> 試してみたい!ボストンのローカルフード5選

2015年4月16日

ボストン

試してみたい!ボストンのローカルフード5選

by Massa Massa

© Joshua Resnick - Fotolia.com

海に面したボストンでは、コッド、クラム(2枚貝)、カキ、ロブスターなどといったシーフードが昔から人々に愛されてきました。クラム狩りをする漁師は、ローガン空港の近くでもよく見かけます。海辺を歩いていると、ロブスターが海草の間をゆっくりと歩いているのが見られることもまれではありません。ローカルフードの筆頭も、おのずとシーフードということになってきますが、それだけではありません。ほかではあまり味わえない変わったものもあります。

ニューイングランド・クラムチャウダー

アメリカの東海岸には、フロリダからニューイングランド地方まで、様々なクラムチャウダーが存在します。なかでもニューイングランド・クラムチャウダーとニューヨーク・クラムチャウダーは全国的に知られています。同じクラムチャウダーでも、両者には大きな違いがあります。

379436412_162e7891bc_z
by pointnshoot, CC BY

スープであることには変わりませんが、ニューヨークスタイルが透き通ったトマト味であるのに対して、ニューイングランドスタイルはクリームベースです。日本のクリームシチューをイメージしてもらえれば、どんなものか判断がつくでしょう。

8474669250_e052a3ab6a_z
by Benny’s Chop House, CC BY-SA

ボストンでクラムチャウダーといえばニューイングランドスタイルのことを指します。ボストンあたりではかなり誇りを持っていて、「ニューヨークスタイルはチャウダーじゃない」とまでいう人もいるくらいです。

ロブルターロール

ボストンに着たら、ロブスターロールは避けて通れないでしょう。ロブスターの身を細かく刻んだセロリやピクルスとともにマヨネーズ(マヨネーズを使わない場合もあります)であえたものが、普通、スプリットトップと呼ばれるホットドックに代表されるパンにたっぷりと挟まっています。

15203856208_ba2607ee65_z
by coolinsights, CC BY

「セロリなど、野菜とのコンビネーションがたいせつだ」とか、「野菜を混ぜるのは邪道だ」とかいった論議が沸騰するほど、ボストニアン(ボストン市民)はこだわりを持っています。

by yosoynuts, CC BY-ND

アイスクリーム

ボストンだけでなく、おそらくマサチューセッツ全域、もしかするとニューイングランド全域にいえることかもしれませんが、とにかくこのあたりの人たちはアイスクリームをよく食べます。アイスクリームの消費がアメリカ一だともいわれています。老若男女関係ありません。

785141513_ae23d1f2d6_z
by acme, CC BY

スーツ姿のビジネスマンが、うれしそうにアイスクリームを食べながら歩いていたりします。なぜそんなにこの地方の人はアイスクリームをたくさん食べるのかに関しては、いろいろと論議はありますが、冬が寒すぎるから、単にほかよりもおいしいからなどといった意見が多いようです。

Ben & Jerry's Boston Cream Pie
by theimpulsivebuy, CC BY-SA

日本でも食べられるようになったベン アンド ジェリーズはもちろんのこと、さらにおいしいローカルなアイスクリームが、ボストンやケンブリッジで味わえます。

フラッフ

フラッフはガラスやプラスチックのジャーに入った、白いとろりとした甘い食べ物です。これだけではイメージがわきませんが、スーパーに行くとジャムと並んで置いてありますと聞けば、なんとなく分かってくると思います。この白い食べ物は、マシュマロをペースト状にしたもので、普通パンに塗って食べます。

3650766823_1d2ba42be3_z
by ginnerobot, CC BY-SA

このフラッフとピーナッツバターを塗ったサンドイッチは、この界隈ではすごくポピュラーです。20世紀初頭にボストン近郊のサマビルで発明された、結構古くから食されてきた食べ物です。いまでこそ、アメリカどこでも手に入るようになりましたが、少し前まではあくまでローカルな食べ物に過ぎませんでした。

8188125164_bcd626e9ce_z
by Javcon117*, CC BY-SA

今、このフラッフをマサチューセッツの公式サンドイッチにしようという動きがあります。レストランで食べるようなものではありませんが、お土産などにもいいかもしれません。

ボストン・ベークトビーンズ

ベークドビーンズは、いってみれば甘い煮豆ですが、ソースや豚肉が入っていているので、シチューだということもできます。もともとはイギリスやアイルランドの食べ物で、朝食のときにパンの上に乗っけて食べるのが一般的でした。そのイギリス人が新大陸に移住してきて、広まっていったのがアメリカの起源です。

4737392239_b29f0a0874_z
by daveparker, CC BY

ボストン・ベークドビーンズにはブラウンシュガーやモラセス(廃糖蜜)と豚肉が入っています。ボストンをビーンタウンと、ニックネームで呼ぶことがよくあります。これはベークドビーンズから発想されたものです。

3648763918_b695b106ae_z
by marcelo träsel, CC BY-SA

筆者 : Massa Massa

マサチューセッツ州ケンブリッジに移り住んですでに15年。フライフィッシングとサッカーが好きで、50過ぎにもかかわらず、まだ週に2回、冬場は1回、世界各国から移住してきた友人とサッカーで汗を流しています。この間、どこの国からやってきたのかと、指折り数えてみるとなんと20か国くらいになって自分でもびっくりしました。そんな雑多な民族がひしめく街ボストンを中心に紹介していきます。