2017年8月31日

オアフ島

ハワイおすすめビーチ!ハナウマ湾ほかいろいろ!

by Fish & Tips

115226

サンゴ礁が広がる美しい入り江 ハナウマ湾

全米No.1ビーチにも選ばれたことのある人気スポット。ここでは初心者もぜひシュノーケリングに挑戦しよう。

ココヘッドの東側にある大きな入り江で、透き通った青い海と白砂のビーチが連なる。遠浅で波が穏やかな絶好のシュノーケリング・スポットだ。海洋生物保護区に指定されているため、いくつかの注意事項がある。貝殻は持ち帰らない、水溶性のオイルや日焼け止めは使わない、サンゴや魚に触らない、などのルールを守ろう。なるべく早めの時間帯に行くのがおすすめ。

:ワイキキから東へ車で約30分
ザ・バス:B22番でハナウマ湾下車。8:00〜17:00は入口〜ビーチ間をシャトルバスが運行(下り$1、上り$1.25)

111982

透明な海とトロピカルな魚たち

112023

入場する前に…
一般のビーチとは違い、入場料が必要。曜日や時間帯によってはチケット売場に行列ができることも。閉場時間や休日もチェックして。

 

112155

ビデオ鑑賞後、坂を下って10分ほどでビーチへ

120768

シュノーケルやマスクはビーチのレンタルショップで。日本語表示もある

111975

きらめく青い海と美しいビーチは映画『ブルー・ハワイ』の撮影ロケ地にもなるほど絵になる場所だ

ハナウマ湾で見られる魚図鑑

浅瀬でもさまざまな魚たちと出会えるのが魅力。初心者はできるだけ安全なリーフ内で。リーフの外はより多くの魚がいるが上級者向け。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Rendez-vous, by tata_aka_T, CC BY

ハワイアン・ホワイト・スポテッドトビー
白いドットが特徴のフグ科の魚。ハワイ固有種

5292042376_03d8769954_z
#578 milletseed butterflyfish (レモンチョウチョウウオ), by Nemo's great uncle, CC BY-NC-SA

ミレッドシード・バタフライフィッシュ
鮮やかなレモンイエローが美しいハワイ固有種

9542316681_640dd676ea_z
More stripes, by John-Morgan, CC BY

ハワイアン・スコーレル・フィッシュ
目と美しいストライプが特徴のハワイ固有種

347457235_d3970eec9e_z
Moorish Idol, by ryanoelke, CC BY-SA

ツノダシ
鎌のような長い背びれが特徴。黒い縦縞がある

ハナウマ湾

現地名:
Hanauma Bay
住所:
100 Hanauma Bay Rd.
地図を見る »
アクセス:
車:ワイキキから東へ車で約30分、ザ・バス:22番でハナウマ湾下車。8:00~17:00は入口~ビーチ間をシャトルバスが運行(片道$1.25、1日乗り放題$2.50)
TEL:
808-396-4229
営業時間:
6:00~19:00(冬季は~18:00、レンタルショップは7:00~17:00)
定休日:
火曜 

湾の環境保護に関する展示やビーチでの注意事項などはココで ハナウマ湾海洋教育センター

ハナウマ湾の入口近くにあり、湾の生態系や環境保護などについて紹介している。また入場者はビーチに行く前に、まずここのシアターでの自然保護に関するビデオ鑑賞が義務づけられている。日本語音声ヘッドホンもある。一度見れば1年間有効なので名前とアドレスを登録しておこう。

112975

ビーチに行く前に、まずはシアターで湾の自然に関するビデオの鑑賞が義務づけられている

112981

スナックショップでは軽食や飲み物などを販売

112987

ギフトショップにはオリジナルグッズも多い

ハナウマ湾海洋教育センター

現地名:
Hanauma Bay Education Center
住所:
100 Hanauma Bay Rd.
地図を見る »
アクセス:
ザ・バス22番(火曜運休)でハナウマ湾下車
TEL:
808-396-4229
営業時間:
6:00~19:00(冬季は~18:00、レンタルショップは7:00~17:00)
定休日:
火曜 

ツアーで行く! ハナウマ湾

人気のシュノーケリング体験ツアー ハワイアン・オーシャン・プロモーションズ Hawaiian Ocean Promotions

112248

ハワイアン・オーシャン・プロモーションズ

現地名:
Hawaiian Ocean Promotions
アクセス:
ワイキキからの送迎付
TEL:
808-396-1600
営業時間:
7:30~16:30
定休日:
無休 オフィス
Webサイト:
http://www.hoptours.com

ライセンスなしでも気軽に参加できる パシフィック・アイランド・スキューバ Pacific Island Scuba

112343

パシフィック・アイランド・スキューバ

現地名:
Pacific Island Scuba
アクセス:
ワイキキからの送迎付
TEL:
808-373-7193
営業時間:
6:00~18:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.pacificislandscuba.com

コバルトブルーの海ときめ細かな白砂が美しい カイルア・ビーチ・パーク

安定した貿易風が吹くため、ウインドサーフィンをはじめとする、マリン・アクティビティに最適。ロコ・ファミリー憩いの場でもある。

スポーツ満喫の絶景ビーチ
全米ベストビーチのランキングに何度も選ばれているほどの美しさ。週末ともなれば、遠浅の海と真っ白な砂のビーチでゆったりとくつろいだり、ビーチを背景にバーベキューやビーチバレーに興じたりするロコの姿も多い。 東海岸に位置しているため、安定した貿易風が吹くエリア。そのため、ウインドサーフィンのメッカとしても知られている。パドルサーフィンやカヤックなど、ビギナーにもトライしやすいレンタルも用意されているので、気軽に挑戦することができる。

:61号線パリ・ハイウェイからカイルア通りへ。ワイキキから約30分
ザ・バス:アラモアナ・センターからB57・57A番、カイルア・ショッピングセンターでB70番に乗り換える

113972

週末はファミリーで過ごす人たちで賑わうが、平日は比較的のどかな雰囲気。風が強いと細かな白砂が舞うこともある

117209

海面は比較的穏やかなので、アクティビティにも挑戦しやすいビーチ。

113979

ワイキキからの送迎付ツアーも人気が高い

プロの技を間近で眺めるチャンス! ウインドサーフィン

ウインドサーフィンが盛んで、ここをホームとして練習しているプロも多いとか。ビギナー向けのレッスンも数多い。

114834

カラフルなセイルを眺めているだけでも楽しめる。

ビギナーにもおすすめの海遊び パドルサーフィン

カイルアは海面が穏やかなので、ビギナーにもチャレンジしやすい。波がある場合にも、サーフィンのように波乗りをする楽しさが味わえる。

114827

アクティビティ会社 カイルア・セイルボード&カヤック

カイルア・ビーチ・パークでアクティビティを楽しむならビーチから徒歩約2分のココへ。

114821

カヤック、シュノーケル・ギア、ウインドサーフィンなど、さまざまなレンタルが用意されている。日本語スタッフもいるので安心だ。

カイルア・ビーチ・パーク

現地名:
Kailua Beach Park
アクセス:
車:61号線パリ・ハイウェイからカイルア通りへ。ワイキキから約30分、ザ・バス:アラモアナ・センターから57・57A番、カイルア・ショッピングセンターで70番に乗り換える

ハワイ語で「天国の海」を意味するビーチ ラニカイ・ビーチ

無人島を眺めながら、プライベートビーチ感覚で過ごせる場所。落ち着いた静かな雰囲気のなか、ゆったりくつろげる。

無人島が浮かぶ静かな海
オアフ島の東部、高級住宅街の路地を抜けると、突如広がる見事なビーチ。全米ナンバーワンビーチにも選ばれた実績もあるほどの美しさだ。海上にぽっかりと浮かぶ2つの無人島は、双子の島のモクルア島だ。 観光客は非常に少なく、いつでも落ち着いた静かな雰囲気。アクティブに遊ぶというよりは、ゆったりと過ごすのが似合う場所だ。ライフガードはいないので気をつけて過ごしたい。トイレや売店などの施設はないが、車で5分ほどの距離にショッピングセンターがある。

:61号線パリ・ハイウェイからカイルア通りへ。ワイキキから約30分
ザ・バス:アラモアナ・センターからB57・57A番、カイルア・ショッピングセンターでB70番に乗り換える

115226

ロコの姿が多く、プライベートビーチ感覚で過ごせることも多い

115332

整備されたビーチパークではないため、駐車場の設備もない。車で訪れた場合は、付近の住宅街の路上に駐車。駐車禁止のエリアもあるので要注意

115324

高級住宅街から続く小道を抜けると、ターコイズブルーの海が現れる

ラニカイ・ビーチ

現地名:
Lanikai Beach
アクセス:
車:61号線パリ・ハイウェイからカイルア通りへ。ワイキキから約30分、ザ・バス:アラモアナ・センターから57・57A番、カイルア・ショッピングセンターで70番に乗り換える

驚嘆の大波と夕日が美しいサーフィンのメッカ サンセット・ビーチ

その名のとおり、太平洋に沈む夕日の美しさでも知られる。海の砂浜もオレンジ色に染まる光景は圧倒されるほどだ。

腕試しのサーファーが大集合
世界的にも知られるサーフィンのメッカ。冬場ともなれば、波の高さは5~12mほどにもなり、世界中から腕試しをするサーファーたちが押し寄せる。夏は海水浴やシュノーケリングができる程度には穏やかだが、波が高くなることもあるので、無理は禁物だ。 ビーチには大きなヤシの木が茂り、砂は細かくサラサラ。澄んだ海と空が広がる最高のロケーションのなか、オレンジ色に輝くサンセットも必見だ。ただし、治安があまり良くないため、日没後は早めに帰ったほうが安心。

:H-2の終点から99号線カメハメハ・ハイウェイに入り、ハレイワ・バイパス経由83号線。ワイキキから約1時間40分
ザ・バス:アラモアナ・センターからB55番

116924

冬は10フィート(約3m)を超すビッグウェーブがやってくる。波に挑むサーファーたちを眺めるのも楽しみだ

116931

サラサラの砂と澄んだ海が美しいビーチ

サンセット・ビーチ

現地名:
Sunset Beach
アクセス:
車:H-2の終点から99号線カメハメハ・ハイウェイに入り、ハレイワ・バイパス経由83号線。ワイキキから約1時間40分、ザ・バス:アラモアナ・センターから55番

冬はサーファーの聖地、夏は静かなビーチ ワイメア・ベイ・ビーチ・パーク

冬は大波がやってくるサーフィン・スポットだが、夏は穏やか。魚も多く棲む、透明度の高いビーチ。白い砂浜も美しい。

夏と冬で表情がガラリと変化
ワイメア川が流れ出る入り江に位置する。緑豊かなワイメア渓谷を背景にした、のどかな印象。U字形になっている地形のため、夏場は穏やかで湖のように静か。透明度が高いので、シュノーケリングも楽しい。 冬になると風景は一転。ハリケーンが去る頃に世界でも屈指の、強い勢いのビッグウェーブがやってくる。世界中からサーファーが集まる聖地となるのだ。20フィート(6m)以上の高波が来たときにだけ開催される幻のサーフィンコンテストもある。

:H-2の終点から99号線カメハメハ・ハイウェイに入り、ハレイワ・バイパス経由83号線。ワイキキから約1時間15分
ザ・バス:アラモアナ・センターからB55番

116909

細かな白い砂のビーチ。砂浜の端には岩場があり、ここで磯遊びも可能。芝生の広場もある

116917

夏場は海水浴やシュノーケリングが楽しめる。浜辺でくつろぐ人々も多い。売店などはないので水などは各自で持参して

ワイメア・ベイ・ビーチ・パーク

現地名:
Waimea Bay Beach Park
アクセス:
H2の終点から99号線カメハメハ・ハイウェイに入り、83号線へ。ワイキキから車で約1時間15分

エリアによって、楽しみ方もそれぞれ そのほかのビーチ

ハワイにはおすすめのビーチがまだまだたくさんある。ちょっと足を延ばせば、観光客もぐっと少なくなり、ゆったりとした静かなムードだ。

エフカイ・ビーチ・パーク

世界のトップサーファーたちの最終目的地。見事なパイプラインが形成されることで有名。冬は超上級者のみだが、夏は穏やか。

117244

エフカイ・ビーチ・パーク

現地名:
Ehukai Beach Park

シャークス・コーヴ

ハナウマ湾と同様に海洋生物保護区域に指定され、シュノーケリングがおすすめ。ウミガメに出会えることも。冬は波が高い。

117237

シャークス・コーヴ

現地名:
Sharks Cove

ワイメア・ベイ・ビーチ・パーク

36073669965_700a74bc9a_z
Waimea Bay, Oahu, Hawaii, 2002, by ernie_nh7l, CC BY

ワイメア・ベイ・ビーチ・パーク

現地名:
Waimea Bay Beach Park
アクセス:
H2の終点から99号線カメハメハ・ハイウェイに入り、83号線へ。ワイキキから車で約1時間15分

カカアコ・ウォーターフロント・パーク

ダウンタウンの東側。砂浜はないが、海に沿って遊歩道が整備されている。えひめ丸事故で亡くなった乗組員を弔う慰霊碑が立つ。

117230

カカアコ・ウォーターフロント・パーク

現地名:
Kakaako Waterfront Park

アラモアナ・ビーチ・パーク

ワイキキからすぐだが、混雑することも少ない穴場的ビーチでサーファーに人気。約30万㎡の広大な公園でジョギングする人も多い。

117223

アラモアナ・ビーチ・パーク

現地名:
Ala Moana Beach Park
アクセス:
ワイキキトロリー・ピンクライン、またはザ・バスE・8・19・20・23・42番を利用

カピオラニ・ビーチ・パーク

117174

カピオラニ・ビーチ・パーク

現地名:
Kapiolani Beach Park
アクセス:
ワイキキ・ビーチの東側、ホノルル動物園付近の海岸線

ダイヤモンド・ヘッド・ビーチ・パーク

外海に面し、つねに風が強く、潮の流れも急なため、海水浴には不向き。ウインドサーフィンやサーフィンのポイントとして知られる。

117181

ダイヤモンド・ヘッド・ビーチ・パーク

現地名:
Diamond Head Beach Park
アクセス:
カラカウア通りをワイキキ水族館方面に進み、カピオラニ公園を過ぎてダイヤモンド・ヘッド通りへ。ワイキキから車で約10分

サンディ・ビーチ

ボディボーダー、サーファー、凧を楽しむ人が集まる。深みがあり、波も強いので遊泳には注意が必要。冬場はクジラに会えることも。

117195

サンディ・ビーチ

現地名:
Sandy Beach
アクセス:
ザ・バス22番でサンディ・ビーチ・パーク下車。またはワイキキから車で約35分

マカプウ・ビーチ・パーク Makapuu Beach Park

オアフ島の最東端にあるマカプウ岬。入り江と切り立った岸壁とマナナ(ラビット)島が美しい。遊泳には不向き。

117167

マカプウ・ビーチ・パーク

現地名:
Makapuu Beach Park

ビーチ遊びのアドバイス

着替える場所
ホテルが近いなら水着の上から軽くはおる程度でOK。タオルを持って気軽にどうぞ。郊外へ足を延ばす場合は、更衣室やトイレを利用して。
持っていくと便利なもの
タオル、着替え、日焼け止め、飲み物など。売店がない場合もあるので、用意しておくと安心。日没後は冷え込むことも多いので、はおるものがあるといい。
貴重品の管理
財布、パスポートなどの貴重品はホテルの金庫を利用。持ち込むお金は必要最小限に。
ビーチ遊びの時間帯
午前中が穏やかで過ごしやすい。12〜15時までは日差しがとくに強い。熱中症に注意。
飲食に関する注意
ビーチ、ビーチパークなどの公共の場所での飲酒は法律で禁止。ゴミは持ち帰りを。
日焼け対策
日本よりも日差しは強い。リゾート向けのSPF、PA値の高い日焼け止めが必須。Tシャツなどをはおるのもいい。日焼け後はローションなどでケアを。
けがをしたとき
ライフガードに助けを求める。ライフガードがいない場合、大きなけがの場合は、電柱に設置された緊急電話(エマージェンシーコール)か911番に電話を。

この記事のタグ

オアフ島のおすすめホテル

トラベルデイズ ホノルル

  • 発売日:2012年07月02日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ ホノルル」です。掲載している情報は、2014年8〜11月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。  最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。