> オランダ旅行で行ってみたい「素敵な小さな街」5選!

2016年6月29日

オランダ

オランダ旅行で行ってみたい「素敵な小さな街」5選!

by Reiserin

オランダの面積約41.5㎢で九州よりもやや大きい程度のとても小さな国です。アムステルダムやロッテルダムなどは世界的にもよく知られた街ですね。今回は、アムステルダムやロッテルダムはあえて避けて、オランダらしい表情を色濃く反映する可愛らしい街にスポットを当てて皆さんにそれらの街の情報をお届けしようと思います。

マーストリヒト  (Maastricht)

マーストリヒト  
by Peter Köves, CC BY

ベルギーとドイツ国境に近いマーストリヒトは、オランダで最も古い都市の一つです。 雰囲気抜群の街を散歩してみれば、歴史的な石造りの建造物、教会や城壁、商人の家々が 美しく残されているのを発見するでしょう。マーストリヒトはまた、その古都である一面とは別に、大学町であることからモダンなショップやカフェ、レストランが軒を連ねていおり、おしゃれで活気に満ち溢れています。

17065970965_0be9ab52f6_z
by Jorge Franganillo, CC BY

またマーストリヒトはグルメな街としても知られています。 この地域では多くの食材が採れ、それらを駆使した バラエティー豊かな料理を味わうことができます。皆さんも歴史文化と現代文化が交差するマーストリヒトを 訪れてみてください。きっと忘れられない街の一つになるでしょう。

フォーレンダム(Volendam)

アムステルダムから北西へ約20km進んだところにある フォーレンダムは、漁業の盛んな小さな港町です。フォーレンダムを訪れたならば、ぜひ堤防沿いに歩いてアイセル湖に浮かぶ色とりどりの船を眺めたり、独特な世界が広がる歴史地区を散策してみて下さい。

15754072800_5aa5b0affb_z
by Juan Enrique Gilardi, CC BY-SA

家々のファサードはまるでおもちゃのように可愛らしく皆さんもきっとフォーレンダムの虜になることでしょう。地理的に孤立した位置にあるためか、この地方独特の方言があり、標準オランダ語からはかけ離れたオランダ語を話すのだとか。若穴稲荷にも、言葉の音の違いなどを楽しむのもマニアックで楽しいでしょう。

ザーンセ・スカンス(Zaanse Schans)

ザ・オランダ!と言わんばかりの光景が広がるアムステルダム近郊の街ザーンセ・スカンス 。可愛らしいオランダらしい風車と、これまた、いかにもオランダらしい伝統的な家屋が立つその街並みはまるで絵本の中からそのまま飛び出してきたようです。

14882048313_81098d2ac1_z
by kismihok, CC BY-SA

そこは17,18世紀の生活の息吹が根付いています。人々が静かに暮らすその区域は オランダの重要文化として保存地区の指定されています。また当時から残る19基の風車は世界遺産に登録されています。

14729536476_8dece223df_z
by daryl_mitchell, CC BY-SA

手作りの木靴の行程や、チーズ作りなども見学できます。春が来るとチューリップも咲き乱れ、オランダらしさ満点になります。ザーンセ・スカンスは、オランダへ来たならば、必ずや訪れてもらいたい街の一つです。

キンデルダイク(Kinderdijk)

キンデルダイク
by d_vdm, CC BY-SA

キンデルダイクは、ロッテルダムから約15km離れた場所にある小さな町です。この町は、16世紀当時のままの姿で残っている19基の風車で良く知られ、世界中から注目されています。その内の一つは、観光ハイシーズンに限って観光客用に門戸が開かれており、中の風車のシステムが見られるようになっています。

3540229100_150736e2ae_z
by jula julz, CC BY-SA

ところで、オランダでなぜ風車が発達しているかみなさんご存知ですか?干拓地であるオランダの国土の4分の1が水面下にあるため、排水機能施設である風車はオランダにとってなくてはならない存在でした。現在は別のシステムを利用しているので、風車の出番はなくなりました。しかし現在では、観光客を楽しませるという大きな役目を持っているんですよ!オランダにとって 昔も今も重要な位置にある風車全盛期の当時のままの風車を是非見に行ってみませんか?

スロイス(Sluis)

スロイス
by Bryan Ledgard, CC BY

オランダ南西部に位置する小さな町スロイス。この町のサイズは小さいながら、可愛らしい家屋の並ぶ町中には、素敵なショップやカフェがひしめき合い、大変人気のある観光スポットです。 特に夏場は海辺の町であり、運河の通り抜ける町として人気が高く、オランダらしく自転車などで走るには最高の場所です。

11622826554_b699909f22_z
by Bryan Ledgard, CC BY

また、ダム運河を下って行くと、ベルギーの古都ブルージュへ出ることができるのも魅力の一つです。この町にも18世紀からの風車が残っており、その風車はこの地域で一番初め建てられた石造りの風車なのだそうです。現在はその風車はレストランとして利用されているんですよ!夏にオランダへ行かれる方に、ぜひお勧めしたい町です。

オランダは、可愛らしい町がとても多いと思いませんか?そしてオランダと風車は切っても切れない関係、様々な町で出くわすことが多いです。16世紀から残る風車はぜひ見てみたいところですね。みなさんは今日紹介した町のどこが気になりますか?どうせなら全部行っておきますか!?

筆者 : Reiserin

大好きな欧州へ単独移住して15年。スコットランドに3年滞在後「住むように旅するReiserinスタイル」で北欧やドイツを約2年間転々とする。現在は、ヨーロッパを中心に旅をし続けならスイスに落ち着き11年目。