> 行ってないの!?長野旅行で必見の観光スポット58選!

2016年1月27日

長野

行ってないの!?長野旅行で必見の観光スポット58選!

by fishandtips

by dice-kt, CC BY-SA

長野県はグルメ、文化・歴史の旅の楽しみが凝縮された場所です。夫婦でも、恋人同士でも、家族全員で楽しめます。松本平、伊那平、佐久平、善光寺平と四つの平(たいら)があり、肥沃な大地が滋味豊かな食材を育み、信州蕎麦、信州みそ、信州りんご、そして、りんごで育った信州牛などから多彩なグルメが生み出されています。

みなさんも美味しいものを食べながら、犀川・木曽川・千曲川・天竜川・諏訪湖の水景や御嶽・乗鞍・駒ヶ岳・浅間の山々をめぐってみませんか。諏訪大社や善光寺、上田城・小諸城など、魅力あふれるスポットばかり。

善光寺

善光寺
by bryan..., CC BY-SA

長野の大きな観光スポットのひとつ、善光寺。江戸中期に建てられた、東日本で最大規模のお寺で敷地もとても広いです。本堂は国宝に指定されています。長野県なので冬場に行くととても寒いですが、その寒さも手伝ってか心身ともに引き締まる感じがします。本堂近くに6体のお地蔵様が並び、地獄から天上までそれぞれの苦しみから救うとされていて、1体ずつ特徴があります。

15672440480_557df16e81_z
by bryan…, CC BY-SA

参道に数多くのお店が並び、善光寺七味は知らない方でもパッケージを目にすると、見た覚えがあるのではないでしょうか。酒まんじゅう、おやきやわさびソフトクリームなども食べることができ、お参り後のお楽しみも多いです。駐車場が近いので、車で行っても不便がありません。土日は混雑するので、時間があれば平日に行くことをお勧めします。

住所:
長野県長野市元善町491 (大きな地図で場所を見る
定休日:
無休
予算:
〔内陣、お戒壇巡り、経蔵、善光寺資料館共通諸堂参拝券〕大人500円 高校生200円 小・中学生50円
公式サイト:
http://www.zenkoji.jp/

安曇野

安曇野
by t-mizo, CC BY

この地は大王わさび農場、安曇野スイス村、安曇野の里など数多くのスポットがある人気観光地です。大王わさび農場は日本屈指の規模を誇るわさび畑で、その大きさは東京ドーム11個分です。わさび漬の製造工程を生で見学できたり、とれたてのわさびを原料としたコロッケなどをお土産として買って帰ることが出来ます。

信州安曇野スイス村 Azumino Swiss Village, Foursquare.com

安曇野スイス村にはワイナリーがあり長野県で作られたぶどうを使ってワインを作っています。そのワインを試し飲みすることも出来ます。安曇野の里にはあづみ野ガラス工房がありガラス職人たちが手作りでガラス製品を作っています。その迫力ある工程を間近で見学する事が出来ます。それ以外にも写真家田淵行男の記念館があります。安曇野は数多くの見るべき名所であふれた地です。わさびやワインが好きなら一度行って見るといいでしょう。

住所:
長野県安曇野市 (大きな地図で場所を見る

志賀高原

志賀高原
by sota-k, CC BY-SA

上信越高原国立公園の中心でありトレッキングや温泉を楽しめ、そしてなによりスキー場で有名な場所、それがこの志賀高原です。志賀高原には数々の高山植物が生い茂っているので、ニッコウキスゲやミズバショウなどの花を楽しむことが出来ます。さらに志賀高原には東館山高山植物園という植物園があり、500種類もの植物を観賞することが出来ます。この植物園は約10万平方メートルという絶大な広さを誇り、志賀高原の中でも人気のスポットです。

22617359493_36211b90cd_z-1
by hiropiro., CC BY

またスキー場も多く、大小さまざまなスキー場が20ほどあります。スキーのメッカとして日本中から大勢の人がやってきます。この地は自然が豊かなので、サルやタヌキ、キツネにオコジョ、カモシカと色々な動物が生息しています。ですので運がよければ見ることが出来るかもしれません。

住所:
長野県下高井郡山ノ内町志賀高原 (大きな地図で場所を見る
公式サイト:
http://www.shigakogen.gr.jp/

白糸の滝

真夏でも、木々が日光から守ってくれるおかげで特別な清涼感のある場所、白糸の滝。駐車場に車を止めて、白糸の滝までは遊歩道があり、爽やかな空気を吸いながら滝までの散策を楽しむことが出来ます。白糸の滝は全国に同じ名所の場所がありますが、長野県の白糸の滝は丸い池のような造りになっており、通常イメージする滝とは別物という印象を受けます。

4097809666_32379174c0_z
by TANAKA Juuyoh (田中十洋), CC BY

円の半分くらいの数メートル上から水が流れ込み、滝でありながらとても静かで、その水の清らかさに驚かされるばかりです。流れ込む水も綺麗ですが、下にたまっている水の透明度も素晴らしく、その場所にいつまでも居たくなるような清涼感があります。暑い時期こそ、思いっきり深呼吸をして気持ちをリフレッシュできる場所です。

住所:
長野県北佐久郡軽井沢町長倉(小瀬) (大きな地図で場所を見る

諏訪湖

諏訪湖
by m-louis, CC BY-SA

ここは新生代第三紀頃に作られたといわれる湖であり、長野県内でも最大規模の湖でもあります。この湖に関する伝承や伝説はたくさんありますが、一番有名なのは武田信玄の遺体をこの湖に沈めたという伝説でしょう。この説は甲陽軍艦という本に書かれており、今でもそれを信じている人が大勢います。(ただし武田信玄の墓はあちこちにあるので諏訪湖に沈められた説が本当なのかどうかはわかりません)

20468780779_d881370942_z-1
by sugagaga, CC BY-ND

昔は冬になると湖全体が厚い氷に覆われたので、穴を開けて魚釣りをしたりスケート遊びが行われていました。しかし今は氷が薄くなっているので冬魚を釣る人は少なくなっています。8月になると諏訪湖祭湖上花火大会が行われ、諏訪湖近辺に何十万人の人が押し寄せてきます。

住所:
長野県諏訪市諏訪湖畔 (大きな地図で場所を見る

渋温泉

渋温泉, Foursquare.com

日本各地に温泉は色々ありますが、苦労を洗い流してくれる温泉があるならぜひ足を運んでみたいですよね。ここ渋温泉は九つの外湯があります。これらの外湯は地元の人が普段に利用する憩いの湯なのですが、渋温泉に宿泊する人にも開放していただいています。九つの湯を回る時には祈願手ぬぐいを持って、それぞれの湯を回るごとにスタンプを押していきます。最後に渋温泉の高台にある「高薬師」にお参りして印を授かると祈願成就すると言われています。

渋温泉, Foursquare.com

そのご利益は「苦(九)労を流す」「安産」「厄除け」「不老長寿」などと言われ、まさに苦労を洗い流す温泉として親しまれています。こじんまりとした静かな温泉街ですが、石畳や歴史を感じさせる旅館の佇まいはとてもノスタルジックで何日でも逗留したくなります。ぜひ苦労を流しに訪れてみて下さい。

住所:
長野県下高井郡山ノ内町渋 (大きな地図で場所を見る
公式サイト:
http://www.shibuonsen.net/

立山黒部アルペンルート (長野側)

扇沢駅 トロリーバスのりば, Foursquare.com

富山県と長野県を結ぶ大規模な山岳観光の道、ルート上にたくさんの観光名所があり海外からも大勢の観光客が訪れる場所、それがこの立山黒部アルペンルートです。この立山黒部アルペンルートは富山エリアと長野エリアに分かれていますが、長野エリアから入ると扇沢総合案内センターがあり、ここで色々な観光情報を手に入れることが出来ます。それ以外にも大町温泉郷では温泉が盛んなので、ゆっくりと温泉につかることも出来ます。

大町温泉郷, Foursquare.com

この町では毎年冬に大町温泉郷夢花火と音の祭典というイベントが開かれ、珍しい冬の花火を観賞することが出来ます。有名な黒部ダムをはじめほとんどの観光スポットが富山エリアにあるので長野エリアの観光スポットは少ないですが、それでも大町温泉郷など観光スポットはあります。富山エリアだけでなく、長野エリアにも目を向けてみるとよいでしょう。

住所:
長野県大町市 (大きな地図で場所を見る

野沢温泉スキー場

野沢温泉スキー場 (Nozawa Onsen Ski Resort), Foursquare.com

このスキー場は1923年に作られた歴史あるスキー場で、面積が293ヘクタール、標高差が1085メートルある日本でも有数の規模を誇るスキー場です。このスキー場の特徴はコースが非常に大きくて利用者が存分にすべることが出来ることと、スキーの初心者コースから上級者コースまで幅広いコースが揃っていることです。野沢温泉スキー場というだけあって近くに温泉があることも特徴の一つです。

日本スキー博物館, Foursquare.com

また、このスキー場には日本スキー博物館という珍しい博物館があります。この博物館はスキーと言う遊びの始まりから、今日までのスキーの歴史を余すところなく紹介しています。日本だけでなく外国のスキー資料や長野オリンピックに関する資料も展示しています。

住所:
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷 (大きな地図で場所を見る
営業時間:
[2014/11/29〜2015/05/06] 予定
【日曜祝日】8:30〜16:30(1/31以降は17:00まで、特定日は20:00まで(日程要確認))
【土曜日】8:30〜16:30(1/31以降は17:00まで、特定日は20:00まで(日程要確認))
【祝前日】8:30〜16:30(1/31以降は17:00まで、特定日は20:00まで(日程要確認))
【平日】8:30〜16:30(1/31以降は17:00まで、特定日は20:00まで(日程要確認))
予算:
大人 4,800円 1日券(ゴンドラ共通)
公式サイト:
http://www.nozawaski.com/

八方尾根

八方尾根
by tsuda, CC BY-SA

八方山を中心に後立山連峰に属する八方尾根は多用な地形が併せられた場所で麓からの季節ごとの景観を楽しめるだけでなく、春・夏・秋は登山、冬はスキー場として年間を通して多くの人が訪れるスポットです。スケールが大きく、傾斜の急な地形も持つ八方尾根は冬季オリンピックの時にスキーの競技場として利用されたこともあり、八方尾根スキー場では様々な協議会の開催も行われています。

白馬八方尾根スキー場 (Happo-one ski resort), Foursquare.com

その他に美肌効果が優れていると言われる高アルカリ泉質の八方尾根温泉があり、登山やスキーで疲れた体を優しく包み込んで疲れをとってくれます。八方尾根の麓、自然豊かな場所に結婚式を挙げられる教会や、白馬三枝美術館、地元食材にこだわったお食事処もあります。

住所:
長野県北安曇郡白馬村大字北城 (大きな地図で場所を見る

白樺湖

白樺湖, Foursquare.com

この湖は、もとは農業用水を確保する為に作られた湖でしたがその後近隣で大規模な開発が行われた結果、スキー場や遊園地などの施設が次々に誕生しました。現在では長野県内でも有名な観光スポットになっています。白樺湖は戦前に作られ1946年に完成した人造湖でその時代は蓼科大池と呼ばれていました。

白樺湖, Foursquare.com

しかし1953年に白樺湖に改名され、この頃から徐々に観光地としての開発が進んでいきました。その頃はまだ貸しボート屋や別荘が展開する程度でしたが、昭和40年代から50年代にかけて大きなホテルなどが次々に建設され一大観光地になっていったのです。ちなみにこの地は春から夏にかけてレンゲツツジなどの植物が咲き誇ることでも知られています。

住所:
長野県茅野市北山白樺湖 (大きな地図で場所を見る
公式サイト:
http://shirakabako.com/
行ってないの!?長野旅行で必見の観光スポット58選!
11件目以降も見てみよう!

筆者 : fishandtips

Fish and Tipsでは、海外在住の日本人が現地のオススメ情報を中心に、ホテル・便利アプリ等、次の旅のヒントになる情報を配信しています。