> スコットランドのキルト

2015年7月6日

スコットランド

スコットランドのキルト

by Reiserin

© A. Karnholz - Fotolia.com

キルト(kilt)とは、スコットランドで着用される、男性が身にまとうスカート状の伝統ある格式高い装束です。その起源は明らかではありませんが、16世紀末期には記述されています。柄は、タータンチェック柄(スコットランドではタータンとだけ言う。)が最も一般的です。日本では、巻きスカート/ラップスカートなどの名称で、女の子のファッションとして知られています。その原型がスコットランドのキルトです。そこで、キルトについて少し掘り下げて、皆さんに紹介したいと思います。

scottish band marching on grass
© Elnur – Fotolia.com

キルトの発祥は、スコットランド北部ハイランド

キルトの始まりは、中世時代のハイランドです。ハイランドとは、スコットランド北部の高知地方に当たる地域です。丁寧に織り上げられたタータン柄の大きな一枚の紡毛生地を腰に巻きつけ、ベルトで締めて着用したことが始まりです。着用の仕方が独特で、生地に細かいプリーツ(ひだ)を両腰からお尻にかけて作り、それをしっかりと腰で紐やベルトを巻き、腰の上に長く残った生地は肩に回し、落ちないようにブローチで留めていました。この残り生地の部分は、雨の日などには頭に被り、雨よけとしても使用されていました。これが「元祖キルト」の着用方法です。映画『ブレイブハート』『ハイランダー』『ロブ・ロイ』の劇中で、主人公たちが着用しているものがまさにそれです!

3545987541_9d947a54cf_z
by conner395, CC BY

キルトのタータン柄について

タータン(tartan)は、日本では「タータンチェック」として馴染みがありますが、実は日本の家紋に相当する、大変格式高いものです。民族ごとに定められた縦糸と横糸を組み合わせて折られた格子柄で、民族同士の政争などに深く関わるスコットランド人の誇り高きアイデンティティーなのです。タータンから敵、味方を判断する材料でもありました。また、民族ごとに定められた柄があるとはいえ、民族の中で皆が同じ柄を身に纏っていたわけではないので、その種類はなんと数百種類にまでも登ります。

14836455391_71b0033e3c_z
by gittaz, CC BY

主なタータンの種類

タータンの種類は、上述したように数百種といわれています。主なものを挙げると、「ロブ・ロイ」「アンシェント・マクミラン」「マクレガー」「ロイヤル・スチュアート」「スチュアート・ハンティング・アンシェント」「バーバリー」「ブラック・ウォッチ」などがあります。特に、多くの王を輩出したスチュアート家系のタータンの種類は膨大で、上で挙げた「スチュアート・ハンティング・アンシェント」のように、頭にスチュアートの名が入っています。

4064348575_e284482d0f_z
by † Jimmy MacDonald †, CC BY
1347281778_8aaa5e6e9d_z
by Marcus Vegas, CC BY-SA
2509581639_dceec7b8f2_z
by Joana Rangel, CC BY

現在のキルト

現在、スコットランドでキルトは、結婚式などの催事や祭礼時に好んで着用されています。現在のキルトは身に纏いやすいようにスカート状にすでに縫製されています。上はワイシャツにネクタイ、足元は膝下まで来る長い靴下に革靴を履き、前にスポラン(sporran)という革製のかばんを下げるのが一般的な直用法です。スコットランドの町を歩いていると、ちらほらと、この装束に身を纏った人々を見かけます。皆逞しく格好良く見えます。

2775655274_d31fe1049c_z
by I Robertson, CC BY

スコティッシュ・キルトメーカー・ビジターセンター

ネス湖へ行く拠点の町、インヴァネスには、スコティッシュ・キルトメーカー・ビジターセンターがあり、キルトの歴史を知ることができます。そこでは生地を購入することもできます。お土産に持ち帰り、自分で何かを縫うもよし、テーラーに持って行き服を縫製してもらうのも素敵ですね!


Scottish Kiltmaker Visitor Centre, Foursquare.com
名称:
Scottish Kiltmaker Visitor Centre
住所:
4-9 Huntly Street (Highland House of Fraser), Inverness, Highland, IV3 5PR, イギリス
TEL:
+44 1463 222781
ホームページ:
公式サイト Foursquare.com

筆者 : Reiserin

大好きな欧州へ単独移住して15年。スコットランドに3年滞在後「住むように旅するReiserinスタイル」で北欧やドイツを約2年間転々とする。現在は、ヨーロッパを中心に旅をし続けならスイスに落ち着き11年目。