> リゾート旅行で日焼けしない5つの効果的な方法

2016年10月31日

旅行ティップス

リゾート旅行で日焼けしない5つの効果的な方法

by fishandtips

by naka - fotolia

「日焼け」って怖いですよね?日焼けはシミ・ソバカスの原因になるだけではありません。過度な日焼けは皮膚ガンのもとにもなるのです。そんな恐ろしい「日焼け」をリゾート地でもしっかりガードするための5つの方法を伝授したいと思います。

【1】日焼け止めを塗る

Women painted a sunscreen cream to arm
by Monet – fotolia

これは鉄板の日焼け対策です。ここで気をつけたいのは「塗りムラ」です。リゾートから帰ってきたら「お化け」になっているなんて悲劇ですよね?しっかりと「こまめ」に日焼け止めを塗るようにしましょう。

【2】帽子にこだわる

Beach vacation. Woman in sunhat bikini standing with her arms raised to head
by pathdoc – fotolia

顔の日焼けは一番「痛い」ですよね?リゾートから帰ってきたら「化粧ができない」なんてことにならないように帽子は必須アイテムです。リゾート用にオシャレな帽子を準備して、しっかりと日焼け予防をしましょう。

【3】薄手のカーディガンを用意していく

Fotolia_104497933_Subscription_Monthly_M
by polkadot – fotolia

簡単に着脱できるカーディガンは便利なアイテムです。直射日光を浴びるよりは、薄くても「布」でガードしたほうが日焼けしにくくなります。リゾート地にもっていく必須アイテムと言えるでしょう。

【4】こまめに水分補給する

Fotolia_39877164_Subscription_Monthly_M
by polkadot – sunabesyou

身体の中から、日焼け対策をしましょう。日焼けは軽い「やけど」(炎症)を起こしている状態です。当然水分は失われます。普段より多めに水分を補給して、お肌をいたわってあげましょう。

【5】「飲む」日焼け止めを使う

14067484_1008124065975506_8111550217849806602_n
noUV(ノーブ) FacebookPage より

簡単便利「飲むだけ」で日焼け止め効果があります。今はこんな便利な商品があるのですね。そう思って楽天市場を見たら「納得」の日焼け止め部門で1位noUV(ノーブ)でした。飲むだけなら、塗りムラで「まだら事件」という悲劇もおきませんし、日焼け止めが塗りにくい部分(脇やうなじなど)も日焼けしなくて済みますね。楽天だけでなく、Amazonでも販売されているようです。

そのうえ、このnoUV(ノーブ)には美白・美肌のためには欠かせないビタミンC、強い抗酸化作用で「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンE、抗酸化作用でおなじみのリコピンが配合されていて、「飲む」だけで日焼け止め効果だけではなく「美肌」効果まであるのですから、驚きです。

特筆すべきはビタミンB12が配合されているということです。肌は古くなった角質を押し上げて代謝しています。ですから、日焼けした肌が剥けても再生してくるのですね。この作用を「ターンオーバー」と言います。ビタミンB12はこのターンオーバーを正常化させてくれるのです。noUV(ノーブ)のはこのビタミンB12も配合されていますので、肌が自力でターンオーバーするのをしっかりサポートしてくれます。代謝の良いみずみずしい素肌を作ってくれるなんて嬉しいですよね。

更に、noUV(ノーブ)には紫外線防御に効果のあるPLエキスという成分も配合されています。PLエキスは強い抗酸化作用を持ち、メラニン色素生成を抑え、日焼けにより肌が黒くなることを防ぎます。

noUV(ノーブ)は医学博士も推薦している「飲むだけの日焼け止め」ですので、安心して使うことができます。飲むだけで日焼け止めができる上に「アンチエイジング」までできるなんて、一石二鳥で夢のような「日焼け止め」です。


飲む日焼け止め「noUV(ノーブ)」公式サイト

最後に…

リゾート地に行く方へオススメの日焼け対策を挙げてみました。身体の外の対策だけではなく、身体の中からも日焼け対策をしてみてはいかがでしょうか?

筆者 : fishandtips

Fish and Tipsでは、海外在住の日本人が現地のオススメ情報を中心に、ホテル・便利アプリ等、次の旅のヒントになる情報を配信しています。