> 行ってないの!?淡路島旅行で必見の観光スポット38選!

2015年12月16日

淡路島

行ってないの!?淡路島旅行で必見の観光スポット38選!

by fishandtips

© ryoheim91 - Fotolia

近畿地方の兵庫県に位置する、瀬戸内海最大の島と言えば淡路島です。世界最長の吊り橋として有名な明石海峡大橋は圧巻で、本州から四国へとつなぐ、玄関口になっています。神戸や大阪からもアクセス抜群で、夏は釣りや海水浴を楽しむことができ、冬は温泉を堪能できます。淡路島は、まるで一年中退屈を知らないパラダイス!四季折々のレジャーだけでなく、豊富な海の幸やブランド牛。ツンとしない、甘さと柔らかさで有名な淡路島玉ねぎを使ったお土産やグルメも絶品です。見惚れるような自然の美しさに映える、テーマパークや牧場、農園や神社。何度も訪れたくなる美味し島、淡路島の魅力を余すところなくご紹介致します。

明石海峡大橋 (淡路島側)

明石海峡大橋 (淡路島側)
© utoi - Fotolia

あわじ花さじきは、甲子園の4倍もの広さに四季さまざまの花が咲く県立の公園で、平成10年4月にあわじ島を花の島の名所として設立されました。あわじ花さじきは、淡路島北部の丘陵地に作られたことから、四季折々の花々を淡路島の周りを覆う大阪湾をバックにした絶景を眺めることができますし、明石大橋をバックに眺めることもできます。

8705246624_3877209926_z
by Kuruman, CC BY

あわじ花さじきは、淡路島が花の島のシンボル的な施設になっています。あわじ花さじきは、淡路島を代表するところにため、淡路島の名産物である玉ねぎなどを購入することもできます。淡路島に訪れた際は、のんびりと淡路島らしい施設でゆっくり散策して、四季折々の花々を楽しむのにちょうどいい施設ではないでしょうか。

住所:
兵庫県淡路市松帆 (大きな地図で場所を見る
公式サイト:
http://www.jb-honshi.co.jp/technology/akashi.html
Foursquare:
明石海峡大橋

護国寺

護国寺 | nyanko225  @Foursquare
護国寺 | nyanko225 @Foursquare

この寺は石清水八幡宮を開いた平安時代の僧行教が作った寺です。有力者である細川氏の庇護を受けて栄えていましたが、1386年に火事が起こり寺が焼け落ちてしまいました、その後さびれましたが、1631年に再興され、現在に至っています。蜂須賀家にゆかりのある寺としても知られています。

護国寺 (Gokoku-ji Temple), Foursquare.com

胎蔵大日如来は平安時代に作られたもので、この寺の本尊になっています。またこの大日如来は国の重要文化財に指定されています。護国寺は淡路四国十七番霊場となっているので、その関係で多くの人が訪れる由緒ある寺です。
また護国寺には七福神のひとりである布袋尊も祀られ七福神霊場会のひとつになっており、参拝すると金運が上がると言われています。淡路に行くなら、護国寺を訪れるのもよいでしょう。

住所:
兵庫県南あわじ市賀集八幡732 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
0799-54-0259
営業時間:
8:00〜17:00
予算:
大人 200円 お参りは無料・七福神巡りには別途宝印帳の代金、拝観料が必要
Foursquare:
護国寺

道の駅 うずしお

道の駅 うずしお
by omoon, CC BY-ND

鳴門海峡にできる「うずしお」で有名な、観潮スポットです。うずしおと大鳴門橋が目前に広がり、淡路島の絶景地として人気があります。展望台からは、潮鳴りの豪快さが望め、遊歩道を歩けば潮の爽快さを感じることができます。また、うずしおプロムナード公園では、四季折々の木々や草花に触れることができます。施設内には、「道の駅うずしおレストラン」があり、海峡の激流に育まれた海の幸を堪能できます。

道の駅 うずしお, Foursquare.com

「ショップうずのくに」では、こちらでしか買えない、オリジナルの土産物が多数あります。特に、テレビや雑誌で紹介された、玉葱ドレッシングやスープが名物品です。テイクアウトコーナーでは、びわやすだちソフトクリームなどもあり、ドライブの休憩として気軽に立ち寄れるスポットとなっています。

住所:
〒666-0503 兵庫県南あわじ市福良丙947-22 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
0799-52-1157
営業時間:
9:00〜17:00
定休日:
[12月26日〜12月31日] 不定休(事前にお問合せ下さい)
公式サイト:
http://eki.uzunokuni.com/
Foursquare:
道の駅 うずしお

淡路島牧場

淡路島牧場 | か りん @Foursquare
淡路島牧場 | か りん @Foursquare

酪農の盛んな淡路島のエリアを活かした、自然を満喫できる牧場です。乳搾り体験、新鮮な淡路島の牛乳を使ったバター手作り体験、哺乳瓶で子牛にミルクをあげる乳飲まし体験などを、酪農にまつわる体験プログラムが充実しています。無料で試飲できる牛乳コーナーもあり、お手頃に楽しめることも魅力の一つです。

淡路島牧場, Foursquare.com

また春にはたまねぎ、秋には大根の収穫を楽しめる「どろんこ体験」も実施しています。また本物のポニーをメリーゴーランド風にした「ポニーのメリーゴーランド」では、カウボーイになった気分で馬に乗ることができます。バーベキューの館は、約300名が利用できるゆったりとしたスペースで、3つの材料コースが用意されています。ミルクビーフカレーや濃厚なソフトクリームもあり、子どもから人気のメニューとなっています。

住所:
〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宣上1 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
0799-42-2066
営業時間:
9:00〜17:00
定休日:
無休
予算:
入園料無料/乳しぼり体験料等別途
公式サイト:
http://www.awajishima.or.jp/
Foursquare:
淡路島牧場

あわじ花さじき

あわじ花さじき
by yosshi, CC BY-SA

この場所は1998年に開園した関西圏屈指の花畑であり、250万ほどの花が植えられています。その広さは甲子園球場の4倍ほどあり、その広さをいかして淡路花博2015が開かれたこともあります。年間約7万人ほどの観光客が来る淡路でも有名な観光名所であり、近畿中から大勢の人が訪れています。またこのあわじ花さじきには展望デッキが設置されており、大阪湾を眺めることが出来ましたが、現在は使うことが出来ません。

あわじ花さじき, Foursquare.com

菜の花やコスモス、ブルーサルビアといった花々がところ狭しと植えられており、春になるとおびただしい数の菜の花を見ることが出来ます。夏や秋、そして冬になってもその季節に対応した花々が咲き誇るのでいつ来ても楽しめるのがこのあわじ花さじきなのです。

住所:
〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2865-4 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
0799-74-6426
公式サイト:
http://www.hyogo-park.or.jp/hanasajiki/
Foursquare:
あわじ花さじき

万福寺

宝亀年間(770〜781年)に、淳仁天皇の御陵と御母当麻夫人の墓守を勤める僧侶の宿坊として創建されましたが、その後は一時的に衰退していました。しかし応永年間に入ると、民衆の安泰を祈願する寺院として復興を果たし、今に至ります。淡路七福神霊場の一つで、恵比酒神が祀られており右手に釣り竿、左手に「めでたい」の鯛を抱え、鯛はめでたいのタイと「芽出る」という意味があります。「芽出る」とは努力する姿こそが幸福になることを意味しており、商売繁盛、無病息災、家業繁栄などにご利益あるといわれています。

恵比酒神は七福神唯一の日本の神様であり、一般的な漢字表記である「恵比寿」とは異なることも、このお寺ならではの特徴です。本尊の二対の大日如来像をお祀りしている須弥檀は非常に貴重な様式であり、見どころの一つとなっています。

住所:
兵庫県南あわじ市賀集鍛冶屋87-1 (大きな地図で場所を見る
定休日:
なし
公式サイト:
http://kobe-mari.maxs.jp/awaji/shichifukujin/manfukuji.htm
Foursquare:
万福寺

淡路ハイウェイオアシス

淡路ハイウェイオアシス | Masami Hikawa @Foursquare
淡路ハイウェイオアシス | Masami Hikawa @Foursquare

明石海峡大橋を渡って、最初のサービスエリア(淡路SA)から車で直結し、四季折々の花が咲く『花の谷』をはじめ、オアシス館1Fには、できたての名物弁当や寿司、地ビールなど販売あり、淡路島内の品揃えのある物産館とカフェ、また和食処の他、別館には本格イタリアンレストランがあり、観光ドライブ途中に必ず立寄る淡路島ハイウェイオアシスがあります。

淡路ハイウェイオアシス, Foursquare.com

ハイウエイオアシスといえば、1位たけやん(竹ちくわ)、2位生わかめ(竹炭)、3位あわぢびーる(1本1本手作り)、4位あわじ天ぷら(手作りアツアツ)、5位玉ねぎパイ(淡路たまねぎ100%使用でお菓子売り上げナンバーワン)のおススメベスト5の淡路島名産があります。どれも美味しいお土産です。

住所:
〒656-2401 兵庫県 淡路市岩屋大林2674-3 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
0799-72-0220
公式サイト:
http://www.ura.co.jp/oasis/
Foursquare:
淡路ハイウェイオアシス

沼島

この島は淡路島の南方に位置する離島で、人口500人ほどの小さな島です。自然豊かな島であり、島の大半が瀬戸内海国立公園の一部に指定されています。この島の海岸線では奇妙な形をした岩が発見されておりその岩は上立神岩、屏風岩などと呼ばれています。他にも沼島庭園という石組みの庭園があります。この庭園は失脚して沼島に逃れていた室町幕府の将軍足利義稙が作ったと言われる由緒ある庭園であり、沼島でも有名な場所です。

9220914806_5709d3e006_z
by kayakaya, CC BY-SA

それ以外にもウミウとヒメウが冬の間越冬する場所があり、越冬シーズンになると数百羽のウを見ることが出来ます。また沼島の大きな特徴として信号機がないことが挙げられます。自動車がほとんど島にないので、信号機がなくてもさほど問題ないのです。

住所:
〒656-0961 兵庫県南あわじ市沼島 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
0799-57-0050
公式サイト:
http://www.city.minamiawaji.hyogo.jp/soshiki/koushitsu/nusima1.html
Foursquare:
沼島郵便局

洲本温泉

洲本温泉 | jun  @Foursquare
洲本温泉 | jun @Foursquare

戦国時代織田信長、豊臣秀吉そして徳川家康の3英傑に仕えた武将「仙石秀久」が居城洲本城を一望できる淡路島屈指の観光スポットです。温泉地として整備されはじめたのは昭和と歴史は浅いですが、新たな源泉が平成初期に見つかったことから新興の温泉旅館が沢山並ぶ近代的な温泉街になりました。歴史ある温泉街とはいえませんが「これからの歴史を作る」温泉街といえるでしょうね。

潮騒の湯, Foursquare.com

温泉の効能はアルカリ性単純温泉であり、各種神経痛や婦人病そして疲労回復に最適な効果となっております。ここ洲本は関西からも四国からもバスでのアクセスがよくそこからバスでの観光ツアーが人気です。最近は外国人の方が釣りと温泉が楽しめる場所として人気が出ております。レジャーと温泉が楽しめる最高のスポットです。

住所:
〒656-0027 兵庫県洲本市山手 (大きな地図で場所を見る
Foursquare:
洲本高速バスセンター

大鳴門橋

大鳴門橋
by naitokz, CC BY-ND

大鳴門橋は「おおなるときょう」と読み、長さは1629メートル。9年の建設期間を経て、1985年(昭和60年)6月8日に開通しました。兵庫県南あわじ市福良丙と徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦を結ぶ橋です。本州と四国を結ぶ橋でもあります。車線数は6車線(現在は4車線を使用しています)で最高速度は時速70キロメートルに制限されています。

6291776752_5e8bb087ce_z
by kubotake, CC BY

橋の上から見える「鳴門の渦潮」が有名で、それを見ようとする車を防ぐため「停駐車禁止 路側走行禁止」になっているほどです。昭和62年度には「日本の道100選」に選定されるほど、素晴らしい景観として認められております。
通行の目的として、買い物などの目的で淡路島から徳島市や鳴門市へ向かうケース、観光目的で徳島県から淡路島へ行く場合などがあるようです。

住所:
兵庫県南あわじ市(徳島県鳴門市) (大きな地図で場所を見る
Foursquare:
大鳴門橋
行ってないの!?淡路島旅行で必見の観光スポット38選!
11件目以降も見てみよう!

筆者 : fishandtips

Fish and Tipsでは、海外在住の日本人が現地のオススメ情報を中心に、ホテル・便利アプリ等、次の旅のヒントになる情報を配信しています。