2017年9月1日

イタリア

イタリアへおでかけ前にチェック!お役立ちトレンド情報!

by Fish & Tips

Palermo Cathedral

大人気スポットの修復完了や、夜間見学でイタリア観光はますます便利に。お得情報も事前に仕入れておけば、現地で有利に動けるのでぜひチェックして!

【チェック1】ローマの観光名所が次々と修復完了!

2015年11月/2016年7・9月

ローマでは2015年のトレヴィの泉の修復完了に続き、2016年7月のコロッセオの外壁、9月のスペイン階段とバルカッチャの噴水と相次いで大人気観光スポットの修復が完了。コロッセオの修復工事はまだ続くが、いちばん足場が目立つ外壁の修復が終わった。本来の美しさを取り戻したスポットでぜひ記念撮影を!

950075

修復直後のスペイン広場は人で大賑わい。

955989

トレヴィの泉も美しい彫刻群がよみがえった

955968

料金の値上げが検討されているコロッセオ

スペイン広場

スペイン広場

現地名:
Piazza di Spagna
住所:
Piazza di Spagna
地図を見る »
アクセス:
メトロA線スパーニャ駅から徒歩1分

コロッセオ

コロッセオ

現地名:
Colosseo
住所:
Piazza del Colosseo
地図を見る »
アクセス:
メトロB線コロッセオ駅から徒歩2分
TEL:
06-39967700
営業時間:
8:30~18:15(1/2~2/15、10/29~12/31は~15:30、2/16~3/15は~16:00、3/16~3/25は~16:30、9月は~18:00、10/1~28は~17:30)、閉場は各1時間後
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.coopculture.it

トレヴィの泉

トレヴィの泉

現地名:
Fontana di Trevi
住所:
Piazza di Trevi
地図を見る »
アクセス:
メトロA線バルベリーニ駅から徒歩8分
営業時間:
見学自由
定休日:
見学自由 

【チェック2】各地で夏期開催の夜間見学にGO!

2017年4〜10月あたり

イタリアでは数年前から旅行客へのサービスとして人気観光スポットの夜間見学を春〜秋に開催してきた。2017年も続行予定で、スポットにより予約が必要なもの、ガイドツアーのみのものがある。夜の美術館やコロッセオは昼間とはまた異なる姿に感動。野外のスポットの場合は夏の炎天下を避けられるのも便利だ。事前に調べて活用しよう。

961376

コロッセオ

コロッセオ

現地名:
Colosseo
住所:
Piazza del Colosseo
地図を見る »
アクセス:
メトロB線コロッセオ駅から徒歩2分
TEL:
06-39967700
営業時間:
8:30~18:15(1/2~2/15、10/29~12/31は~15:30、2/16~3/15は~16:00、3/16~3/25は~16:30、9月は~18:00、10/1~28は~17:30)、閉場は各1時間後
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.coopculture.it

フォロ・ロマーノ

フォロ・ロマーノ

現地名:
Foro Romano
住所:
Via della Salara Vecchia 5/6
地図を見る »
アクセス:
メトロB線コロッセオ駅から徒歩5分
TEL:
06-39967700
営業時間:
8:30~18:15(1/2~2/15、10/29~12/31は~15:30、2/16~3/15は~16:00、3/16~3/25は~16:30、9月は~18:00、10/1~28は~17:30)、閉場は各1時間後
定休日:
無休 

ヴァチカン美術館

ヴァチカン美術館

現地名:
Musei Vaticani
住所:
Viale Vaticano
地図を見る »
アクセス:
メトロA線オッタヴィアーノ/サン・ピエトロ/ムゼイ・ヴァチカーニ駅 オッタヴィアーノ出口から徒歩6分
TEL:
06-69883860
営業時間:
9:00~16:00(閉館は~18:00)、毎月最終日曜は~12:30(閉館は~15:00)
定休日:
日曜(最終日曜は開館)、祝日 
Webサイト:
http://mv.vatican.va

ウッフィッツィ美術館

ウッフィッツィ美術館

現地名:
Galleria degli Uffizi
住所:
Piazzale degli Uffizi
地図を見る »
アクセス:
シニョリーア広場から徒歩1分
TEL:
055-294883
営業時間:
8:15~18:35(閉館は18:50)、チケット販売は~18:05(5/31~9/27の火曜は~21:35、閉館は22:00、チケット販売は~21:05)
定休日:
月曜(予約受付は日曜休)、一部祝日 
Webサイト:
http://www.uffizi.it

ヴェッキオ宮

ヴェッキオ宮

現地名:
Palazzo Vecchio
住所:
Piazza della Signoria 1
地図を見る »
アクセス:
Santa Maria Novella サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩20分
TEL:
055-2768325
営業時間:
9:00~22:00(木曜は通年~13:00、10~3月は~18:00)、閉館は各1時間後
定休日:
無休 

アカデミア美術館

アカデミア美術館(フィレンツェ)

現地名:
Galleria dell'Accademia
住所:
Via Ricasoli 60
地図を見る »
アクセス:
ドゥオモから徒歩6分
TEL:
055-2388609
営業時間:
8:15~18:20(閉館は18:50)
定休日:
月曜 

【チェック3】運河沿いの古い館がDFSに生まれ変わる!

2016年10月

16世紀にドイツ人商館(フォンダコ・デイ・テデスキ)として建てられた歴史的建造物で、長くヴェネツィアの中央郵便局として使われていたが、2016年10月、デパートとして生まれ変わった。グッチやエトロなどのブランドのほか、1階にはイタリア全国の食材やワイン、ムラーノ・ガラスなどが並ぶ。最上階テラスから眺めるヴェネツィアの絶景も見逃せない。

956039

リアルト橋のすぐ隣、かつてはフレスコ画で装飾されていた

Tギャラリア ヴェネツィア by DFS フォンダコ デイ テデスキ店

960028

Tギャラリア ヴェネツィア by DFS フォンダコ デイ テデスキ店

現地名:
T Galleria by DFS Fondaco Dei Tedeschi
住所:
Calle del Fontego dei Tedeschi
地図を見る »
アクセス:
リアルト橋から徒歩1分
TEL:
041-3142000
営業時間:
10:00~20:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://dfs.com

【チェック4】映画『インフェルノ』のロケ地、フィレンツェとヴェネツィアへ

2016年秋公開

『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』に続くダン・ブラウン原作の小説『インフェルノ』の映画が2016年秋に公開。ダンテの『神曲 地獄篇』にまつわるストーリーで、フィレンツェ、ヴェネツィアを舞台に展開していく。映画鑑賞後なら話に登場した重要スポットを目の前に興奮すること間違いなし!

951901

ヴェッキオ宮の五百人広間の壁に隠れていたダ・ヴィンチの絵がストーリーのポイントに

ヴェッキオ宮

ヴェッキオ宮

現地名:
Palazzo Vecchio
住所:
Piazza della Signoria 1
地図を見る »
アクセス:
Santa Maria Novella サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩20分
TEL:
055-2768325
営業時間:
9:00~22:00(木曜は通年~13:00、10~3月は~18:00)、閉館は各1時間後
定休日:
無休 

ボーボリ庭園

ボーボリ庭園

現地名:
Giardino di Boboli
住所:
Piazza dei Pitti 1
地図を見る »
営業時間:
8:15~17:30(1・2・11・12月は~15:30、3月は~16:30、6~8月は~18:30)、閉館は各1時間後
定休日:
第1・最終月曜、一部祝日 

ヴァザーリの回廊

ヴァザーリの回廊

現地名:
Corridoio Vasariano

サン・ジョヴァンニ洗礼堂

サン・ジョヴァンニ洗礼堂

現地名:
Battistero di San Giovanni
住所:
P.za S. Giovanni
地図を見る »
アクセス:
Santa Maria Novella サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩10分
TEL:
055-2302885
営業時間:
8:15~10:15、11:15~19:30(日曜は8:15~13:30)※日により変動あり
定休日:
一部祝日 時間、休みは変動あり

ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂) (フィレンツェ)

現地名:
Duomo(Basilica di Santa Maria del Fiore)
住所:
Piazza del Duomo
地図を見る »
アクセス:
サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩10分
TEL:
055-2302885
営業時間:
10:00~17:00(金曜は~16:30、土曜は~16:45、日曜は13:30~16:30)※HP(日本語あり)から日付を設定して各施設の時間確認可能
定休日:
一部祝日 
Webサイト:
http://www.museumflorence.com

サン・マルコ広場

サン・マルコ広場

現地名:
Piazza San Marco
住所:
Piazza S. Marco
地図を見る »
アクセス:
ヴァポレット1・2・N番サン・マルコ・ヴァッラレッソから徒歩3分

【チェック5】グルメみやげは「イータリー」!

トリノ発のイタリア産高品質食材を扱う「イータリー」は選りすぐりのイタリア食材がそろい、イートインも充実した食のテーマパーク。各地に支店があるので利用しやく、2015年にはローマの2号店がオープン。品数はオスティエンセ駅近くの1号店が勝るものの、ローマ中心地に位置するだけあって、より気軽に厳選食材が買える。

950092

イータリー ローマ・レプッブリカ店

イータリー ローマ・レプッブリカ店

現地名:
Eataly Roma Repubblica
住所:
Piazza della Repubblica 41
地図を見る »
アクセス:
メトロA線レプッブリカ駅から徒歩1分
TEL:
06-45509130
営業時間:
8:00~翌1:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.roma-repubblica.eataly.it

【チェック6】アリタリア-イタリア航空のユニフォームがおしゃれに刷新!

2016年5月

アリタリア-イタリア航空が男女ともに新しい制服を発表。女性は客室乗務員がワインレッド、地上職員が深緑をキーカラーにパンツ、ジャケット、ワンピースなどを展開。いずれもエレガントなシルエットでイタリアらしい。男性は深緑を基調としたジャケットでネクタイの色が変わる。

新しい制服はエットーレ・ビロッタのデザイン

アリタリア-イタリア航空

www.alitalia.com/ja_jp

【チェック7】各種パスを有効活用しよう

地下鉄やバスなどの交通パスや、観光スポットのパスは金銭的にお得な面もあるが、重要なのは時間の節約ができる点。観光大国のイタリアでは人気スポットに行列ができることも多いが、パスがあれば入口が異なり、スムーズに入場できることが多い。混雑回避のためのパス購入も事前に検討しておこう。

967522
964791
964783

ローマパスやフィレンツェカードの適用範囲はサイトを見てみよう

【チェック8】2017年のG7サミットシチリア島で開催決定!

2017年

2016年に伊勢志摩で開かれたG7サミット(主要7か国首脳会議)が次回はイタリア南部のシチリア島で開かれることをレンツィ首相が発表。イタリアが抱える難民・移民問題などをはじめ、さまざまな課題が話し合われることとなる。

Palermo Cathedral

シチリアはパレルモなど世界遺産が多い

【チェック9】ブランドショッピングはアウトレット&セール利用が得

世界中から愛されるイタリアブランドは現地でお得に購入したいもの。免税手続きをして返金してもらうのはもちろん、加えて重要なのは2つ。1つは冬(1月7日頃〜)と夏(7月末〜8月頭)に行なわれるセールを利用すること。2つ目は街なかや郊外にあるアウトレットショップを利用することだ。高級ブランドのお膝元なのでアウトレットの品ぞろえは日本よりも豊富。ショッピング好きなら立ち寄ってみても損はない。

965342

フィデンツァ・ヴィレッジ

ミラノから1時間の大型モール

美しい街並みのテーマパークのような敷地に、世界的ブランドが100以上そろう。

フィデンツァ・ヴィレッジ

現地名:
Fidenza Village
住所:
Via S. Michele Campagna
地図を見る »
アクセス:
ミラノ・カステッロ広場からシャトルバス(往復€20、予約可)が毎日1往復運行。ミラノ発10:30、フィデンツァ・ヴィレッジ発17:30
TEL:
05-2433551
営業時間:
10:00~20:00
定休日:
一部祝日 
Webサイト:
http://www.FidenzaVillage.com

セッラヴァッレ・デザイナー・アウトレット

ミラノ郊外、最大規模の敷地面積

店舗数180以上の老舗。身近なブランドやディフュージョンラインが中心。

セッラヴァッレ・デザイナー・アウトレット

現地名:
Serravalle Designer Outlet
住所:
Via Della Moda 1
地図を見る »
アクセス:
ミラノ中央駅からジェノヴァ方面行きでアルクアタ・スクリヴィア駅下車、車で10分。カステッロ広場からシャトルバス(往復€20~25)も毎日3往復運行。ミラノ発10:00、11:00、13:30、セッラヴァッレ発17:00、20:00。ミラノ中央駅やドゥオモ発のシャトルバスもあり
TEL:
01-43609000
営業時間:
10:00~20:00
定休日:
一部祝日 
Webサイト:
http://www.mcarthurglen.com

【チェック10】スターバックスがイタリアに進出決定

2017年初頭

アメリカの大手コーヒーチェーン、スターバックスが2017年にイタリア国内に初めての店舗を開店。記念すべき第1号の出店はミラノで、次はヴェネツィアやヴェローナなどを検討しているそう。コーヒーよりもエスプレッソを好む国民性に沿うよう、エスプレッソ中心のメニュー展開になるようだ。

965147

CEOのハワード・シュルツがミラノを訪問

この記事のタグ

イタリアのおすすめホテル

まっぷるイタリア’18

  • 発売日:2017年01月11日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるイタリア’18」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2016年10〜12月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。料金・価格の単位は、ユーロ(€)で表示しています。