(RV)で約1時間

Fotolia_172273503_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © 4kclips

斜塔はピサ出身のガリレオ・ガリレイが落下の実験を行なったことでも有名

ピサのドゥオモ広場

現地名:
Piazza del Duomo a Pisa
住所:
ピサ市(トスカーナ州)はフィレンツェの西77km
地図を見る »
アクセス:
フィレンツェからピサまで鉄道(レジョナーレ・ヴェローチェ)で約1時間

ティヴォリのエステ家別荘

修道院の跡地に16世紀、エステ家出身のローマ枢機卿イッポリトが莫大な財をつぎこんで建設した別荘。ルネサンスの優美な館、緑豊かなイタリア式庭園、数々の噴水が見事。

アクセス

( ローマから )
地下鉄B線ポンテ・マンモーロ駅からラルゴ・ナツィオーニ・ウニテまでプルマン(長中距離バス)で約1時間30分。別荘へは徒歩5分

Fotolia_99749359_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © Vladimir Mucibabic

趣向を凝らした噴水による水の饗宴
四季折々の植物が配された庭園には、百の噴水、オルガンの噴水、卵形の噴水、ドラゴンの泉などがあり、美しい水しぶきと音色を楽しませてくれる

ティヴォリのエステ家別荘

現地名:
Villa d'Este(Tivoli)
住所:
ティヴォリ(ラツィオ州)はローマの東約30km
地図を見る »
アクセス:
地下鉄B線ポンテ・マンモーロ駅からラルゴ・ナツィオーニ・ウニテまでプルマン(長中距離バス)で約1時間30分。別荘へは徒歩5分

ヴィッラ・アドリアーナ(ティヴォリ)

ハドリアヌス帝の命によって、ローマ郊外のティヴォリに2世紀前半に完成。120haもの敷地に、皇帝が視察旅行中に目にしたギリシャやエジプトなどの景観や建物を再現した。

Fotolia_134879233_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © pwmotion

ローマ皇帝の空想力と夢が生んだ別荘跡
柱廊が円形に建ち並ぶ海上劇場(テアトロ・マリッティモ)

アクセス

( ローマから )
地下鉄B線ポンテ・マンモーロ駅からヴィッラ・アドリアーナまでプルマン(長中距離バス)で約50分

Fotolia_123239511_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © lpictures

古典建築の傑作として後世に影響を与えた神殿、広場、劇場、大浴場、図書館などの遺跡が並ぶ。全体の1/3ほどの敷地を公開

ヴィッラ・アドリアーナ(ティヴォリ)

現地名:
Villa Adriana(Tivoli)
住所:
ティヴォリ(ラツィオ州)はローマの東約30km(ヴィッラ・アドリアーナはさらに南西6km)
地図を見る »
アクセス:
地下鉄B線ポンテ・マンモーロ駅からヴィッラ・アドリアーナまでプルマン(長中距離バス)で約50分

アラブ-ノルマン様式のパレルモ及びチェファルとモンレアーレの大聖堂

2015年に登録された新しい世界遺産。地中海の要衝であるシチリア島では、古代から諸民族が興亡。ギリシャ、ローマ、ノルマン、アラブなど多様な文明の影響を受け、重層的な独特の文化が生まれた。なかでもパレルモと近郊のモンレアーレ、チェファルに残るアラブとノルマン様式が融合した建造物はエキゾチック。チェファルは海の景観も美しい。

120942

地中海世界の十字路の多彩な文化の残照
ノルマン王宮のパラティーナ礼拝堂は、北方ノルマンとビザンチン、アラブの文化が混合したモザイク装飾が見事

アクセス

( 各都市からパレルモまで )
各都市からシチリア島のパレルモまで飛行機あり。空港から市内まで車で約50分

120927

パレルモの大聖堂。アラブ支配下ではモスクに改築されるなど、統治者によって数度の様式の変遷を経ている

アラブ-ノルマン様式のパレルモ及びチェファルとモンレアーレの大聖堂

現地名:
Palermo arabo-normanna e le cattedrali di Cefalù e Monreale
アクセス:
各都市からシチリア島のパレルモまで飛行機あり。空港から市内まで車で約50分

ヴァチカン市国

ローマ市内にある世界最小の独立国家で、国全体が世界遺産。ルネサンスとバロックの天才芸術家が建造に携わり、建築美と傑作芸術が集まる。

130367

サン・ピエトロ大聖堂のクーポラから広場を見ると鍵の形になっている

%3CatariName%3ERoma596.eps%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

カトリック教会の総本山
壮麗な大聖堂、サン・ピエトロ大聖堂の設計にはラファエロやミケランジェロも参加した

ヴァチカン市国

現地名:
Stato della Città del Vaticano
住所:
ヴァチカン市国(ローマ市内)
地図を見る »
アクセス:
メトロA線オッタヴィアーノ/サン・ピエトロ/ムゼイ・ヴァチカーニ駅 オッタヴィアーノ出口から徒歩8分

レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院

15世紀末、修道院食堂の壁画として、ダ・ヴィンチが『最後の晩餐』を制作。20世紀末の大修復で蘇った、鮮やかな色彩の名画を堪能できる。

%3CatariName%3EIMG_5415.eps%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

ルネサンスの記念碑的壁画
教会の建物は15世紀末、ブラマンテが大改築を施した

レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院

現地名:
La Chiesa e il convento Domenicano di Santa Maria delle Grazie e il ‘Cenacolo' di Leonardo da Vinci
住所:
Piazza S.Maria delle Grazie 2
地図を見る »
アクセス:
メトロ1・2号線Cadorna FNカドルナ駅から徒歩8分
TEL:
02-92800360
営業時間:
7:00~12:00、15:00~18:45(閉館は19:15)、最後の晩餐は8:15~18:45(閉館は19:00)
定休日:
月曜(見学) 

アッシジ、聖フランチェスコ聖堂と関連遺跡群

緑の丘にあるアッシジは、清貧と平和を説いた守護聖人、サン・フランチェスコの故郷。13世紀創建の聖フランチェスコ聖堂は2層構造を持ち、ジョットなどの絵画が壁を埋める。

アクセス

( フィレンツェから )
アッシジまで鉄道(RV)で約2時間30分

120950

聖人誕生の地に建つ壮麗な聖堂と宗教絵画群
聖堂は山の斜面に建ち、上堂と下堂の2層からなるゴシック建築。上堂にあるジョットのフレスコ画連作と、下堂のチマブーエの絵画などが必見

アッシジ、聖フランチェスコ聖堂と関連遺跡群

現地名:
Assisi, La Basilica di San Francesco e altri siti Francescani
住所:
アッシジ(ウンブリア州)はローマの北東177km、ペルージャの南東23km
地図を見る »
アクセス:
フィレンツェからアッシジまで鉄道(レジョナーレ・ヴェローチェ)で約2時間30分

カゼルタの18世紀の王宮と公園、ヴァンヴィテッリの水道橋とサン・レウチョ邸宅群

18世紀にナポリを支配したブルボン家のカルロ3世が、ベルサイユ宮殿をしのぐ王宮をめざし、ナポリ郊外に建設。1200の部屋と120haの庭園を持つ豪華絢爛な空間が広がる。

SONY DSC

ロココ様式の王宮と壮大なスケールの庭園
庭園には300以上の滝や噴水群が配され、水の供給のため水道橋も建造された

アクセス

( ナポリから )
カゼルタまで鉄道(R)で約45分。駅から宮殿まで徒歩10分

SONY DSC

王宮と庭園の設計は建築家ルイージ・ヴァンヴィテッリが手がけた

カゼルタの18世紀の王宮と公園、ヴァンヴィテッリの水道橋とサン・レウチョ邸宅群

現地名:
La Reggia di Caserta del XVIII con il Parco, l'acquedotto Vanvitelli e il Complesso di San Leucio
住所:
カゼルタ(カンパニア州)はナポリの北27km
地図を見る »
アクセス:
ナポリからカゼルタまで鉄道(レジョナーレ)で約45分。駅から宮殿まで徒歩10分

ピエモンテとロンバルディアのサクリ・モンティ

サクリ・モンティは「聖なる山々」の意。16〜17世紀にエルサレムに代わる巡礼地として、イタリア北西部に聖堂や礼拝堂が建造された。丘、森、湖など周辺の自然も素晴らしい。

アクセス

( ミラノからヴァラッロ・セジアまで )
ノヴァーラまで鉄道(RV)で約40分。ヴァラッロ・セジアまでバスで約1時間15分。市内からロープウェイでアクセス

120957

建築物と自然景観が調和した“聖なる山々”
オスマントルコの脅威のため、エルサレム巡礼が困難だった時期の巡礼地となった。全9か所が世界遺産に登録

ピエモンテとロンバルディアのサクリ・モンティ

現地名:
Sacri Monti del Piemonte e della Lombardia
住所:
イタリア北部。ヴァラッロ・セジア(ピエモンテ州)はミラノの北西100km。クレア(ピエモンテ州)はアレッサンドリアの西40km。オルタ・サン・ジュリオ(ピエモンテ州)はストレーザの南西28km。ヴァレーゼ(ロンバルディア州)はミラノの北56km。オローパ(ピエモンテ州)はビエラの北西13km。オッスッチョ(ロンバルディア州)はコモの北26km。ギッファ(ピエモンテ州)はストレーザの北22km。ドモ
地図を見る »
アクセス:
ミラノからノヴァーラまで鉄道(レジョナーレ・ヴェローチェ)で約40分。ヴァラッロ・セジアまでバスで約1時間15分。市内からロープウェイでアクセス

サヴォイア王家の王宮群

トリノに残るサヴォイア家の宮殿や庭園。16世紀、この街がサヴォイア公国の都になったとき、建築家ユヴァッラらが都市計画を進め、絢爛たるバロックの宮殿が多く建てられた。

アクセス

( ミラノからトリノまで )
鉄道(FR)で約1時間

120972

名家の栄華を伝えるバロック建築
王宮、マダマ宮殿、郊外のリヴォリ城やストゥピニージ狩猟宮殿などを登録

サヴォイア王家の王宮群

現地名:
Residenze Sabaude
住所:
トリノとその周辺(ピエモンテ州)。ミラノの西南約140km
地図を見る »
アクセス:
ミラノからトリノまで鉄道(フレッチャロッサ)で約1時間

トスカナ地方のメディチ家の別荘と庭園群

ルネサンスの庇護者メディチ家が、15〜17世紀に建造した12の館と2つの庭園が世界遺産に登録。要塞も兼ねた城館とは異なり、トスカーナの田園風景に溶け込む芸術と文化の発信地となり、後世の館建築に影響を与えた。

118683

館と庭園、自然が一体化
フィレンツェのピッティ宮殿の背後にあるボーボリ庭園は最も美しく優雅なイタリア式庭園のひとつ

アクセス

( フィレンツェからプラトリーノ庭園まで )
サン・マルコ広場からバスで約50分

119230

フィレンツェの北にあるプラトリーノ庭園。16世紀の別荘の周囲には広大な庭園が広がる

トスカナ地方のメディチ家の別荘と庭園群

現地名:
Ville medicee
住所:
フィレンツェ
地図を見る »
アクセス:
サン・マルコ広場からバスで約50分

デル・モンテ城

13世紀、名君の誉れ高い神聖ローマ帝国の皇帝フリードリヒ2世の命により軍事要塞として建造。正八角形の構造で、中庭と角の8つの塔も八角形となり、独特の偉容をたたえる。

Castel del Monte, Apulia, Italy

広大な緑地にそびえる八角形の巨大な要塞
イスラム文化と北方ヨーロッパの建築様式が調和・融合した独特のゴシック様式をもつ

アクセス

( ナポリから )
カゼルタまで鉄道(R)で約45分。バーリまで鉄道(FA)で約3時間。アンドリアまで私鉄で約1時間。デル・モンテ城までバスで約40分

Entrance to Castel del Monte, Apulia, Italy

平地にぽつんと建つ姿は孤高の雰囲気を醸し出している

デル・モンテ城

現地名:
Castel del Monte
住所:
アンドリア市郊外(プーリア州)はバーリの西55km
地図を見る »
アクセス:
ナポリからカゼルタまで鉄道(レジョナーレ)で約45分。バーリまで鉄道(フレッチャルジェンド)で約3時間。アンドリアまで私鉄で約1時間。デル・モンテ城までバスで約40分

パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)

ガリレオが教鞭を執ったことでも知られるパドヴァ大学の構内に1545年、薬草園として造られた。以後、膨大な種類の植物の効能などを研究し、薬学や医学などの発展に貢献している。

123353

16世紀創設の世界最古の植物園
イタリアで最も美しい植物園のひとつ。国内外の世界の植物が一堂に集まる。大学構内の雰囲気もよい

アクセス

( ヴェネツィアから )
パドヴァまで鉄道(RV)で約30分。駅からパドヴァの植物園までトラムで約6分、または徒歩約20分

132933

花や草を見ながらのんびり過ごすのもいい

パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)

現地名:
L'Orto botanico di Padova
住所:
パドヴァ(ヴェネト州)はヴェネツィアの西42km
地図を見る »
アクセス:
ヴェネツィアからパドヴァまで鉄道(レジョナーレ・ヴェローチェ)で約30分。駅からパドヴァの植物園までトラムで約6分、または徒歩約20分

ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

5世紀に西ローマ帝国の首都として、8世紀まではビザンチン帝国の都として栄えたラヴェンナ。その期に建造された8つの建物内に初期キリスト教の傑作モザイク画が多数残る。

アクセス

( フィレンツェから )
ボローニャまで鉄道(FR)で約40分。ラヴェンナまで鉄道(R)で約1時間

Mosaics of Basilica of San Vitale, Ravenna, Italy

黄金色に輝くモザイク画が幻惑の世界に誘う
教会や霊廟はモザイクの宝庫。ギリシャ・ローマ様式とビザンチン様式、キリスト教的図像が融合した緻密なモザイク画が見る者を圧倒する

ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

現地名:
Monumenti paleocristiani di Ravenna
住所:
ラヴェンナ(エミリア・ロマーニャ州)はボローニャの東74km
地図を見る »
アクセス:
フィレンツェからボローニャまで鉄道(フレッチャロッサ)で約40分。ラヴェンナまで鉄道(レジョナーレ)で約1時間

イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡(568‐774年)

6〜8世紀にイタリアを統治したロンゴバルド王国は、ゲルマン系のロンゴバルド族が建国。北方のみずからの文化と古代ローマやキリスト教世界を融合した独自の文化を誕生させた。

アクセス

( ヴェネツィアからチヴィダーレ・デル・フリウリまで )
ウーディネまで鉄道(RV)で約1時間50分。チヴィダーレ・デル・フリウリまで私鉄で約20分

123376

西洋史に大きな影響を与えたゲルマン系文化
チヴィダーレ・デル・フリウリの「ロンゴバルドのテンピエット」をはじめ、イタリア全土に点在する7地域の教会、修道院、要塞などを登録

イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡(568‐774年)

現地名:
I Longobardi in Italia.Luoghi di potere
住所:
チヴィダーレ・デル・フリウリなど(フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州)、ブレシャ(ロンバルディア州)、カステルセプリオとトルバ(ロンバルディア州)、クリトゥンノ(ウンブリア州)、スポレート(ウンブリア州)、ベネヴェント(カンパニア州)、 モンテ・サンタンジェロ(プーリア州)
地図を見る »
アクセス:
ヴェネツィアからウーディネまで鉄道(レジョナーレ・ヴェローチェ)で約1時間50分。チヴィダーレ・デル・フリウリまで私鉄で約20分

ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレ

シチリア内陸部の街ピアッツァ・アルメリーナに残る3〜4世紀の大富豪の別荘跡。50を超す部屋の床一面に巨大なモザイク画が配され、ローマ帝政期の芸術と技をうかがえる。

123345

古代ローマ時代最大のきらびやかなモザイク画
ビキニ姿の女性たちやアフリカの狩猟の様子など宗教を離れた斬新な絵柄が多い

アクセス

( カターニアから )
ローマなどからシチリア島のカターニアまで飛行機あり。カターニアからヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレまでバスで約1時間40分

02-21747

別荘跡は20世紀に発掘された。モザイクの様式には北アフリカの影響が見受けられる

ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレ

現地名:
La Villa Romana del Casale di Piazza Armerina
住所:
ピアッツァ・アルメリーナ(シチリア州)はカターニアの南西約90km
地図を見る »
アクセス:
ローマなどからシチリア島のカターニアまで飛行機あり。カターニアからヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレまでバスで約1時間40分

モデナの大聖堂、トッレ・チヴィカ及びグランデ広場

12世紀に自由都市として栄えたモデナ。この期に建築家ランフランコと彫刻家ヴィリジェルモが街の中心に優美な大聖堂を建設。トッレ・チヴィカ(鐘楼)は繊細な細工が見どころ。

アクセス

( フィレンツェから )
ボローニャまで鉄道(FR)で約40分。モデナまで鉄道(R)で約30分

123325

「小さな花」の鐘楼を持つロマネスクの傑作
聖堂内はレンガ造りの三廊式で、円柱と角柱が交互に並ぶ。後陣の隣にそびえる鐘楼は高さ88mで、「ギルランディーナ(小さな花)」の愛称を持つ

モデナの大聖堂、トッレ・チヴィカ及びグランデ広場

現地名:
Modena: Cattedrale, Torre Civica e Piazza Grande
住所:
モデナ(エミリア・ロマーニャ州)はボローニャの北西40km
地図を見る »
アクセス:
フィレンツェからボローニャまで鉄道(フレッチャロッサ)で約40分。モデナまで鉄道(レジョナーレ)で約30分

イタリアのおすすめホテル

まっぷるイタリア’18

  • 発売日:2017年01月11日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるイタリア’18」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2016年10〜12月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。料金・価格の単位は、ユーロ(€)で表示しています。