> スコットランド、素敵すぎる鉄道ルート

2015年1月27日

スコットランド

スコットランド、素敵すぎる鉄道ルート

by Reiserin

© cieniu1 - Fotolia.com

緑豊かで穏やかな平地と氷河が削り出した険しい岩肌の露出する山や渓谷の景色が繰り返されるその景色には「様々なストーリー」が隠れています。

急勾配な丘に放牧される羊、のんびり草を食べる赤茶の毛足が長いスコットランド特産の愛くるしいハイランド牛、電車の音に驚いて跳ね上がる野うさぎ、背筋を伸ばしてきりっと立つ勇ましい大きな鹿、母親の近くで無邪気に走り回る子ヤギなど電車の車窓から見られる野生動物たちの息吹、石造りの美しいスコットランドの景色に溶け込むように立つ石造りの建造物、アーチの美しい石橋、コトコトと電車に揺られながらその物語をゆっくりと探す旅は心を豊かにしてくれます。

【ウエスト・ハイランド線】グラスゴー 〜 マレイグ

グラスゴーからスカイ島への玄関口マレイグまでを繋ぐ路線です。グラスゴーの街を出発すると、しばらくはグラスゴーの工業的で近代的な建築物が続きますが、次第に列車はスコットランドの大自然の世界へと入っていきます。

5975953766_f194bd839a_z-2
by David Jones, CC BY
5975350135_30417e4804_z-2
by David Jones, CC BY

壮大で厳しい自然はなすがままの姿で残されていて感動そのものです。終着駅のマレイグ付近には撮影などでもよく使われるハイライトの1つでもあるグレンフィナン高架橋を渡ります。この橋を渡ると、いよいよこの列車の旅も終わりに近づいてきます。

10774165136_77de918edc_z
by victoriapeckham, CC BY
5975395259_a09a97bdae_z
by David Jones, CC BY

【ハイランド線】インヴァネス 〜 カイル・オブ・ロッハルシュ

ウェスト・ハイランド線と比較すると平地の風景が続く路線ですが、野生動物、点在する石造りの家屋、人々の暮らし振り、沼地、平地、ウェストハイランド線とはまた一味違ったハイランド地方独特の景観を楽しむことができます。これらのパワフルな自然をを見ていると「遠くまで来たんだな〜。」と実感することでしょう。

The_train_to_Kyle_of_Lochalsh_-_geograph.org.uk_-_467835
John Allan, CC BY-SA
5975989174_19b8188b8c_z
by David Jones, CC BY
5975980130_2afd22ccb6_z
by David Jones, CC BY

【蒸気機関車ジャコバイト号】フォート・ウィリアムス ~ マレイグ

子供たちに大好評のジャコバイト号!全席予約制の蒸気機関車です。エジンバラ出身の女性作家が書いた大ヒット児童小説「ハリーポッター」の映画の中に出てくるからです。

10697370844_4078a13d21_z
by calflier001, CC BY-SA

出発駅フォート・ウィリアムスを出ると、英国で最も高い「ベン・ネヴィス山」を、続いて英国最も深い淡水湖「モラー湖」を、英国で最も短い川を、そしてヨーロッパで最も深い塩湖「ネヴィス湖」を煙を吐きながら走り抜けます。「最高」「最深」「最短」と「最もが多い路線」なのです!

9683639072_6b5bd66677_z
by calflier001, CC BY-SA

色は黒と赤との2種類があり、「ハリーポッター版の赤」は大変人気が高く予約困難です。もしも希望するのであれば、かなり早めの予約が無難です。乗車できなかったとしても、駅のホームで見物は可能ですよ!

1385152815_d9da9cc0a4_z
by a_marga, CC BY-SA

本当に美しく、何度でも繰り返し乗りたくなる路線です。いつまでもいつまでも心に残る素晴らしい絶景の数々、数十年前に初めて乗った時の景色は、私の脳裏に色あせることなく今でも色濃く焼きついています。そんな素晴らしい魅力満載のスコットランド鉄道、ハイランドの旅を私は自信を持ってみなさんにお勧めします!

筆者 : Reiserin

大好きな欧州へ単独移住して15年。スコットランドに3年滞在後「住むように旅するReiserinスタイル」で北欧やドイツを約2年間転々とする。現在は、ヨーロッパを中心に旅をし続けならスイスに落ち着き11年目。