> 行ってないの!?長崎旅行で必見の観光スポット53選!

2015年11月20日

長崎

行ってないの!?長崎旅行で必見の観光スポット53選!

by fishandtips

© hasehase2 - Fotolia

長崎は海に囲まれ、900以上の島嶼があり、古くから海の恩恵を受けてきました。海外との交流の歴史も古く、カステラやちゃんぽんに代表されるように、食文化も独自に発展しています。街並みも西洋文化の影響を受けているために、異国情緒があふれた建物がたくさんあり、特に街に点在する教会は私たちの目を楽しませてくれます。また、近代化に大きな役割を担った場所でもあり、「軍艦島」は世界文化遺産に登録され、人気の観光地です。魅力がいっぱいの長崎県。お気に入りの場所が絶対に見つかる、オススメ観光名所53選を紹介します。

ハウステンボス

ハウステンボス
by gtknj, CC BY

まるで外国へ来たような雰囲気と、チューリップ、イルミネーションなどをイメージします。もちろん、チューリップは色鮮やかできれいですし、イルミネーションも素敵です。外国の雰囲気をはじめとする、フォトスポットもたくさんあります。

2337323472_c5cfa2d442_z
by gtknj, CC BY

しかしハウステンボスはそれだけではありません。おいしいチーズの料理を食べることができたり、面白いアトラクションに乗ることができたりします。その中の一つが、自分が映像の中に登場できるスクリーンものです。

8481004577_996b43aa4c_z
by wongwt, CC BY-SA

入ってすぐに顔をコンピュータに記憶させ、それがすぐに映像に反映されるのです。自分や同行者の顔を探すのが楽しかったです。また、綺麗なフォトスポットがあちこちにあるので、歩きだけだと少し大変です。そこで、レンタサイクルをして、ハウステンボス内をはじからはじまでサイクリングすることも楽しくておすすめです。

住所:
〒859-3243 長崎県佐世保市ハウステンボス町 (大きな地図で場所を見る
営業時間:
【9月〜12月 (日月火水木祝)】9:00〜21:00
【9月〜12月 (金土)】9:00〜22:00
予算:
子供:1,000円 (小学生以下)
中学生:2,000円
高校生:2,000円
大人:3,000円
Foursquare:
ハウステンボス (HUIS TEN BOSCH)

グラバー園

グラバー園
by yoppy, CC BY

長崎市内の観光スポットとして、まず名前が挙がるのがここです。昭和49(西暦1974)年に開園し、毎年多くの観光客が世界中から訪れています。開園以来、長崎の発展の歴史や外国人居留地だった頃の長崎の生活や文化の様子、そして日本の近代化の歴史を伝える存在として親しまれてきました。

8730492289_6685c7984f_z
by ume-y, CC BY

ここは高台に位置し、眺めの良さでも知られていますが、一方で園内でも坂が多く、歩くのが少々きついところもあります。しかし、エスカレーターや動く歩道が至るところに整備されているので、比較的楽に見て回ることができます。

3357217289_5edc28c1da_z
by alberth2, CC BY-SA

園内には、市内から移築されたものも含めて10の歴史的な建物がありますが、その中の「旧グラバー住宅」は、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」に登録されており、世界的に有名な建物です。この旧グラバー住宅近くの敷石には、ハートの形をした石が埋められており、カップルがその石を探す様子がよく見られます。

住所:
〒850-0931 長崎県長崎市南山手町8-1 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
095-822-8223
営業時間:
8:00〜18:00
【7月〜10月初旬】8:00〜21:30
定休日:
無休
予算:
小学生:180円
中学生:180円
高校生:300円
大人:610円
公式サイト:
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/glover/
Foursquare:
グラバー園 (Glover Garden)

大浦天主堂

大浦天主堂
by yoppy, CC BY

1865年(元治2年)に建立された、日本最古の現存するキリスト教教会です。正式名称は「日本二十六聖殉教者堂」といい、1597年(慶長元年)、豊臣秀吉の命令によって処刑された26人のカトリック信徒にささげられた殉教堂です。1953年に国宝指定され、2007年には世界遺産「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」を構成する文化財の一つとなった貴重な建築物です。

8730480117_9b9931439d_z
by ume-y, CC BY

1875年と1879年に改築されましたが、内部空間の主要部には創建時の姿がそのまま残っています。また、天主堂外部にある「日本之聖母像」や、天主堂の後ろに建つ鐘楼内の鐘は、創建当時のものが残っています。第二次世界大戦中多くの梵鐘が供出させられる中、この鐘は由緒ある物として供出を免れたといわれています。

住所:
〒850-0931 長崎県長崎市南山手町5-3 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
095-823-2628
営業時間:
8:00〜17:45
定休日:
無休
予算:
小学生:200円
中学生:250円
高校生:250円
大人:300円
公式サイト:
http://www1.bbiq.jp/oourahp/
Foursquare:
大浦天主堂 (Oura Cathedral)

端島 (軍艦島)

端島 (軍艦島)
© sans_partie - Fotolia

ユネスコの世界文化遺産に登録されル前後くらいから、日本中に知られるようになりましたが、以前からインターネットを中心に盛り上がりを見せていた廃墟ブームでも話題になっていました。

2711397414_28bafa8f81_z
by snotch, CC BY

海底炭鉱から石炭を掘り出す基地として明治時代から昭和にかけて繁栄しましたが、1974年に炭鉱が閉山になってからは完全な無人島となっています。海上から見た高層住宅の廃墟などの景観が軍艦が海に浮かんでいるように見えるので軍艦島という名称でも知られています。

2711013256_3042bee1b4_z
by snotch, CC BY

定期船などは運行されていないものの、立ち入り禁止であったものが長崎市の条例によって一部上陸が解禁されたことによって、主として旅行会社や海運会社のより上陸ツアーによって上陸できるようになりました。

住所:
〒851-1315 長崎県長崎市端島 (大きな地図で場所を見る
Foursquare:
端島 (軍艦島) Hashima (Gunkanjima) Island

眼鏡橋

長崎の観光本に必ず出てくる写真が、この眼鏡橋。日本最古のアーチ型石橋で、国の重要文化財にも指定されています。観光客も多く訪れ、写真におさめようとカメラを構える人が多い場所です。写真を撮ったら、実際眼鏡橋を渡ってみる人も多いのですが、柔らかいアーチ型のこの橋はわたってみると石畳ということもあり女性の細いヒールが挟まれやすいのでご注意ください。

この橋だけではなく、モダンな石畳の道が多い長崎は、お洒落をしたい気持ちをぐっと抑えてスニーカーやペタンコ靴で行くのがお勧めです。歩き回る際にどうしても足が疲れてしまって、本当はまだ見たい場所があったのに断念しなくてはいけないということにもなりかねません。坂も多いため、歩きやすい靴で散策するのが良いでしょう。

住所:
〒850-0874 長崎県長崎市魚の町 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
095-829-1314
Foursquare:
眼鏡橋

平和公園

平和公園
by ume-y, CC BY

原爆投下の傷跡が今も消えることのない長崎。平和への祈りを込めて、この平和公園があります。ここは3つのゾーンに分かれており、願いのゾーン、祈りのゾーン、学びのゾーンそれぞれにモニュメントや施設があります。願いのゾーンでは有名な平和祈念像や平和の泉があります。

238962864_74cde7f134_z
by MShades, CC BY-ND

これは水を求めて亡くなった人々の冥福を祈り作られたものです。祈りのゾーンは、原爆落下中心碑があり、この上空500mで原爆が炸裂した場所です。また被爆当時の地層も残されています。学びのゾーンには長崎原爆資料館があり、当時のすさまじさや投下された後の長崎の人々の様子が残されているとても貴重な場所です。被爆経験を後世に残すための施設、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館もあります。

住所:
〒852-8118 長崎県長崎市松山町 (大きな地図で場所を見る
Foursquare:
平和公園 (Nagasaki Peace Park)

長崎新地中華街

長崎新地中華街
by Toomore, CC BY

中華街といえば横浜が有名ですが、実は長崎にも中華街があるのをご存知でしょうか?それが長崎新地中華街なのですが、長崎でたくさんの中華料理を楽しむことができるので、中華料理が大好きな人にもオススメできる観光スポットになります。

14937995489_7518cb7f84_z
by Ryosuke Yagi, CC BY

魅力ある様々な中華料理をいただくことができるので、長崎新地中華街はとてもステキな場所になるのではないでしょうか。もし、あなたが長崎を訪れた際には、この長崎新地中華街を思いっきり楽しんでみるのもおもしろいはずです。

長崎にはハウステンボスなどもあって、たくさんの方々が長崎を訪れますが、長崎新地中華街もオススメできるスポットなのです。長崎でおいしい料理を食べるのであれば、長崎新地中華街もやはり外せません。

住所:
〒850-0842 長崎県長崎市新地町 (大きな地図で場所を見る
Foursquare:
長崎新地中華街 (Nagasaki Shinchi Chinatown)

出島

出島
by alberth2, CC BY-SA

湊として歴史で習う場所が出島ですが、現在は港ではありません。出島の周りには住宅地が並んでいます。今も周りには海が…と思われている方は、一瞬ショックを受けるかもしれません。

4264863681_cdfb3936a4_z
by Hansrudolf, CC BY

しかし出島エリアに入れば、当時の雰囲気をしっかりと味わうことができます。つまりはフォトスポットもたくさんあります。中でもおすすめは、一番大きな建物である、カピタン部屋です。

3357109797_9d9cede2f2_z
by alberth2, CC BY-SA

エメラルド色の部分のある建物で、いかにも外国チックな雰囲気なのです。二階に登ることができるため、二階に登った姿を下の人に写真におさめてもらうと良い思い出が残ると思います。基本は見学スペースの多いのですが、体験エリアもあります。そこで羽ペンの体験ができて、おすすめのスポットです。

住所:
〒850-0862 長崎県長崎市出島町6-1 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
095-829-1194
営業時間:
8:00〜18:00
予算:
小学生:100円
中学生:100円
高校生:200円
大人:510円
公式サイト:
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/dejima/
Foursquare:
出島和蘭商館跡

稲佐山

稲佐山
by ajari, CC BY

函館山からの函館市街、摩耶山からの神戸市街と並ぶ日本三大夜景の一つに数えられるのが、この山からの長崎市街と長崎港を見下ろす夜景です。長崎で宿泊する観光客はほとんどの人が訪れると言われている場所でもあります。

長崎市の西側にある333メートルのあまり高いとは言えない山ですが、夜景だけでなく周辺には動物園や大規模なコンサートなども開くことができる野外ステージなどの観光施設があり観光地としても有名です。山頂へのアクセスも長崎から麓へ行く鉄道やバスなどがあり、山頂へもロープウェイや自動車のほか徒歩でもアクセスが可能となっています。

なお、稲佐山からの長崎市街の夜景は2012年にモナコの夜景、香港の夜景と共に世界三大夜景に認定されました。

住所:
〒852-8011 長崎県長崎市稲佐町 (大きな地図で場所を見る
Foursquare:
稲佐山展望台

ハウステンボス 光の王国

ハウステンボス 光の王国
by machu., CC BY

季節折々の楽しみ方ができるハウステンボス。チューリップの咲く時期には、見渡す限りのチューリップ畑とヨーロッパの街並みのコントラストを楽しむことが出来ます。夜のイルミネーションや花火など、訪れた人を喜ばせるイベントが盛りだくさんです。

6627130913_9d513481e7_z
by coloredby, CC BY

冬の時期には、クリスマスツリーなどのイルミネーションが一層美しく映え、いつまでもこの空間にいたいと思わせてくれる美しさがあります。ハウステンボス内のホテルも、徹底した演出と、料理のすばらしさ、部屋の豪華さで魅了されてしまいます。決してハイグレードの部屋を頼まなくても十分造りや装飾が豪華で、普段の生活とは違う別世界を楽しむことが出来ます。

6627179765_41bb2e0947_z
by coloredby, CC BY

また、ハウステンボスの人気お土産にチーズがありますが、ハウステンボス内に工房があり、熟成されたものやフレッシュなものなど、味見をして買うことが出来るので、美味しいチーズ料理を楽しんだ後はお土産に買って帰って、家でもチーズを楽しみながら旅を思い出すのも良いでしょう。

住所:
長崎県佐世保市ハウステンボス町 (大きな地図で場所を見る
予算:
大人:3200円
中高生:2200円
4歳〜小学生:1200円
公式サイト:
http://www.huistenbosch.co.jp/
Foursquare:
光の王国
行ってないの!?長崎旅行で必見の観光スポット53選!
11件目以降も見てみよう!

筆者 : fishandtips

Fish and Tipsでは、海外在住の日本人が現地のオススメ情報を中心に、ホテル・便利アプリ等、次の旅のヒントになる情報を配信しています。