> 片目のウィリーの財宝を追え!?オレゴンでグーニーズに浸る名所3選!

2017年7月10日

アメリカ

片目のウィリーの財宝を追え!?オレゴンでグーニーズに浸る名所3選!

by シュローダー彩

筆者撮影

今回ご紹介するのは、グーニーズのモデルでありロケ地となったアストリアの市内から抜け出し、昔からのファンの方にも、グーニーズを知らないという方にもあっ!と言わせる名所をご紹介したいと思います。
大自然の脅威が生み出す絶景と、グーニーズの宝の地図に指し示された「あの3つの岩」、そして、本物の1世紀を超えてなお存在を主張する歴史的な「難破船の残骸」が存在する浜辺です。

image003
筆者撮影

どれもドラマティックで、冒険心を揺さぶられること間違いなしの光景です。
一生のうちにぜひ見ておくべきこの場所は、心に焼きつくような自然の厳しさが創り出した芸術品。誰もが目の前にして呆然と言葉を失い、圧倒されてしまう名所、と呼ばれるにふさわしい地でしょう…!

1.ヘイスタック・ロック

image005
筆者撮影

「グーニーズ」の映画のストーリーの中で登場する、最も印象的な海中にそびえ立つ3つの岩、それが「キャノンビーチ」にある「ヘイスタック・ロック」です。映画の中の伝説の大海賊「片目のウィリー」によって財宝が隠されたそのヒントを探す手がかりとなるのがこのビーチに実在する3つの大きな岩。これは「海食柱」と呼ばれる、海によって岩盤が侵食されて形成されたそそり立つ柱のように垂直、または急斜面を持つ形状をした岩で、映画で思い描いていたイメージよりも、実際に目の前にした時の巨大さ、荘厳さに圧倒されてしまいました。

image007
筆者撮影

これはグーニーズの映画ファンのみならずとも、一生に一度は見ておくべき、まさに大自然の作り出した芸術と言えると思います。
浜辺は自由に散歩できるようになっていて、この観光名所の近くには、小さくてかわいらしいお土産ショップやカフェが軒を連ねる通りがあり、歩き疲れたら美味しいものを食べてひと休みというのもいいでしょう。

image009
筆者撮影

【 Haystack Rock 】
所在地:US-101, Cannon Beach, OR 97110
HP: http://oregonstateparks.org/

2.難破した船、ピーター・アイアデール号の残骸を望む浜辺

image011
筆者撮影

これはグーニーズの映画とは直接関係のない観光スポットですが、海賊や船、海というところから、やはり誰もが連想するであろう光景を、絵に描いたような浜辺です。
ここにあるのはピーター・アイアデール号という名の船の残骸。
これはなんとすでに1世紀以上もの時を超えてこの浜辺に存在し続けている難破船の一部です。

image013
筆者撮影

1906年にこの浜に打ち上げられてから、すでに110年以上もの時が経過したこの映画の中の幽霊船を思わせる船の残骸は、腐食し、侵食され、その一部を波にさらわれ、刻一刻とその姿を失いつつあります。
なので、この船の残骸をいつまで人々が鑑賞できるのか、それは誰にもわかりません。ですが、だからこそ、雄大な自然の脅威と人との繋がりを身近に感じられる期限付きの観光スポットだと言えるでしょう。この場所は、訪れておいて決して損はないと思います。

image015
筆者撮影

【 Peter Iredale 】
所在地:Peter Iredale Rd, Hammond, OR 97121

3.アストリアやコロンビア川を見渡せる絶景の塔・アストリアコラム

image017
筆者撮影

最後にご紹介する絶景のスポットがこちら「アストリアコラム」です。
コラムというのは日本人の私たちには馴染みのない言葉かもしれませんが、要は記念碑のようなもので、主に円柱で装飾を施された物のことを指します。
グーニーズでこの場所も直接登場したわけではありませんが、アストリアを望む絶景の一部は映画のどこかのワンシーンで見たことがあるような…そんな場所です。

image019
筆者撮影

この円柱状の柱は中の階段を一般の我々も登ることができるように作られており、その階段はなんと164段、くるくると天に向かって螺旋状に連なる幅の狭い階段は、途中でひと休みしないと目が回ってしまいそうでした。
1926年におそらくアストリアで最も見晴らしの良いCoxcomb Hillの丘の上に建造されたこのコラムは、1974年にアメリカの国家歴史登録財として指定されました。
高さは約38m。

image021
筆者撮影

高さはそれほどでもなさそうですが、周りにはビル群もなく、頂上から望む景色はアストリアを含む周辺地域一体と、コロンビア川、アストリア・メグラー橋の全体像、河川や湾、森や林、山々と海に囲まれた雄大な景色を360度、その眼に収めることができます。

image023
筆者撮影

澄んだ美しい空と、流れるような雲の下、 都会の展望台では決して見られない、地球が丸いということを肌で感じることができる、言葉を失ってしまうほどの美しい光景がそこには広がっています。
グーニーズファンならずとも、必ず感動できるアストリアの絶景が待っている場所だと思います。

image025
筆者撮影

【 The Astoria Column 】
所在地:1 Coxcomb Dr, Astoria, OR 97103
閉柱時間:夕暮れ(公園はPM10:00まで)
HP: http://astoriacolumn.org/

筆者 : シュローダー彩

ルコルドンブルー卒業後、ピエールエルメ、赤坂のイタリアンレストランでディオールやイタリア大使館などのパティシエを務める。 現在はシアトルに在住。『地球の歩き方』でも記事を執筆。食べる事が趣味。HPはこちら