> ロンドン・ブルガリホテル!こんな素敵なホテルに泊まれるなんてラッキー!

2016年12月1日

ロンドン

ロンドン・ブルガリホテル!こんな素敵なホテルに泊まれるなんてラッキー!

by fishandtips

Bulgari Hotel & Residences, Foursquare.com

これがプライベートなら、、、なんて思わずにはいられないほど、これまででも指折りの高級ホテルに泊まりました、ブルガリホテル・ロンドンです。

仕事とはいえ、ウキウキしてました。もう入ったとたん、ラウンジから素敵です。

image001
筆者撮影

お部屋へいく廊下やリフトも高級感にあふれてます。私が今回、泊まらせてもらったお部屋は、デラックスルームでした。一人で一部屋ですが、ダブルベッドのお部屋に空きがないとのことで、ベッド2台のお部屋でした。

image003
筆者撮影

ホテルがあるのは、ナイツブリッジエリア、超高級ブティックが立ち並ぶスローンストリートやハロッズのある高級エリアです。さすが高級エリアのホテルだけあって、この立地の良さでもホテルのお部屋は広いです。ロンドンの街中のホテルのお部屋は狭いですが、やっぱり超高級ホテルは、違います。

もうお部屋内、色々チェックしまくってしまいます。
ネスプレッソマシーン完備、ミニバーも高級感漂ってます。

image005
筆者撮影

そして、バスルームはこんな感じです。

image007
筆者撮影
image009
筆者撮影

アメニティーはもちろん、ブルガリで統一されています。

image011
筆者撮影

せっかく素敵なお部屋ので、ゆっくりしたいのは、山々ですが、仕事できているので、荷物を置いて、そそくさとお出かけです。

ロビーでお客様が降りてくるのを待ってる間に、ラウンジのケーキショーケースをちょっと拝見してみました。

image013
筆者撮影

さすがっ!どれもこれも繊細なつくりで美味しそうですね。ここでアフタブーンティーなんかもいつかしにこようと、心に決めたのでした。意外にもアフタヌーンティーは普通のお値段、全然手が届く値段ですので、ホテルに宿泊はしなくても、是非アフタヌーンティーだけでも十分、優雅な気分に浸れると思いますよ。

今回の滞在はお取引先のお客様と共に宿泊しているので、お客様のご意向ですべての予定がきまるのですが、ラッキーなことに、夕食は、ホテルで、ということになりました。一度来てみたかったのですよ、ここのレストラン。アラン・ドゥカス監修のイタリアン&プロバンスレストラン、リベアです。ラウンジ、そしてバーから下に降りていくそのレストランは、高級感はあるものの、ウェイターさんたちは、ややカジュアルで、雰囲気がとてもよかったです。さすがにお客さんがけっこう入っていたので、レストランの中の写真はとれませんでしたので、お食事の写真を少しだけ、、、

image015
筆者撮影

前菜のサラダとカルパッチョです。サラダの盛り付け方とか、とってもお洒落です。けっこうボリュームのあるサラダでした。そして、カルパッチョの乗ってるお皿も素敵です。

お食事したメンバー大絶賛だったのが、キノコのリゾットです。

image017
筆者撮影

アルタヌーンティー同様、意外にも、レストランはそんなに高くなく、アラン・デゥカスのフレンチレストランよりもリーズナブルでお勧めです。私はこの後、ランチやディナーをしに2回ほどリピートしました。

朝食を紹介したいところですが、残念ながら、早朝の便でお客様が空港に向かわれるということで、朝食は食べずに、空港にお送りしなければならず、食べられず。

もう泊まることはないかもしれないような高級ホテルだったので、朝食が食べられなかったのが、心残りです。ま、仕事ですから、仕方ないですね。

滞在年月日:2016年3月11日、一緒に泊まった人:お客様2名(別々の部屋)
ルームタイプ:デラックスルーム、滞在目的:仕事

筆者 : fishandtips

Fish and Tipsでは、海外在住の日本人が現地のオススメ情報を中心に、ホテル・便利アプリ等、次の旅のヒントになる情報を配信しています。

ADVERTISEMENT記事広告の掲載について

Fish&Tipsでは、手軽な記事広告メニューをご用意しております。

詳しくはこちら