> マグマの力を近くで感じられる世界の火山

2015年1月27日

世界

マグマの力を近くで感じられる世界の火山

by MKstyle

© Tanguy de Saint Cyr - Fotolia.com

マグマが山肌を溶岩流として流れていく様子や地表に噴き出る様というのは、恐ろしくもありダイナミックさも体感できる魅力的な光景ではないでしょうか。今回はそんな地球は生きていると感じられるようなマグマの力を近くで感じることができる火山をご紹介させていただきたいと思います。

エルタ・アレ火山

エチオピアの北東部のダナキル砂漠に位置する、標高613mという世界で最も低い位置にある火山です。過去に何度も噴火しており火山活動が継続中で、恒常的に溶岩が見られるスポットとして観光地になっています。火山の麓にある村から緩やかな傾斜の悪路を2時間~3時間くらい歩くと、エルタ・アレの溶岩湖にたどり着くことができます。

2455969983_904423d91b_z
by filippo_jean, CC BY-SA

溶岩湖に近づくとドロドロした溶岩がお目見えしますが、その光景には驚きと感動で言葉を失うでしょう。所々で活発に溶岩が吹き出ているような様子も見られるので、地球の息吹と凄味を感じられます。エルタ・アレを訪れる時間ですが夜がオススメです。真っ赤な溶岩が昼間より更に際立って美しい光景が見られます。

2456800244_5f8937e987_z
by filippo_jean, CC BY-SA
6900576021_c1d6891339_z
by Indrik myneur, CC BY
住所:
エチオピア エルタ・アレ

キラウエア火山

ハワイの島々を創り上げた火山の一つであるキラウエア火山ですが、ハワイ島のハワイ火山国立公園内にあります。現在世界で最も活発な火山の一つで、ゆっくりドロっと流れるタイプの溶岩を、場合によっては直接目で見ることが出来る、界有数の火山スポットになっています。

5417644064_fe78334c1a_z
by gamillos, CC BY-SA

火山活動があまりに活発だと立ち入り制限区域が設けられたり、逆に火山活動が小康状態だと溶岩が見られないこともありますので、時期を見計らって良いタイミングで訪れたいですね。ヘリをチャーターして上から溶岩を見るという方法もあります。他には船に乗って海に流れ落ちる溶岩を見ることもできたり、周辺をトレッキングすると足に地熱が伝わってきて、火山の力を感じることができるでしょう。

334660616_0b2d3a78d3_z
by amitp, CC BY
住所:
アメリカ合衆国 〒96778 ハワイ キラウエア

ヤスール火山

太平洋の南部オーストラリアの右上あたりに浮かぶ島々の一つであるバヌアツ領のタンナ島にある火山です。「火口に最も近づける火山」として有名で、火口から噴き出し飛び散る溶岩を間近で楽しむことができます。途中まで車で登り降車後は歩いて火口までいくわけですが、火口に近づくに連れてドーンという噴火の音や強烈な硫黄臭が漂ってきて本格的に火山に来ているという気持ちになれるでしょう。

3621289524_c5d4ac4b81_z
by PhillipC, CC BY

火口のギリギリ側まで寄らなくても、相当に活発な火山なので火山弾などが飛んでくる可能性もあるほどですが、ありのままのマグマのパワーを体感してみたいならオススメしたい場所です。

9725580510_888b53b197_z
by Vincent Albanese, CC BY
住所:
バヌアツ ヤスール山

ストロンボリ火山

イタリア南部の地中海に浮かぶ島ストロンボリ島にある火山で、現在も活発な活動が確認されている活火山です。火口から激しく溶岩が吹き上げ飛び散る様子が有名で、そのような噴火を「ストロンボリ式噴火」と呼ぶ語源にもなった火山です。

2136214571_2e4d7d5907_z
by blucolt, CC BY-SA

真っ赤な溶岩を間近で観察することも可能なのですが、数年に一度本格的に噴火して溶岩流が流れだしてしまうことありますので時期にもよりますし、必ずガイドを付けたほうが良いでしょう。また地中海のナイトクルーズで噴き上げる溶岩を観察することもできます。いずれにせよ夜のほうが煌々とした赤い溶岩を見られるので、地球のダイナミックさを感じることができるかと思います。

8144688328_829e3d419f_z
by Lorenzo Blangiardi, CC BY-ND
住所:
イタリア ストロンボリ島

イジェン火山

インドネシアのジャワ島東部にあるイジェン火山は地球上でも珍しい「青い溶岩」が見られるスポットです。山頂にあるカワ・イジェン火口湖はパステルブルーの色がとてもかわいらしい雰囲気を醸し出していて素敵なのですが、その周辺は液体硫黄の成分が多く、地表に出た時にとてつもない高温で発火するために青い炎を吹く溶岩になるのだとか。

3912082933_e3b5b59378_z
by Richard Liblanc, CC BY
3893626067_2a9d74165f_z
by jmhullot, CC BY-SA

山頂まで行くのは本格的な登山になるので、それなりの装備が必要です。あと硫黄ガスの濃度が高い時も多いのでガスマスクは装備したほうが良いですし、できればツアーに参加するかガイドを付けましょう。相当に大変な場所にあるのですが、上まで登りきればこの世のものとは思えない光景に感嘆すること間違いなしだと思います。青い炎を見るためには外が暗い夜や早朝に山頂にたどり着かないといけませんので注意して下さい。

Kawah Ijen, Foursquare.com
Kawah Ijen, Foursquare.com
名称:
Kawah Ijen
住所:
Banyuwangi (Ijen Mountain), Banyuwangi, 東ジャワ州, インドネシア共和国
ホームページ:
Foursquare.com

筆者 : MKstyle

フランス・パリに1年間の留学経験があるアラサー女子。海外旅行が大好きでロシア、スペイン、イギリス、エジプト、シンガポールなど複数国への渡航経験があります。歴史マニアで世界のあらゆる建造物に興味を持っていますので、そういった観点からも記事を書いていきたいと思っています。