2017年7月28日

台北

台湾旅行出発前にチェック!格安時季はいつ?

by Fish & Tips

320442

出発前にも現地に着いてからも使える、旅の基本ワザ。お役立ち情報をフル活用しよう。

台湾観光協会HPはお得&お役立ち情報がいっぱい

台湾観光協会の公式WEBサイトでは、頻繁に更新される台湾各地の観光情報のほか、時季によりお得なキャンペーン情報も発信しているので、出発前にチェックしておこう。サイトからは、現地の交通部が運営するサイト「台湾観光局」へも接続できる。

www.go-taiwan.net

Fotolia_130592595_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © naka

プレゼントキャンペーンなどを実施していることもあるのでマメにチェックしたい

出発前のCheck必須! お得なクーポンを活用しよう

充実した台北情報を発信する人気サイト「台北ナビ」「旅々台北」では、飲食店やショップ、マッサージ店などで使えるクーポンを発行している。旅々台北のクーポンは印刷が必要だが、台北ナビはスマホ画面の提示でもOK。有効期限も必ずチェックしよう。

台湾に関する最新ニュースも満載の台北ナビ
台北ナビ www.taipeinavi.com

旅々台北はツアーやホテル、写真館、スパの予約サービスが充実
旅々台北 wwww.tabitabi-taipei.com

台北へのフライト料金が一番安い時季はいつ?

台湾の旧正月(春節)を過ぎたあと、3月頃までが安い。この時季の台北はまだ気候が安定せず、小雨が降りやすいことに留意を。日本のGW直後も安いが、5月下旬からは台湾は梅雨シーズンに突入する。同じ時季でも平日と週末では大きく値段が異なり、金・土曜出発、日・月曜到着便は高い傾向。

313576

LCC各社のほか、エバー航空やチャイナエアラインも手ごろな料金

深夜便でも心配無用。両替は台湾に着いてから!

日本円から台湾元への両替は、日本よりも台湾で行なったほうがレートが断然良い。桃園空港・松山空港ともに銀行直営の両替所が複数ある。飛行機の発着があるうちはオープンしているので、深夜に到着しても安心。街なかの銀行や両替所は閉まるのが早いうえに混雑していることも多いので、空港に着いたらすぐに両替してしまうのが吉。
日本円を台湾元に両替するときのレートは買入匯率/WE BUY ATで示されている。両替には両替手数料(Commission)もかかるので、併せて確認したい。

313468

両替にはパスポートが必要。渡される換金証明書はなくさないよう注意

黄色いiマークは旅行者の味方!旅遊服務中心と借問站

空港や主要駅にある観光案内所「旅遊服務中心」では、街歩きに便利な日本語パンフレットや地図を入手したり、無料Wi- Fiサービスの登録ができる。日本語が話せるスタッフがいることも多い。また、もうひとつの旅行者お助けスポットとして「借問站(まちかど観光案内所)」がある。黄色い借問站マークを掲げたお店で観光の相談にのってくれたり、トイレを借りたい、スマホの充電をしたいといった希望にも応えてくれる。旅遊服務中心と違い、便利な場所にあるとは限らないが、サイト上で各地の借問站を検索できるので、困ったことがあれば訪ねてみよう。
借問站 www.taiwan-askme.tw/jp

313990

旅遊服務中心は交通の要所にあるのでうまく利用したい

320453

借問站は全土に100か所以上。お店の人はみなフレンドリー

313827

グルメにおみやげ!時間を持て余さない空港活用術

桃園空港、松山空港のいずれにも、牛肉麺などのローカルフードが食べられる飲食店があり、タピオカミルクティーの「春水堂」も入っている。とくに桃園空港は担仔麺の「度小月」ほか、台湾小吃が充実している。帰国時は早めに空港に着いて、最後の食事を楽しみたい。また、両空港ともパイナップルケーキなどメイド・イン・台湾のみやげ物店がそろい、おみやげの買い忘れがあっても安心。

316875

松山空港は桃園空港に比べると混雑が少なく、ゆっくりと過ごせる

320442

台湾の玄関口である桃園空港。レストランや免税店の数も豊富

充実の無料Wi-Fi「iTaiwan」に登録しよう

外国人向けの無料Wi-Fiサービス「iTaiwan」に登録すれば、公共施設などでネット接続が可能になり、さらに台北市の無料Wi-Fiサービス「Taipei Free」も利用可能に! 空港などの観光案内所「旅遊服務中心」でiTaiwanと伝えながらパスポートを見せれば、IDとパスワードを発行してもらえる。

itaiwan.gov.tw

315099

カンタン登録で無料Wi-Fiを活用し快適な旅行に

スマホの電池残量が気になったら無料の充電スポットへ

スマホをよく使う旅行者にとって、充電切れは心配のタネ。しかし、日本以上にスマホ普及率の高い台湾では、街のあちこちに充電スポットがあるので安心だ。とくに便利なのはMRTの駅。各駅構内に充電用のコンセントが設置されており、利用は無料。台北駅構内には広い待合所のような充電スペースもある。台鉄・高鉄の駅や観光案内所のほか、郵便局、図書館といった公共施設にも充電スポットが設置されている。

316746

台北駅1階の大きなロビー正面、チケット売り場の横にも充電スタンドがある

320506

コンセントは 日本と同じタイプなので、変換プラグなしで使用できる。USB充電も可能

グルメにおみやげ、なんでもそろう。急いでいるときは地下街が便利

MRT駅には地下街が多い。食事もショッピングもできるので、時間がないときや天候の悪い日に便利。比較的庶民的な店が多く、プチプラ系の小物やファッションを探しにのぞいてみてもいいかも。最も人気があるのは台北地下街。台北駅〜中山駅〜雙連駅間をつなぐ広い地下街で、K区、Y区、R区、Z区とエリアが分かれている。忠孝復興駅〜忠孝敦化駅間にも東区地下街があり、台北地下街と並んで日本人に人気が高い。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台北駅K区地下街
誠品書店がプロデュースするエリア。スペースはさほど大きくないが、誠品の雑貨店をはじめナチュラルコスメの店など洗練されたテナントが特徴的。帰国前のおみやげ探しにもよい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台北駅Y区地下街
市民大道に沿って地下に店が並んでいる、古くからある地下商店街。とても広く、女性向けのファッション雑貨や洋服の店が多い。駅から離れていくにつれ、ゲーム店、小吃店、占い屋などが増え、いちばん端のほうには執事喫茶やアニメグッズのショップがある。

レシートは捨てないで! 1000万元が当たるかも!?

長〜い台湾のレシートは政府主催の宝くじ付。レシート上部の番号が当たれば、外国人でもお金を受け取ることができる。当選結果は2か月に1回、奇数月の25日に財務部のサイトで発表される。換金は当選発表から約3か月以内に台湾の郵便局で。必要ない場合は店にある専用ボックスに入れると当選金が寄附にまわされる。

315707

8桁の数字がくじの番号。最高当選額はなんと1000万元!

荷物が増えすぎたら郵便局で日本へ送ろう

ついついショッピングしすぎて荷物が大量になってしまった…。そんなときは郵便局へ。EMS(国際スピード郵便)で日本の自宅へ送ってしまえば、わずか2〜3日で到着する。送料は重さにより異なるが、5㎏で1130元、10㎏で1830元。重い荷物を持たず身軽に帰れることも大きなメリットだが、帰りの航空会社によっては荷物の重量や個数が多いと超過料金が発生するため、コスト面でもお得になる場合がある。

331670

郵便局では旅の記念に台湾らしい切手を購入してみては?

331544

郵便局の営業時間は平日8:00〜17:00のところが多い

旅テク注意ポイント

旧正月は休業多し

旧正月とは中国の旧暦の正月で、中国語では春節(チュンチエ)という。日にちは年によって変動するが毎年1〜2月頃で、2017年は1月28日、2018年は2月16日が旧暦の元日にあたる。旧暦の大晦日から大型連休に入り、お店も公共施設も休業が多くなるので、できるだけこの時期の旅行は避けたほうが無難。

トイレの利用方法

下水が詰まりやすいため紙は流せず、備え付けのバケツに捨てるようになっている場所が多い。便座が汚いこともあるので、ウェットティッシュを持っていると安心だ。トイレの場所を聞くときは「トイレ」ではあまり通じず、「WC」か「洗手間(シーショウチエン)」「厠所(ツースオ)」「一号(イーハオ)」で聞こう。

暑くて寒い台湾の夏

日差しが強いので、春から夏にかけては帽子や日傘で対策を。室内は冷房が効きすぎて寒い場合も。薄手の上着があると安心。

写真撮影は事前に確認

空港や港、海岸線などでは、一部だが撮影が禁止されている場所がある。軍事施設はもちろん禁止。街なかでも周囲に配慮を。

夜市では貴重品に注意

人混みでスリが発生しがちなのは世界共通。夜市など多くの人が集まる場所では、貴重品は口の閉まるバッグに入れて体に密着させて携帯しよう。

チップは不要

基本的にチップの習慣はない。ホテルやレストランでは会計にサービス料が含まれている。

人気の海外旅行先である台湾台北へ、今回はエバー航空で東京羽田空港から台北松山空港へ3時間ちょっとのフライト。通常では、なかなかあり得ない「台湾10泊旅行」を慣行してきました!

台北のおすすめホテル

まっぷる台湾’18

  • 発売日:2017年01月11日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
「まっぷる台湾’18」が出展元となる記事に掲載されている営業時間や表記などのデータは、2016年10〜12月の調査・資料に基づくものです。諸事情により変更になる可能性がありますので、ご利用の際には改めて事前にご確認ください。
その他:
●料金、価格の単位は「元」で表示しています。2016年12月現在、1元=NT$1=約3.5円です。 ●ホテル、レストランなど一部施設では、別途サービス料がかかる場合があります。 ●休業日は、旧正月などの祝祭日や臨時休業を除いた定休日のみを表示しています。 ●原則として地名、店名などは漢字(中国語) で記しています。一部、英語表記があるものは、英語を併記しています。また、地名などのカナ表記については、日本語では表現しきれない微妙な発音もありますので、注意が必要です。カタカナ表記は中国語の発音を表しています。 ●クレジットカードの利用には、手数料がかかる場合があります。 ●「両」や「斤」は台湾の重さの単位で、1両は37.5g。1斤は16両で600gとなります。 ●各掲載物件の電話・FAX番号は現地の番号です。日本から電話をかける場合は国際電話となります。携帯電話の場合は各電話会社のホームページなどで確認してください。